いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。



    1 ばーど ★ :2017/09/19(火) 17:51:03.45

     衆院の解散・総選挙が10月10日公示、22日投開票の日程で行われる公算が大きくなった。安倍晋三首相は2019年10月の消費増税を予定通り行い、その引き上げ分を教育無償化や社会保障制度の見直しにあてることを自民党の公約に盛り込む方針。だが、「解散の大義がない」「森友・加計学園問題の疑惑隠し」との批判を封じる意味合いが大きく、急ごしらえ感は否めない。

    「大義なき解散」与党内からも批判 公約の内容は急転
    http://www.asahi.com/articles/ASK9L5RD2K9LUTFK005.html?iref=pc_extlink

     安倍首相は18日、都内の私邸で公明党の山口那津男代表、自民党の二階俊博幹事長と相次いで会談し、総選挙に向けた対応を協議。国連総会に出席するため米ニューヨークに向けて政府専用機で出発した。羽田空港で記者団には「解散について、いちいちお答えすることは差し控えるが、帰国後に判断したい」と述べ、22日以降に最終判断する考えを示した。

     首相は総選挙公約の目玉として「人づくり革命」を打ち出す方針。大学などの高等教育を含めた教育無償化や、高齢者中心の社会保障を低所得者・若年者に向ける「全世代型社会保障」の実現を掲げ、その財源として消費増税の引き上げ分を充てると訴えたい考えだ。

     19年10月から消費税の税率を8%から10%に引き上げることによる税収増は、5兆円程度と見込まれる。大半は国の借金の穴埋めにあてる計画だった。幼児教育や保育の無償化には、対象を3~5歳児に絞っても年7千億円超。大学など高等教育の無償化まで踏み込んだ場合、実現には4兆円以上の財源が必要とされる。使い道の変更により財政再建はいっそう遠のき、政府が目標に掲げる「基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)」の20年度の黒字化はさらに困難になる。選挙戦でその妥当性が問われそうだ。

     しかも「人づくり革命」の有識者会議は今月11日に発足したばかりで、財源について表だった議論もしていない。森友・加計学園での追及が必至の臨時国会の冒頭で解散することへの批判が出る中で、公約明記は、解散の「理由付け」を図る意味合いが大きい。

     消費増税の使い道変更は、教育や社会保障の充実のため負担を分かち合う考え方を示してきた民進党の前原誠司代表の訴えとも重なる。前原氏は18日、「野党の考え方とかぶせてきて、争点隠しをしているのか」と都内で記者団に語った。

    配信2017年9月19日03時30分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK9L5RD2K9LUTFK005.html?iref=pc_extlink

    関連スレ
    【衆院選】消費税増収分「社会保障の充実」に…安倍首相、次期衆院選で訴えへ★12
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1505766228/

    ★1が立った時間 2017/09/19(火) 06:28:31.40
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1505805696/


    (出典 yoshimurayasunori.jp)


    【【解散総選挙】衆院選<安倍首相、解散の大義急造>「 人づくり革命」「消費税増税で教育・社会保障」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2017/09/18(月) 13:55:32.09

    中東のドバイでこのほど、日本製のしょうゆが禁止になったと地元紙が報じました。しょうゆは日本の他にも中国、東南アジアなどで幅広く使われていますが、中東ではあまりなじみがありませんでした。ところが、すしをはじめとして日本食の人気が広がり、近年はスーパーでも手軽に日本ブランドのしょうゆが買える国が増えています。どんな理由があったんでしょうか。(朝日新聞国際報道部・神田大介)

     複数の地元紙は8月8日、ドバイのあるアラブ首長国連邦の気候変動・環境省がキッコーマンのしょうゆの輸入を禁じた、と一斉に伝えました。当局の検査で、アルコールを含んでいることが確認されたとしています。

     イスラム教で飲酒はタブー。イスラム教を国の宗教とするアラブ首長国連邦は、特別な許可を受けた店舗や、外国人が利用するホテルやバー以外でアルコール類を売ることを禁じています。

     しかし、英字紙「ザ・ナショナル」の取材に対し、ドバイのあるレストラン経営者は、キッコーマンのしょうゆを約15年前から使っていると答えています。なぜ、今になって?

