いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。


    使用量を少なくしてもダメかなぁw

    1 らむちゃん ★ :2017/11/18(土) 10:39:04.80

    東洋経済オンライン2017年11月18日 6時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13907314/

    日本消費者連盟には「近隣の洗濯物の香り」に関する相談が相次いだ(写真:プラナ / PIXTA)

    香りに害と書いて「香害(こうがい)」――。今、香水などの香料による体調不良を訴える人が増えている。

    中でも、やり玉に挙げられているのが、衣類の柔軟剤だ。さわやかな香りがする一方で、頭痛やめまい、吐き気などに悩まされるケースが出ている。NPO法人・日本消費者連盟(日消連)が今夏に2日間限定で開設した「香害110番」には多くの“通報”が相次いだ。

    洗濯物の香りの相談が最多

    「家の窓を開けると、隣の家に干している衣服から柔軟剤のにおいがして、頭痛が長時間続いた」「電車やエレベーターに乗ると、隣の人の衣服から柔軟剤のにおいがしてせきが止まらなくなった」

    日消連にはこうした相談が213件寄せられた。その中で最も多かったのが、近隣の洗濯物の香りについてだった。日消連で香害問題に取り組む杉浦陽子氏は「今回寄せられた相談は氷山の一角にすぎない。化学物質による被害は誰にでも起こりうる」と警鐘を鳴らす。

    柔軟剤は洗濯後の繊維を柔らかく保つ仕上げ剤。もともとは微香タイプが多かったが、2000年代半ばに海外製の香り付き柔軟剤が発売されると瞬く間に人気商品となった。これをきっかけに日本のメーカーも相次いで同様の商品を投入した。

    その一方で、前述のような頭痛やめまいを訴える声が聞こえ始めた。2013年に独立行政法人の国民生活センターが柔軟剤に関する相談内容を公表したところ、同様の相談が増えていった。同年にはセンターに331件の相談があり、それ以降の相談件数も毎年100件超で推移している。

    (全文は配信先で読んでください)


    (出典 tk.ismcdn.jp)







    (出典 nishoren.net)



    (出典 blogc.fujitv.co.jp)



    (出典 www.sankei.com)


    【【香害】「近隣の洗濯物の香り」「香害110番」柔軟剤で頭痛やめまい?広がる「香害」の実態 】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/16(木) 12:33:44.56 ID:CAP_USER9.net

    梅宮アンナ(45)が13日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX系)の中で、加熱する”お受験事情”について語り、
    「普通でもバーキン持ってます、みたいな。しまむらさんで行ったらちょっとイジメられるかも」と語ったことが波紋を呼んでいる。

    「問題になったのはニュースランキングで5位に入った、週刊女性(主婦と生活社/11月14日発売)の『ママタレはお受験で格が上がる』という記事についてのトークでした。
    現在の芸能界はベビーラッシュでママタレ戦国時代、生き残るためには『ママとして』も成功を収める必要があるという内容でした」(週刊誌記者)

    アンナ自身、10年以上前にお受験を経験している。その時に経験した「競争の大変さ」について次のように語ったという。

    「アンナは『お受験には色んなモノを持ってなきゃいけない、お金も、物も、車も。普通でもバーキン持ってます、みたいなー』と語り、
    自身公立育ちで子供も公立に入れている倉田真由美(46)が『しまむらの上下で行ったら…』と聞くと、
    アンナは『しまむらさんで行ったらイジメられるかなー』と軽く笑って、スタジオにも微妙な空気が流れていました」(同記者)

    さすがに空気を察した遠野なぎこ(37)が「そんなお受験をしてもアンナさんは若気の至りが抜けない…」とツッコミを入れていたものの、
    SNS上では「そのバーキンはオヤジの金だろ?」「芸能人、風吹かすんじゃねー」「ウチも付属だけど普通にしまむら上下ですが何か」
    「こういう奴がいるから公立で良い」「有名校のママたちは、しまむらの服を知らないから見分けられないはず」など強く反発する声が多く上がってしまった。

    ■梅宮アンナは「嫌われママタレ」7位で娘は別居で祖父母の家に

    そんなアンナだが現在15歳の娘を、父・梅宮辰夫(79)と母・クラウディアに預けて別居中で、自身は高級マンションに一人暮らししていると昨年、スポーツ紙の取材に答えている。

