1 ガーディス ★ :2019/12/05(木) 20:07:13.59

中国広東省広州市で12月1日、地盤沈下による道路の崩落が発生した。通過した車両2台が落下した。車両のなかにいた3人の生死は不明だが、当局は救出せず、当日中に陥没部分にセメントを注入した。被害者の家族は、市政府庁舎前で抗議活動を行っている。

1日午前9時半ごろ、広州大通り北与禺東西路の交差点に突然、道路が陥没して幅数メートルもの大穴が空いた。清掃車両1台と、電気自動車1台が落下した。穴の深さは最大で38メートルという。

中国国内の報道によると、陥没の原因は、交差点下に建設中の地下鉄工事との見方がある。落下した清掃車両には51歳の父親と27歳の息子の親子が乗っていた。

被害者家族によると、事故による救助作業が行われることなく、1日正午に穴にセメントが注入されたという。家族らは、コンクリートミキサー車の進行を止めようとしたが、道路周辺500メートルを封鎖する大量の警察に阻まれた。目撃者によると、セメントの入ったタンクは相次ぎ交換され、落ちた車両から人を救出しようとする動きは見られなかったという。

午後3時半ごろ、広州地下鉄の公式ソーシャルサイトアカウントは、陥没のさらなる拡大を止めるために、部分的な穴埋め作業を行っていると発表した。

4日、生後1カ月の赤ちゃんを抱いた被害者の妻、家族、友人、支援者らが、市政府前で横断幕を掲げて抗議活動を行った。妻は、政府が被害者の黙殺を望んでいると訴えた。

全文
https://www.epochtimes.jp/2019/12/49670.html

(出典 Youtube)



(出典 img.epochtimes.jp)





3 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:07:56.06

またまたぁwいくらなんでもそんな事しないだろ~w


5 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:08:03.29

またかよ


6 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:08:17.17

だって中国でしょ?


9 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:09:13.73

救助なんてしとらんがな


10 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:09:17.26

まあ中国だし


11 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:09:29.87

電気自動車買えるなら、それなりの富裕層のはずだな。それでも埋めるのか。


16 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:10:28.55

こんなのが国連常任理事国なんだからな
終わってる


17 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:10:36.41

さすが中国!3人くらいなんともないぜ!!


18 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:10:41.14

人柱かよ・・・恐ろしい((((;゜Д゜)))


19 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:10:49.86

脱線した新幹線を埋めてた頃と何も変わってない。


20 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:10:51.17

埋めてしまえば無かった事になる国

新幹線も埋めたし


21 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:10:59.42

中国人は命が軽いな。沖縄の人も良く見ておくといい。


23 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:11:24.81

流石中国としか言いようがないなw


25 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:11:32.98

ヒント:非キリスト教国 そして反省なし


26 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:11:42.37

万人坑(まんにんこう)とは、中国などにより、満州を中心とする中国各地に存在する、日本人経営の鉱山や工事現場で使い物にならなくなった中国人労働者が生き埋めにされた「ヒト捨て場」と主張されるもの[1][2]。
中国語の坑は、生き埋めの意味があり、犠牲者の数を指して万人坑という。

1971年(昭和46年)、本多勝一により朝日新聞での連載「中国の旅」で取り上げられ知られるようになった。
連載では、撫順炭鉱などで栄養失調やケガ、病気などで使い物ならなくなった労働者が生き埋めにされ多数の犠牲者が出たとし、犠牲者が埋められたとする場所を万人坑という名の「ヒト捨て場」であるとした。
連載で取り上げた南満鉱業の「万人坑」の上に記念館が建設され、累々とした白骨遺体が展示、公開された。
以降、毎日新聞などで同様の報道が続き、後に削除されたが日本の高校用歴史教科書にも一時掲載されるに至った[3]。

関係者による事実無根との抗議が朝日新聞社などに寄せられたがそれらは無視され、加害者とされた関係者への取材もおこなわれなかった。
その後も新たに中国東北部の60ヶ所余りが万人坑とされた。田辺敏雄は撫順炭鉱や鶴岡炭鉱など六企業の勤務経験者を中心に約300人以上に連絡を取り、アンケート調査などを行い資料にも当たった。
しかし、目撃証言は一切なく、現地人への残虐行為についても全員が否定した。田辺の調査後、撫順炭鉱の社友会が全会員1000人を対象におこなった調査でも同様の結論を出ている。
さらに、戦後、国民政府によって行われた満州唯一の戦犯裁判である瀋陽裁判において、同容疑で刑を科せられた例が一例もなく、取調べや逮捕された例もなかったため、田辺は中国の捏造であると結論している[3]。


27 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:11:46.35

人柱となったのか


28 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:11:47.60

さすが埋めて事故処理する中国


30 名無しさん@1周年 :2019/12/05(木) 20:12:30.95

( >Д<;)えぇーーー!
誰が埋めておkって許可出すの?
前に爆発してたあの町はどうなったの?