いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    2018年02月



    1 記憶たどり。 ★ :2018/02/27(火) 14:49:25.94

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00010000-yomidr-soci

    自殺者の総数が減り続ける中、自殺する若者がなかなか減らない。若年層の死因のトップが自殺なのは、主要先進国で日本だけだ。
    若者の自殺を防ごうと、様々な団体が取り組みを進め、政府も対策強化に乗り出した。3月の自殺対策強化月間を前に、現状と課題を探った。

    神奈川県座間市のアパートで昨年10月、男女9人の遺体が見つかった事件。犠牲者の多くは自殺願望をツイッターでつぶやいたのがきっかけで、
    事件に巻き込まれた。政府は12月、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で自殺を勧誘する投稿を削除する取り組みの強化など再発防止策を発表した。
            
    だが、SNSには今も「死にたい」「消えたい」と訴える若者の投稿があふれる。

              ◇

    「生きる意味ってなに?」「なんかむなしい」――。福祉施設で働く大阪府の20代男性は、最近もツイッターでつぶやく。

    職場での頑張りを上司に評価されず、「仕事ができない」と言われ続けた。いつしか自暴自棄になり、手首を刃物で傷つける自傷行為を重ねたり、
    夜に眠れなくて睡眠薬や酒を多く飲んだりした。「ツイッターは自分のはけ口として使っている感じ。他の人に共感されると気持ちが楽になる」

    神奈川県の30代男性は、実家で引きこもりを続けながら、1日に何度もツイッターに書き込む。大学卒業時の就職活動に失敗。
    その後も不採用が続き、就活する気力を失った。「排除され、差別されて偏見を受ける社会では頑張ろうと思えるはずがない。
    でも一番の間違いはこの世界に生まれてきたことなのかも」などと社会への不満と自殺願望をつづる。

              ◇

    SNSにこうした投稿が氾濫するのはなぜか。若者の自殺を長年取材しているフリージャーナリストの渋井哲也さんは、
    「人と日常的に話をしたり、悩みを相談できたりする環境にない若者が増えている。誰かに話を聞いてほしい、あるいは問題を解決したいという思いで、
    SNSに向かっているのだろう」と分析する。

    「自傷行為をしたり『死ぬ』と言ったりしている人に限って、実際には自殺しない」という見方もよくされる。だが海外には、
    10代で自傷行為をした経験を持つ人がその後自殺する確率は、そうでない人の数百倍に高まるという研究もある。
    また、「死にたい」と思った人の4人に1人が、実際に自殺を図ったという疫学調査もある。

    「自傷行為や自殺をする人に共通する行動パターンは、つらい時に人に助けを求めないこと。一人で悩むことが最も自殺のリスクが高い」。
    国立精神・神経医療研究センター部長の松本俊彦さんは指摘する。「SNS上に苦しい心境を書き込むことは『このつらさを理解してほしい、
    助けてほしい』というSOSの発信。このSOSをうまく受け止める仕組みを作るべきだ」

    現代の若者は、電話や対面での相談窓口にはなかなか接触しない。松本さんは、「『死にたい』と投稿する若者の中には様々な心の健康面の問題を
    抱えている人も少なくない。SNSを活用した相談窓口を整備し、最終的にソーシャルワーカーや精神科医などによるリアルな支援に結び付け、
    チームでサポートしていく手法が若者の自殺防止には有効だろう」と強調する。


    (出典 s.yimg.jp)



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【【社会】若者:SNS「死にたい」「消えたい」「自殺願望」増加・<若者の死因、自殺が1位>】の続きを読む


    一種のあおりでは無いのかな?

    1 ばーど ★ :2018/02/27(火) 14:43:35.30

    高速道路などで追越車線を走っていて、それより右側には車線がないのに、右ウインカーを出すクルマがあります。前のクルマに対し「どけ」という意味があるといわれますが、「あおり運転」にはならない行為なのでしょうか。

    パッシングやクラクションではない「どけ」、どう扱われる?

     いわゆる「あおり運転」と呼ばれる悪質かつ危険な運転に対して、取り締まりが強化されています。2018年1月には、警察庁が全国の警察などに対し、その厳正な捜査の徹底と積極的な交通取締りを通達し、悪質なドライバーは即座に免許停止処分とするよう求めています。

    追越車線で右ウインカーを「どいて」の意味で点灯させる人もいる。写真はイメージ

    (出典 contents.trafficnews.jp)


     具体的に「あおり運転」という違反はありませんが、たとえば神奈川県警はウェブサイトでは、「一般的に前方を走行する車に対して進路を譲るよう強要する行為」とし、車間距離を詰めて異常接近したり、追い回し、幅寄せ、パッシング、警音器の使用などによって相手を威嚇したり、嫌がらせをしたりするといった例を挙げています。そのうえで、パッシングや警音器を鳴らす行為については、「減光等義務違反」「警音器使用制限違反」に該当するといいます。

