いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 外交



    1 チンしたモヤシ ★ :2019/09/16(月) 04:47:28.22

    △ぜんまいと厚揚げ煮だ

    文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は14日、「韓日ではかつては相手の立場になって考える気持ちがあったが、今回の日本は高圧的で一方的だ」と批判した。

    文特別補佐官はこの日朝日新聞とのインタビューで、現在の韓日関係に対し「(日本政府は)韓国の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった」としてこのように指摘した。
    文特別補佐官は現在の韓日関係悪化の背景について、(両国)指導者間の不信もある。歴史問題が解決されないと韓国との協力は難しいと主張を繰り返す安倍晋三首相に対し、文在寅(ムンジェイン)大統領は疲れを感じ、諦めかけているようだ」と明らかにした。

    彼は続けて「日本も韓国も、相手をたたくと人気が出る構造になっている。相手に融和的な態度をとると国内政治で難しい状況に陥る。だから強い姿勢に出る」と分析した。
    文特別補佐官はまた、韓国大法院の徴用賠償判決をめぐる対立解消と関連した日本側の立場に反論した。

    彼は「日本側は一方的に外交協議ができなかったと見なして次の手続きに進んだ」とし、韓国側は6月に対応案(韓日企業の自発的出資金で徴用被害者に慰謝料を支給する案)を出してから(請求権協定にともなう紛争解決の)最初の手続きである外交的協議に応じる構えを示したと話した。
    その上で、「しかし日本側は案とともに(外交協議を)拒んだ。(安倍政権は)韓国の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった」と付け加えた。

    文特別補佐官は続けて「文政権は朴氏弾劾の民意から生まれた。こうした法的、政治的な敏感さを日本が少しでも理解し、特別法制定など解決に向けて協力すれば『共通の代替案』を見いだすことができると思う」と主張した。
    合わせて過去の問題をめぐり日本では「謝罪疲れ」、韓国では「心からの謝罪はなかった」との認識が強いことに対し、「それが問題の本質」と指摘した。

    文特別補佐官は、「世代が変われば状況も変わるとの見方もあるが、日本では修正された教科書で学んだ世代もいて、韓国では民族主義が強まる傾向にある。反日、反韓は若い世代の方が強くなるのではないか」と懸念を示した。


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000002-cnippou-kr

    ★1が立った日時:2019/09/15(日) 17:55:10.86 前スレ立てた人 アンドロメダ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568551860/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【因果応報】安倍政権に「文大統領は疲れを感じ、諦めかけているようだ」「韓国の人々の心情を考えて形式的にでも協議に応じるべきだった」】の続きを読む



    1 チンしたモヤシ ★ :2019/09/09(月) 04:56:52.51

    すたみな太郎の筑前煮だ。

    菅官房長官 笑顔消え「韓国に全て責任」 日本から譲歩意見に「毅然と」
    デイリー 2019.09.08
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/09/08/0012681119.shtml
    菅義偉氏

    (出典 i.daily.jp)


     菅義偉官房長官が8日、テレビ朝日「サンデーLIVE!!」に生出演し、悪化する日韓関係について、「なぜこんなにこじれてきたのかということですよ。これはすべて韓国に責任があるということです」と述べた。

     さまざまな質問に答えるコーナーで「甘いもの、特にパンケーキが好き」とにこやかに話す場面もあったが、日韓問題に関しては厳しい口調。

     徴用工問題に関して「1965年に合意した日韓請求権協定で解決している」とし、「国と国との合意ですから条約。条約というのはそれぞれの国の立法も司法も裁判所もすべての国家機関が順守しないといけないのが基本。そこを踏み外してきているわけです」と韓国側の動きに苦言を呈した。

     ほかの出演者が、水面下で話し合うパイプの存在を聞いたが、菅氏は「いろいろありますけど、条約ですから。ここは基本。これ破ったら日本もおかしくなる」と述べた。

     また、韓国が強硬姿勢なため、落としどころを探るべきではとの質問もあったが、「日本の立場は毅然として、国民の皆さんが感情的にならないように冷静に、対応すべきは対応し、主張すべきところは主張する」「条約に対して違反している。そこは韓国で考えること」とした。


