いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。


    さあテロ等準備罪GOサインが出されました、震えているのは誰かな!

    1 キリストの復活は近い ★ :2017/07/10(月) 18:22:36.96 ID:CAP_USER9

    「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が11日、施行される。

    政府は、各国で協力して組織犯罪を未然防止する「国際組織犯罪防止条約」の国内法が整備されたとして、

    条約締結の受諾書を同日中にも国連事務総長に寄託する。捜査機関の乱用を不安視する声が相次いだことを受け、
    捜査現場では適正運用を図る模索も見られる。

    https://mainichi.jp/articles/20170710/k00/00m/040/045000c


    【【テロ等準備罪】 いよいよ7月11日(明日)から「テロ等準備罪」施行】の続きを読む


    パチンコ離れ( ^ω^)・・・

    1 ばーど ★ :2017/07/10(月) 17:43:14.02 ID:CAP_USER9

    警察庁は、パチンコの標準的な遊技時間(4時間)に客が得られるもうけの上限について、現行の十数万円から5万円を下回るよう出玉規制を強化する方針を固めた。
    スロットなどについても同水準に規制を強化する。もうけの上限を引き下げることで、負けた分を一度に取り戻そうとのめり込むリスクを減らすのが狙い。11日に風営法施行規則などの一部改正案を公表し、一般から意見を募る。

    カジノ解禁を柱とする統合型リゾート(IR)推進法が昨年12月に成立したのを受け、政府のギャンブル依存症対策の一環として実施する。
    警察庁によると、パチンコ依存問題の相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」に相談した人の約7割が、1カ月当たり5万円以上の損失を出していた。

    改正案では、遊技時間4時間でパチンコ玉の獲得総数が発射総数の1.5倍に満たないものとする新基準を設けた。現行の3分の2程度に規制を強化し、
    大当たりの出玉の上限も現行の2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)に引き下げる。

    パチンコ店の店長など管理者については、依存問題に関する従業員への指導・教育や客への情報提供などを、施行規則で定める業務に追加するなど規則の一部改正も行う。

    配信(2017/07/10-17:11)
    時事ドットコム
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071000776&g=soc


    【【パチンコ】<ギャンブル依存症対策>出玉規制強化へ<客のもうけ5万円以下に>警察庁】の続きを読む


    いつまで続くのエンディングはまだですか?

    1 ちゃとら ★ :2017/07/10(月) 16:48:21.08 ID:CAP_USER9

     学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる真相解明に向けて、衆院文部科学、内閣両委員会による閉会中審査が10日、衆院第1委員会室で行われた。

     参考人として出席した、文科省の前川喜平・前事務次官は、表面化した一連の内部文書に関し、自民党の平井卓也議員に
    「前川さんが流出させたのではないかと言われている。まさかそんなことはないですね」と問われた際、
    「お答えを差し控えたい」と述べ、否定も肯定もしなかった。

     審議が行われている委員会室内には、「おおお」と、どよめきが起きた。

     平井議員は「あなたのためを思って言っている。(流出させて)ないとお答えできないのか」と再度、前川氏をただした。

     これに対し、前川氏は「さまざまな文書が世の中に出ている。誰が、どういう経路で、誰に提供したか、臆測はあると思うが、私が明確な答えをすべきではないと思う」と、述べるにとどめた。

     一方、前川氏と同様に参考人として出席した、特区ワーキンググループ委員で経済産業省出身の原英史氏は、「加計ありきというのは、まったくの虚構だ」と、前川氏の主張に反論した。

    https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/1853180_m.html?mode=all

    関連スレ
    【安倍ネガティブ報道】TBS「ひるおび!」で捏造 小池都知事との握手拒否の放送を訂正 ネットで「完全なるフェイクニュース」と指摘
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1499646302/

    ★1の日時: 2017/07/10(月) 14:26:50.84
    ※前スレ
    【加計学園】前川前事務次官に「まさか文書流出させた?」→ 前川氏「お答えを差し控えたい」 どよめきが起きる★2 
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1499668895/


    【【加計問題】自民<まさか文書流出させた?>の問いに 前川氏<お答えを差し控えたい>議場内「お~おぉ!」 】の続きを読む


    日本は通信料が高いのでグローバル基準合わせた方が良いと思う!

