いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 報道



    1 ハンバーグタイカレー ★ :2018/01/29(月) 18:18:26.63

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00010000-huffpost-soci

    大切に育てたメロンに除草剤を撒かれる--。北海道・富良野のメロン農家「寺坂農園」を2017年7月、悪夢のような被害が襲った。約6600玉のメロンが全滅し、1500万円以上にのぼる被害額は農園の経営状態を圧迫した。(浜田理央 / ハフポスト日本版)

    「とにかく今年も農業を続けたい」。そのために同園の代表・寺坂祐一さんが支援を求めたのが、クラウドファンディングだ。

    農園の立て直しに向けて、大手クラウドファンディングサイト「Makuake」で1月29日、「メロン除草剤散布件を乗り越える!挽回に向けて、【寺坂農園】回復プロジェクト」をスタートさせた。

    もともと、クラウドファンディングとは縁がなかった寺坂さん。

    2017年8月に事件が報じられると、たくさんの応援メッセージが寄せられた。その中に、「支援したいけど方法がわからない」「クラウドファンディングをやってください」などと薦める声が30件ほどあったという。

    同じ年の11月ごろには、農業コンサルタントの知り合いからもクラウドファンディングで支援を募ってみてはどうかと連絡がきた。

    事件に対して心ない誹謗・中傷もあったため、「また批判されるかもしれない」「そこまで人にお世話になるわけにはいかないのでは」という不安が頭をよぎる一方、このままでは春には運転資金が足りなくなってしまう。

    銀行から融資を受けることも検討したが、被害額があまりに大きく、返済でどんどん経営が苦しくなるかもしれない。自分の力だけではどうしようもなかった。

    知り合いからの後押しもあり、クラウドファンディングによる経営支援をしている帯広信用金庫を通じてMakuakeの担当者を紹介され、プロジェクトに乗り出した。

    寺坂さんはハフポスト日本版の取材に対して、決断した理由を次のように語った。

    「いつまでも被害者のままでいるわけにはいきません。社員やスタッフもいるので、経営者として経営状態を回復・安定させるのがとにかく大事だと思いました。どうなるのか全然分からないですが、クラウドファンディングをやってみようと思いました」

    プロジェクトは、4月27日までの期間で、除草剤事件の被害額などを合わせた1600万円を集めることを目標に設定。除草剤を撒かれ、収穫ができなくなったメロンハウス6棟にかかった人件費やメロンの種といった生産費、再発防止のために設置した防犯カメラの費用などについて支援を求めている。

    支援を希望する人には、3000円から100万円までの全16コースから選んでもらい、寺坂農園で今後収穫するメロンなどをお礼の品として届けたり、農園に招待してメロン栽培についてガイドしたりする。被害にあったビニルハウスに好きな名前をつけることができるコースも設けた。

    全文はURL先で

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【報道】富良野メロン6600玉が全滅 何者かが除草剤?農家が憤り「こんなことをする人いるのか」 農家はクラウドファンディングに再起を... 】の続きを読む


    女性記者の質疑が最低レベル!

    1 豆次郎 ★ :2018/01/26(金) 20:58:34.89

    1/26(金) 20:35配信
    はれのひ社長、雲隠れは「調査に時間が…隠れるつもりなかった」成人式当日は知人宅に

     振り袖販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市)が成人式を前に突然休業し、晴れ着を着られない新成人が続出した問題で、同社の篠崎洋一郎社長が26日、横浜市内で記者会見を行い謝罪した。

     会社の業績について「平成23年3月に設立し、横浜店を皮切りに一時は6店舗まで拡大しましたが、急激な出店により人件費コストなどが増加し、平成28年9月期には大幅な赤字になりました。その後、新たな融資のお願いやM&Aの実現に向けての取り組みなど対策を行ってきましたが、売上の減少に歯止めがかからず、成人式当日着付けの費用の支払いめどが立たず、このような事態となりました」と説明した。

     成人式当日は知人宅に身を寄せていたという。8日から今まで“雲隠れ”していた理由を聞かれると「問題の重大さは分かっていたが、どのように対応すればいいかわからず、弁護士も決まっていなかったので相談もできませんでした。弁護士が決まってから、業績の調査などに時間がかかり、今日の今日になってしまいました。隠れるつもりはなかったです」と述べた。

     自身の家族が被害にあったらどう思うかという質問には「怒りと…ものすごく残念な思いがあったと思います。ご家族さまの一生に一度の成人式を台無しにし、本当に取り返しのつかないことをしてしまった。本当に申し訳ありませんでした」と侘びた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000169-spnannex-soci

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.jiji.com)


    【【はれのひ社長】記者会見:「成人式当日、着付けの費用の支払いめどが立たず、このような事態となりました」「隠れるつもりはなかったです、調査に時間が…成人式当日は知人宅に…」】の続きを読む


    庶民の余計なお世話だが、本当に幸せになれるのだろうか…?

