いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 判決



    1 ばーど ★ :2019/03/20(水) 15:56:35.42

    女性に乱暴しけが、無罪 メキシコ人男性に判決 地裁浜松支部

    静岡県西部の女性(25)に乱暴し、けがを負わせたとして強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍、浜松市中区の男性工員(44)の裁判員裁判判決公判で静岡地裁浜松支部は19日、無罪(求刑懲役7年)を言い渡した。山田直之裁判長は「被告人が、自身の暴行が(女性の)反抗を著しく困難にする程度のものだと認識していたと認めるには合理的な疑いが残り、故意が認められない。犯罪の証明がない」などと判決理由を述べた。
     
    山田裁判長は、男性の暴行が女性の反抗を著しく困難にする程度だったと認めた一方、女性が抵抗できなかった主な理由は、女性の「頭が真っ白になった」などとする供述などから「精神的な理由によるもの」と指摘した。男性からみると女性が明らかに分かるような形で抵抗を示すことができていなかったと認められると説明し、「被告人は相手の反応をうかがいながら行動をエスカレートさせ、拒絶意思を感じた段階で行為をやめたとも評価できる」と述べた。
     
    無罪判決を受け、静岡地検浜松支部の中沢康夫支部長は「判決内容を検討の上、適切に対応したい」とコメントした。

    (2019/3/20 07:50)
    静岡新聞
    http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/613127.html

    ★1が立った時間 2019/03/20(水) 12:40:06.12
    前スレ
    【静岡地裁】女性に乱暴、強制性交致傷の罪に問われたメキシコ国籍の男性に無罪「故意認められない」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553053206/


    (出典 iwiz-yvpub.c.yimg.jp)


    【【意志表現】裁判員裁判判決公判:女性(25)に性的乱暴しケガを負わせたメキシコ人男性(44)が無罪判決】の続きを読む



    1 僕らなら ★ :2019/03/20(水) 23:19:29.97

    「鍋パーティー」で、部下に沸騰したスープをかけるなどの暴行を加え、重傷を負わせた女らに実刑判決です。

    判決によりますと、田中美智子被告(39)と岸川和樹被告(32)は、去年3月、大阪府茨木市の田中被告が経営していた居酒屋で、アルバイトの男性(40代)に鍋の沸騰したスープを何度もかけた上、殴る蹴るの暴行を加え重傷を負わせました。田中被告らは起訴内容をおおむね認め、検察は「被害者の態度に腹を立て、日常的に暴行していた」などと指摘しました。判決で、大阪地裁は「被害者にはコミュニケーションが取れないほどの意識障害が残り、結果は重大」などとして、田中被告に懲役8年、岸川被告に懲役4年を言い渡しました。


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    【【判決】「鍋パーティー」:自身経営の居酒屋で40代バイト男性に鍋の沸騰したスープを何度もかけ、殴る 蹴るの暴行の女経営者(39)、懲役8年の実刑判決】の続きを読む



    1 みつを ★ :2019/03/16(土) 19:45:38.52

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190315/k10011849981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_039

    乳児暴行死 母親に実刑判決「3つ子の育児 同情できるが…」
    2019年3月15日 19時42分

    愛知県豊田市で生後11か月の3つ子の1人に暴行を加えて死亡させた罪に問われた母親の裁判で、裁判所は「3つ子の育児を懸命に行ったことに同情はできる」とした一方、「執行猶予をつけるほど軽い事案ではない」として懲役6年の求刑に対し3年6か月の判決を言い渡しました。

    愛知県豊田市の松下園理被告(30)は去年1月、自宅で生後11か月の3つ子のうち次男を床にたたきつけて死亡させたとして傷害致死の罪に問われました。

    裁判で被告は「泣き声が耐えられなかった」と話し、弁護士は「周囲の支援がなく重度のうつ病だった」として執行猶予のついた判決を求めていました。一方、検察は「乳児が泣くのは当然で動機は身勝手だ」として懲役6年を求刑していました。