    1 名無し募集中。。。@\(^o^)/ :2017/07/09(日) 09:46:25.48 0.net

    KDDI(au)が今夏にも、スマートフォンの主要プランで通話料や通信料を含めた月額料金を引き下げることがわかった。

    10日に詳細を発表する。

    利用者の大半が値下げの対象となり、利用者によっては料金が2割程度安くなる。

    通信料が格安スマホより割高となっていることから、auの今年3月末時点の契約者数は1年前と比べて2%減っている。値下げで顧客の流出に歯止めをかける。

    総務省は昨年4月、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手3社に対し、スマホ端末の過剰値引き販売を制限する指針を適用した。値引き目的の奨励金の支給を抑え、浮いたお金を通信料の引き下げに充てさせる狙いだったが、値下げは一部の利用者向けにとどまっていた。auは本格的な値下げに踏み切ることになる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00050133-yom-bus_all


    (出典 munesada.com)


    【【朗報】<料金値下げ>auの月額料金が安くなる「格安スマホに対抗」ドコモ、ソフトはまだか?】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    ついに正気を失ったようですね。現状を理解していないのでは?

    1 キリストの復活は近い ★ :2017/07/09(日) 20:29:03.61 ID:CAP_USER9

    ◆蓮舫代表、解散総選挙について「いつでも受けて立つ」勇ましく答えた具体論ではトーンダウン

    「改めて都議選責任を取る考えはないのか」と記者から質問が飛びましたが、蓮舫代表は「しっかりと立て直していくことに尽きる」として引責辞任の考えはないと強調。

    蓮舫
    「あの何度もお答え申し上げておりますけどしっかりと立て直していく。そのことに尽きます」

    党内の空気はまだ未知数の部分はあるものの、メディアからの「責任論」をかわしたかに見えた蓮舫代表でしたが、残念ながら今度は別の点から次々と質問が飛んでしまう展開に。

    これは共産党が都議選での議席増を背景に解散総選挙を求めていること(関連記事参照)を受けて関連の関連の質問が次々と寄せられたというもので、
    複数の記者から民進党の対応について問いかけがなされていました。

    「共産党が解散総選挙を求めているが蓮舫代表もこれを求めていく考えであるのか、それとも国会における疑惑追及を優先するのか」と疑問をぶつけた記者に対し
    蓮舫代表は最初、「野党だから解散を求めていくという基本的な姿勢は変わらない」としながらも安倍首相の説明しない姿勢について閉会中審査や臨時国会でしっかりと議論しなければならない、
    としてすぐに解散総選挙という考えではないことを示唆していました。

    ところが別の記者から「共産党が解散総選挙を求め自由党・社民党は内閣総辞職しろと言っているにも関わらず何故民進党だけがはっきりとした姿勢を見せないのか」と突っ込まれると

    蓮舫代表は
    「現段階でも安倍総理は総理の任にあらずとは思っている」が「説明を聞いた上で求めていきたい」と一歩踏み込んだ見解を示します。

    そして更に記者から「都議選での自民党大敗は安倍政治へのNOという有権者の考えが明示されたわけであるから野党としては解散総選挙・総辞職を求めるのはごく当たり前ではないか」と指摘されると、
    蓮舫代表は遂に「解散総選挙いつでも受けて立ちます」と語ったのです。

    蓮舫「いやいや、あのー・・・、解散総選挙いつでも受けて立ちますし、我々は追い込みたいと思っていますし(以下略)」

    ところがその後、「解散総選挙をいつでも受けて立つというなら候補者調整はどうするのか、第一弾はいつ頃発表するのか」と具体的にするよう求められると一転。
    「えー、住み分けの議論はえー、まさに責任者が調整を行ってきて」「きっちりとした時期にしっかりとお示しはしていきたい」と慎重な答え。

    最後には解散総選挙までの流れを速めていく必要性について聞かれた蓮舫代表は何故か「国民運動を全国でも展開していきたい」と述べ憲法の対話集会などを挙げると
    「国民運動でどうやって展開をしていけるのか既に事務方に指示を出している」と解散総選挙とは別の話を始めていました。

    記者からの質問に対し解散総選挙についての答弁が徐々に強まっていったものの、具体的な話になるとトーンダウンという印象を与えた蓮舫代表だったと言えそうです。

    http://www.buzznews.jp/?p=2109503


    (出典 1.bp.blogspot.com)


    【【民進党】<解散総選挙 >蓮舫代表 「いつでも受けて立つ」】の続きを読む

    このページのトップヘ