いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。


    歓喜の悲鳴!

    1 じゅげむ ★ :2018/02/23(金) 00:01:03.87

     韓国の抗日史観に立てば、戦後にアメリカの後押しで大統領になった李承晩より、日本統治時代に抗日運動に身を投じ、英雄ファンタジーを持つ金日成、つまり北朝鮮に国としての正当性があるように見えてしまうのだという。
    これが若い世代になると国家の正統性云々といった発想は薄まるものの、それでも反日・親北の傾向は依然としてある。

     2012年8月に韓国の求人情報サイト「アルバモン」が国内の大学生718人を対象に、韓国の友好国と非友好国に関するアンケート調査を実施したところ、
    「韓国に非友好的な敵国」として「日本」を挙げたのは半数以上の54.3%にのぼり、2位の「北朝鮮」(21.4%)を大きく上回った。日本人にとっては衝撃の結果だ。

     こうしたメンタリティーは韓国社会全体を覆っている。

     昨年大ヒットした韓国映画『コンフィデンシャル/共助』は、韓国と北朝鮮の刑事が極秘でタッグを組んで捜査をするというストーリー。
    北朝鮮側刑事を演じたのは、日本でも人気のあるイケメン俳優ヒョンビンで、警官というより特殊部隊のような壮絶アクションを繰り広げる。

     日本でヒットした『シュリ』や『JSA』でも、北朝鮮の工作員や兵士が「純粋無垢な存在」として描かれた。

    「韓国では北朝鮮の人々に、経済成長によって韓国人が失ってしまった朝鮮民族本来の素朴さや優しさのイメージを抱いている。だからそういうキャラ付けをしがち」(韓国の新聞記者)

     日本を扱う韓国映画がことごとく反日的なのとは対照的である。

    ※週刊ポスト2018年3月2日号

    http://www.news-postseven.com/archives/20180222_653251.html?PAGE=1#container


    (出典 img03.ti-da.net)



    (出典 img03.ti-da.net)



    (出典 img03.ti-da.net)


    【【敵国調査】「韓国に非友好的な敵国」堂々の1位は「日本」54.3% 2位「北朝鮮」21.4% 韓国大学生718人を調査対象(2012年8月)】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2018/02/22(木) 12:45:32.99

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00050091-yom-spo

    平昌五輪ボブスレー女子2人乗りに出場したジャマイカチームが22日、ツイッターで東京都大田区の
    町工場関係者による「下町ボブスレー」開発プロジェクトメンバーとの記念写真を公開し、感謝の意を表した。

    同国女子として五輪初出場を果たしたジャマイカチームは当初、「下町ボブスレー」を使う予定で
    そりの無償提供を受けていたが、大会直前でラトビア製のそりを使うと決定。それでも、21日のレースで
    観客席に駆けつけてジャマイカに声援を送った「下町」プロジェクトメンバーに対し、選手の1人は
    「情熱を持ってジャマイカボブスレーを支援してくれたことに、本当に感謝している」と語った。

    22日未明に更新されたツイッターには、「下町」のメンバーと共にジャマイカ国旗を持った記念写真に添えて
    「すべてのファンとサポーターのおかげです!信じられない旅だった」とのメッセージがつづられた。




    (出典 number.ismcdn.jp)


    【【下町ボブスレー】ジャマイカチーム、ツイッターで感謝の気持ちを告げる「すべてのファンとサポーターのおかげです!信じられない旅だった」とのメッセージ】の続きを読む



    1 まるもり ★ :2018/02/22(木) 21:25:32.94

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL1T54WCL1TTNAB00J.html

     性的少数者を示す「LGBT」について理解を深める学習会が宮崎市で開かれ、当事者が自らの体験や思いを語った。都市部に比べ、地方は支援が進みづらいと言われるなか、当事者たちが表舞台に立って声を上げ始めている。
     学習会は、2016年8月からLGBTの交流会を開く「レインボービュー宮崎」が1月下旬に開いた。代表の山田健二さん(33)=宮崎市=は性的少数者の一人。「ゲイ」を公言し、今年から顔を出して活動するようになった。当事者の居場所づくりや異性愛者らに理解してもらおうと、月1回の交流会と講演活動などを続けている。
     会では性的少数者が人口の7・6%いることを紹介。「左利きの人、AB型の人と変わらないくらいの数がいる。まずはみなさんの身の回りにいることを知ってほしい」と訴えた。
     山田さんは高校時代、初めてゲ…

    続きはソースで


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【LGBT】宮崎市で「LGBT」について理解を深める学習会が開かれ、性的少数者が「人口の7・6%。」「左利きの人、AB型の人」と同じと割合「身近にいること知ってほしい」】の続きを読む


    自国の国政を守るため、捏造歴史を国民教育に植え付けた結果・朝鮮半島も同じ理由!

