いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 企業



    1 かばほ~るφ ★ :2019/08/26(月) 17:44:20.35

    シャチハタが「痴漢防止ハンコ」をテスト販売 特殊ライトで印影浮かぶ
    2019.8.26 16:54

    文具メーカーのシヤチハタ(名古屋市)は26日、「迷惑行為防止スタンプ」をテスト販売すると発表した。
    痴漢やつきまといなど迷惑行為の抑止力として役立つと想定。
    使用したインクは、見かけは無色透明だが、付属の特殊ライトを当てると手を広げたマークの印影が浮かび上がる仕組みだ。
    迷惑行為をした人物の手や持ち物に押せば、特定につながる可能性がある。
     
    痴漢の撃退方法を巡る議論がインターネット上で盛り上がったのを受け、同社は5月にツイッターで
    「早期に対応できるようにします。ジョークではなく本気です」と宣言、開発を進めてきた。
     
    ストラップなどもセットにし価格は2700円で、販売予定数は500個。
    27日午後1時から、シヤチハタの公式オンラインショップで販売する。
    広報担当者は「社会全体で迷惑行為を見逃さず、対応するための一助になれば」と話す。
    改良品の発売時期は「未定」としている。

    産経ニュース
    https://www.sankei.com/economy/news/190826/ecn1908260013-n1.html


    「迷惑行為防止スタンプ」テスト販売開始
    https://www.shachihata.co.jp/pressrelease/2019/meiwakukohi_bohshi_stamp.php

    (出典 www.shachihata.co.jp)



    ★1がたった時間 2019/08/26(月) 15:21:48.28
    前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566800508/


    【【痴漢印】「痴漢防止ハンコ」をテスト販売、ストラップなどもセットにし価格は2700円、販売予定数は500個】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/08/12(月) 12:18:16.08

    ■コカ・コーラが売れない! 567億円の赤字に転落へ

    コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは2019年8月7日に中間決算を発表しました。

    売上げの低迷によって、最終的な損益が567億円の赤字になるそうです。

    要因としては大型ペットボトルの値上げで売上げが落ち込んだとのこと。

    2019/08/11
    https://virates.com/society/25455581
    ---------
    ■コカ・コーラ 売り上げ低迷で600億円余損失計上 赤字見通しに

    大手清涼飲料メーカーのコカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは、売り上げの低迷などで事業の見通しが悪化したとして、600億円余りの損失を計上し、ことし12月期の決算で、最終的な損益が567億円の赤字に転落する見通しを明らかにしました。

    コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは、おととし4月、清涼飲料の製造・販売を手がける2社が経営統合して誕生した会社です。

    7日に発表した、ことし1月から6月までの中間決算によりますと、大型ペットボトル飲料の値上げなどで清涼飲料の販売が落ち込み、売り上げが4337億円と、前の年の同じ時期に比べて3.2%減少しました。

    また、売り上げの低迷などで事業の見通しが悪化し、経営統合時に見込んだ成果が得られないとして、618億円の損失を計上しました。

    コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは、ことし12月までの1年間の業績について、これまでグループ全体の最終的な利益が52億円の黒字になると見込んでいましたが、業績予想を下方修正し、567億円の赤字に転落する見通しになりました。

    2019年8月8日 0時37分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190808/k10012026931000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    ■関連過去スレ
    【清涼飲料の巨人】コカ・コーラ、ビール3強と同じ土俵に 缶酎ハイ、レモンサワー「檸檬堂」全国販売へ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565305368/

    ★1が立った時間 2019/08/11(日) 21:05:43.26
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565569020/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【Coke】コカ・コーラ 売り上げ低迷で567億円の赤字に転落】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2019/08/09(金) 21:02:01.25

    2019年8月9日 18時51分
    朝日新聞デジタル

     持ち帰り弁当店「ほっともっと」を展開するプレナス(福岡市)は9日、全国の直営店190店を9月以降に閉店すると発表した。

     人手不足による人件費高騰で店舗の運営費が上昇しており、不採算店を中心に閉めて構造改革を急ぐ。

     プレナスは7月末現在、「ほっともっと」を全国で計2731店運営している。このうち直営店は911店舗で、閉店対象は約2割に上る。同社はこれまで直営店運営から、別のオーナーが運営を担う加盟店化を進めてきたが、採算がとれない店では加盟店化することが難しいと判断した。