    「娘の百々果さんは、現在祖父母の家から世田谷の名門インターナショナルに通っています。
    それまでもアンナは『仕事も子育てもがんばるキレイなシングルマザー』を標榜していましたが、実際のところは娘から『料理をしない』と暴露されたり、恋愛の噂が絶えなかったりの有り様。
    その結果、ある女性サイトが調査した”嫌われママタレ”の7位にランクインするほどになっています」(別の芸能記者)

    番組では、あたかも「お受験成功ママ」のような顔をしていたアンナ。”お受験”では成功しても、子育てもママタレとしても上手くいってるようには見えないのは筆者だけだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1375817/
    2017.11.14 19:00 デイリーニュースオンライン

    前スレ                    2017/11/14(火) 20:12
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510657945/


    (出典 media-groove.com)



    (出典 media-groove.com)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【芸能】TV番組『バラいろダンディ』の中で、梅宮アンナ「しまむら服ではイジメにあう」発言で視聴者から猛反発】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2017/11/18(土) 11:58:53.70

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00050040-yom-soci

    大分県竹田市内の小学校に勤務する50歳代の女性教諭が今年2~3月、
    担任していた当時1年の男子児童の口にセロハンテープを貼るなどの
    不適切な指導を行っていたことが、同市教委への取材でわかった。

    児童にけがはなかった。教諭は、こうした行為を保護者には伝えていたが、
    学校には報告していなかった。

    市教委によると、教諭は2月、給食当番でマスクを忘れた児童の口を、
    幅約5センチのセロハンテープを貼って閉じさせた。また3月上旬には、
    卒業式の練習で、いすに座った児童が脚を広げるのをやめなかったため、
    太もも付近をタオルで縛った。

    市教委は今後、教諭の処分を検討する。安東大暁・学校教育課長は
    「モラルに欠ける指導で、児童や保護者に大変申し訳ない。再発防止に努めたい」
    と話している。


    【【指導】大分県、竹田市50歳代の女性教諭、給食当番のマスクを忘れた小1男児の口をセロハンテープで閉じる 】の続きを読む


    高い!

    1 ばーど ★ :2017/11/18(土) 16:23:56.12

    ロッテリアの「はみだしダブルステーキバーガー」

    (出典 www.asahicom.jp)


     ロッテリアは、11月29日の「いい肉の日」に合わせた年に一度のご褒美バーガー「はみだしステーキバーガー」を、24日から6日間限定で売り出す。米国産アンガス牛の肩ロースで、特に柔らかい芯の部分のみを100g使った。ステーキ肉が2枚入った「はみだしダブルステーキバーガー」も同時に売り出す。価格はそれぞれ1200円と1900円(ともに単品の税込み)。

    配信2017年11月18日14時56分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASKCJ53DSKCJULFA016.html


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【ロッテリア】11月29日の「いい肉の日」に合わせた年に一度のご褒美バーガー「肉はみ出す1900円のはみだしステーキバーガー」 】の続きを読む



    1 らむちゃん ★ :2017/11/18(土) 09:18:07.98

    産経ニュース2017.11.18 09:00更新
    http://www.sankei.com/politics/news/171118/plt1711180007-n1.html

    代表辞任で小池百合子劇場「希望編」は幕が降りた。失敗作だった。ジャンヌ・ダルクよろしく登場するはずの主役が出てこないまま衆院選に敗北、人心は離れた。

     東京都の小池知事が「希望の党」を立ち上げて代表に就任したのは9月25日。あれからふた月も経っていないが、だいぶ前の出来事に思える。

     小池氏が「衆院選は政権選択選挙になる」「しがらみのない政治で日本をリセットする」などと大見えを切ったのも懐かしい。

     その小池氏が11月14日、希望の党両院議員総会で党代表を辞任した。小池氏は「創業者の責任として代表でスタートしたが、方向性は決まっているので、代表の座を降りさせていただく」と話したが、完全に気持ちが離れた。

     小池氏は玉木雄一郎氏を後任の代表に指名、総会で了承された。同時に幹事長に古川元久元国家戦略担当相、代表代行に大島敦前幹事長、政調会長に長島昭久元防衛副大臣などの人事が承認されたが、いよいよ「第2民進党」そのものだ。おまけに前民進党代表の前原誠司氏の入党を了承した。

     小池氏は、所属議員の大半が民進党出身者という現状に嫌気が差していたと15日付の産経新聞は解説する。

    (全文は配信先で読んでください)


    (出典 www.nikkei.com)


    【【小池知事】失敗作だった「百合子劇場」は終幕か?どんどん人心が離れる小池知事  】の続きを読む

    このページのトップヘ