     日本のキッコーマン本社に取材すると、「報道は把握しているが、アラブ首長国連邦側からキッコーマンには何の連絡もありません」とのこと。

     キッコーマンがアラブ首長国連邦向けに輸出しているしょうゆは、シンガポールの工場でつくられており、アルコールを含んでいないそうです。

     イスラム教徒はインドネシア、マレーシアなど東南アジアにも住んでいます。独自の技術で、アルコールが出ない製法をとっているとのこと。

     実は、記事には「輸入禁止は日本の工場でつくられたしょうゆに限る」とも書かれていました。
    ものによってはビール並みのアルコール濃度

     しょうゆにはふつう、アルコールが含まれています。

     キッコーマンの説明によると、一般的なしょうゆは大豆と小麦に食塩水をまぜ、発酵させることでつくります。このとき、酵母によって、小麦に含まれる糖分がアルコールになります。

     アルコールはしょうゆの良い香りのもとになり、かびを防いで保存性を高める効果もあるそうです。

     なお、酵母で麦を発酵させればビール、米を発酵させれば日本酒です。

     つくる過程でできるものなので、ふつうのしょうゆの「原材料」にはアルコールが含まれていません。

     しょうゆのアルコール度数はおよそ3%。ただし、減塩しょうゆは5%程度だそうです。普通のしょうゆから塩分をとりのぞく方法でつくられており、アルコールを足すことで保存性を高めているからだとか。この種のしょうゆは、原材料名に「アルコール」と書かれています。

     アルコール飲料で言うと、一般的なビールやチューハイのアルコール度数が5%、サントリー「ほろよい」などの低アルコール商品が3%ほどです。

     ただし、しょうゆはビールのようにゴクゴク飲むものではありません。缶1本分、350ミリリットルを一息に飲み干すことは不可能に近いでしょう。

     キッコーマンの場合、妊婦や子どもへの影響に対する問い合わせには「つけたりかけたりして少量使う分には特に心配はないと思われます。とは言え、ご心配であれば過熱調理にご使用ください」と答えているそうです。
    中東では「アルコール抜き」しょうゆを販売

     なので、キッコーマンはノンアルコールのしょうゆを開発。日本でも8月21日から「ハラールしょうゆ」の商品名で売り出しています。アラブ首長国連邦向けには、当初からアルコール抜きの商品を輸出していたそうです。今回の措置はなんだったんでしょうか?

     アラブ首長国連邦の当局は、朝日新聞の取材に回答をしていません。

     ただ、渡辺淳基・朝日新聞ドバイ支局長が近くのスーパーマーケットを回った限りでは、報道後も以前と同じように、シンガポール工場でつくられたキッコーマンのしょうゆが店頭に並んでいたとのことでした。

     キッコーマンも、今回の件によるビジネスへの影響は「ない」と回答しています。

     以下は推測ですが、ドバイには日本から直輸入した食材を扱う「日本食材店」がいくつかあり、日本でつくったしょうゆも売られています。当局はこうした商品を検査したのではないでしょうか。

     ただ、値段が高いこともあり、ふつうに生活していて口に入るものではありません。

     また、みそや酢も発酵食品で、日本製のものはアルコールを含んでいます。こちらは輸入禁止になったという報道はありません。

     今回の混乱は、当局の理解不足が招いたという一面もありそうです。

    withnews 9/18(月) 7:00|Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000002-withnews-int


    【【禁止】キッコーマン<当局の不可思議な対応><ドバイでしょうゆ「禁止」>想定外のその理由】の続きを読む



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/18(月) 16:30:27.99 ID:CAP_USER9.net

    藤本貴之[東洋大学 教授・博士(学術)/メディア学者]

    ***

    サントリーのCMに出演したモデル・水原希子に対する、出自・人種差別的なヘイトツィートが問題になっている。簡単に書いてしまえば「水原希子はアメリカ人と韓国人のハーフなのに、日本名を使って活動しているエセ日本人だ」という差別攻撃である。

    もちろん、どのような状況であれ、人種や国籍・出自での偏見による差別などあってはならないし、そんなことが話題になったり、炎上すること自体に日本のネット社会の国際性の低さや未熟さを感じる。

    一方で、今回の騒動の本質は、単なる人種や出自に対する差別や偏見だけから来ているわけではない、という点に本当の問題があるのではないか。水原希子自身のこれまでの言動に騒動の要因、炎上の原因があるように思えるからだ。

    水原希子は、父親がアメリカ人で母親が在日韓国人ある。しかしながら、在日韓国人の母親は、もしかしたら生まれも育ちも日本で、国籍や出自が韓国だとしても、その実態は「ほぼ日本人」である可能性は高い。

    世代によっては韓国への渡航(帰国)経験がなかったり、戸籍名である韓国名さえあやふやである可能性もありうる。その子供(水原希子)であれば、よほど意識的・政治的でもない限り、韓国人というよりは、育った環境=日本人という意識の強くなっているはずだ。

