いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    2019年03月



    1 (^ェ^) ★ :2019/03/27(水) 20:10:02.34

    夜の政治

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000537-san-pol

     自民党は27日、外交部会や領土に関する特別委員会などの合同会議を党本部で開き、韓国最高裁が日本企業に損害賠償を命じたいわゆる徴用工判決などへの対応について協議した。韓国政府が対応策を示さないまま日本企業の韓国内資産が差し押さえられている現状に対し、出席者からは「外交を断絶すべきだ」との強い批判の声が上がった。

     徴用工判決をめぐっては、日本政府が1965(昭和40)年の日韓請求権協定に基づく2国間協議を要請しているが、韓国側は回答を示していない。

     新藤義孝特別委員長は「なぜ(韓国は)本来の外交ができないのか。韓国の今の政権、政府に対して『早く目を覚ませ』と申し上げたい」と述べた。

     韓国が竹島(島根県隠岐の島町)周辺の日本領海で海上ドローンと呼ばれる無人観測装置による海洋調査の計画を公開したことも議題となり、新藤氏は「絶対に許せない。必ず(計画を)阻止しなければならない」と語気を強めた。

     会議では外務省の幹部が4月下旬に閣議決定する予定の平成31年版「外交青書」に関し、「韓国による否定的な動きがあり、(日韓関係は)厳しい状況だ」との文言を盛り込むことを明らかにした。


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 lpt.c.yimg.jp)





    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日韓】自民党の外交部会や特別委員会などの合同会議で徴用工訴訟めぐり「外交断絶すべきだ」「絶対に許せない」『韓国政府は早く目を覚ませ』】の続きを読む



    1 樽悶 ★ :2019/03/27(水) 22:34:41.50

    ※夜の政治

    大阪府知事選挙が告示され、街頭演説後に「頑張ろう」を三唱する小西禎一候補(中央)、応援に駆け付けた自民党の二階俊博幹事長(同左)ら=2019年3月21日、大阪市北区(写真=時事通信フォト)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    大阪ダブル・クロス選挙で、自民・公明などの「反維新」勢力が知事候補として白羽の矢を立てたのが、橋下府政の立役者だった小西禎一元副知事だ。しかし橋下徹氏によれば「スーパー公務員」だった小西氏にも調整不能だった案件は多いという。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(3月26日配信)から抜粋記事をお届けします――。

    ■「スーパー公務員」小西副知事でもムリだった府市の調整

     いよいよ大阪ダブル・クロス選挙が始まった。大阪維新の会は、前大阪府知事松井一郎さんが、大阪市長候補に。前大阪市長吉村洋文さんが大阪府知事候補に。

     対する相手陣営は、元大阪府副知事の小西禎一さんが大阪府知事候補に。元大阪市議会議員柳本顕さんが大阪市長候補に。小西さんと柳本さんは自民党と公明党の正式な支援を受け、さらに国民民主党、立憲民主党、共産党は自主的に小西さんと柳本さんを支援するという。ここはちょっと分かりにくいけど、要するに自民党から共産党までが表で完全にタッグを組むと映りが悪いから、表では自民党と公明党の支援だけにしておいて、その他の政党は維新を潰すために自主的に、つまり水面下で小西さんと柳本さんを一生懸命応援するというもの。自民党を支援する各種業界団体や、国民民主党と立憲民主党の前身である旧民主党を支援していた労働組合の連合や部落解放同盟、さらには共産党を支援する各種団体が一斉に小西さん柳本さんを応援することになった。

     (略)

     小西候補は大阪府副知事としてスーパー公務員であったことは前号で述べた。しかしその小西さんですら、大阪市役所と協議でまとめることができなかったものが多々ある。

     行政の実務というのは日々膨大な事務作業の連続だ。巨大な府庁組織と市役所では毎日毎日膨大な事務を行っており、その都度、府庁と市役所で見解がぶつかることが多い。それを主査→課長代理→課長→次長→部局長とそれぞれの役職で調整をはかるのだが、それでもまとめることができなかったものは副知事、副市長に上がってくる。そのときの組織としての最後の調整役が副知事、副市長であり、その仕事を小西さんがやっていた。