    【【日韓請求権協定】菅義偉官房長官:悪化する日韓関係、「すべて韓国に責任があるということです」「毅然として対応すべきは対応し、主張すべきところは主張する」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/09/03(火) 22:43:30.87

    ※レンコン煮だ

     韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と会談した河村・日韓議連幹事長は、輸出管理上の最優遇国からの韓国の除外措置と日韓で軍事機密を共有する協定の破棄をセットで元に戻すことを提案されたと明らかにしました。

     「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)と『ホワイトリスト』をセットで一緒に元に戻すことはどうだろうかと」(河村建夫 元官房長官)

     河村氏は2日、ソウルで李首相らと会談した際、首相から日本側が輸出管理上の最優遇国から韓国を除外したことと、韓国側が決めた日韓で軍事機密を共有するための協定の破棄をセットで元に戻すという提案があったと明らかにしました。

     河村氏は、徴用工問題と同時に協議を始めることが必要と伝え、また、両者は日韓関係の早期改善の必要性で一致したということです。(03日13:23)

    9/3(火) 17:57
    TBS系(JNN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190903-00000057-jnn-int

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ■関連スレ
    【安倍首相】日韓関係「徴用工問題の解決が最優先だ」 韓国側は軍事・輸出の同時決着主張
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567502043/

    ★1が立った時間 2019/09/03(火) 18:07:08.12
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567514652/


    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    【【理解不能】韓国 李首相「GSOMIAと『ホワイトリスト』をセットで一緒に元に戻すことはどうだろうか」と提案・・・馬鹿なのWW】の続きを読む



    1 みなみ ★ :2019/08/31(土) 21:08:10.37

    おわらせない煮だ
    8/31(土) 8:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00000047-sph-soci

    31日放送の日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・前8時)は、悪化する日韓関係を特集した。

    【写真】韓国ホテル火災!お騒がせ女性タレントが「全裸に紙パンツ」で逃げ出す

     番組では韓国の文在寅大統領が29日に日本政府が輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を除外したことを受け、「どんな理由で弁明しようが、日本が歴史問題を経済問題に絡めたことは間違いない」などと述べ、さらに徴用工問題について日本政府が1965年の日韓請求権協定で解決済みだとの立場であることを念頭に「一度反省を口にしたから終わったとか、一度合意したから全て過ぎ去ったと終わらせることができる問題ではない」などと訴えた発言を報じた。

     この発言に辛坊治郎キャスターは「反省するべきことは、継続して反省することは当然としても、国家間の合意をこういう言い方したら、いつまでたっても何を合意しても終わらないっていうことになります」と指摘した。その上で「大統領がこういう発言をして韓国国内でも、これはおかしいんじゃないかっていう話にはならないんですかね」と疑問を呈していた。

    ★1 2019/08/31(土) 19:09:29.08
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567246169/-100


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【バ韓国】文大統領:「一度反省を口にしたから終わったとか、一度合意したから全て過ぎ去ったと終わらせることができる問題ではない」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/08/26(月) 18:30:30.29

    ※ごま煮だ

    【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は26日、国会予算決算特別委員会で、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を決めたことについて、「終了決定が効力を発揮するのは11月23日」とした上で、「(対韓輸出規制など)日本の不当な措置が元に戻れば、わが政府もGSOMIAを再検討する方式が望ましい」との認識を示した。

    協定の終了を決めた背景に関しては、「日本が根拠も示さず、韓国を安全保障上信頼できない国であるかのようにレッテルを貼り、いわゆる『ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)』からも除外した」とし、「安保協力が難しいとされた韓国が日本に軍事情報を与えることが正しいのかという状態に置かれていた」と説明した。

    また、「GSOMIAは2016年11月に締結され、それ以前に戻ることになるが、その2年前の14年に韓米日3カ国の情報共有取り決め(TISA)が締結されている」として、「TISAを通じて軍事情報を共有できる体制はある」と強調した。

    2019.08.26 16:33 聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190826002900882?section=japan-relationship/index


    (出典 img0.yna.co.kr)


    【【交換条件?】韓国李首相:ホワイト国除外を取り消せば、GSOMIA破棄を見直す】の続きを読む

    このページのトップヘ