    1 豆次郎 ★ :2018/02/22(木) 22:25:20.80

     中国では歴史問題を理由に、日本を嫌う人が今なお数多く存在する。日本が過去に中国と戦争したのは事実だが、それを言えば英国も中国を侵略した国であり、英国は当時の清国に麻薬であるアヘンを流通させ、莫大な利益を得ると同時に人びとを麻薬中毒にさせたのも事実だ。

     しかし、中国ではアヘン戦争などを理由に、英国を強く憎んでいるという人は決して多くはない。なぜ中国人は日本を憎み、英国は憎まないのだろうか。中国メディアの今日頭条は20日、中国は近代において、日本以外の国にも侵略された歴史を持つと指摘する一方、日本人からすれば「中国人が日本人だけを恨んでいることが不可解らしい」と伝えている。

     記事の中国人筆者は過去に、ネット上で日本人ネットユーザーが「中国はこれまでに複数の国から侵略を受けた歴史を持つが、なぜ中国人は日本だけを恨むのか」という疑問を書き込んでいたのを見たことがあると紹介。そのうえで「この質問は確かに的を得ている」とし、なぜ最初に侵略した英国を恨まず、日本ばかりを恨むのだろうかと疑問を投げかけた。

     続けて、英国が清国を侵略したことで、他の列強も続々と清国に攻め入り、清国は莫大な富を奪われ、そして、滅亡へとつながったと指摘。これは重大な主権侵害だが、現代の中国人がさほど恨みに思っていない理由はシンプルであり、それは「一般人の虐殺など、残忍な行為がほとんどなかったため」だと指摘した。

     一方、日本による侵略は南京事件に代表されるとおり、「一般人を対象とした虐殺や略奪など、残忍極まりない行為が多々見られた」と主張。しかも、日本は戦後にドイツのような謙虚さで謝罪することもなく、歴史を欺こうとしているとし、中国人が日本を許せない気持ちになるのも当たり前であると主張した。(編集担当:村山健二)

    http://news.searchina.net/id/1653941?page=1

    ★1がたった時間:2018/02/22(木) 18:23:12.82
    ※前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519299450/


    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【嫌日】「中国は歴史上、複数の国から侵略を受けたのに、なぜ中国人は日本だけを恨むのか」そのわけは…】の続きを読む



    1 原唯之 ★ :2018/02/22(木) 21:08:35.60

    20キロ以上歩くなど過酷な社員研修で足に障害が残ったとして、太陽光発電設備などを手掛ける「サニックス」(福岡市)に元社員の男性(52)=広島県福山市=が約2200万円の損害賠償を求めた訴訟で、広島地裁福山支部は22日、サニックスに1592万円の支払いを命じた。金光秀明裁判官は「年齢や運動経験を全く配慮せず、研修内容に無理がある」と述べた。

     判決によると、男性は2013年に入社し、福岡県宗像市の同社施設で13日間の研修に参加した。当時48歳で体重が101キロあったが、10人の班で繰り返し歩かされ、終盤には「サニックススピリッツ」と称して24キロを5時間以内で歩く訓練を課された。

     会社側には「一人でも離脱したら班全体が失格」「正社員になれない」などと言われ、男性は鎮痛薬を飲んで完歩。しかし、右足の膝が動きにくくなる障害などが残り、男性は14年に退社して労災認定も受けた。

     同社は「症状の原因は痛風」などと主張したが、金光裁判官は無理な歩行が原因と判断。その上で「研修参加者の外出を禁じ、病院を受診する機会を奪っている。『スピリッツ』は個人差や運動経験の有無に全く配慮していない無理があるプログラム」などとし、後遺症による逸失利益や慰謝料などを支払うよう同社に命じた。

     同社は取材に対し「安全配慮をしていたという認識に変わりはない」と述べた。【松井勇人】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000105-mai-soci


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 image.excite.co.jp)


    【【過酷研修】広島地裁 福山支部<サニックスに1592万円の賠償支払い命令>「過酷研修で足に後遺症障害」】の続きを読む

    このページのトップヘ