     小西さんも一生懸命にやってくれていた。難しい案件もまとめてくれたこともある。しかし、今の府と市の体制、制度を前提とする限り、やはりまとまらなかったものも多々ある。これは小西さんの能力の問題というよりも、府と市の制度の問題だ。何度も繰り返すが、明治維新の時にできた府と市の制度は、府と市の分断を前提としており、府と市が一体となって政策や事業を行うには適していない仕組みとなっている。だからスーパー公務員の小西さんが、対立する府と市の見解をまとめることができなくても、むしろ当然のことなんだ。

     そのようなときには最後、僕(大阪市長)と松井知事でまとめ上げた。ほぼ毎日、松井さんとは電話で協議していた。

     (略)

     副知事・副市長レベルでもまとめられないものは、全てこうやって僕と松井さんのトップで調整してまとめていたんだよ。そういうことをやり続けてきたから、これまで30年も40年も放置されていたビッグプロジェクトも、なんとか府市一体で実現できた。その他細かな懸案事項を2人でまとめ上げた事例まで挙げたらほんとキリがない。

     松井さんと吉村さんになっても同じだ。表には出ていない膨大な調整を、松井さんと吉村さんでやってきた。僕を含めて3人でご飯を食べるときだって、ほとんどが松井さんと吉村さんの府市の懸案事項を調整する話。いまだに焼き鳥屋かおでん屋で大阪首脳会談が行われている。こういう現実を、世間はもちろん、メディアもインテリたちも知らないし、小西さんも柳本さんも知らないんだよね。

    ■観光案内所の府市の費用分担でさえまとまらなかった!

     でも本来、こんな調整の仕事はトップの仕事じゃない。これは組織の仕事で、最終的には副知事・副市長レベルで完結する仕事だ。まさに小西さんが副知事のときに、きっちりと府市をまとめなければならないところ、現在の府庁と市役所の関係・制度を前提にするとまとめることができなかったんだよ。

    (続きはソース)

    3/27(水) 11:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00027596-president-pol


    (出典 www.sankei.com)


    【【大阪Wクロス選挙】小西さんと柳本さんは「自民党と公明党の正式な支援」、さらに国民民主党、立憲民主党、共産党は自主的に支援「労働組合の連合や部落解放同盟」も加わる】の続きを読む



    1 プラチナカムイ ★ :2019/03/28(木) 02:26:23.02


    (出典 cdn.mainichi.jp)


     20歳以上の発達障害者を対象に毎日新聞が実施したアンケートで、回答した4割超が「うつ病を発症している」と明らかにした。厚生労働省によると、大人の発達障害と併存症に関する全国調査はなく、実態は分かっていない。専門家は「障害の特性が理解されないことで、いじめや虐待の被害に遭い、生きにくさが増している」と指摘している。

     1~2月、毎日新聞が「発達障害当事者協会」(東京都新宿区、新(しん)孝彦代表)を通じ、障害者の支援などに関わる62団体に依頼。インターネットでも受け付け、全国の20~70代以上の計1072人(男性482人、女性564人、その他・無回答26人)から回答を得た。その結果、発達障害の診断を受けた862人のうち、うつ病と診断された人は393人(45.5%)だった。対人緊張が強い社交不安症やパニック症などは24.8%▽ストレスなどから体の不調が表れる自律神経失調症は24.7%――で、日常生活でストレスにさらされていることがうかがえる。

     また、これまでの体験を聞いたところ、学校でいじめられた経験がある人は71.8%▽職場でのいじめ経験は45.4%▽親や周囲からの虐待は33%▽半年以上の引きこもりは27.4%▽年間30日以上の不登校は23.2%――だった。

     国内では2005年4月に発達障害者支援法が施行され、子どもに対する支援は進んでいるが、発達障害が知られていない時代に育った大人の中には、特性を「問題行動」として扱われてきた人もいる。

     昭和大付属烏山病院(東京都世田谷区)の岩波明医師は「うつや統合失調症などの治療を続けても改善しない人の背景に発達障害がある、という事例は一般的に認識されていない。適切な治療を進めるためにも、併存症が多い実態を知ることが重要だ」と話している。【塩田彩】

