いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 企業



    1 サーバル ★ :2019/02/25(月) 10:09:59.20

    ファーウェイ、5G対応の折りたたみスマホ「Mate X」発表
     ファーウェイは2月24日、スペイン・バルセロナで発表会を開催し、5G対応をうたう折りたたみ型のAndroidスマートフォン「HUAWEI Mate X」を発表した。2019年半ばに発売される予定。価格は2299ユーロ。


    「Mate X」を披露するファーウェイ コンシューマー・ビジネス・グループCEOのリチャード・ユー氏
     同社ではこのほか、Windows搭載のノートPC「MateBook」シリーズの新モデルとして、ハイエンドモデルの「MateBook X Pro」や、13インチの「MateBook 13」、14インチの「MateBook 14」、5G対応のモバイルWi-Fiルーターなども発表している。

     本誌では追って詳細をレポートする。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/event/mwc2019/1171336.html


    (出典 k-tai.watch.impress.co.jp)



    (出典 cnet2.cbsistatic.com)



    (出典 i.gadgets360cdn.com)


    【【新製品発表】ファーウェイ、5G対応、折りたたみ型のAndroidスマホ「HUAWEI Mate X」発表 価格は約28万円】の続きを読む



    1 Toy Soldiers ★ :2019/02/22(金) 12:21:46.31

    韓国スレOK 

    韓半島(朝鮮半島)を強占し第2次世界大戦を挑発したが降伏した日本はそのままで、蹂躙された国が分断という青天の霹靂を迎えこれほど憤りが爆発することはない。
    韓半島が分断されなかったとすれば離散家族の悲劇も、北朝鮮の核の恐怖も、南北間の対立と雪解けをめぐる騒動もなかっただろう。 

      日韓議員連盟会長を務めた文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の「天皇謝罪論」をめぐり日韓関係が急速に冷え込んでいる。
    「韓国の植民時代の日本軍慰安婦被害者に天皇が謝罪しなければならない」という発言が日本の政治家らを刺激したのだ。
    天皇は終戦後に「人間宣言」をする前まで日本人に「現人神(人間の姿をした神)」としてあがめられた。
    信じようが信じまいが、日本人はいまでも自分たちの君主を「天から降りた皇帝(天皇)」と呼ぶ。そうした存在に謝罪を要求したので文字通り逆鱗に触れたということだ。 

      日韓国交正常化過程で両国政府合意の下にいくらかの賠償金を出したので「外交的にも国際法的にも決着の付いた問題」といっては困る。
    戦勝国に分割占領され、分断の懲罰を受け、ポーランドなど隣国に領土まで分け与え、暇ができるたびに過去の過ちを謝罪しているドイツと比較せざるをえない。
    日本は逆だ。19世紀末の韓半島情勢が混乱していた時に一方的に領土宣言をした独島(ドクト、日本名・竹島)をいまだに自国領と言い張りあらゆる外交挑発を止めすにいる。 

      毎年2月22日を「竹島の日」と宣言し、「韓国が不法占拠している日本の領土を取り返さなければならない」という決議行事を繰り返している。
    このように居直る国に真の反省を期待すること自体が無理なのかもしれない。
    最近では韓国に対する経済報復措置まで論じている。韓国の主力輸出品である半導体生産に必須のフッ化水素と防衛産業関連物品輸出を制限しようという話を流している。 

      最悪に突き進むような日韓関係を見て李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン会長が説破した克日論が思い出される。
    S級の若い人材を日本のB級電子メーカーだった三洋電機に産業研修生として送りあらゆる蔑視の中で半導体製造技術を学ばせた李会長が口癖のようにした話がある。
    「面積で見ようと人口で見ようと蓄積された国力で見ようと韓国が国対国として日本を跳び超えるのは容易ではない。しかし企業としてサムスンはどんな日本企業にも勝つことができ、そうしなくてはならない」。 

      彼の話通りにサムスンは半導体と家電、スマートフォンなどで日本企業を確実に押さえて世界の最頂上に上った。
    三洋電機だけでなくかつては世界市場を制したソニー、パナソニック、東芝などがサムスンに押され半導体や家電などの事業を放棄した。
    日本に勝った企業はサムスンだけでない。ネイバーもモバイルメッセンジャーの「LINE」で日本を掌握した。
    後発走者として事業を始めた韓国企業がこうした成果を成し遂げるまでどれだけ孤独で厳しい時間を耐え抜いたのかは推し量るのが容易でない。
    そうして成し遂げたことがわれわれに大きな慰労と勇気を与える。数日後に近づいた三・一節100周年を控え「真の歴史の勝者になる方法」を考えてみることになる。 

      イ・ハクヨン/論説室長

    抜粋
    https://s.japanese.joins.com/article/467/250467.html

    ★1: 2019/02/22(金) 07:07:25.13
    ※前スレ
    【韓国】中央日報「サンヨーに産業スパイ潜り込ませ、サムスンは頂点に立った。『LINE』も日本を掌握した」 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550786845/


