いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。



    1 ばーど ★ :2019/12/01(日) 16:54:05.20

    エアトリは11月29日、「手数料」に関する調査結果を発表した。調査は11月にネット上で実施され、20~70代男女1079人から回答を得た。

    「口座維持手数料についてどう思うか」を聞いたところ、「納得できない」(73.8%)が7割以上を占めた。一方、「納得できる」(8%)とした人は1割未満。海外では当たり前となっている手数料の一種だが、増税による家計のひっ迫や、銀行では他のあらゆるサービスに手数料がかかることから否定的な見方をする人が多いようだ。

    ■「維持しないといけない口座が限られる」

    「口座維持手数料を徴収される場合、保有している口座をどうするか」については「解約する」(23.5%)、「金額や条件によっては解約する」(67.8%)と合計9割以上の人が解約の可能性を示した。主な声としては

    「預けられた金融資産を運用して利益を得ているはずの銀行が、利息という形で顧客に還元しなくなって久しいが、それに飽き足らず預けるなら手数料を貰いますとは本末転倒、図々しいにもほどがあると思う」(50代・女性)

    といった厳しい意見のほか、「維持費を払ってまで維持しないといけない口座は限られる」(40代・男性)と冷静に考える人もいた。

    手数料取っても良いのは「荷物の再配達」「救急車の出動」
    銀行に限らず、納得できない手数料が「ある」(88.3%)と答えた人は9割に迫った。手数料の種類別にみると、最多は「ATMの手数料」(73.9%)。次いで、「携帯・スマホの契約事務手数料」(58.7%)、「銀行窓口における手数料」(55.9%)、「チケットの発券手数料」(51.1%)と続いた。利用者からは

    「ATMは客が機械操作をして人件費削減に協力している行為です、無料で当然。」(60代・男性)
    「時間帯により異なること・金額により異なることが納得できない。」(30代・女性)
    「手数料という言葉に「やってあげている」という、上から目線の態度が見える。」(70代・男性)

    といった理由が挙がっている。

    一方、手数料を取ってもよいと思うサービスを聞いたところ、「荷物の再配達」「救急車の出動」「飲食店・ホテルなどの予約/キャンセル」「コンビニ・飲食店などの深夜営業」「相談」などの回答が寄せられた。

    2019.11.29 キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=83331

    ★1が立った時間 2019/12/01(日) 14:13:00.17
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575177180/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 www.asahicom.jp)


    【【手数料】調査:「銀行口座維持手数料についてどう思うか」…7割以上が『納得できない』と回答 】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/12/01(日) 09:05:23.47

    政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市販品類似薬)について、公的医療保険の対象から除外する方向で調整に入った。市販品は全額患者負担だが、病院で処方箋をもらって薬を購入する場合、自己負担は1~3割で、残りは税金や保険料から賄われる。政府は自己負担を引き上げることで医療費抑制につなげたい考えだ。

     政府は、全世代型社会保障検討会議が12月中旬にまとめる中間報告に盛り込むことを検討しており、来年以降、随時進めていきたい考えだ。

     保険除外の対象として想定しているのは風邪薬や花粉症治療薬、湿布薬、皮膚保湿剤、漢方薬などの軽症薬。これらの薬を市販品より安く入手するために、患者が病院で受診するケースは多く、かねて過剰な受診を招く要因になっていると指摘されていた。

     また、がん治療で使われるオプジーボやキムリアなど超高額薬の相次ぐ登場は、医療保険財政を圧迫する要因になっている。政府は「大きなリスクは共助、小さなリスクは自助」との考え方に基づき、「大きなリスク」を支えるための改革は避けられないと判断した。

     健康保険組合連合会(健保連)は、市販薬で代替可能な薬剤費は年2126億円に上ると試算している。どの薬を保険対象外にするかによって抑制額は変わってくる。

     このほか、フランスで導入されている薬剤の種類に応じた自己負担割合の設定や、スウェーデンで行われている年間の薬剤費の一定額まで全額自己負担にするような仕組みも検討の俎上に載っている。

     ただ、日本医師会は市販類似薬の保険対象からの除外について「軽微な症状での受診を控えることにより、重症化する恐れがある」「重篤な疾患だけを保険給付の対象とすれば社会保険の恩恵が薄れる」などと反発している。

    12/1(日) 6:25配信 産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000501-san-soci


    (出典 www.tokyo-np.co.jp)



    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    【【保険適用除外】政府:病院処方の風邪薬や花粉症治療薬、湿布薬、皮膚保湿剤、漢方薬などの軽症薬が保険除外の対象】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2019/12/01(日) 08:46:00.66

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00010000-doshin-hok

    出発98分遅れ

    【月形】30日午後6時25分ごろ、空知管内月形町のJR札沼線豊ケ岡駅構内で、
    線路上に男性が侵入しているのを石狩当別発浦臼行き普通列車(1両)の運転士が発見した。
    警笛を鳴らしても立ち退かず、この列車の出発が98分遅れた。同駅から乗った1人を含む
    乗客約10人に影響が出た。

    JR北海道によると、男性は写真撮影のために線路に入っていたとみられる。
    岩見沢署に通報し、警察官が駆けつけた後、立ち退いたという。


    豊ケ岡駅(右上)のホームに入る札沼線の列車=10月19日

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【撮り鉄犯罪】写真撮影のために線路上に男性が侵入、普通列車の運転士が警笛を鳴らしても無視し、列車の出発が98分遅れる】の続きを読む



