いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 判決


    健常者だったら怒らなかった事故だと思う!

    1 ばーど ★ :2017/11/26(日) 13:17:43.96

    10万人に1人といわれる難病の長男=当時(38)=に暴行し、死亡させたとして傷害致死の罪に問われた父親のアルバイト、大塚芳男被告(64)=浦安市=に千葉地裁は21日、懲役3年、執行猶予3年の判決を言い渡した。しつけのつもりで突発的に振るった暴力は取り返しのつかない結果に。「健常者と同じ経験を」。長男中心の生活で、障害者の家族会でも積極的に活動していた父。「もっと楽しいことがあったのに。ごめんね」。公判では悔悟の涙にくれた。同じ境遇にある人は「不幸な結果。悲しい」としつつ、「誰にでもこうなる可能性があった」と特有の苦悩や葛藤も明かす。(社会部・金林寛人)

     「40年前に生まれた時、とてもうれしかった」

     千葉地裁での公判の最終意見陳述で大塚被告は遠い日を振り返った。

    ◆いさめるつもりで

     「明日は雨だから、仕事に行かない」

     天気予報を見て、長男は不機嫌になった。左半身の麻痺(まひ)、言語障害などの身体障害と知的障害があった。職場に自慢の電動車いすで行けない-。障害の影響か、一度決めるとなかなか譲らなかった。

     就職し、社会人になった長男をいさめるつもりで「朝、天気を見てから決めたら」などと説得を続けると、突然左こめかみを2回たたかれた。

     息子からの初めての暴力。驚くとともに「母親にも同じ事をするのでは」-。「人がたたいたらこのぐらい痛いのだぞ」。同じ場所を2回たたいた。

    ◆にこやかだった

     翌朝「今日はお父さんが(職場に)送っていく」と声を掛けると「分かった」。にこやかだった。朝食に好物の納豆を喜んで食べていたが、妻は長男の元気が無いのに気付いた。「今日は仕事を休んで寝ていたら」と提案した。

     昼過ぎに部屋に行くと大量の汗。声を掛けても反応が無い。救急車でかかりつけの病院に搬送されCT検査。脳が腫れていた。手術室に空きが無く、市内の別の病院に転送され手術を受けたが死亡した。

     公判に出廷した長男の担当医師によると、長男は左側頭部という普通無い場所に太い静脈があり、他の部分に守られないその付近の出血による急性硬膜下血腫の可能性がある。また血小板の数が少なく、血が止まりにくい体質だった。

    ◆長男を中心に

     「健常者の子どもと同じ経験をさせたい。親としていろいろな世界を見せてあげたい」

     一家は周囲から見ても長男中心に回っていた。

     海外へ何度も旅行した。ライフジャケットを着て泳ぐのが好き。オーストラリアでイルカとふれあった。乗馬やスキーにも挑戦した。

     自宅にはエレベーター。良い病院があると聞けば遠くても通い、障害者の集まりには家族で積極的に参加した。知人によると、いつも車いすを後ろから押すなど、大塚被告がかいがいしくサポートしている姿が印象的だったという。

     障害者への社会的配慮が進んでいなかった当時、市内の幼稚園には受け入れを拒否され、都内の幼稚園に通わせたことも。妻は当初は長男を外に出すことに抵抗を感じていたが、近所の住民へ積極的に存在を知ってもらうことにした。

     「地域で支え合って、ずっとここで生活してほしかった」からだ。もし年老いて介助できなくなっても施設には入れず、自分たちがアパートに移り、自宅を支援NPOに貸すことで、長男が住み慣れたわが家で暮らせるようにという将来図も描いた。

    ◆自慢の父親

     「キレやすかった」長男とけんかしてもすぐに仲直り。通っていた福祉作業所の職場で困ったことがあった時でも「うちのお父さんだったら、(なんとか)できる」と周囲に言い張ったほど、長男にとっては自慢の「何でもできる」父親のはずだった。