    (出典 contents.innolife.net)


    【【自白】李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン会長:「韓国が国対国として日本を跳び超えるのは容易ではない、だから産業研修生【スパイ】を送り込んで技術を学ばせ、日本に勝った】の続きを読む



    1 僕らなら ★ :2019/02/14(木) 17:00:20.39

    経営不振に陥っているRIZAP(ライザップ)グループが14日発表した2018年4~12月期連結決算は、純損益が81億円の赤字(前年同期は52億円の黒字)に転落した。売上高は前年同期比73・9%増の1724億円だった。

    主力のフィットネスクラブ事業は好調だった。しかし、買収したゲーム・音楽ソフト販売のワンダーコーポレーションなどの経営再建が見込みより遅れていることが響いた。経営改革の費用も損益を悪化させた。

    昨年11月に下方修正した19年3月期の純損益予想は、70億円の赤字に据え置いた。

    瀬戸健社長は14日夕に記者会見し、決算について説明する。

    https://www.daily.co.jp/society/economics/2019/02/14/0012064941.shtml


    (出典 warotaland.net)


    【【RIZAP】ライザップグループ:フィットネス好調も81億円の赤字】の続きを読む



    1 やなぎ ★ :2019/02/07(木) 18:07:37.57

    2019/2/7 17:36
    https://this.kiji.is/466160913737712737?c=39550187727945729
    レオパレス、入居7782人に引っ越し要請

     レオパレス21は、施工不良が見つかった物件のうち、少なくとも天井に問題がある641棟の入居者7782人に引っ越しを要請すると明らかにした。費用は同社が負担する。


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 waruemon.up.seesaa.net)


    【【お願い】レオパレス21:641棟の入居者7782人に引っ越しを要請…天井に施工不良】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/02/05(火) 00:47:29.09

    売上高1兆6千万円超を誇る住宅設備メーカー「LIXILグループ」。『日経ビジネス』が、潮田洋一郎会長兼CEOがMBO(経営陣による買収)を行った上で本社をシンガポールに移そうとしていると報じ、波紋を呼んでいる。

    「リクシルは11年、潮田氏の父・健次郎氏が創業したトステムなど5社を統合して誕生しました。洋一郎氏は統合を機に社長を退き、米ゼネラル・エレクトリック出身の藤森義明氏を後任に据えます。藤森氏は洋一郎氏の意を受け、海外メーカーの買収に力を注いだが、不正会計の発覚で15年に退任。立て直しを託されたMonotaRO会長の瀬戸欣哉氏もグループ企業の売却を巡り洋一郎氏と衝突し、昨年10月末に事実上CEOを解任されました」(同社関係者)

     自ら招聘した“プロ経営者”の首を相次いで切り、復権した洋一郎氏が狙うのが、

    「“日本脱出”です。シンガポールは法人も個人も税負担が日本より軽い。ただ、証券会社からは、移転価格税制との兼ね合いで海外移転は難しいと指摘されていました。今回はM&AアドバイザリーファームのGCAにパートナーを代えて具体策を練らせているようです」(同前)
    .
    ■「日本で納税するつもりはない」

     洋一郎氏は自身の生活拠点もすでにシンガポールに移しているが、その背景にあるのが潮田家と国税当局との長年にわたる確執だという。

    「潮田家は93年、健次郎氏の兄・猪一郎氏が亡くなった際の相続で33億円の追徴課税、さらに14年には健次郎氏が亡くなった際の相続で60億円の追徴課税を命じられています。いずれも受け皿の資産管理会社に相続資産を移すなどして評価額を引き下げるスキームでした」(同前)

     日本という国は芸術に対する理解が極めて乏しいというのも、洋一郎氏の持論だ。

    「洋一郎氏は東西の古典から茶道、建築に至るまで幅広い教養を持つ趣味人。文化事業にも私財を投じてきましたが、その点も国税には睨まれていたといいます」(同前)

     洋一郎氏は「日本で納税するつもりはない。いずれ国債は暴落し、日本は破綻するだろう」と公言して憚らない。だが、復権以降、国債より先に急落したのがリクシルの株価だ。洋一郎氏が嫌いな日本の株式市場は“趣味人経営者”を厳しく評価している。

    2/4(月) 13:09
    文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190204-00010587-bunshun-bus_all

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ★1が立った時間 2019/02/04(月) 21:06:19.59
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1549291006/


    【【国外脱出】「日本で納税するつもりはない。いずれ国債は暴落し、日本は破綻するだろう」住宅設備メーカー「LIXILグループ」潮田洋一郎会長兼CEO、「本社をシンガポールに移転か」】の続きを読む

    このページのトップヘ