いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。



    1 ちーたろlove&peace ★ :2019/09/17(火) 11:41:55.06

    【原因不明】ロシアの主要なウイルス研究所が爆発 HIV、エボラ、炭疽菌、天然痘など貯蔵

    公開時間:2019年9月16日14:01

     
    シベリアにある世界最大のウイルス研究センターの1つは、エボラ、HIV、炭thrなどの株で知られる秘密の化合物を突然爆発させた後、炎に包まれたと伝えられています。
    ノボシビルスクから数キロ離れた科学の中心地であるコルトソボで発生した火災に対応するため、月曜日に消防士と救助隊がスクランブルされました。爆発と火災がベクター研究所と呼ばれるロシアのウイルス学とバイオテクノロジーの研究センターに影響を与えたため、状況は通常の緊急事態から重大な事件にすぐに改善されました。

    この研究所は、エボラと肝炎のワクチンを開発したこと、および免疫学を取り巻く流行と属の問題を研究したことで知られています。冷戦中、それは現在廃止されているソビエト生物兵器プログラムの一部であると考えられていました。つまり、天然po、エボラ、炭thr菌、および特定のペストなど、最も危険な株のいくつかは研究所の建物内にまだ保持されています。

    そのことを念頭に置いて、緊急事態省の地方支部は迅速に電話に応答し、13の消防車と38の消防士を送り込み、到着後数分で6階建ての建物に入りました。

    火災があり、すぐにいくつかの4階に消滅した「建設工事」とはされていたに行います。



    関連記事
    また、RT.COMで、天然BIOの
    バイオテロ攻撃は10年間惑星を破壊する可能性があります
    https://www.rt.com/news/452079-smallpox-bioterrorist-attack-devastate-planet/


    地方当局による報告は、詳細については明らかに軽微であり、さまざまな情報源が、建設現場で火災を引き起こしたのはガス爆発であったことを示唆しています。1人の建設労働者が足に火傷を負い、外傷治療のために病院に運ばれた。

    コルトソボ市長は、彼の側では、この地域では有害物質の放出はないことを国民に保証しました。それでも、爆発の原因は不明のままで、調査が開始されました。

    https://www.rt.com/russia/468919-russia-virus-lab-blast/
    翻訳: Google
    ファイル写真©疾病管理予防センター/ロイター経由の配布資料



    (出典 i.imgur.com)



    (出典 cdni.rt.com)


    【【ロシア・バイオ事故】ロシア・シベリアにある世界最大のウイルス研究センターで爆発火災、「HIV、エボラ、炭疽菌、天然痘、ペスト菌」などを貯蔵】の続きを読む



    1 孤高の旅人 ★ :2019/09/17(火) 10:43:39.86

    年金積立金は「33年後にゼロ」へ 大幅カット迫られる事態に
    9/17(火) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190917-00000001-moneypost-bus_all

     2004年の年金大改革で時の小泉純一郎首相が、「年金は将来にわたって現役サラリーマンの平均給料の50%を下回らない」と約束したことから、夫婦合計の年金額とサラリーマン給料の割合を示す「所得代替率」の50%を維持することが、年金財政が健全かどうかの基準となってきた。
     しかし、それを計算するときに、役人は“悪知恵”を働かせた。「年金額」は税金や社会保険料を天引きする前の大きな金額を使い、「給料」は税・社会保険を天引きした後の少ない手取り金額を用いることで、所得代替率を大きく見せかける“粉飾”が施されているからだ。
     そこまで都合のいい前提を置いても、8月に発表された財政検証では年金財政の悪化を隠し通すことはできなかった。
     財政検証資料にある年齢別の支給額の試算から、今後、年金が支給開始される65歳時点の金額は毎年実質的に下がっていき、受給が始まってからも毎年同様に引き下げられるという“二重の減額”が進むのだ。
    年金積立金は「33年後」にゼロ
     そして大きなクラッシュがやってくる。
    「2052年度に国民年金の積立金がなくなり完全な賦課方式に移行。その後、保険料と国庫負担で賄うことができる所得代替率は38~36%程度」という財政検証の記述からそのことが読み取れる。
     現在は現役世代の納める保険料収入に加え年金積立金を取り崩しながら年金を支払っているが、積立金がなくなれば保険料収入と国庫負担だけで年金を払わなればならない。それが「完全賦課方式」だ。
     現役世代が負担できる保険料には限界があり、33年後に年金積立金がゼロになった途端、年金の大幅カットを迫られる。
     財政検証の試算によると、夫婦の年金額は現在の月22万円からそのとき約13万5000円程度に下がる。
    国民から長期にわたって、多くの保険料を取り立てる
     厚労省はこれから始まる年金改正で厚生年金の加入義務を学生や短期労働者にも拡大して加入者を一挙に「1050万人」増やし、月給5万8000円以上あれば容赦なく保険料を取り立てる。

     さらに保険料の支払期間を国民年金は45年間(20~65歳)、厚生年金は最長55年間(20~75歳)に延長する。いずれも財政検証に書かれているオプションだ。
     年金積立金を食いつぶし、「完全賦課方式」に移行して年金クラッシュ(大幅引き下げ)が起きるのに備えて、今のうちから加入者を集められるだけ集め、保険料を広く深く取る態勢を整えようとしているのは明らかだ。
     受給開始年齢の繰り下げなどで「年金が増える」という口車に乗ると、払うだけ払わされた挙げ句、将来、積立金が尽きた時点で、「ハイ、これからは年金は半分しか払えません」と、あっさりと見捨てられる可能性が高いのである。
    ※週刊ポスト2019年9月20・27日号

