いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 軍事



    1 ばーど ★ :2019/01/07(月) 15:27:20.10

    [上海 5日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は4日に開かれた中央軍事委員会の会議で、中国軍は危機意識を高め、戦闘に向けてあらゆる準備を行う必要があると訴えた。

    新華社通信によると、習主席は中国が増大するリスクと課題に直面していると指摘、軍部は安全と発展を確保するために取り組むべきだと強調した。また、新時代に向けた戦略を策定し、戦闘を準備・遂行する責務を担う必要があるとした。

    「世界はここ100年間経験することがなかった大きな変革の時期に入っており、中国はなお、発展の戦略的好機という重要期にある」と語った。

    その上で、軍部は有事に迅速に対応する体制を整え、共同作戦能力を高め、新たな種類の戦闘力を向上させる必要があるとした。

    習氏は2日に、中国には台湾統一のために武力を行使する権利があると述べた上で、平和的な「統一」を目指す考えを示している。

    2019年1月7日 / 11:53 ロイター
    https://jp.reuters.com/article/china-xi-army-idJPKCN1P104L

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【戦闘準備】習近平国家主席:軍部に戦闘準備を促す「中国には台湾統一のために武力を行使する権利がある」「戦闘に向けてあらゆる準備を行う必要がある」】の続きを読む



    1 AHRA ★ :2019/01/07(月) 16:08:51.37

    ※韓スレです

     防衛費分担金問題を受け「韓米同盟は今年になって大きな試練に直面する」との見方が相次いでいる。韓国政府は連日「強固な韓米同盟」を強調しているが、米国ではマティス国防長官の辞任によって韓米同盟が「悲劇的で突然の終息段階に入る」との警告が出始めている。

     米国の外交専門誌『ディプロマット』は4日付で防衛費分担金交渉が韓米の間で決着がつかないことについて「(2013年の交渉など)防衛費分担金交渉が期限内に終わらないのは今回が初めてではない。しかし今回はさまざまな面でこれまでとは根本的に違う」「交渉の行き詰まりによる最も大きな問題は、安全保障におけるパートナーとして(韓国に対する)信頼が崩壊することだ」などと指摘した。韓国政府が最後まで分担金の増額に応じない場合、同誌は「トランプ大統領は2回目の米朝首脳会談で一方的に在韓米軍削減を宣言することもあり得る」との見方を示した。

     韓米両国は昨年10回にわたり防衛費分担金特別協定(SMA)の締結に向けた交渉を重ねてきたが、接点を見いだすことはできなかった。最大の争点となっている「総額」と「協定の有効期間」について意見の隔たりが大きく、交渉は事実上原点に戻った状態だ。一部では「防衛費分担金問題が韓国の自動車に対する関税引き上げなど、別の問題に飛び火しかねない」との見方もある。

     米民主主義守護財団のマクスウェル研究員は米国の政治専門誌『ザ・ヒル』の中で「韓国は米国の本土以外では最も大きな米軍基地である(平沢の)キャンプ・デイビッド建設資金の90%を負担し、米軍駐留費用の半分を支援しているが、トランプ大統領はこれを評価していない」「これは韓米同盟の将来にとって良い兆候ではない」などと指摘した。

     マクスウェル研究員はさらに「(在韓米軍を取引の材料とする)トランプ大統領の同盟に対する見方が変わらない限り、トランプ大統領は韓国が(在韓米軍の駐留経費)全額を負担する以外に何を受け入れるか、確実なものは全くない」「もしトランプ大統領が(妥協案を)受け入れない場合、米軍は直ちに韓半島(朝鮮半島)から撤収するかもしれないし、そうなれば韓米同盟は悲劇的な形で突然終息するだろう」との見方を示した。

     これについてある外交筋は「米国では防衛費分担金問題が韓米同盟そのものと関連づけて議論されている。この点は非常に注目すべきだ」と指摘した。

    2019/01/07 11:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/07/2019010780040.html

