いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 違反行為



    1 かばほ~るφ ★ :2018/05/27(日) 12:46:17.01

    <京都>白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
    5/27(日) 7:00配信

    多くの外国人観光客が集まる京都市内で、違法な白タクが増え続けている。
    最近は、中国人業者に加え、韓国人業者の白タクも登場した。
    京都府警は、国土交通省京都運輸支局などと連携して、英語や中国語に加え、
    韓国語によるチラシも作製し、利用しないよう啓発。
    地元のタクシー業界団体は「京都は白タク天国」と悲鳴を上げ、本格的な実態調査に乗り出している。

    「ソウルから家族で京都観光に来た。ガイドの運転手に車で案内してもらっている」。
    清水寺(東山区)近くの五条坂で2月下旬、30代の韓国人女性が取材に答えた。
    直後に車道のワンボックスカーから男性運転手が慌てて降りて女性に駆け寄り、耳元で何かささやく。
    女性は「ごめんなさい。運転手の指示でもう話せない」と口をつぐんだ。
    白タク行為ではないかと尋ねる記者に運転手は「親戚だ」と繰り返した。

    こうした白タクの横行に頭を悩ませるのがタクシー業界だ。
    警察や行政による摘発・指導が進まない現状に危機感を募らせる業界団体
    「京都タクシー業務センター」(伏見区)は京都市内の観光地で独自調査を始めた。

    駐停車対策委員会の中畠俊次委員長(66)が昨年10月下旬から金閣寺や二条城、嵐山など観光地を巡回し、
    白タクとみられる車の車種やナンバーを記録。数は5月上旬までに延べ計152台に上る。

    この調査により、中国人運転手による白タクは、混雑する観光地で訪日客が車を見失わないよう
    「ぞろ目」や数字が少ないナンバーの車が多いことが判明。
    中国で縁起が良いとされる「8」や「6」などの数字を好んで使う傾向も分かった。

    記者が4月初旬、金閣寺(北区)前の駐車場で白タクとみられる車に乗った
    中国人観光客の40代男性に取材すると、「北京から家族で来た。1日3万円で3日間、
    スマートフォンのアプリを使い車を予約した。鉄道で各地を旅行するよりも安い」とメリットを強調した。

    国交省近畿運輸局によると、京都市域で普通車貸し切りの公定幅運賃は30分で2330~2550円。
    上限運賃で1日8時間使用すれば4万800円となり、白タクの方が割安になる。

    中畠さんは「白タク問題はタクシー業界にとって死活問題。警察と行政の素早い対応を望む」と訴える。
    既に調査結果をまとめ、近畿運輸局などに報告したという。

    国交省旅客課は「調査を進め、無許可の運転手のブラックリストを作るなど、まずは実態把握を進めたい」としている。
    京都府警は各国語によるチラシなどで啓発に努め、「社会的関心も高く、白タク行為の排除を進めたい」としている。
    【中津川甫】

    5/27(日) 7:00配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000010-mai-soci


    (出典 imachu.com)



    (出典 www.nishinippon.co.jp)



    (出典 www.jikosoren.jp)


    【【白タク天国】京都市内で、違法な白タクが増殖中、「中国人業者に加え、韓国人業者の白タクも…」】の続きを読む



    1 nita ★ :2018/05/24(木) 14:34:30.41

    5/24(木) 11:00配信
    神戸新聞NEXT

     兵庫県尼崎市側の武庫川河川敷で4月から、バーベキューの利用が全面的に禁止となった。一部エリアで3年間、有料でバーベキューを楽しめる社会実験を行ったが、臭いや騒音、放置されたごみなどで悩まされ続けた近隣住民からは、やはり「ノー」の声が上がった。(斉藤絵美)

     尼崎、西宮市境を流れる武庫川。尼崎市では市条例で公園でのバーベキューは原則禁止だったが、武庫川河川敷は民家から離れていることを理由に、ごみの持ち帰りや火の始末などのマナーを守ることを条件に容認してきた。

     しかし、近年、マナー違反の利用が急増。炭や生ごみに加えて、コンロやアウトドア用品の放置も目立つようになったという。

     そのため、同市は2015年7月~17年11月、周辺に住宅が少ない南部臨港部(約1キロ)を、冬場を除く土日祝日に限ってバーベキューができる「可能区域」に指定。1人500円の清掃協力金を徴収するなどして、市指定の業者がごみを処理することにした。