    1 泥ン ★ :2018/01/26(金) 03:34:44.35

    Business Journal 2018.01.25
    http://biz-journal.jp/2018/01/post_22104.html

    (出典 biz-journal.jp)


     秋篠宮家の長女・眞子さまと、大学の同級生、小室圭さんの結婚式が11月4日に行われることになった。一般の結納に当たる「納采の儀」は3月4日に行われる。戦後、皇族から民間に嫁ぐのは、眞子さまで8人目。宮中から一般社会へと、まるで異なる環境に身を置かれることになる。昨年12月発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、小室さんの母親が元婚約者である男性との間で400万円以上の借金トラブルを抱えていると報じ、眞子さまの今後を案じる声も多いが、過去に民間に嫁いだ女性皇族の方々は、どんなご苦労をされてきたのだろうか。元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司氏から聞いた。

    「昭和22年までは旧皇室典範により女性皇族の嫁ぎ先は皇族か一部の華族と決まっていました。明治天皇の女のお子さまは4人が成人されていますが、全員皇族に嫁いでおられます。大正天皇には女のお子さまはいらっしゃいませんでした。昭和天皇には5人いらっしゃいましたが、二女の祐子(さちこ)内親王は生後半年で亡くなっていますので、成人されたのは4人です。長女の成子(しげこ)内親王は戦前の昭和18年に、東久邇宮盛厚王に嫁がれています。戦後の皇室典範で嫁ぎ先の制限は撤廃されましたが、昭和25年に三女の和子内親王が日本交通公社に勤めるサラリーマンだった、五摂家のひとつである鷹司家の平通さんとご結婚されました」

     女性皇族が民間に嫁ぐようになった背景には、皇族が減ったという事情もある。

    「GHQの指令によって皇室の財産にも財産税が課され、残った財産も憲法の規定によって国に属することになりましたので、皇室は経済的に厳しくなりました。また、皇室の規模縮小の必要も生じたため、昭和22年、11宮家51名が皇籍を離脱しました。残ったのは天皇を含めて16名でした。戦前は皇族の数も多く、好ましくない方もいたようです。ヨーロッパに行ってその国の女性と同棲というか、内縁のような関係になり、『金を送ってくれ』とばかり言ってきて、『いい加減にしろ』ということで無理矢理連れ戻された方もいらっしゃったようですね」(同)

     東久邇宮も昭和22年に皇籍離脱したので、成子さまも一般国民となった。戦後の物資不足の時代の生活を「やりくり暮しのこの苦労のかげに、はじめて人間らしいしみじみとした、喜びを味う事が出来る」と『美しい暮しの手帖』第5号に綴って大きな反響を呼んだ。

    「和子内親王が結婚された鷹司平通さんは華族制度の廃止で民間人になっていましたが、もともと鷹司家は、公家の中でも最も格上の摂政、関白の地位に就ける五摂家のひとつです。四女の厚子内親王が嫁がれた池田隆政さんは、岡山藩主の家系で元華族。五女の貴子内親王が嫁がれた島津久永さんは薩摩藩主の家系で、やはり元華族です。元の五摂家と大名家、3つともかなりの家柄です。

     三笠宮家を見ていくと、長女の甯子(やすこ)内親王が嫁がれた近衛忠煇さんは、肥後熊本藩主の家系で、母親の実家である近衛家の養子になった方ですけど、近衛家も五摂家ですから元華族です。二女の容子(まさこ)内親王が嫁がれた16代千宗室(せん・そうしつ)さんは、結婚当時は裏千家の家元の息子で、のちに家元になりました。

     高円宮家を見ると、二女の典子女王が嫁いだ千家国麿さんは出雲大社の権宮司です。民間とは言っても、皆さん、名家に嫁がれています。両陛下の長女、紀宮清子内親王が嫁がれた黒田慶樹さんが、初めての一般家庭で育った方ですけど、親戚筋には華族に嫁いでおられる方もいます。それに、秋篠宮殿下の学習院初等科からの幼なじみで、大学まで一緒でした。小さい頃から東宮御所に遊びに来たり、卒業後も秋篠宮邸に来たりしていて、宮内庁の人間も知っていた人です。今回の眞子内親王殿下のお相手の小室圭さんについては、皆『誰その人?』という感じで、まったく知らない人でした。そういう点では初めてですね」(同)

    続きは>>2-3


    【【眞子様ご結婚】秋篠宮家の長女「眞子さまと小室圭さん」の結婚式が11月4日に行われることになった。小室さんの「母親の借金トラブル等、諸々の問題」があるのだがはたして… 】の続きを読む



    1 じゅげむ ★ :2018/01/25(木) 17:31:16.77

     奈良県安堵町の増井敬史町議(59)がフェイスブックに特定の国会議員の名を挙げて「股裂きの刑にしてやりたい」などと投稿した問題で、増井町議は25日、森田瞳議長に辞職願を提出し、受理された。

     増井氏は朝日新聞の取材に「反省しています。役場に苦情が殺到しており、混乱させるのは私の本意ではない。これ以上、役場や議会、町民のみなさんにご迷惑をかけられない」と話した。
     増井氏の辞職で町議会(定数10)の欠員が2となるため、補選が3月ごろに実施される。

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL1T564DL1TPOMB00J.html


    (出典 i.imgur.com)


    【【辞職】奈良:フェイスブックに福島瑞穂議員の名を挙げて「股裂きの刑にしてやりたい」などと投稿した町議が辞職 】の続きを読む


    読めてた、台本どうり!

    1 ハンバーグタイカレー ★ :2018/01/20(土) 00:38:31.34

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180119/k10011295261000.html

    北朝鮮は、ピョンチャンオリンピックに合わせて韓国に「芸術団」を派遣するのに先立ち、公演会場などを確認するための視察団を20日から派遣することで、韓国側と合意していましたが、先ほど、北朝鮮側から、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の連絡チャンネルを通じて、視察団の派遣を中止すると通知してきたということです。理由については、明らかにしていないということです。


    (出典 www.kyoto-np.co.jp)



    (出典 www.jiji.com)



    (出典 www.sankei.com)



    (出典 www.sankei.com)


    【【国際】北朝鮮: 芸術団の視察団、1月20日~の派遣中止を通知 理由は不明 】の続きを読む

    このページのトップヘ