     警察に拘留され、死に目に会えず、葬儀にも参列できないまま永遠の別れに。死亡した日は、長男の誕生日の3日後だった。

     「傷つけるつもりは一切なかった。やりきれない気持ちでいっぱい。もっと楽しいことがあったのに、ごめんね」

     公判の被告人質問で涙ながらに亡き長男へ謝る大塚被告の姿に、ハンカチで涙をぬぐう裁判員もいた。

    ◆「誰にでも可能性が」 被告参加の家族会会長

    以下全文はソース先で

    千葉日報 2017年11月26日 05:00
    https://www.chibanippo.co.jp/news/national/456447


    【【しつけ】千葉地裁<10万人に1人難病の長男、暴行死> 「楽しいことが…ごめんね」 父、しつけで突発的に 】の続きを読む



    1 かばほ~るφ ★ :2017/11/24(金) 14:13:16.87

    「心は男」なぜ女性刑務所 性同一性障害の県内被告、「死ぬほど苦痛」涙の訴え
    11/24(金) 5:00配信

    「女性刑務所に入るくらいなら即、死刑にしてほしかった」。
    窃盗の罪で服役することになった県内の20代被告が、拘置施設の面会室で悲痛な声を響かせた。
    頬には涙の跡が幾筋も光る。髪は肩まで伸びているが、声は低く、一見した限りでは性別が分からない。
    被告には、体は女性だが心は男性という性同一性障害がある。
    控訴審判決が出た直後の今月21日、金沢刑務所拘置区(金沢市)で面会し、現在の心境などを聞いた。
    (社会部・中島慎吾)

    被告は6月、県西部の商業施設で食料品などを盗んだ疑いで逮捕、起訴された。
    執行猶予期間中の犯行だったこともあり、一審富山地裁高岡支部で懲役1年の判決を受けた。
    猶予されていた刑期を合わせると3年4カ月ほどになる。

    性別を変更するため、かねてから適合手術を望んでいたが、経済的な理由で受けられずにいた。
    性同一性障害の専用刑務所はなく、このままでは戸籍上の性別に従って女性刑務所に入ることになる。
    それを避けるには実刑から逃れるしかない。執行猶予付き判決を求め、名古屋高裁金沢支部に控訴した。

    しかし、面会直前の判決で一審の判断が変わることはなかった。
    「社会内での更生の道を自ら閉ざした。障害を酌むとしても限界がある」。
    安易に犯行を繰り返したと断じる裁判長の言葉が法廷に重く響く。「これ以上どうしようもない」。
    風船から空気が抜けるように闘争心を失った被告は、この日のうちに上告する権利の放棄を申し出たという。
    放棄が確定すれば受刑者として服役することになる。

    自らが犯した罪に対し懲役刑を受けることはやむを得ない。
    だが、女性として服役を強いられるのは「二重の刑罰」だと感じている。
    男性の外見を保つためのホルモン投与も逮捕後は受けられず、女性に近づいていく自らの容姿に
    強い嫌悪感を抱くようになった。「自殺したい」との思いも頭をよぎる。

    一方で、それに打ち勝ち、罪を償って出所できたなら、同じ境遇の人を支えたいとの願望もある。
    「もう誰にも同じ思いをしてほしくない。刑務所で体の自由が制限されても、性別の自由は奪われないよう、
    世の中を変えたい」

    (後略、全文はソースで)
    11/24(金) 5:00配信 北日本新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00091051-kitanihon-l16

    ★1がたった時間 2017/11/24(金) 11:22:44.88
    前スレ http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1511493573/


    (出典 www.allin1.co.jp)



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【性別】石川県<性同一性障害の被告>「体は女性だが心は男性」「女性刑務所に入るくらいなら死刑に」「死ぬほど苦痛」涙の訴え】の続きを読む


    *控訴、控訴、控訴、控訴、酵素、酵素・・・あれっ?

