いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 事故



    1 記憶たどり。 ★ :2018/08/13(月) 21:01:27.97

    http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=19270

    13日午後、北アルプス剱岳の早月尾根で、下山中だった東京都の78歳の男性が滑落して死亡しました。

    上市警察署によりますと13日午後0時25分ごろ、剱岳の早月尾根の標高約830メートルの地点で、
    東京都小金井市の無職、桑原滋昭さん(78)が約20メートル滑落しました。

    同行者が近くの山小屋を通じて警察に救助を要請し、桑原さんは県警ヘリコプターで
    富山大学付属病院に運ばれましたが、首の骨を折っていて、死亡が確認されました。

    桑原さんは4人パーティーで、12日夜は早月小屋に宿泊し、13日は剱岳登頂を目指しましたが
    悪天候のため断念して下山途中でした。

    事故当時は雨が降っていたということです。


    (出典 i.ytimg.com)


    【【登山事故】北アルプス剱岳の早月尾根で、下山中だった78歳の男性が、滑落し首の骨を折って死亡】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/08/11(土) 13:31:10.47


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    登山道の視察のため飛行していた群馬県の防災ヘリコプターが山中に墜落した事故で、県によりますと、新たに2人の死亡が確認されました。これでヘリコプターに乗っていた9人全員が死亡したことになり、警察が身元の特定を進めています。

    10日、登山道の視察のため飛行していた群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が、長野県との境付近の中之条町の山中に墜落しているのが見つかりました。

    機体には、県の防災航空隊の隊員と地元の消防署員合わせて9人が乗り込んでいて、11日午前にかけて合わせて7人の死亡が確認されたのに続き、昼前には新たに救助された2人についても死亡が確認されました。

    これで「はるな」に搭乗していた9人全員が死亡したことになり、警察が身元の特定を進めています。

    群馬県によりますと、GPSの位置情報の記録では、「はるな」は、10日午前9時58分から墜落現場近くの上空で急に旋回を始め、3分後の午前10時1分に記録が途絶えたということで、警察や県は、旋回した前後に何らかのトラブルがあったとみています。

    国の運輸安全委員会も航空事故調査官を現地に派遣し、事故の原因を調べています。

    2018年8月11日 12時18分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180811/k10011573391000.html?utm_int=news_contents_news-main_001


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.sankei.com)
    群馬県防災ヘリ「はるな」


    【【防災ヘリ墜落事故】群馬:防災ヘリ「はるな」に搭乗していた9人全員が死亡、大澤知事「亡くなられた隊員は、山岳救助のスペシャリストだった、残念でしかたがない」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/08/06(月) 08:52:11.02

    千葉県館山市の海水浴場で家族4人で遊びに来ていた51歳の男性が溺れ、搬送先の病院で死亡が確認されました。男性はイルカ型の浮き具が沖に流されたため、泳いで取りに行っていたということです。

    5日午後3時15分ごろ、館山市の塩浦海水浴場で、羯磨正人さんが浜辺から約60メートル、水深約1.8メートルの場所で溺れているのをライフセーバーが見つけました。

    ライフセーバー2人で羯磨さんを浜辺に引き上げて救命処置をしましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。警察によりますと、羯磨さんは東京・世田谷区役所の職員で、家族4人で遊びに来ていました。

    羯磨さんは約1メートルのイルカ型の浮き具が沖に流されたため、泳いで取りに行きましたが、諦めて戻る途中で溺れたということです。

    2018/08/05 22:41
    テレ朝ニュース
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133376.html


    (出典 jpn.ixcha.com)


    【【溺死】千葉:海水浴場で家族4人で遊びに来ていた51歳の男性が、沖に流されたイルカ型の浮き具を取りに行き溺れて、救助されるも死亡】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/07/27(金) 19:43:16.39

    ・東京地検で取り調べを受けていたネパール人の男性が突然死した
    ・手錠などの拘束具による筋肉壊死が原因と見られている
    ・遺族は27日、慰謝料など計約6935万円をもとめて提訴したという

    東京地検で取り調べを受けていたネパール人男性、シン・アルジュン・バハドゥールさん(当時39歳)が亡くなったのは、検察官らが、職務上つくすべき注意義務を怠ったことによるとして、男性の遺族が7月27日、国と東京都を相手取り、慰謝料など計約6935万円をもとめて提訴した。

