いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    ショックです!味のある役者さんでした、ご冥福をお祈りいたします。合掌!

    1 ばーど ★ :2018/02/21(水) 21:50:12.68


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    「ソナチネ」や「HANA―BI」など、北野武監督(71)の映画をはじめ、数多くの作品で存在感を示した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名大杉孝=おおすぎ・たかし)さんが21日、急死した。66歳。徳島県小松島市出身。

     所属事務所が「弊社所属の大杉漣が、2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました」と公式ホームページで発表。葬儀は本人、家族の意向により親族のみで執り行う。

     名バイプレーヤーの突然の悲報に芸能界には衝撃が走った。

    2/21(水) 20:40
    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000138-spnannex-ent

    ★1が立った時間 2018/02/21(水) 20:39:24.12
    前スレ
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519213467/


    (出典 www.tvguide.or.jp)



    (出典 news.walkerplus.com)


    【【訃報】俳優の大杉漣さん(66)21日午前3時53分に急性心不全で急逝】の続きを読む


    おめでとう~~~!

    【【速報】オリンピックレコードだ!女子チームパシュート「日本が金メダル」 】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/02/21(水) 15:59:39.13

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00000055-sasahi-soci  、

    正社員、契約社員に派遣社員、嘱託、パートにアルバイト。雇用形態によって職場が分断され、
    アラフォー世代を中心に、非正社員が悲鳴をあげている。
            
    AERAでは、2月下旬、調査会社マクロミルの協力を得て、20代から50代までの非正規雇用者
    324人を中心に、アンケートを行った。

    非正規雇用者は、企業にとってどんな存在で、どこにメリットがあるのか。寄せられた回答は、
    現職を選んだ理由にかかわらず、総じてシビアだ。

    「いつでも切れる」「安く雇える」「都合よく使える」「使い捨て」

    本意・不本意を問わず、正規・非正規を問わず、ほとんどの雇用者がそう認識しているのだ。

    さらに詳しく回答を見ていくと、不本意非正規では悲痛な声が目立つ。

    「生まれた時から不況世代」という男性(44)は、新卒時、エンジニアとしてIT企業に就職した。
    必死で就活したが就職先は選べる状況ではなく、契約社員として社会に出た同期も多かった。
    3年後外資系に転職したが、数年でリストラされる。

    「以降は派遣社員として、1年ごとの契約を結んできました。年収は280万円ほどで、
    正社員時代に比べて、6割程度に落ちました」(男性)

    車を売り、家賃もセーブ。外食や飲みに行く機会を減らし、以前は月5万~6万かけていた交際費も
    現在は1万円に切り詰めた。40歳を超えると、求人が目に見えて減った。マンションは保証人がいないため
    借りられず、収入や安定性の面で婚活サイトに登録しても相手にされない。

    「非正規は、生活が安定しないし、結婚もできない。非正規になると、50代までずっと不遇な時代が続くと思います」(男性)

    正社員として採用されても、一度非正規になるとなかなか正規に戻れない。病気になってしまえば、なおさらだ。
    現在、作業所に通う男性(36)は、最初の就職がうまくいかず、1週間で退職。その後、自動車メーカーに正社員で
    工業簿記として入社。パワハラがあるなか、無理をして2年半勤めたが、その間に心身のバランスを崩して退職。
    以降、抑うつ症状が出るようになった。現在も、安定した仕事には就けていない。

    多様な雇用形態が入り乱れるからか、時として職場にはひずみが生じる。国立大卒で団体の契約社員の女性(40)は、
    メーカーの正社員営業職として2年勤務し、資格試験勉強のためのブランクを経て、現職に就いた。
    職場の正社員は非正社員よりも意欲もスキルも低い。そのため、女性ら非正社員が多くの業務を負担する。
    正社員の賃金は非正社員の、おそらく2倍以上。

    「『自分たちは総合職だ』という特権意識だけがあって、仕事に対する責任感はとても希薄です」(女性)

    旧世代の価値観の弊害もある。ある契約社員の女性(43)は、こう語る。


    (出典 www.garbagenews.com)



    (出典 iitokoronet.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【非正社員】非正規雇用者の悲痛な声「いつ切られるかの不安しかない」「年金はもらえないと思う」「定年前に死ぬしかない」「安楽死が法整備されることを望む」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/02/21(水) 12:19:53.13


    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    千葉県印西市で住宅が放火されて女性の遺体が見つかった事件で、容疑者の1人が事件直後、知人に電話して「灯油をかけて火を付けた」などと話していたことが分かりました。

    容疑者の知人:「どうしたの?と聞いたところ、『放火した』と言われて。放火?と聞いたところ、『人を殺した』と言われて自分もびっくりして。『居候していた所におばあちゃんがいて、金銭に関してのもめ事が起きて』『ボコボコにした』『灯油をぶっかけて、火を付けた』と」

    金崎大雅容疑者(20)、菅野弥久容疑者(20)ら男女4人は17日、印西市の住宅に火を付けて海老原よし子さん(55)を殺害した疑いが持たれています。電話で話した知人によりますと、容疑者の1人は事件当日の夜、「今、逃げてる」「どうすればいいのか分からない」などとも話していたということです。

    2018/02/21 05:55
    テレ朝ニュース
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121339.html

