いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 防衛


    日本は強くなる、もうアメポチ返上に向かっている!

    1 (^ェ^) ★ :2018/01/07(日) 09:00:40.38

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000002-mai-pol

     防衛省は国産では初めての超音速の空対艦ミサイルとなる「ASM3」の開発を完了し、2019年度から量産を始める。航空機から発射して艦船を撃破する用途のために03年度から開発を始めていた。17年7月まで計15回の実射試験を重ね、昨年末に分析を終えた。音速の3倍のマッハ3以上の速度で艦船に迫り、迎撃がより困難になる。島しょ防衛などを担う航空自衛隊のF2戦闘機に配備し、抑止力を強化する。

     「ASM3」の射程は百数十キロと既存のミサイルと同程度だが、新型のジェットエンジンを搭載したことで速度をマッハ3以上に引き上げた。03年度から約390億円を投じて新型エンジンの研究・開発を続けていた。防衛省は昨年、従来より射程を伸ばした護衛艦搭載型の対艦ミサイルの開発にも成功しており、19年度以降の予算化を目指す。また、これらの技術を応用して、地上発射型の対艦ミサイルの改良も進める。

     ミサイル装備の強化は、海洋進出を強める中国が念頭にあり、防衛省はこれらのほかに戦闘機搭載の長射程巡航ミサイルの導入に着手。18年度予算案には、米国製の射程約900キロの「JASSM(ジャズム)-ER」など3種類の長射程巡航ミサイルの導入関連経費約22億円も計上した。また、ロケットで打ち上げた後に超音速で滑空させる高速滑空弾などの研究費として計約100億円を盛り込んだ。島しょ防衛をにらみ、探知・迎撃されにくいミサイルの技術革新を進めたい考えだ。

     英国とは戦闘機に搭載する中距離対空ミサイルの共同研究を進めており、18年度から研究試作に着手する。標的を探知するための日本の技術と、射程を伸ばす英国の技術を組み合わせ、F35戦闘機への搭載を念頭に高性能ミサイルの開発を目指す。

     世界的にはミサイルの高速化・長射程化が加速しており、米国やロシア、中国などはマッハ5以上の「極超音速」のミサイルの実用化を目指している。防衛省幹部は「島しょ防衛では艦船の接近を防いだり、反撃したりするミサイルの性能が重要だ。世界の潮流に置いていかれないように性能向上を図る必要がある」と指摘している。【秋山信一】


    (出典 kaito1412.wp-x.jp)



    (出典 pds.exblog.jp)



    (出典 Youtube)


    【【防衛省】超音速の空対艦ミサイルとなる「ASM3」の開発を完了し量産へ 国産初「ASM3」抑止力強化 へ 】の続きを読む



    1 ハンバーグタイカレー ★ :2017/12/25(月) 12:13:31.53

    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017122401001592.html

     防衛省が将来的に海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦で運用することも視野に、短距離で離陸できるF35B戦闘機の導入を本格的に検討していることが24日、政府関係者への取材で分かった。既に導入を決めた空軍仕様のF35A計42機の一部をB型に変更する案、別に追加購入する案があり、来年後半に見直す「防衛計画の大綱」に盛り込むことも想定している。

     護衛艦であってもF35B戦闘機を搭載すれば軍事的には「空母」と位置付けられ、自衛のための必要最小限度を超えるため攻撃型空母を保有することは許されない、としてきた政府見解との整合性が問題となる。

     F35B戦闘機(上)と海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」

    (出典 www.chunichi.co.jp)


    ★1)12/25(月) 07:37:35.51
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1514163203/


    (出典 blog-imgs-47.fc2.com)



    (出典 contents.trafficnews.jp)



    【【防衛計画】ヘリコプター搭載型護衛艦で運用することも視野に「短距離離陸のF35B導入」を本格検討  】の続きを読む


    朝鮮半島有事の際の邦人救出作戦の訓練かな!

    1 記憶たどり。 ★ :2017/11/04(土) 17:16:04.66

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00026430-mbcnewsv-l46&pos=2

    3日は早朝から鹿児島市の上空を低い高度でヘリコプターが飛んでいるとの情報が、
    インターネットなどで相次いで発信されました。
    陸上自衛隊では通常の訓練で飛行したとしています。

    MBCのスクープ投稿に寄せられた動画では5機のヘリコプターが編隊を組んで
    飛んでいるのが確認できます。

    鹿児島市の男性が3日朝8時から9時にかけて自宅で撮影したもので、
    撮影した男性は午前5時前にもヘリコプターとみられる大きな音がして飛び起きたとしています。

    また、3日は、ツイッターなどで早朝から大きな音をたてて飛行する複数のヘリコプターを
    目撃したとの発信が相次ぎました。

    海上自衛隊鹿屋航空基地によりますと、3日は、陸上自衛隊の複数のヘリコプターが
    訓練の一環で鹿屋基地に着陸し、燃料補給を行ったということです。
    そして、陸上自衛隊西部方面総監部は、九州・沖縄方面で実施している演習「鎮西29」の
    一環で県内の上空を飛行したとしていますが、所属部隊や機種、飛行ルートなどについては
    明らかにしていません。


    (出典 www.mbc.co.jp)


    【【空自訓練】 鹿児島市の上空を低空でヘリコプター5機が飛んでいるとの情報がインターネットで相次ぐ! 】の続きを読む


    守も攻めるもくろがねの~(^^♪、日本の防衛よろしく!<やっちゃえしらぬい!

    1 ニライカナイφ ★ :2017/10/13(金) 17:15:33.84

    10月12日、5,000トン型護衛艦「2番艦」の命名・進水式を三菱重工株式会社長崎造船所において行い、「しらぬい」(艦番号120)と命名されました。

    写真:
    (出典 i.imgur.com)


    防衛省 海上自衛隊 (Japan Maritime Self-Defense Force)
    https://www.facebook.com/JMSDF.PAO.fp/posts/1597888033606242


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 i0.wp.com)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 Youtube)


    【【海自】三菱重工長崎造船所で進水式<海上自衛隊、5千トン型護衛艦>2番艦に「しらぬい」と命名 】の続きを読む

    このページのトップヘ