     前のクルマに対し道を譲るよう促すような運転行為は、ウインカーによる意思表示も当てはまるかもしれません。片側1車線の道路で後続車に“抜いてほしい”ときに左ウインカーを点灯させる、あるいは反対に、高速道路などで最も右側の追越車線を走行中、前のクルマに対して“どいてくれ”の意味で右ウインカーを点灯させる、といった光景も見られます。

     そもそも、「抜いて」「抜かせて」の意思表示でウィンカーを点灯させることは、道路交通法ではどのように扱われるのでしょうか。警視庁によると、「不要な合図として違反となる可能性があります」とのことです。

    右ウインカーで「どけ」、どう広まったのか

     パッシングや警音器の使用ではないものの、追越車線で右ウィンカーを出すなどの行為は、「あおり運転」に該当するのでしょうか。警視庁は、「事案ごとに検討することとなります」といいます。

     道路交通法第53条では、「左折し、右折し、転回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければならない」、その行為を「終わったときは、当該合図をやめなければならない」ほか、これら「合図に係る行為をしないのにかかわらず、当該合図をしてはならない」とされています。追越車線での右ウインカー点灯は、上記の合図を出すべき行為には該当しない「不要な合図」になる可能性があるようです。

     東京都世田谷区の自動車学校、フジ・ドライビングスクールの田中さんによると、このような右ウインカーでの意思表示はもともと、トラックドライバーが行っていたものだといいます。

     「合流や車線変更でゆずってくれた後続車にハザードランプで感謝を伝えるのと同じく、そもそもはトラックドライバーどうしのコミュニケーションとして行われていたものです。これが、一部の若者を通じて一般車のドライバーにも広まっていったものと思います」(田中さん)

     田中さんは、「絵文字やネット上ならではの言葉など、わかる人だけがわかっていた言葉が一般に広がるのと同じで、このようなドライバーどうしの“合言葉”も、初心者を戸惑わせることがあるでしょう」と話します。

    2018.02.27
    乗り物ニュース
    https://trafficnews.jp/post/79712

    ★1が立った時間 2018/02/27(火) 08:39:26.50
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519701346/


    【【合図】高速道路などの追越車線で前のクルマに対し、右ウインカーを出すクルマ「あおり運転」にはならないのか?】の続きを読む



    1 イレイザー ★ :2018/02/27(火) 10:30:11.19

    2月27日 5時15分

    日本年金機構は、国民年金保険料の滞納対策を強化するため、ことし4月から、財産の差し押さえなど強制的な徴収を行う対象を広げて、
    年間の所得が300万円以上の人が7か月以上保険料を滞納した場合に、強制的な徴収を行うことになりました。

    日本年金機構は、26日開かれた社会保障審議会の年金事業管理部会に、新年度(平成30年度)の運営に関する計画案を示し、了承されました。

    計画案は、支払い能力がありながら国民年金保険料を滞納する人への対策を強化するため、
    財産の差し押さえなどの強制的な徴収を行う対象を広げるとしています。

    具体的には、現在、年間所得が300万円以上の場合は国民年金保険料を13か月以上滞納し、
    350万円以上の場合は7か月以上滞納した場合に、 財産を差し押さえるなどしていますが、
    ことし4月からは、年間所得300万円以上の人が7か月以上、滞納した場合にこうした措置を行うとしています。

    これにより、強制的な徴収の対象者は、今年度のおよそ36万人から1万人ほど増える見通しで、
    日本年金機構は、平成28年度の時点で65.0%となっている国民年金保険料の納付率を今後、70%台半ばまで引き上げたい考えです。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180227/k10011343621000.html

    ★1)02/27(火) 06:46:31.19
    前スレhttp://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519681591/


    (出典 mane-shiru.com)



    (出典 yakyusoku.com)


    【【保険料滞納】日本年金機構:国民年金保険料の滞納対策を強化「保険料を滞納した場合に、強制的な徴収」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/02/26(月) 09:07:57.85

    ● 要約者レビュー

     残念ながら日本では、中国についていい印象を持っている人が多いとは言いがたい。

     大半の日本人にとって、中国といえば反日思想や観光地での騒々しさが真っ先に思い浮かぶだろう。両国間には依然として歴史や領土の問題が山積し、緊張関係が続いている状態だ。とくに2012年秋に起きた反日デモをきっかけに、中国に対するイメージを悪化させた日本人が増えたのはまちがいない。