    関連スレ
    【千葉放火殺人】「金銭を巡って女性と口論になり暴行した。殺してみろと言われたので油をかけて火をつけた」★2
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519171363/


    (出典 gajitaku.link)


    【【放火殺人事件】千葉:『お金を返してくれなかった』『ボコボコにした』『頭にきたので火を付けて殺した』】の続きを読む


    「職務質問」まだ受けた事無いけど受けてみたいw

    1 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 :2018/02/20(火) 18:56:26.01


    2018年2月18日昼、大阪市内の繁華街で職務質問を受けた男がナイフを持って暴れ出し、警察官が発砲。弾は男の右足に当たり、2週間のけが。公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕された。朝日新聞(ネット版、18日夜)は、「発砲受けた25歳容疑者『職務質問は任意。急いでいた』」の見出しで配信。テレビ朝日(ネット版、19日)も、「任意だったので職務質問を断った」との容疑者の供述内容を伝えた。

    今回の事件では、容疑者がバタフライナイフを持ち歩き、職務質問後に暴れ出していることから、ツイッターでは、不審な人物に職務質問をかけた警察官の行為に対し「褒めたい」などと擁護・賞賛する声も上がっている。また、今回の事件とは離れ、一般論として「職務質問は任意だけど、実際は断れないの?」といった疑問点が気になる人からの「つぶやき」も見られた。

    職務質問は、警察官職務執行法第2条に定めがあり、その協力への任意性についても同条で「刑事訴訟法に関する法律の規定によらない限り、身柄を拘束され、又はその意に反して(略)連行され、若しくは答弁を強要されることはない」などと記載されている。

    しかし、ネット上の過去の個人ブログやまとめサイトなどには、職務質問を受けた際、「任意だから」と断ろうしても、結局「3時間、話を聞かれた」、「大勢の警察官に取り囲まれて大変なことになった」といった報告もあがっている。公務執行妨害で逮捕されるケースもありうる、との指摘も出ている。一方で、「薬物捜査で『任意の壁』、職質逃れが急増~(略)」(産経ニュース、17年6月29日配信)といった、「任意性」をめぐる職務質問の難しさに焦点をあてた記事もある。

    実際、「任意だから」と職務質問への協力を断ることはできるのだろうか。事務所サイト上で「職務質問」(と任意同行)をテーマにした解説を載せているヴィクトワール法律事務所(東京都中央区)の徳永祐一弁護士に話を聞いた。

    「まず、法律上、職務質問への協力は任意であり、拒否することは可能です」
    というのが大原則だ。一方で、

    「『任意』と表現すると、自身の好き勝手に判断してよい、という風にも聞こえますが、実際上は、『非強制』(警察が強制はできない)という程度に捉えた方がよいと考えます」
    と指摘する。職務質問(と任意同行)は、強大な権力の行使であることから人権の観点から批判されることも多い一方で、優れた警察官が、捕まっていない犯罪者や犯罪予備者に適宜に職務質問を行い、任意同行を求めることで、犯罪者の検挙につなげてきたという現実もある。

    そうした職務質問の有効性を踏まえると、一般的には質問へは協力した方が「楽である場合が多い」。あえて協力しない場合は、「何かやましい点があるのではないか」と疑われることになり兼ねないからだ。応援の警察官を呼ばれ、数人に周囲を囲まれるケースも実際にある。


    それでも、本当に緊急の用事で急いでいるなどして協力したくない場合は、

    「断固として強い意志を示して拒否すべきです」
    と助言する。スマートフォンで警察官との会話を録音したり、「拒否しているのに職務質問を強制することが法律上許されるのか、弁護士に確認してみる」と申し出たりすることが有効だそうだ。

    しかし、こうしたやりとりの際に注意が必要なのは、押し問答になって強く抵抗した場合などに、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕される可能性があることだ。手を使って警察官に触れるなどは避けるべきで、あくまで冷静なやりとりをする必要がある。

    徳永弁護士自身も、男性からの電話依頼で、職務質問を拒否して7、8人の警察官に囲まれた状態の現場に赴いたことがある。しばらく警察官らとやりとりをしたが彼らは立ち去ろうとせず、男性と移動を始めると付いてきた。最終的に男性はタクシーに乗って無事立ち去ったが、一時は一緒に乗り込もうとする警察官もおり、「なかなか大変でした」。こうした経験も踏まえ、「法律の建前を示したいといった安易な気持ちで協力を拒否するのは、かえって時間もかかるし、やめておいた方がよさそうです」とアドバイスした。

    全文はソース先で
    J-CASTニュース 2018/2/20 16:49
    https://www.j-cast.com/2018/02/20321670.html

    ■関連スレ
    【大阪】職質した警官に「●すぞ」とナイフ→警官、拳銃構え「止まれ」→「撃つんなら撃て」→発砲 「職質は任意。急いでいた」★5
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519033368/


    (出典 ares-news.com)



    (出典 media-cdn.mag2.com)



    (出典 tanu-soku.com)



    (出典 a0.img.mobypicture.com)


    【【職務質問】ツイッター投稿で「職務質問は任意だけど、実際は断れないの?」の疑問が…弁護士の解答は】の続きを読む

    このページのトップヘ