    ★1が立った時間:2019/01/07(月) 12:25:10.58
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1546837048/


    (出典 upload.wikimedia.org)


    【【韓国終息】防衛費分担金問題:米国専門家が警告、マティス国防長官の辞任で韓米同盟が「悲劇的で突然の終息段階に入る」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/10/20(土) 01:35:33.89

    ※たまたまスレです

     【ワシントン時事】米政府は19日、韓国との冬の定例合同軍事演習を中止する方針を決めた。米軍関係筋が明らかにした。

    (2018/10/20-00:32)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102000023


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.cnn.co.jp)



    (出典 www.asahicom.jp)


    【【在韓米軍】米国:<北朝鮮側に配慮>「韓国との定例合同軍事訓練を中止」】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2018/10/16(火) 13:07:12.17

    2018.10.16 09:54
    【ワシントン=黒瀬悦成】米軍準機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」は15日、在日米軍が日本国内の米軍基地を訪れる韓国人に対して事前審査を義務づける新指針を導入したと伝えた。

     在日米軍は、北朝鮮や中国、ロシア、イランやアフガニスタンなど約50カ国を「指定第三国」と位置づけ、これらの国民について、事前審査なしに基地に立ち入るのを禁じているが、米国の同盟国である韓国がこうした規制の対象となるのは異例。

    在日米軍は規制の理由を明らかにしていないが、在韓米軍基地を訪れる日本人には事前審査は義務づけられていない。このため、今回の規制は今年4月の南北首脳会談以降、北朝鮮との融和に傾斜する韓国の国内に紛れ込んだ北朝鮮の情報機関工作員が米軍基地に侵入するのを警戒した措置である可能性がある。

     在日米軍によると、指定第三国出身の人物が訪ねてくる予定のある基地内の米軍関係者は、訪問日の30日前に基地の警備部門に訪問者の名前や詳細な身元、訪問の目的を記した書類を提出し、関係部局の審査と基地司令官の承認を経て初めて訪問が許可される。

    一方、米軍基地関係者の両親や兄弟、結婚相手が指定第三国の出身である場合は規制は適用されないとしている。

    https://www.sankei.com/smp/world/news/181016/wor1810160015-s1.html


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    (出典 www.su-chan.net)


    【【米異例措置】在日米軍:日本国内の米軍基地を訪れる韓国人に事前審査を義務づける。北朝鮮の「情報機関工作員」を警戒した措置】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/09/30(日) 02:48:15.51

    ※たまたまスレです

    サングラス姿で訓練を見守る習近平(シー・ジンピン)国家主席(中国国営中央テレビの画面から)

    (出典 www.nikkei.com)


    【北京=永井央紀】中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は27日、遼寧省で人民解放軍79集団軍の訓練を視察した。駐機中の攻撃ヘリコプターに自らヘルメットをかぶって乗り込み機関銃を操作し、「訓練と戦争への備えを強化し、戦いに勝てる能力を高め、任務を果たさなければならない」と檄(げき)を飛ばした。貿易戦争を機に対立が深まる米国をけん制したとみられる。

    中国国営中央テレビが29日に報じた。訓練はヘリコプターによる攻撃や低空飛行、装甲車輸送などの実戦形式で実施。習氏はめったに見せないサングラス姿で地上から見守った。79集団軍は遼寧省に拠点を置き、朝鮮半島などを管轄する即応部隊とされる。中国メディアによると前身である39集団軍は1950年に始まった朝鮮戦争で米軍の騎兵部隊に壊滅的な打撃を与えたことがある。

    2018/9/29 22:05
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35928870Z20C18A9FF8000/

    ★1が立った時間 2018/09/30(日) 00:40:11.62
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538235611/


    【【中国軍事】米国けん制:中国の習近平氏:人民解放軍の訓練を視察し「訓練と戦争への備えを強化し、戦いに勝てる能力を高め、任務を果たさなければならない」】の続きを読む

    このページのトップヘ