いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 判決



    【【社会】東日本大震災の津波犠牲の大川小児童23人の遺族の損害賠償裁判、石巻市と宮城県への賠償命令「最高裁が上告棄却で二審判決が確定」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/01(火) 17:14:02.45

    18歳未満の実の娘と性交したとして、監護者性交等の罪などに問われた、とび職の男の判決公判が1日、岐阜地裁であった。

     菅原暁裁判長は「心身に受けた被害の大きさは計り知れず、犯情は相当に重い」として、懲役9年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。

    判決によると、男は娘の生計を支え、監護する立場にありながら、2016年7月と17年7月、19年2月に、自宅内および自動車内で娘と性交し、その様子を携帯電話で動画撮影するなどした。


    男の性的な行為は、遅くとも娘が中学生のころから常習的に繰り返された。

    娘が拒否すると「家族にばらす」「金銭的な援助を打ち切る」などと脅し、行為を続けた。
    娘は高校2年の時に妊娠。中絶後も男の行為は続いたという。

    男は被告人質問の中で、行為を繰り返した理由について「(行為をやめてしまうと)娘を失う寂しさや、自分勝手だが独占欲があった」などと話した。

    判決後、菅原裁判長は男に対し「服役を終え社会復帰しても、被害者の負った傷は癒えない。そのことをよく考えてほしい」と話した。

    「監護者性交等罪」と「監護者わいせつ罪」は、17年にあった刑法改正による性犯罪の厳罰化に伴い、新設。
    親など生活を支える者がその影響力を利用し、18歳未満の子どもにわいせつ行為などをした場合、暴行や脅迫がなくても、処罰できるようになった。

    岐阜地裁では、今年度に入り少なくとも3件の監護者性交等罪および同未遂罪の判決があり、
    いずれも求刑通りか求刑に近い実刑判決が言い渡されている。(松沢拓樹)

    2019年10月1日 16時18分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17166258/


    (出典 www.asakaze.gr.jp)


    【【鬼畜父親】実の娘が中学生のころから常習的に性交、動画撮影も、高校2年の時に妊娠、中絶後も行為続行…求刑懲役12年に対し懲役9年の判決】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/09/20(金) 09:10:20.91

     東京電力旧経営陣3人を無罪とした東京地裁判決は「津波についてあらゆる可能性を想定し、必要な措置を義務づければ、原発の運転はおよそ不可能になる」と指摘した。

    2019/9/19 14:05 (JST)9/19 14:09 (JST)updated
    https://this.kiji.is/547282699316495457

    関連スレ
    【速報】福島第一原発事故 強制起訴の東電旧経営陣3人に無罪判決 東京地裁 ★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568873239/

    ★1が立った時間 2019/09/19(木) 15:02:04.73
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568907245/


    (出典 www.sankei.com)



    (出典 ssl-cache.stream.ne.jp)



    (出典 www.news24.jp)



    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)



    (出典 ichef.bbci.co.uk)


    【【原発事故 責任不問判決】東京地裁:東京電力旧経営陣3人を無罪「あらゆる可能性を想定し、必要な措置を義務づければ、原発の運転はおよそ不可能」】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2019/08/22(木) 16:04:59.09

    2019年8月22日 13時26分
    共同通信

     大分市のマンション階段で2014年、知的障害のある無職男性=当時(42)=から突き飛ばされ死亡した男性管理人=同(62)=の遺族が、監督義務違反を理由に男性の両親に計約5364万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、大分地裁であった。佐藤重憲裁判長は請求を棄却した。

     訴状などによると、男性と当時70代だった両親はこのマンションに同居し、14年10月31日に行方が分からなくなった男性の捜索を母親が管理人に依頼。管理人は2階付近の階段にいた男性を見つけ連れ戻そうとしたが、男性は嫌がり、階段下に突き飛ばした。管理人は脳挫傷を負い、その後死亡した。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16964229/
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566449359/


    (出典 www.courts.go.jp)


    【【キチガイ無罪】マンション階段で男性が「知的障害者に突き飛ばされて死亡」、親に損害賠償を求めた訴訟判決、請求を棄却】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/06/27(木) 14:54:34.76

    朝霞市の県警機動隊屋外プールで2012年、水難救助部隊の巡査佐々木俊一さん=当時(26)=が訓練中に溺死したのは私的制裁による暴行が原因として、遺族が県(県警)と当時の上司5人に計約1億9千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、さいたま地裁であった。谷口豊裁判長は県に計約9200万円の支払いを命じた一方、上司ら5人に対しては「訓練と無関係の私的制裁と断定することは困難」として請求を退けた。

     判決理由で谷口裁判長は、当時指導員だった男性巡査(35)=業務上過失致死罪で有罪判決=が佐々木さんをプールに沈めたことについて「傷害の故意を伴うもので、注意義務違反の結果、佐々木さんが死亡したことは明白で違法」と認定した。

     原告側の私的制裁との主張に対しては「プールのはしごをつかむなどの禁止行為をした者に対して水没行為を行うことがあり、明確に禁止されていなかった」と指摘。他の参加者にも同様に行っているとして、組織的な私的制裁をしたとは言えないと述べた。

     一方、指導員が訓練員を沈める行為に疑問を呈する専門家がいたにもかかわらず、明確な規律を設けていなかったことなどが事故の背景にあると指摘した。

     判決によると、佐々木さんは12年6月29日、空気ボンベなど計38キロの装備を着けて訓練に参加。足の痛みを訴えて中止を求め、プールのはしごをつかんだところ、水深約3メートルのプール中央まで移動させられ、指導員に息継ぎなしで繰り返し水中に沈められたことにより溺死した。

     指導員だった巡査は業務上過失致死罪に問われ、同地裁で禁錮1年6月、執行猶予3年の判決が確定し失職した。

     佐々木さんの母千春さん(62)は判決後、さいたま市内で記者会見し、「個人の責任があるのではないかと思って裁判を起こしたが、認められず残念で悔しい」と話した。

     県警は「判決内容を十分に検討し、適切に対応したい」とのコメントを出した。

    2019年6月27日(木) 埼玉新聞
    http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/06/27/03_.html

    ■他ソース
    上司らの責任「認めてほしかった」母親が会見で無念の思い 県警機動隊員 溺死訴訟判決
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201906/CK2019062702000141.html

    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    ■関連スレ
    【埼玉県警】機動隊のプールで潜水訓練中に沈められ巡査(26)水死 県に9200円万円賠償命令
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561595102/


    【【過剰訓練死】埼玉県警:県警機動隊屋外プールで、水難救助部隊の隊員が訓練中に溺死の裁判、さいたま地裁は、県に計約9200万円の支払い命令】の続きを読む

    このページのトップヘ