    原告である妻と代理人が提訴後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見を開いた。妻は「いったいどうして彼は亡くなったのか。殺されたのか。真実を知りたくて、今回の提訴に至った」と語った。原告代理人によると、7月26日、業務上過失致死の疑いで、被疑者不詳のまま新宿警察署に刑事告訴もしたという。

    ●アルジュンさんは3つの戒具で拘束されていた
    訴状などによると、アルジュンさんが取り調べを受けてから亡くなるまでの経緯は、次のとおりだ。

    アルジュンさんは2017年3月14日、路上で拾った他人名義のクレジットカードを所持していたとして、占有離脱物横領の疑いで逮捕された。アルジュンさんは翌15日朝、反抗的態度をとったとして、留置場の保護室に収容された。

    アルジュンさんはそのあとも反抗的態度を崩さなかったため、両手と腹を締め上げる「ベルト手錠」(ナイロン製)、両足首を留める「捕縄」、膝を固定する「ロープ」――といった3つの戒具で拘束された。その後、ベルト手錠から護送用の手錠(金属製)に付け替えられて、東京地検に送られた。

    検察官による取り調べがはじまって約15分後、アルジュンさんの片手の手錠が外された。すると、アルジュンさんは大きくのけぞり、動かなくなった。振り動かしても反応がないため、検察官らは119番通報したうえで、すべての拘束を解いた。その後、日大病院に搬送されたが、アルジュンさんの死亡が確認された。

    ●「筋挫滅症候群」とは?

    原告代理人らが、日大病院からカルテや遺体写真を取り寄せて、医師に鑑定してもらったところ、アルジュンさんの両手は赤黒く膨れ上がっていた。また、血液検査の結果などから、アルジュンさんの筋肉細胞が壊死して、カリウムなどの有害物質が流れ出ていたことがわかったという。

    アルジュンさんは、ベルト手錠で両手を過度に締め上げられたあと、急に手錠を外されていた。そのため、アルジュンさんの死因は、血行が再開して、筋肉壊死で生じたカリウムなどの有害物質が全身に流れ出したことで死に至る「筋挫滅症候群」によるものだったと考えられるという。

    原告代理人によると、ナイロン製のベルト手錠は、過去にも死亡事件があり、その危険性も指摘されている。原告側は、そうした危険性があるにもかかわらず、検察官・警察官が、漫然とベルト手錠を使用・解除しており、職務上つくすべき注意義務を欠いていたと主張している。

    原告代理人の1人、小川隆太郎弁護士は会見で「ベルト手錠の使用方法について、インターバルをもうけるなどルールをつくらなければ、また、同じような被害が繰り返されるおそれがある。(警察、検察には)あらためて、ナイロン製のベルト手錠の危険性について認識してもらいたい」と話していた。

    2018年7月27日 17時16分
    弁護士ドットコム
    http://news.livedoor.com/article/detail/15074527/


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【筋挫滅症候群】東京地検で取り調べ中、ネパール人の男性が突然死、「手錠による筋肉壊死が原因」遺族は、慰謝料など約6935万円をもとめて提訴】の続きを読む



    1 水星虫 ★ :2018/07/24(火) 07:11:36.05

    小学校のプールで女児が意識不明

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20180723/8010002675.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    23日午後、高知市の小学校で、夏休みのプール開放に来ていた小学3年の女子児童が、
    水中に沈んでいるのが見つかり救助されました。
    女の子は意識不明の状態で、病院に搬送されて治療を受けています。

    23日午後2時すぎ、高知市の潮江小学校のプールで、この小学校に通う3年生の
    木下優愛さん(8)が、深さ1メートル20センチほどの水中に沈んでいるのを同級生が見つけました。
    木下さんは、救助された当時意識のない状態で、病院に搬送されて治療を受けています。

    学校や警察によりますと、小学校は夏休みに入っていて、23日がプール開放の初日で、
    当時は児童およそ30人が泳いでいました。

    警察によりますと、プールサイドに教員はおらず、保護者や学生のアルバイト
    合わせて10人ほどが監視にあたっていましたが、児童が溺れている様子は
    確認できなかったと話しているということです。

    潮江小学校の田内聡校長は
    「今はとにかく児童が回復することを祈っている。監視員もつけて安全管理に気をつけていたが、
    このような事態になってしまい残念だ。再発防止に向けた見直しを進めていきたい」
    と話しています。

    07/23 20:35


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【夏休み事故】小学校で、夏休みのプール開放、初日に事故、小学3年の女子児童が、「水中に沈んでいるの同級生が発見」、女子児童は意識不明】の続きを読む

    このページのトップヘ