    1 ばーど ★ :2017/11/16(木) 16:26:29.10

    ネット上の差別的な書き込みを集めて掲載され、名誉を傷つけられたとして在日朝鮮人の女性が、まとめサイト「保守速報」を運営する男性に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、大阪地裁であった。森田浩美裁判長は「名誉毀損(きそん)や人種差別にあたる記事を40本以上も掲載し、執拗(しつよう)だ」として200万円の賠償を命じた。

     訴えていたのは、大阪府東大阪市在住のフリーライター李信恵(リシネ)さん(46)。原告の弁護団は、差別表現の書き込み自体ではなく、掲示板などの投稿を集めて掲載する行為に賠償が認められるのは「我々が知る限りで初めて」と評価した。

     判決によると、男性は2013年7月から約1年間、保守速報のサイトに、匿名掲示板「2ちゃんねる」などに書き込まれた李さんを差別、侮蔑するような投稿や写真を、読みやすく編集し掲載した。

     判決は、李さんに対する「頭おかしい」や「朝鮮の工作員」といった表現は、社会通念上許される限度を超えた侮辱にあたる、と認めた。「日本から叩(たた)き出せ」などの表現は「日本の地域社会から排除することをあおるもの」と指摘し、人種差別にあたると判断。女性差別にあたる表現もあった、とした。

     男性側は「情報の集約に過ぎず、転載したことに違法性はない」と主張していた。しかし判決は、男性による表題の作成や情報量の圧縮、文字の強調によって内容を効果的に把握できるようになった、と認定。「2ちゃんねるとは異なる、新たな意味合いを有するに至った」とし、引用元の投稿とは別に、保守速報自体が憲法13条が認める人格権を侵害した、と結論づけた。

     判決後に会見した李さんは「踏み込んだ内容の判決で、とてもうれしい」と喜んだ。「拡散された情報は消えることがない。誰もが傷つかないようにできたら」とも語った。

     被告側の代理人弁護士は「控訴します」とコメントした。(大貫聡子)

    配信2017年11月16日16時13分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASKCJ552TKCJPTIL01D.html


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【判決】大阪地裁「2ちゃんねるとは異なる、新たな意味合いを有する」<「保守速報」の記事掲載、差別と認定 賠償命じる> 】の続きを読む



    1 ハンバーグタイカレー ★ :2017/11/09(木) 21:22:40.23

    http://www.asahi.com/articles/ASKC95S3SKC9UTIL04Z.html
     秋祭りでボランティアスタッフの高齢男性に大声で叱られ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとして、当時5歳の女児が、主催者の埼玉県深谷市に約190万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、東京地裁であった。鈴木正紀裁判官は症状との因果関係を認め、約20万円の支払いを同市に命じた。

     判決などによると、女児は両親らと2014年11月に同市内であった秋まつりを訪れた。その際、輪投げ会場で受付の机の上の景品の駄菓子を取ったことを、女児、大声で叱られPTSDに 祭り主催の市に賠償命令。女児は駆けつけた父親の前で泣き出し、父親と男性が口論するのを見て、4カ月後にPTSDと診断された。

     裁判で原告側は、叱られた後、女児が両親から離れるのを怖がったり、画用紙を黒く塗りつぶしたりしたと主張。市側は、暴言はなく、症状との因果関係はない、と訴えていた。

     鈴木裁判官は、男性は高齢で耳…

    残り:234文字/全文:604文字

    ★1)11月9日(木)19:03:53.68
    前スレhttp://asahi./test/read.cgi/newsplus/1510226986/


    (出典 Youtube)


    【【判決】<主催の市に20万円の賠償命令>「お祭りで机の上にあった駄菓子を取ろうとして80代のボランティアスタッフに叱られ4ヶ月後に「5歳女児がPTSDを発症 」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2017/11/07(火) 00:14:30.20

    大阪市内で強姦事件を起こし、1審で実刑判決を受けた後に保釈され、2週間後に再び別の女性を暴行したとして強姦罪に問われた永井優輝被告(28)の控訴審判決で、東京高裁(青柳勤裁判長)は6日、懲役4年6月とした1審東京地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

     判決によると、昨年2月15日、下着の通信販売に使う写真のモデルを募集していると偽り、東京都内のホテルに20代の女性を誘い込んで写真を撮影、その後暴行した。

     被告は昨年1月、女性3人を暴行したとして大阪地裁で懲役9年の判決を受け、控訴後の2月1日に保釈が認められていた。大阪の事件はその後、1審判決が確定している。

    配信2017.11.6 17:05更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/171106/afr1711060034-n1.html


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 bungu-uranai.com)


    【【控訴棄却】東京高裁<女性3人を暴行、懲役9年の判決>控訴後保釈、2週間後の保釈中に強姦、2審も実刑  】の続きを読む

    このページのトップヘ