いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 裁判



    1 がしゃーんがしゃーん ★ :2018/12/16(日) 23:04:09.50

     北佐久郡軽井沢町で2016年1月、大学生ら15人が死亡したスキーツアーバス転落事故の遺族が、事故で家族を失い精神的苦痛を受けたなどとして、
    バス運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)と同社幹部らに損害賠償を求める訴訟を週内に長野地裁に起こす。原告には6遺族前後が加わる見込み。

     同社幹部らの刑事処分が決まらないまま事故から2年11カ月が過ぎ、損害賠償請求権の時効の3年が近づく中、提訴に踏み切る。

     関係者によると原告には次男の寛さん=当時(19)=を亡くした田原義則さん(53)=大阪府吹田市=らが参加予定で、提訴は21日を軸に調整。
     被告には同社と、同社の高橋美作社長、事故当時運行管理者だった元社員、

    死亡した運転手の相続人
     
    を予定している。

     事故を巡り、長野県警は昨年6月、業務上過失致死傷の疑いで高橋社長と元社員を、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で死亡した運転手を、それぞれ書類送検。
     長野地検が捜査を続けている。

     長野区検は11月、事故の約1カ月前に営業区域外で貸し切りバスに客を乗せたとして道路運送法違反(営業区域外旅客運送)の罪で、同社と元社員を長野簡裁に略式起訴。
     警察からの送検や告発などを経ない、異例の独自捜査だった。同簡裁は同社と元社員に罰金30万円の略式命令を出し、それぞれ納付した。

     また同社などは、労使協定を結ばずに社員に違法な残業をさせた労働基準法違反罪で、立川簡裁から略式命令を受けている。

    (12月16日)

    https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20181216/KT181214FTI090039000.php


    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 xn--pckxb4cud.com)



    (出典 blog-imgs-88.fc2.com)



    (出典 www.sankei.com)


    【【社会】軽井沢のスキーツアーバス転落事故の遺族、バス運行会社と同社幹部らに損害賠償を求める訴訟、死亡した運転手の相続人も】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/12/10(月) 19:18:11.48

    12/10(月) 11:27 時事通信
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2018121000020&g=soc

     神奈川県大井町の東名高速道路で「あおり運転」を受けた車の夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた無職石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の論告求刑公判が10日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であり、検察側は懲役23年を求刑した。

     同被告は起訴内容を大筋で認める一方、弁護側は同罪と予備的訴因の監禁致死傷罪はいずれも成立しないと主張している。判決は14日。

     検察側は冒頭陳述で、被告が高速道路上に車を止めたことは、危険運転致死傷罪の「重大な交通の危険を生じさせる速度での運転」に当たり、死傷事故との因果関係もあるなどと主張。暴行により夫婦の車の再発進を困難にしたことから、監禁致死傷罪も成立するとした。

     弁護側は、危険運転致死傷罪は走行中の行為を前提としていると主張。暴行で足止めした時間が約2分であることなどから、監禁に当たらないとして、両罪の無罪を主張している。

     起訴状によると、石橋被告は昨年6月5日夜、東名下り線のパーキングエリアで、静岡市清水区の自営業萩山嘉久さん=当時(45)=に駐車方法を非難されたことに憤慨。
    時速約100キロで萩山さん一家が乗った車を追い抜き、車線変更して進路をふさぐなどの運転を繰り返し、追い越し車線上に停車させて追突事故を誘発、萩山さんと妻友香さん=同(39)=を死亡させたほか、娘2人にもけがをさせたとされる。 

    経緯

    (出典 i.imgur.com)


    ★1の立った日時:2018/12/10(月) 11:31:23.19
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544429558/


    (出典 www.various-events.com)


    【【東名あおり裁判】横浜地裁:東名高速道路で「あおり運転」夫婦死亡事故、石橋和歩被告(26)に「検察側、懲役23年を求刑」、判決は14日。】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/12/08(土) 21:56:42.90

     牛丼店に言い掛かりをつけて弁当をだまし取った上、謝罪に訪れた女性店長に乱暴したとして、詐欺と強制性交の罪で、愛知県常滑市の男が起訴されていたことが分かった。7日に名古屋地裁であった公判で、検察側から「身勝手極まりない」などと懲役6年を求刑された。

     男は、無職丹下正行被告(44)。起訴状などによると、8月17日午後、同県三河地方の牛丼店に電話し、弁当を購入していないのに「買って持ち帰った弁当にハエが入っていた」とだまして2種類の弁当を自宅に届けさせた上、返金名目で680円を詐取。さらに同日夜、謝罪のため自宅を訪れた50代の店長を「住居侵入罪で告訴する」などと脅して暴行した。この2日前にも、同県内の別の牛丼店から弁当をだまし取ったとされる。