     閉店に関する費用計9億5千万円を販売管理費に追加計上するとして同日、2020年2月期決算の業績予想を下方修正した。純損益は当初計画の2億4千万円の黒字から、8億3千万円の赤字に転落する見通し。通期の赤字は2年連続となる。売上高も当初計画の1592億円から、1533億円に下方修正した。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16906331/

    (出典 www.hottomotto.com)

    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565348811/


    (出典 ximg.retty.me)


    【【企業】持ち帰り弁当店「ほっともっと」190店を閉店へ】の続きを読む



    1 アンドロメダ ★ :2019/07/15(月) 00:55:31.37

    中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の梁華会長は、機器への不正アクセスを可能にするために開発者が埋め込んだ脆弱性(バックドア)を利用しないと、各国当局と合意書に署名する用意があると述べた。
    「中国には、企業が情報収集に従事することを義務付ける法的規制はありません。私たちは各国現地の法律に従ってビジネスを行います」 

    バックドアとは、開発者によって意図的に埋め込まれたアルゴリズムの欠陥。
    これによりデータへの不正アクセスやオペレーティングシステム(OS)とコンピュータ全体の遠隔操作が可能になる。

    5月、米国の情報通信インフラを外的脅威から保護するために米国企業はファーウェイとの取引が禁じられた。
    その後、禁止は90日間延期されたが、ファーウェイ社のスマートフォンの大半はグーグルのAndroid OSで動作するため、同社の状況は依然として困難であり続ける。
    トランプ米大統領は、大阪で開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で中国の習近平国家主席と会談し、ファーウェイに対する制限解除の可能性に言及した。


    (出典 cdn1.img.jp.sputniknews.com)

    https://jp.sputniknews.com/business/201907136464934/

    ★1が立った日時:2019/07/14(日) 21:27:29.87
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563111306/


    【【脆弱性】中国ファーウェイ会長:開発者が埋め込んだ「脆弱性(バックドア)を利用しない」と宣言「合意書に署名する用意がある」と発表】の続きを読む



    1 サーバル ★ :2019/07/12(金) 21:54:11.59

    [独自記事]7pay不正利用問題、「7iD」に潜んでいた脆弱性の一端が判明
    2019/07/12 20:45
     セブン&アイ・ホールディングスが決済サービス「7pay(セブンペイ)」の不正利用を受けて外部のIDからアプリへのログインを一時停止した措置について、原因となった脆弱性の一端が明らかになった。日経 xTECHの取材で2019年7月12日までに分かった。外部IDとの認証連携機能の実装に不備があり、パスワードなしで他人のアカウントにログインできる脆弱性があったという。

     同社は2019年7月11日午後5時、FacebookやTwitter、LINEなど5つの外部サービスのIDを使ったログインを一時停止した。「各アプリ共通で利用しているオープンIDとの接続部分にセキュリティー上のリスクがある恐れがあるため」(広報)としている。

    関連記事:7payで外部IDからのログインを遮断へ、不正利用巡り
     この脆弱性は、不正利用が判明した後に外部からの指摘で明らかになったもので、セブン&アイのグループ共通ID「7iD」の認証システムに存在した。外部ID連携機能を使っている人のIDに、他人がパスワードなしにログインしてなりすませるという内容だ。同認証システムは7payを含めて同社の複数のアプリが使っている。

     「OpenID Connect」などの認証連携プロトコルは、なりすましを防ぐためのチェック手順を定めている。7iDの認証システムには、このチェック手順が実装されていなかったとみられる。

     これとは別に、7iDにログイン後、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を通じて認証システムから取得できるユーザーデータの設計にも問題があった。あるアプリで認証に成功した場合、他のアプリを含めた広範な個人データを取得でき、さらにハッシュ化されたパスワードまで取得できたという。「顧客データベースにフリーでアクセスできる状況に近かった」と取材に応じた事情に詳しい技術者は話す。

     認証連携の脆弱性を悪用して他人のIDでアプリにログインするか、あるいはAPI経由で取得した他人のハッシュ化済みパスワードから平文のパスワードを復元し、他人のIDとパスワードを入力してログインできた可能性がある。

     今回の7pay不正利用の手口は「パスワードリスト攻撃」や「パスワードリセットの悪用」など複数の可能性が指摘されている。前述の脆弱性と不正利用との関連は明らかになっていない。
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/05498/?n_cid=nbpnxt_twbn


    (出典 aftercrypto.fun)


    【【7iD 脆弱性】7pay不正利用事件、パスワードなしで他人のアカウントにログインできる脆弱性】の続きを読む

    このページのトップヘ