いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 企業



    1 シャチ ★ :2018/07/15(日) 00:12:15.49

    7/14(土) 19:29配信 ねとらぼ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000036-it_nlab-bus_all
     セブン‐イレブンの一部店舗で7月17日より、注ぎたての生ビールを楽しめる「ビールサーバー」が導入されることが分かりました。
    Sサイズが税込み100円、Mサイズが税込み190円。

     ビールサーバーは東京都三鷹市の「セブン-イレブン 三鷹牟礼6丁目店」など数店舗で試験的に導入される予定。
    手軽にコーヒーが楽しめると人気の「セブンカフェ」と同様に、カップを購入するスタイルで、
    サーバーの「ビールジョッキボタン」を押すことにより、注ぎたての「キリンビール一番搾り」が楽しめます。

     導入店舗にお邪魔したところ、早速お父さん世代がサーバーの注意書きなどを興味深そうに眺めている様子が見られました。

     また、SNSなどでもビールサーバーを画像付きで紹介したsou-hayashi@ぷっちょん(@ruby_luna_noir_)さんのツイートが拡散しているほか、
    「近所のセブンにビールサーバー降臨w」「セブンイレブンで生ビール売り出したら絶対毎日帰りに飲んじゃうなー」と話題になっており、
    キャッチコピーである「ちょこっと飲んで今日も幸せ“ちょい<生>”」が定着する日は遠くないかもしれません。

    (Kikka)

    ねとらぼ

    画像

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    前スレ ★1 2018/07/14(土) 20:56:05.53
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531569365/
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531572252/
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531575175/


    【【ワンカップビヤ】「生ビールサーバー」試験導入、セブン‐イレブン一部店舗 Sサイズ税込み100円】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2018/07/14(土) 19:26:22.14

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000098-asahi-soci

    漫画の立ち読みご自由にどうぞ――。大手出版社の小学館が、書店で漫画を立ち読みできないようにする
    フィルム包装(シュリンクパック)の取りやめを呼びかけ始めた。名付けて「コミックス脱シュリンクパックプロジェクト」。
    この春、一部の書店で包装をやめたところ、少女・女性向け漫画で売り上げが20%増えたため、今後拡大する方針だという。

    小学館によると、シュリンクパックは、立ち読みや破損を防止するために30年ほど前から多くの書店が採用したという。
    ただ、近年は出版不況や漫画離れの影響で「漫画売り場に立ち寄る人が減っていると実感していた」
    (小学館マーケティング局・福本和紀さん)。電子書籍の場合、試し読みを設けると漫画の売り上げが増えた実績があるため、
    「まずは読んでもらうため、接点を増やしたい」と、包装を解くことを試みた。

    今年3月から5月に全国の書店36店に呼びかけ、「闇金ウシジマくん」「MAJOR 2nd」「空母いぶき」「海街diary」
    「コーヒー&バニラ」など、35作品の1巻と最新巻について、包装をかけずに1冊まるごと読めるようにした。
    版元から呼びかけての大々的な取り組みは異例のことだという。

    その結果、少女・女性向け漫画では、包装をかける一般書店に比べ、売り上げが20%増えたという。
    少年・青年向け漫画では売り上げに顕著な変化はなかったが、書店員へのアンケートでは好評を得たことから、
    小学館は今後、さらに他の書店への拡大を検討する。


    (出典 www.asahicom.jp)


    【【売上増】小学館が書店で漫画を立ち読みできないようにするフィルム包装をやめたところ、「少女・女性向け漫画で売り上げが20%増えた」今後拡大の方針】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2018/06/27(水) 15:42:18.51

    「R」マークも浸透してきたであろうタイミングに、楽天がロゴを刷新します。詳細は以下から。

    7月2日から適用されるグローバル統一ロゴ。ウェブサイトやアプリなどで順次刷新されていく予定です。

    各サービスもロゴを刷新。多様性に富んだ個性を表現しつつ、「ハピネス」と「明るい未来」を信じる姿勢が感じられるよう、それぞれのサービスに合った色を使用しているとのこと。


    R「akute」nの下に引かれた線は漢数字の「一」に込められた意味は以下。ただ、最大の競合相手となるAmazonのロゴにあしらわれた曲線が「aからzまで(幅広い品ぞろえ)」を指すことを考えると、「aからeまで?」と意地悪い見方をされそうな気がしなくもありません。