     丹下被告は起訴内容を認め、「酔っていて自分をコントロールできなかった」などと述べた。

     判決は1月8日に言い渡される。

    2018年12月8日 09時00分
    中日新聞
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018120890085809.html

    ★1が立った時間 2018/12/08(土) 11:50:51.45
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544237451/


    (出典 www.courts.go.jp)


    【【卑劣男】名古屋地裁:牛丼店に言い掛かりをつけ、謝罪に自宅を訪れた50代の女性店長に乱暴、44歳の男に懲役6年求刑】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/12/05(水) 11:16:24.89

    カーナビのルート案内に従って走行したら車に傷が付いたとして、福島県二本松市の男性がカーナビ製造会社と地図データ作成会社に修理費用など約44万円の支払いを求めた訴訟で、福島地裁は4日、男性の請求を棄却した。遠藤東路裁判長は「ルート案内は運転者の判断資料の一つに過ぎない。ルート案内に依存せず、自らの判断に基づき走行しなければならない」と指摘した。

     男性は山形県内で最上三十三観音札所巡りをしていた昨年5月18日、カーナビのルート案内に従って未舗装の林道をスポーツタイプ多目的車(SUV)で走行し、道にせり出した草木で車に擦り傷が付いた。男性は「車に損害が生じる恐れがある道は、ルート案内で表示しないようにしなければならない」などと主張していた。

     遠藤裁判長は「道路の状態は刻々と変化するため、カーナビ製造者らが正確な状況をリアルタイムで提供するのは不可能」と指摘。その上で「個々の道路の安全性は、運転者が最も把握できる。案内された道を走るかどうかは、運転者が実際の道路状態などを踏まえて自ら判断すべきだ」と判断した。

     また、この林道が国土地理院の2万5000分の1の地形図で「軽車道」(幅1・5メートル以上3メートル未満)として掲載されており、通行できない道を地図データが収録していたともいえないとした。【荒川基従】

    毎日新聞2018年12月5日 10時03分(最終更新 12月5日 10時03分)
    https://mainichi.jp/articles/20181205/k00/00m/040/055000c


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【自己判断】カーナビのルート案内に従って未舗装の林道をスポーツタイプ多目的車(SUV)で走行「車体に傷がついたとして修理費請求」の訴訟…福島地裁・棄却】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/12/05(水) 17:08:00.26

    傍聴券を求めて、横浜地裁前に並んだ人たち=2018年12月5日午前9時11分、横浜市中区

    (出典 www.asahicom.jp)


    神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗るワゴン車の進路を「あおり運転」で停車させ、大型トラックによる追突事故で夫婦を死なせたなどとして、危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=の裁判員裁判の第3回公判が5日、横浜地裁であった。被告人質問が始まり、石橋被告は「申し訳ないことをしたと思います。本当にすみませんでした」と初めて謝罪をした。

    石橋被告は、事故直前にパーキングエリア(PA)で駐車方法を萩山嘉久さん(当時45)=静岡市清水区=から注意されたときの気持ちを問われ、数秒黙った後、「カチンときたと思う」と答えた。PAから出て、嘉久さんの妻友香さん(当時39)が運転するワゴン車に追いつくと、「パッシングをしたと思う。止まれっちゅうこと」と述べ、停車させようとしたことを認めた。

    石橋被告はその後、ワゴン車の前に割り込んで減速する妨害を4度繰り返し、追い越し車線で停車させ、嘉久さんに暴行をしたとされる。これまでの公判では、同乗の女性から「子どもがおるけん、やめとき」などと言われたことが明らかになっている。このことを問われると、石橋被告は「子どもを巻き込んだら悪いと思って」と述べ、眼鏡を外して下を向き、手元のタオルで目元をぬぐった。

    上下黒色のジャージー姿の石橋被告は、ぼそぼそした口調で弁護人の質問に答えた。深沢茂之裁判長や弁護人から、はっきり話すよう促される場面もあった。

    弁護側も事実関係はおおむね認めつつ、危険運転致死傷罪については「法律の条文上、車の走行中が前提。停車後に事故が発生した本件には適用できない」として無罪を主張している。(飯塚直人、山下寛久)

    2018年12月5日11時47分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASLD53CQ4LD5UTIL00G.html

    関連スレ
    【裁判】注意され「カチンときた」。東名あおり事故、被告人質問はじまる★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543990620/
    【東名あおり運転裁判】被告人 初めて謝罪「本当にすみませんでした」 眼鏡を外して下を向きタオルで涙をぬぐう
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543979054/

    ★1が立った時間 2018/12/05(水) 15:17:00.83
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543990620/


    【【東名夫婦死亡事故】第3回公判:石橋被告人 初めての謝罪「申し訳ないことをしたと思います。本当にすみませんでした」】の続きを読む

    このページのトップヘ