    例えば、水原希子の本名は「オードリー・希子・ダニエル」である。アメリカ人の名前と日本人の名前が組み合わされている。これは、母親自体が日本に強いアイデンティティを持ち、「日本人とアメリカ人のハーフ」という意識が高かったことからのネーミングであることは、想像に難くない。

    外国出身者が、日本人名を使い、日本人として生きて、広く活躍しているような人は、個人的には日本人として非常に嬉しくさえ思う。「青い目の議員」として有名なフィンランド出身の帰化日本人ツルネン・マルテイ(弦念丸呈)元参議院議員の話などは感動さえ覚える。

    日本人としてアイデンティティを持ち、生活をしているのであれば、日常生活であえて出自をアピールする必要もない。今後、日本がますますグローバル化してゆく中で、それらは「どうでもイイこと」として消えてゆくべきものだろうし、そうであるべきだ。

    よって、日本で育ち、日本名を名乗り、日本で芸能活動をしてきた水原希子の出自や国籍・血統などは、あえて表明する必要もないし、聞く必要もなかったことである。実際、人気女優・水沢エレナのような日韓ハーフの芸能人は多いが、誰も出自を批判の対象として気になどしていない。

    しかし、そんな本来「どうでもイイこと」を、水原希子は自らの言動から「どうでもよくないこと」にしてしまったことが、一連の騒動の発端であり、炎上を加速させる原因であるように思える。

    つづく

    メディアゴン2017年09月18日 08:35
    http://lite.blogos.com/article/246785/

    2017/09/18(月) 10:16:27.74
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505697387/


    (出典 chops.chips.jp)



    (出典 www.asagei.com)


    【【芸能】本人の言動に問題 <水原希子ヘイト騒動の原因>偏見・差別だけではない】の続きを読む


    せこい、ファミリー!

    1 のっぺらー ★ :2017/09/18(月) 21:36:33.80

    家族ぐるみの犯行でしょうか。
    18日未明、大阪市住之江区のディスカウント店「ドン・キホーテ」で
    商品のタグを外す不審な行動をしていた男と少年が、女の運転する車で逃げる事件がありました。

    警察によりますと午前1時半ごろ、「ドン・キホーテ パウ住之江公園店」で、
    50代くらいの男と10歳前後の少年が男性用下着のタグを外しているのを店員が見つけました。
    声をかけると2人は逃走し、出入り口で店員ともみ合いに。

    男が携帯電話でどこかにかけるや否や40代くらいの女が運転する車が店に横付けされ、
    2人は車に乗り込んで逃げたということです。
    この際、店員が運転席の女に蹴られ、腕に軽いけがをしました。

    ドン・キホーテでは金額の違う商品のタグを付け替えて差額を騙し取る犯行が相次いでいて、
    警察は事後強盗事件として捜査しています。

    (出典 www.mbs.jp)


    以下ソース:毎日放送 09/18 20:02
    http://www.mbs.jp/news/kansai/20170918/00000054.shtml


    【【事後強盗事件】大阪市住之江区ドンキで<家族ぐるみで犯行か>「商品タグ付け替え」相次ぐ 】の続きを読む


    己と仏の行で修行の途中、続けられないほど身体が衰退したら
    携行している小刀で自ら命を絶つという、厳しい修行。

    1 ばーど ★ :2017/09/18(月) 13:04:03.35

    戦後14人目

    (出典 www.mbs.jp)


    比叡山延暦寺に1000年以上伝わる「千日回峰行」に挑む僧侶が1000日に及ぶ荒行を18日朝、達成しました。この行を成し遂げたのは戦後14人目です。

     延暦寺の荒行「千日回峰行」を満行したのは、善住院の住職・釜堀浩元さん(42)です。釜堀さんはこれまでに比叡山の峰々を巡礼する「回峰行」や9日間の断食などの過酷な修行をやり遂げ、18日朝、最後の巡礼を終えて1000日間7年に及ぶ修行を満行しました。

     「無事に回峰行をつとめられてほっとしている。手本になるお坊さんになりたい」(釜堀浩元さん)

     この行を成し遂げたのは戦後14人目で、釜堀さんには生き仏で信仰の対象となる「大行満大阿闍梨」という称号が与えられました。

    09/18 12:14
    http://www.mbs.jp/news/sp/kansai/20170918/00000018.shtml




    (出典 www.sankei.com)



    (出典 blog-imgs-83.fc2.com)



    (出典 www.news24.jp)


    【【大行満大阿闍梨】比叡山延暦寺、戦後14人目「千日回峰行」満行 生き仏「大行満大阿闍梨」の称号授与】の続きを読む

    このページのトップヘ