    1 1号 ★ :2019/11/30(土) 23:12:57.82

     小学校の中で教師が教え子の女子児童に対して性的暴行を加えるという、にわかには信じられない事件の裁判が進行している。強制性交罪や児童ポルノ禁止法違反罪などで起訴されているのは、千葉市立小の元教員・X被告(36)だ。

     被害者となったのは当時6~12歳の女の子7人。法廷ではX被告の大胆かつ卑劣な犯行が次々と明らかになった。10月末、検察側は「鬼畜の所業と言うしかない」と糾弾し、懲役15年を求刑した。司法は「鬼畜わいせつ教師」にどんな判決を下すのか――。

    (※この裁判では被告人名から被害者が特定される可能性があるため、被害者を保護する観点から「被告人名秘匿」の措置が取られ、現場となった小学校の名前も伏せられています。本稿でも被害児童たちの特定を避けるため、被告も匿名とすることにしました。被害者のアルファベットは起訴順。本稿ではA~Dさんの4人が登場しますが、実際の被害者は7人に上ります)

    目隠しと腕をしばっておいて……
     事件が発覚したのは2018年7月17日。夏休み直前だった。小学3年生の女子児童Aさんが、小学校から帰宅後、母親に被害を打ち明けた。この日、担任のX被告は、1時間目の授業を自習にした上で、クラスメートの中からAさんを1人、別の教室に呼び出した。そして、目隠しをさせ、腕をしばって抵抗できない状態にすると、Aさんの陰部を触ったり、Aさんの口に自分の陰茎を入れたりしたのだ。

     母親の相談を受けた県警は捜査に乗りだし、8月1日、X被告を強制性交の疑いで逮捕した。県警はX被告の自宅の家宅捜索で、外付けハードディスクやデジタルカメラなどを押収。データを解析すると、犯行を録画したものが見つかった。映像に映る被害者はAさんだけではなかった。他にも被害者がいることが判明し、解析の結果、Aさん以外の6人が特定された。

     被害者Bさんの母親は裁判の意見陳述でこう述べている。

    「被告が逮捕されてからしばらく経って、刑事さんがうちまで来て、『事件のことを知っているか』と聞かれました。丁寧にすべての家庭に聞いて回っているのかと思ったら、『実は娘さんも被害に遭っているそうです』と言われました。娘は私に気を遣い、何も言わなかった。つらいです」

    約5年半も明るみに出なかった卑劣な犯行
     X被告は児童らが口外しないことをいいことに、2013年1月から逮捕される18年7月までの約5年半の間、7人の被害者にわいせつな行為を繰り返していたが、Aさんが母親に訴えるまで犯行が明るみに出ることはなかった。

     X被告は起訴され、初公判は昨年10月11日、千葉地裁で開かれた。7人の被害者ごとに追起訴が行われ、すべての起訴を終えるまでに1年近くがかかった。

     裁判では、X被告の手口が次々に明らかになっていった。常習的な手口はこうだ。担任するクラスの女子児童の中で、物静かで、大人に告げ口しなさそうな子供を選んでは、理由をつけて空き教室や校内の倉庫などに呼び出す。そうして2人きりになると、X被告は児童に自分の局部を咥えさせたり、押し付けたり、児童の陰部を触ったりしていたという。その一部始終をカメラで撮影し、映像に残していた。

    「体だけは大人になりやがって」と触られた
     中でも犯行の状況が明らかになったのは、Dさんに対する犯行だ。Dさんは担任だったX被告から、5回の被害を受けた。初めて被害を受けた際、Dさんは忘れ物をしたことから、X被告に教室に残るように言われ、「服をまくって」と体操服を胸の下あたりまでまくらされ、下着が見える状態にされたという。

     その日は服をまくり上げるだけで終わったが、その後、X被告の犯行は加速する。別の日には、Dさんが友人とトラブルになり、再び教室に残るよう言われた。今度は服をまくらされることはなかったが、「体だけは大人になりやがって」と服の上から乳首を触られたという。Dさんは当時を振り返り、「すごく怖かったです」と話した。

    続きはソースで
    11/29(金) 18:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00016295-bunshun-soci


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 static.blogos.com)



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    【【鬼畜わいせつ教師】6~12歳の小学生女子児童7人が、学校内で教師に性的暴行を受けた裁判、「鬼畜の所業」で懲役15年を求刑】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/11/30(土) 21:08:18.04

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000054-kyodonews-soci

    山梨県道志村のキャンプ場で9月21日に行方不明になった千葉県成田市の小学1年小倉美咲さん(7)の家族は30日、
    手掛かりとなる情報を求め、美咲さんの新たな写真を公開した。

    写真は今年4月に家族と一緒に写真館で撮影した複数枚。美咲さんは水色の着物や、
    白地にピンクの花が付いたドレスを着て、ほほ笑んでいる。

    家族はこれまでも、美咲さんの写真や動画を公表してきた。母とも子さん(36)は取材に対し
    「美咲のいろんな表情を見てもらい、情報を集めたい」と訴えた。

    山梨県警は大規模な捜索を打ち切り、聞き込みなどを継続。家族や有志のボランティア団体が捜索を続けている。


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ★1が立った時間 2019/11/30(土) 16:41:47.37
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575099707/


    【【新写真公開】山梨不明女児の新たな写真公開「美咲のいろんな表情を見てもらい、情報を集めたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