    ★1:2019/09/17(火) 09:26:04.11
    前スレ
    【大きなクラッシュ】年金積立金は「33年後にゼロ」へ 大幅カット迫られる事態に 夫婦で現在の月22万円から約13万5000円程度に下がる
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568679964/


    (出典 upload.wikimedia.org)



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【【恐怖年金】33年後に年金積立金がゼロになったら、夫婦の年金額は現在の月22万円→約13万5000円程度に「年金改正で厚生年金の加入義務、月給5万8000円以上あれば強制加入」】の続きを読む



    1 チンしたモヤシ ★ :2019/09/16(月) 11:03:53.33

    尖閣諸島沖 中国海警局の船が領海侵入 官邸対策室で警戒監視

    (出典 www3.nhk.or.jp)

    NHK 2019年9月16日 10時45分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190916/k10012084101000.html

    沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が日本の領海に侵入したのが確認されたことから、政府は総理大臣官邸の危機管理センターに設置している「情報連絡室」を午前10時12分に「官邸対策室」に切り替えて、情報収集と警戒監視にあたっています。


    ---------------------


    尖閣諸島沖の接続水域 中国海警局の船4隻に
    NHK 2019年9月16日 10時42分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190916/k10012084091000.html

    第11管区海上保安本部によりますと、15日午後3時すぎ、沖縄県の尖閣諸島の沖合で新たに中国海警局の船1隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったのが確認され、あわせて4隻が接続水域内を航行しています。

    4隻は、16日午前9時現在、尖閣諸島の久場島の北西およそ29キロから32キロを、航行しているということで、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


    中国公船による尖閣諸島接近(接続水域入域・領海侵入)状況 -令和元年9月-(9/12現在)
    https://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/senkaku/data_R_09.pdf
    https://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/senkaku/senkaku.html


    【【領海侵入】「官邸対策室」情報収集と警戒監視:沖縄県の尖閣諸島沖、中国海警局の船4隻が日本の領海に侵入】の続きを読む



    1 みんと ★ :2019/09/16(月) 10:43:17.77

     【ワシントン共同】トランプ米大統領は15日、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃について「われわれは犯人を知っており、検証次第で臨戦態勢を取る」とツイッターで強調し、報復を示唆した。

    ▪関連スレ
    【国際】サウジアラビアの世界最大規模の原油施設、10機のドローンで攻撃され火災 原油価格に影響★5
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568518741/

    【電話協議】サウジ「攻撃で石油生産半減」 米はイラン関与主張
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568593948/

    【サウジ攻撃】米の戦略備蓄の石油放出も検討
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568588198/

    共同通信 2019/9/16 09:24
    https://this.kiji.is/546124689249387617?c=39550187727945729


    (出典 pictures.reuters.com)



    (出典 giwiz-content.c.yimg.jp)


    【【報復戦か?】トランプ米大統領:サウジ石油施設攻撃への報復示唆「われわれは犯人を知っており、検証次第で臨戦態勢を取る」】の続きを読む



    1 チンしたモヤシ ★ :2019/09/16(月) 04:47:28.22

    △ぜんまいと厚揚げ煮だ

    文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は14日、「韓日ではかつては相手の立場になって考える気持ちがあったが、今回の日本は高圧的で一方的だ」と批判した。

    文特別補佐官はこの日朝日新聞とのインタビューで、現在の韓日関係に対し「(日本政府は)韓国の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった」としてこのように指摘した。
    文特別補佐官は現在の韓日関係悪化の背景について、(両国)指導者間の不信もある。歴史問題が解決されないと韓国との協力は難しいと主張を繰り返す安倍晋三首相に対し、文在寅(ムンジェイン)大統領は疲れを感じ、諦めかけているようだ」と明らかにした。

    彼は続けて「日本も韓国も、相手をたたくと人気が出る構造になっている。相手に融和的な態度をとると国内政治で難しい状況に陥る。だから強い姿勢に出る」と分析した。
    文特別補佐官はまた、韓国大法院の徴用賠償判決をめぐる対立解消と関連した日本側の立場に反論した。

    彼は「日本側は一方的に外交協議ができなかったと見なして次の手続きに進んだ」とし、韓国側は6月に対応案(韓日企業の自発的出資金で徴用被害者に慰謝料を支給する案)を出してから(請求権協定にともなう紛争解決の)最初の手続きである外交的協議に応じる構えを示したと話した。
    その上で、「しかし日本側は案とともに(外交協議を)拒んだ。(安倍政権は)韓国の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった」と付け加えた。

    文特別補佐官は続けて「文政権は朴氏弾劾の民意から生まれた。こうした法的、政治的な敏感さを日本が少しでも理解し、特別法制定など解決に向けて協力すれば『共通の代替案』を見いだすことができると思う」と主張した。
    合わせて過去の問題をめぐり日本では「謝罪疲れ」、韓国では「心からの謝罪はなかった」との認識が強いことに対し、「それが問題の本質」と指摘した。

    文特別補佐官は、「世代が変われば状況も変わるとの見方もあるが、日本では修正された教科書で学んだ世代もいて、韓国では民族主義が強まる傾向にある。反日、反韓は若い世代の方が強くなるのではないか」と懸念を示した。


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000002-cnippou-kr

    ★1が立った日時:2019/09/15(日) 17:55:10.86 前スレ立てた人 アンドロメダ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568551860/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【因果応報】安倍政権に「文大統領は疲れを感じ、諦めかけているようだ」「韓国の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった」】の続きを読む

    このページのトップヘ