     しかし一方で、中国人が本当は日本をどう見ているか、しっかりと考える機会はほとんどないのではないだろうか。

     本書『中国人の本音』は著者が自ら汗をかいて歩きまわり、中国人の本音を引き出した珠玉の一冊だ。ここで触れられているのは反日デモの裏側や、東日本大震災に関する中国の反応といったものだけではない。SMAPや宮崎駿氏、高倉健氏の人気の高さ、『窓ぎわのトットちゃん』の記録的売れ行きなど、日本のポップカルチャーが中国でどう受け入れられているのかについても、しっかりと取材がなされている。あくまでも市井の人々に軸足を置き、庶民目線で語られているのが特徴だ。

     大上段に構えた政府や企業寄りの広報誌ではないし、嫌中を煽るドロドロした本でもない。中国嫌いの人でも、本書を読めば中国に対する印象が変わるのではないか――そんな期待を抱かせてくれる良書である。(田中 佐江子)

      ※省略

    ◆日中双方の真実を知る努力を
    ◇過去最大規模の反日デモ

     少しずつ日本に好意をもつ中国人が増える一方で、反日・抗日デモの動きはなかなか収まらない。2012年8月中旬、亮馬橋地区にある日本大使館近辺で反日デモが始まった。尖閣諸島に上陸した香港の団体メンバーが逮捕されたことが発端だ。8月末に丹羽宇一郎駐中国大使(当時)の公用車が襲撃される事件が発生すると、9月11日に日本政府が尖閣諸島を国有化したことで、デモはさらに激化した。

     このデモのピークは国有化後の最初の週末、9月15日から18日だった。とくに15日は、北京や上海、重慶など50都市以上で過去最大規模のデモが起きた。このとき山東省青島市などでは、日系スーパーが大きな被害を受けた。青島イオンの窓ガラスや店舗は破壊され、青島市中心部から見て西に位置する黄島区のジャスコ黄島店も、ほとんどのガラスが割られてしまった。

     青島イオンは地元学生への奨学金支給や緑化事業など、社会貢献の面でも知られていただけに、関係者は「現地の人に喜ばれる企業として地道に事業に取り組んできた。ただ反日と叫びたたき壊す行為が愛国なんてまちがっている」と声を荒げている。

     過激な行動を当局が許容すると、生活に不満を募らせた一部の若者や中高年が反日・抗日を掲げ、日系企業で働く中国人との間で混乱や対立を引き起こす。しかも日本人は中国に対するイメージをますます悪化させてしまう。反日デモは結局、中国人自身も傷つく結果を招くのである。

     ◇東日本大震災で中国メディアが変わった

    ※省略

     だが東日本大震災がこうした体制を変えた。あの未曾有の災害は中国でも大きく報じられ、日本に取材拠点をもたない商業メディアの記者も、発生直後から相次いで取材ビザを申請した。これまで日本に行ったことがなく、官製メディアの報道内容で記事を作ってきた商業メディアの記者が、自らの問題意識で日本国内を動くようになったのだ。

     中国の記者たちを待っていたのは、驚きの連続だった。被災者たちは物資を奪い合うこともなく、建物は一部しか崩れていない。犠牲者や避難者の数は正確に把握され、名前も一字一句まちがわれなかった。こうした様子を目の当たりにした記者たちは、中国ならもっと多くの人が犠牲になったのではないかと考え、日本を批判するどころか高く評価する記事を書き連ねた。

     中国の災害報道では、当局の救援ぶりや作り上げた英雄の活躍ぶりを伝えることが中心で、被害の実態や犠牲者の数などが報道されることなどめったにない。今後は中国でも、多くの人が知りたい情報を、客観的に報道することが求められるだろう。

     ◇日中双方のメディアで発信する人たち

     ※省略 

    ◆日中友好に導く人びと
    ◇SMAP・宮崎駿・高倉健の存在

     芸能人やクリエイターの活躍を通じて、日本や日本人のイメージがよくなったという中国人は多い。SMAPもそのきっかけのひとつだ。

    2/26(月) 6:00
    ダイヤモンド・オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00160555-diamond-bus_all&p=1


    【【中国人】中国人から見た日本に対する本音】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/02/27(火) 00:01:47.68

    [ソウル 26日 ロイター] - 韓国の文在寅大統領は26日、米国に対し北朝鮮との対話の条件を引き下げるよう要請、北朝鮮には非核化に向けた意思を示すよう求めた。

    中国の劉延東副首相とソウルで会談した際に述べた。青瓦台(大統領府)が明らかにした。

    大統領は「最近、北朝鮮は米国との協議に積極的に関与する意向を示しており、米国も対話の重要性に触れている」とした上で「米国は北朝鮮との協議の条件を引き下げる必要があり、北朝鮮は非核化への意思を示す必要がある。米国と北朝鮮が早急に交渉の場につくことが重要だ」と述べた。

    2/26(月) 20:00
    ロイター
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000063-reut-kr


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    【【韓国要請】文在寅大統領:米国に対し北朝鮮との対話の条件を引き下げるよう要請「早急に交渉の場へ」】の続きを読む

    このページのトップヘ