いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    2018年09月



    1 孤高の旅人 ★ :2018/09/01(土) 10:40:27.11

    派遣切り、9月末に増加危機 「3年ルール」の対象者
    2018年9月1日05時00分
    https://www.asahi.com/articles/ASL804J8SL80ULFA010.html?iref=comtop_8_03

     改正労働者派遣法の施行から3年となる9月末を控え、派遣社員を雇い止めする「派遣切り」が増える懸念が高まっている。同じ人の同じ部署への派遣期間を業務に関わらず一律3年間に限る「3年ルール」の対象者が出始めるためだ。相談窓口を設ける弁護士らの団体は31日、7月ごろから派遣切りに関する相談が増えていると公表した。

     改正法は2015年9月30日に施行された。それまで書類整理のファイリングや秘書、翻訳など政令で定められた26の業務については、派遣社員は派遣期間に制限はなく同じ部署で働き続けることができていた。施行後は、同じ人を同じ部署へ派遣できる期間は業務に関わらず一律3年になった。改正法施行直前には、約54万人の派遣社員が26業務で働いていた。
     政府は改正の狙いについて、「…

    残り:546文字/全文:870文字

    ★1:2018/09/01(土) 05:54:32.50
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535748872/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【社会】労働者派遣法:9月末で派遣社員を雇い止めする「派遣切り」が増える懸念、改正法施行直前に約54万人の派遣社員、「3年ルール」の対象者が出始める】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2018/09/01(土) 08:53:17.44

    ◆反捕鯨活動家を入国拒否 きょうイルカ漁解禁 和歌山・太地町

    和歌山県太地町(たいじちょう)で9月1日に始まるイルカ漁に向け、現地で妨害活動を行うため入国しようとした反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)のリーダー格の活動家1人が、関西国際空港で入管当局に入国拒否されていたことが31日、分かった。
    入管難民法に基づく措置。

    SSは世界各地の水族館を閉鎖に追い込むキャンペーンを展開中で、野生イルカの供給源である太地町への圧力を強めており、当局が警戒していた。
    この活動家は、オーストラリア在住の30代の女性。

    SSのフェイスブック上の公式ページを通じ、「太地町での野生イルカの捕獲を記録しようとしただけだ」などと主張。
    入国許可と即時解放を求め、支持者らに協力を呼びかけている。

    関係者によると、女性は平成27年11月ごろにも来日し、太地町でSSのキャンペーンに参加。
    当局は、女性がリーダー格として再度来日する可能性があるとみて警戒していた。
    法務省はこれまでも、太地町で違法行為や悪質な嫌がらせを繰り返すSSの活動家らを入国拒否にしている。

    一方、国際手配されているSS創設者のポール・ワトソン容疑者はSSの公式ページで「9月1日に太地町の恥が再び繰り返される」と、太地町でのイルカ漁への妨害活動を“予告”。
    今後も日本へ活動家を送り込むとみられる。

    捕鯨問題では9月中旬にブラジルで国際捕鯨委員会(IWC)総会が開催予定で、日本は商業捕鯨の一部再開を求める方針。
    SSは2年後に東京五輪が開催される日本に世界的な注目が集まっていることから、日本をターゲットにした批判キャンペーンを強化し、勢力拡大を図っている。

    産経WEST 2018.9.1 06:40
    http://www.sankei.com/west/news/180901/wst1809010011-n1.html


    (出典 dic.nicovideo.jp)



    (出典 www.sankei.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【入国拒否】和歌山、関西国際空港:本日解禁のイルカ漁に妨害活動を行うため入国しようとした反捕鯨団体「シー・シェパード」リーダー格の1人が、関西国際空港で入管当局に入国拒否】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2018/09/01(土) 09:23:40.17

    ◆地方参政権付与を日本政府に勧告 在日コリアンを巡り国連委

    国連人種差別撤廃委員会が30日公表した対日審査報告書は、在日コリアンが何世代にもわたり「地方参政権もなく、国家公務員の管理職などに就けない」差別的な状態にあることに懸念を表明、地方参政権を付与するよう日本政府に勧告した。
    また朝鮮学校が高校生向けの就学支援金制度の対象外となっていることに懸念を表明、同学校の生徒たちが差別なく教育の機会を与えられるよう要請した。
    日本政府は、朝鮮学校は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との関係から「法令に基づく学校の適正な運営が行われていると認められない」として支援金制度適用から除外したと説明している。

    共同通信 2018/8/31 09:09
    https://this.kiji.is/408051265902920801

    ■前スレ(1が立った日時:2018/08/31(金) 22:26:59.53)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535755821/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    【【国際】国連:在日コリアンに「地方参政権を付与するよう日本政府に勧告」】の続きを読む



    1 みつを ★ :2018/08/31(金) 18:12:35.08

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL8054C7L80TIPE01V.html

    下着を現場ごとに袋分けし保管 2千点の窃盗容疑で逮捕
    菅原普2018年8月31日16時49分

     女性の下着約2100点などを盗んだとして、福岡県警は、福岡市博多区那珂3丁目の無職、野口昌弘(あきひろ)容疑者(49)を窃盗の疑いで逮捕、送検し、捜査を終えたと31日発表した。「女性の下着に興味があった」と容疑を認めているという。

     捜査3課によると、野口容疑者は2012年1月~18年4月、福岡市博多区や同市中央区でアパートの部屋やベランダに侵入し、女性の下着や現金などを盗んだ疑いがある。野口容疑者は下着を盗んだ現場ごとに袋に分けて自宅で保管。床に並べては眺めていたという。一部は被害者に返還したという。

     県警は、野口容疑者が計214件(被害総額約283万3千円)の窃盗に関与したことを確認し、うち5件(同約18万6千円)について送検した。「戸締まりをきちんとして、下着はなるべく屋内で干して」と呼びかけている。(菅原普)




    (出典 igx.4sqi.net)


    【【社会】下着ドロ:49歳男、女性の下着を大量に盗み現場ごとに袋ずめにし、自宅で保管、「押収した下着は約2100点」】の続きを読む

    このページのトップヘ