    ・A New Start / はじまり
    新しいステージ、新しい挑戦のはじまりであること

    ・Unity / ひとつになる
    グループ企業同士で、そして多様なパートナーと、世界中で一つのチームとなって挑戦していくこと

    ・Be the Best / 一番・最高
    ユーザー、パートナー、コミュニティ、そして世界中の人々にとって、ハピネスを提供する1の存在となること

    ・Only One / 唯一
    パートナーの個性を生かしそしてエンパワーメントしていくこと、ユーザーにおもてなしの心を持ってあらゆるライフシーンに喜びと楽しみを届けること、そしてこれらを可能にするエコシステムを構築していくこと

    http://buzzap.jp/news/20180626-rakuten-new-logo/

    (出典 buzzap.net)

    プレスリリース
    http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0626_01.html


    (出典 japan.cnet.com)


    【【ロゴマーク】「R」マークでおなじみ、楽天がロゴ刷新、各サービスもロゴを刷新】の続きを読む



    1 水星虫 ★ :2018/06/27(水) 01:40:23.38

    イオン上峰店無償譲渡申し入れ
    (さが県)

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/20180626/5080000793.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    来年2月に閉店する大型商業施設、イオン上峰店について上峰町の武廣町長は
    土地と建物を無償で取得し、活用していきたい考えを明らかにしました。

    上峰町にある大型商業施設「イオン上峰店」は、施設の老朽化や
    売り上げの減少などを理由に、来年2月末で閉店することになりました。
    これについて上峰町の武廣勇平町長は、26日に開かれた記者会見で
    「土地と建物を現状のまま無償で取得したい」と述べ、
    運営するイオン九州との交渉を進めていく考えを示しました。

    イオン上峰店は敷地面積およそ5万6500平方メートル、建物は鉄筋コンクリート3階建て、
    延べ床面積およそ2万2700平方メートルで、活用策について武廣町長は
    「町民の意見を聞きながら秋までにはプランを作りたい」としています。

    上峰町はイオン九州の関係者が28日、町を訪れる際に意向を伝える予定で、イオン九州は取材に対し、
    「上峰町から正式には聞いていないが、申し入れがあれば検討したい」としています。

    まちづくりに詳しい福岡大学の柴田久教授は
    「これだけの面積を町が無償で取得するのはあまり聞いたことがない。
    官民共同で戦略的で実行性のある活用計画を作れるかがカギとなりそうだ」
    と話しています。

    06/26 16:59


    (出典 img.youtube.com)


    【【無償譲渡】佐賀:上峰町の武廣町長は来年2月末で閉店の大型商業施設「イオン上峰店」を「土地と建物を現状のまま無償で取得したい」イオン九州に意向を申し入れ】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2018/06/23(土) 03:58:17.24

    ◆探査船「ちきゅう」運用会社が経営破綻

    地球内部の調査を行う探査船「ちきゅう」の運用を手がける海底の掘削会社「日本海洋掘削」が、資源の開発事業で業績が低迷したことから経営破綻し、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請しました。
    会社側は「ちきゅう」の運用は継続しながら再建を目指すとしています。

    日本海洋掘削は石油などの資源を開発するため海底を掘る事業を行う国内唯一の会社で、「海洋研究開発機構」が所有する探査船「ちきゅう」の運用を受託し、地球の内部構造の調査も手がけてきました。
    会社によりますと、去年まで続いた原油価格の低迷で、中東などから石油や天然ガスの開発の受注が大幅に減ったことから3期連続で赤字となり、ことし3月期には155億円の債務超過に陥ったということです。

    このため会社では自力での再建を断念し、22日、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請しました。
    負債総額はグループ全体でおよそ860億円に上るということです。
    今後、会社は裁判所の監督のもとで「ちきゅう」の運用などを継続しながら事業の再建を目指すということです。

    記者会見した市川祐一郎社長は「ご心配とご迷惑をおかけし心よりおわびします。
    操業をやめるわけではないので社員一丸となって事業の再建に取り組みたい」と述べました。

    ■写真

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    NHKニュース 2018年6月22日 22時18分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011491791000.html


    【【経営破綻】探査船「ちきゅう」運用会社、「日本海洋掘削」が経営破綻、会社更生法の適用を申請】の続きを読む

    このページのトップヘ