     その結果、3年間で計5998人が利用。利用者アンケートでも、97%の人が「また利用したい」「機会があれば利用したい」と答え、社会実験は好評だったという。

     一方、周辺住民を対象としたアンケートでは、83%が社会実験中に可能区域を利用したことがない、と回答。約3割の人が「改善したと感じるものは特にない」とし、60%が「禁止に賛成」と答えた。

     また、業者への委託費など運営費は3年間で約250万円の赤字となった上、台風などで浸水する場所のため安全性の課題もあり、同市は全域での禁止を決定。4月から河川敷約50カ所に禁止を知らせる看板を設置し、周知を図っている。

     尼崎市の担当者は「住民の声を重要視した。バーベキューができる施設が周辺に複数あるので、利用してもらいたい」としている。

     西宮市側の武庫川河川敷ではすでにバーベキューは禁止されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000010-kobenext-l28


    (出典 www.kobe-np.co.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【マナー違反】兵庫:武庫川河川敷:有料でバーベキューを楽しめる社会実験を行ったがマナー違反が多く、やはりバーベキュー禁止】の続きを読む



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/05/15(火) 14:07:50.32 ID:doGwdnou0.net BE:878978753-PLT(12121)


    (出典 img.5ch.net)

    海上自衛隊下総教育航空群司令部(柏市)は14日、休日にキャバクラでアルバイトをしたとして、
    第203教育航空隊に所属する20代の男性2等海曹を停職2日の懲戒処分とした。

     同司令部広報室によると、2等海曹は2016年9~12月、業務のない土日を利用し、知人に紹介された都内の
    キャバクラでアルバイト。ウエーターとして24日間勤務し、計約12万円の報酬を得た。

     翌17年1月、上司による定期的な聞き取り面談で発覚。2等海曹は副業を禁じる自衛隊の規定を理解した上で
    アルバイトを探していたといい、「家族に仕送りをしていて遊ぶ金が足りなかった。浅はかだった」と反省しているという。

     同隊司令の前田忠久1等海佐は「服務指導と身上把握の徹底を図る」とコメントした。

    https://www.chibanippo.co.jp/news/national/498578




    (出典 upload.wikimedia.org)


    【【服務指導】休日に「キャバクラでアルバイト」をしたとして海自2等海曹が 停職2日の懲戒処分】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/05/07(月) 15:19:51.43

     京都御苑(京都市上京区)で許可なく小型無人機ドローンを飛行させたとして、上京署は7日、航空法違反の疑いで、中国人の男性会社員(35)を書類送検した。京都御苑での外国人によるドローンの飛行は、今年に入って3件確認されているという。

     上京署によると、男性は家族で観光に訪れており「景色を撮影したかった。飛行禁止だとは知らなかった」と話している。

     送検容疑は4月5日午後4時55分ごろ、御苑上空で許可を得ずにドローンを飛ばした疑い。

    2018.5.7 12:33
    産経WEST
    https://www.sankei.com/west/news/180507/wst1805070024-n1.html


    (出典 www.kyoto-np.co.jp)



    (出典 www.asahicom.jp)


    【【航空法違反】京都:中国人の男性観光客、飛行禁止の京都御苑で、許可なくドローンを飛ばし、書類送検】の続きを読む



    1 ティータイム ★ :2018/03/31(土) 00:16:22.58

    産経新聞 2018.3.30 22:28

    30日正午ごろ、大分市中央町の商店街「ガレリア竹町」のある歩行者専用の市道を、車1台が通行許可を得ずに走行した。
    大分中央署によると、ネット検索大手グーグルのサービス「ストリートビュー」に使用する写真を撮影する専用車両とみられ、同署は道交法違反(通行禁止)の疑いで調べている。

    大分中央署や商店街事務所によると、車は商店街の一部を数十秒~数分間走行したとされる。当時、通行人もいたが事故などは起きていない。
    事務所には29日午後9時40分ごろ、グーグル側から徒歩での撮影許可を求めるメールが届いていたが、返事を保留していたという。

    同署はグーグル側に事情を聴くとともに、現場の目撃情報を集めるなどして捜査を進めている。

    ガレリア竹町は市中心部にあるアーケードの商店街で、多くの飲食店や生活用品店などが並ぶ。

    https://www.sankei.com/west/news/180330/wst1803300113-n1.html






    (出典 blog.monolisix.jp)



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    (出典 lh3.ggpht.com)


    【【Google】大分:グーグルの「ストリートビュー」の写真撮影、専用車両が無許可で歩行者専用道路を走行】の続きを読む

    このページのトップヘ