    ■発達障害

     先天的な脳機能障害が原因とされる。対人関係が苦手でこだわりが強く、感覚過敏(鈍麻)がある「自閉スペクトラム症」▽不注意や衝動的な行動が目立つ「注意欠如・多動症」▽読み書きや計算など特定の学習に著しい困難がある「限局性学習症」――などの総称。それぞれの特性が重複することもある。毎年4月2~8日は発達障害啓発週間。

    毎日新聞 2019年3月26日 20時02分(最終更新 3月27日 10時13分)
    https://mainichi.jp/articles/20190326/k00/00m/040/279000c

    1が立った時間2019/03/27(水) 23:18:38.08
    ※前スレ
    【調査】大人の発達障害、4割超「うつ病」発症 「うつや統合失調症などの治療を続けても改善しない人の背景に発達障害がある」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553696318/


    (出典 hdk-prod-static-contents.s3.amazonaws.com)



    (出典 gendai.ismedia.jp)


    【【併存症】20歳以上の発達障害者を対象にアンケート:4割超が「うつ病を発症している」と明らかに…】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2019/03/27(水) 14:47:47.17

    https://www.excite.co.jp/news/article/Buzzap_55469/

    あの定番カップ焼きそばが姿を消します。詳細は以下から。

    エースコックのプレスリリースによると、昨今の市場環境の変化などを受け、
    同社は2019年3月末をもって「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」を終了させるそうです。
    製品情報ページ。発売30周年を迎えた定番商品でした。

    h
    (出典 imgc.eximg.jp)
    &t=jpeg&q=70

    平素より、エースコック商品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
    この度、エースコック株式会社(本社:大阪府吹田市 社長:村岡寛)は、長年に渡り多くのお客様にご愛顧いただいておりました
    「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」の販売を 2019 年 3 月末の生産をもちまして、終了させていただくこととなりましたので、ご案内申し上げます。
    様々な変化の中でも多くのお客様のご支持を得て販売をしておりましたが、昨今の市場環境の変化などを受け、誠に勝手ながら販売を終了することとなりました。
    長期間にわたりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。引き続き、より良い製品をお届けできるよう努めてまいります。


    商品終売のお知らせ ※PDF注意
    https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1903_SCIKEND.pdf


    (出典 www.mag2.com)


    【【販売終了】エースコック:ご愛顧いただいておりました「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」の販売を 2019 年 3 月末の生産をもちまして、終了させていただくこととなりました】の続きを読む



    1 サーバル ★ :2019/03/27(水) 14:32:45.90

    日清、完全栄養食「All-in」シリーズ始動 パスタ1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂れる
    麺とソースがセットのカップタイプで1食600円。3月27日に発売。
    [沓澤真二,ねとらぼ]

     日清食品が完全栄養食「All-in」シリーズを発表しました。第1弾として、1日に必要な栄養素の3分の1を配合した「All-in PASTA」を、3月27日に公式オンラインストアと通販サイト「LOHACO」で発売します。価格は麺とソースがセットになったカップタイプが1食600円。麺(1食400円)とソース(2食入り500円)の単品販売もあります(全て税別)。


    All-in PASTAタップで拡大

    All-in PASTAタップで拡大
    ソースはボロネーゼ、ジェノベーゼ、アラビアータの3種類

     新開発の麺1食分に、13種類のビタミンと13種類のミネラル、食物繊維を配合。一般的な乾麺と比較して糖質が30%カットされており、タンパク質も24グラム摂取できます。別添えの「ほぐしオイル」で、味のアレンジも楽しめるとのこと。


    All-in PASTAタップで拡大
    ゆでると失われやすい栄養素を中心に閉じ込めている

     ソースは「粗挽き牛肉のコクと旨みの濃厚ボロネーゼ」「国産バジルを贅沢に使った香りとコクのジェノベーゼ」「完熟トマトに唐辛子をきかせたスパイシーアラビアータ」の3種類。3月27日から31日までは、阪急うめだ本店B1のツリーテラスにて試食販売が実施されます。


    All-in PASTAタップで拡大
    阪急うめだ本店(大阪市)は、1958年のチキンラーメン発売当時、初めて試食販売が行われた場所なのだそうです
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1903/26/news115.html


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)



    (出典 gogotsu.com)


    【【完全栄養食】日清「All-in」シリーズ第1弾:1日に必要な栄養素の3分を1配合「All-in PASTA」カップタイプが1食600円。】の続きを読む

    このページのトップヘ