    15日の判決で、名古屋地方裁判所岡崎支部の野村充裁判長は「無抵抗の乳児をたたきつけた犯行は危険で悪質と言うほかない」と指摘しました。そして「うつ病になる中、負担が大きい3つ子の育児を懸命に行ったことに同情はできる」とした一方、「執行猶予をつけるほど軽い事案とは評価できない」と述べ、懲役3年6か月を言い渡しました。被告の弁護士は、刑が重過ぎるとして名古屋高等裁判所に控訴する考えを示しました。

    3つ子の育児状況
    (リンク先に続きあり)

    ★1のたった時間
    2019/03/16(土) 03:32:27.35

    前スレ
    【3つ子の育児 同情できるが…】11ヶ月乳児を床に叩きつけ暴行死 母親(30)に実刑判決 支援なく育児で重度のうつ病 愛知豊田市 ★2
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552693089/


    (出典 shanshan2.link)



    (出典 matomedane.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【育児苦】生後11か月の3つ子の次男を「泣き声に耐えられず」床にたたきつけて死亡させた母親の裁判・・・懲役3年6か月の実刑判決】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/02/20(水) 17:32:23.05

    車でつきまとい行為をしたとして兵庫県迷惑行為防止条例違反に問われた、たつの市の無職の男(28)に対し、地裁姫路支部(長島寧子裁判官)は19日、求刑通り罰金50万円の判決を言い渡した。

    判決などによると、男は2018年11月8日、太子町内のレンタルビデオ店で面識のない女性から「臭い」と言われたと感じ、ビデオ店駐車場から約7キロ間、女性運転の軽自動車に軽トラックでつきまとった。

    長島裁判官は量刑の理由で「長距離のつきまとい行為をされたのは執拗しつようで不気味に感じ、悪質だ」と指摘した。

    2月20日 読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190220-OYT1T50156/

    ★1が立った時間 2019/02/20(水) 15:51:59.76
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550645519/


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    【【判決】車で約7キロ「つきまとい行為」の無職男、罰金50万円の判決…レンタルビデオ店で「臭い」と言われたと感じ】の続きを読む



    1 僕らなら ★ :2019/02/16(土) 17:55:41.77

    大阪医科大(大阪府高槻市)の元アルバイト職員の五十代女性が、正社員らと同じ仕事なのに賞与がなく、待遇格差は違法として大学側に差額の支給を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(江口とし子裁判長)は十五日、女性敗訴の一審大阪地裁判決を変更し、労働契約法二〇条に違反するとして差額分など約百九万円の支給を命じた。

    弁護団によると、アルバイト職員への賞与支給を認める判決は異例といい、「短期間で雇い止めを受ける非正規労働者を救う画期的判断だ」と評価している。

    判決理由で江口裁判長は、大学の賞与額が年齢や成績ではなく基本給に連動し、就労自体への対価の趣旨を含む点を踏まえ「(月給制で正社員より労働時間が短い)有期契約社員へは正社員の約八割の賞与があるが、アルバイト職員には全くないのは不合理だ」と指摘。本来なら約六割分が支給されるべきで、これを下回るのは不合理としたほか、夏の有休や病欠中の賃金、休職給の格差も一部違法とした。

    判決によると、二〇一三年に秘書として雇われ研究費の管理などを担当。一五年に適応障害となり欠勤し、約一年後に退職した。時給制で、年収は女性と同年に採用された正社員の約半分だった。

    労契法二〇条を巡る待遇格差訴訟で最高裁は昨年、賃金総額だけでなく手当など個別の項目ごとに妥当性を精査すべきだとの判断基準を示している。

    判決後の記者会見で女性側代理人の河村学弁護士は「賞与にさまざまな趣旨があることを指摘した最高裁判決を踏まえ、勤務実態に沿った判断だ」と評価。女性は「全国の非正規労働者が働きやすくなればうれしい」と話した。

    大学側は「判決文が届いておらず、コメントできない」とした。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201902/CK2019021602000277.html
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550302936/


    (出典 giwiz-content.c.yimg.jp)



    (出典 srkakomonfp.net)


    【【バイト賞与支給判決】元アルバイト職員の五十代女性が、正社員らと同じ仕事なのに賞与がなく、待遇格差は違法として支給を求めた訴訟...大阪高裁「正社員の6割」支給命令】の続きを読む

    このページのトップヘ