いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 経済



    1 記憶たどり。 ★ :2018/10/18(木) 10:36:56.46

    来年10月に消費税10%…なぜ政府は「キャッシュレス」にこだわるのか? - FNN.jpプライムオンライン
    https://www.fnn.jp/posts/00375140HDK
    2018年10月15日 月曜 午後6:49

    消費税率10%へ…準備はできている?
    15日午後4時から開かれた臨時閣議で、消費税を来年10月から10%に引き上げる方針と、それに伴う景気対策をの策定を表明した安倍総理大臣。
    予定通りの引き上げという形になるが、商店や飲食店など、現場の準備は進んでいるのだろうか。

    1989年、反対運動が過熱する中、当時の竹下内閣のもとで初めて導入された3%の消費税。
    その8年後には橋本内閣のもとで消費税率は5%にアップし、2014年4月、第2次安倍内閣のもとで現在の8%となった。

    2015年10月には10%に引き上げられる予定だったが、消費の落ち込みを理由に1年半増税を先送りすることを表明。
    このとき安倍総理は「再び延期することはない」と断言していたが、2016年6月には世界経済のリスクを理由に、再び消費税率の引き上げを2年半先送りすることを表明していた。

    その予定時期である来年2019年10月に、“三度目の正直”となる引き上げを行うと表明した安倍総理。
    今回は増税分を幼児教育無償化に充てるという公約もあり引き上げを決断したが、突然の表明に商店街など消費の現場では戸惑いが広がっているのだ。

    消費税率の引き上げに伴い、酒類と外食を除く飲食料品などの税率を8%に据え置く軽減税率も導入される景気対策。
    江東区の商店街では40店舗中38店舗が「まだ準備をしていない」という回答だった。

    (略)
    では、さらに身近な小売店の現場にはどんな影響があるのだろうか。

    たとえばクレジットカードやスマートフォンでのQRコードでのキャッシュレス決済をした場合、2%分をポイントで還元し、その分を政府が補助するという仕組みが導入される。
    さらに、「消費税を払わない」という誤解を招くのでは、という理由から前回の増税時はNGとされていた「消費税還元還元セール」を解禁したり、商品の価格表示を「内税」、つまり総額表示とすることで消費者が負担感を重く感じることのないように、という案も検討される。

    (略)
    ・生産性向上・経営効率化

    ・外国人観光客の利便性の向上

    ・取引の透明性を高め、脱税の防止につながる

    ・支払いデータの活用

    などの利点があることから、政府は「キャッシュレスの比率を上げていこう」という方針を打ち出している。
    現在、日本は諸外国に比べてキャッシュレスの普及が進んでいないため、増税時のポイント還元をきっかけにキャッシュレス利用者が増えることはまさに一石二鳥なのである。

    しかし一方で、電子化された取引に馴染みのない高齢者の方や、クレジットカードを持っていない消費者、クレジット機能のレジや専用端末を持たない店舗などの間でどう公平性を保つのかなど、課題も多い。


    消費増税に伴い表明された、景気対策。
    詳しい制度設計をどうするかが、この仕組みの成否を握る鍵となりそうだ。


    (「プライムニュース イブニング」10月15日放送分より)
    h
    (出典 www.fnn.jp)

    h
    (出典 www.fnn.jp)


    ★1の日時:2018/10/17 (水) 19:29:15.26

    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1539788016/


    (出典 netalife.com)



    (出典 www.sankeibiz.jp)



    (出典 www.tokyo-np.co.jp)



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【【増税対策】 来年10月から10%に引き上げる消費税、「キャッシュレス決済」で2%分をポイントで還元し、その分を政府が補助】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/10/15(月) 07:33:59.86

     安倍首相は、消費税率を来年10月1日に現行の8%から10%へ予定通り引き上げる方針を固めた。社会保障制度を全世代型に転換する財源を確保するため、増税は不可避だと判断した。15日の臨時閣議で表明し、増税の影響を和らげる対策の検討を指示する。中小小売店での商品購入時にクレジットカードなどを使った消費者に対し、購入額の2%分をポイントで還元する案などが柱となる。

     政府は15日に臨時閣議を開き、2018年度第1次補正予算案を決定する。首相はこの席上、増税を実施する決意を示すとともに、具体的な増税対策について指示する方向だ。増税の最終判断時期を探っていた首相は、自身の経済政策「アベノミクス」の成果でデフレ脱却を実現しつつあり、様々な増税対策を総動員すれば個人消費の落ち込みは抑制できると判断した。

    読売新聞 10/14(日) 6:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00050070-yom-bus_all

    ★1が立った時間 2018/10/14(日) 07:04:20.63
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539536977/






    (出典 news.nifty.com)



    (出典 www.yomiuri.co.jp)



    (出典 www.jiji.com)


    【【増税】安倍首相表明:消費税率を来年10月1日に10%へ、商品購入時にクレジットカードなどを使った消費者に対し、購入額の2%分をポイントで還元が柱】の続きを読む



    1 サーバル ★ :2018/09/19(水) 15:16:06.62

    車税率「軽」並みに 経団連、19年度税制改正で提言

    2018/9/17 05:00


    経団連は2019年度の税制改正に向けた提言をまとめた。19年10月に予定されている消費税率10%への引き上げを確実に実現するとともに、税率引き上げ後の自動車や住...

    (残り:462文字/本文:542文字)
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00488710?isReadConfirmed=true


    (出典 www.nikkei.com)


    【【税率提言】経団連:2019年度の税制改正に向けた提言で、消費税率10%への引き上げを確実に実現するとともに、車税率「軽」並みに 】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2018/08/22(水) 12:34:31.06

    [東京 22日 ロイター] - 複数の関係筋によると、日中両政府は有事に中央銀行同士で通貨を融通し合う通貨交換(スワップ)協定を再開する方向で検討に入った。
    規模は3兆円規模になる見通し。8月末に北京で予定されている日中財務対話などで大枠合意を目指す。融通し合う規模は従来30億ドル相当(約3300億円)の約9倍に拡大する。

    日中間の通貨スワップは、2002年にスタートしたが、尖閣諸島をめぐる日中関係の悪化によって2013年に打ち切られた。

    しかし、安倍晋三政権は、今年5月の日中首脳会談で円・元通貨スワップ協定を早期に締結することで合意。今月末の日中財務対話で調整したうえで、10月にも予定されている日中首脳会談で最終的に合意したい意向だ。

    中国としては、米利上げで資本流出懸念がくすぶり続けるなか、米国との貿易摩擦を受けた景気減速懸念も重なって人民元相場の下落が続き、上海総合指数<.SSEC>は約2年7カ月ぶりの安値圏にある。
    円・元通貨スワップ協定締結で、金融市場に一定の安心感を与える狙いがありそうだ。複数の関係筋によると、中国側もスワップ協定の締結に強い意欲を見せていたという。

    中国発の金融ショックは世界経済に大きな影響を与えかねないため、「中国金融市場の安定に資する通貨スワップは、米国も評価するはず」(政府与党関係者)とみられている。

    日本政府・財務省は、通貨危機の際にドルに加えて円の引き出しも可能にする通貨スワップの拡充に注力しており、中期的にアジアのドル依存の低減を促す形で域内の金融安定に貢献したい考えだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000024-reut-bus_all
    ★1)2018/08/22(水) 11:26:16.74
    前スレhttp://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534904776/


    (出典 p.mamastar.jp)





    (出典 www.data-max.co.jp)


    【【経済】日中スワップ再開:日中両政府は有事に通貨交換(スワップ)協定を再開する方向で検討、3兆円規模になる見通し】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/08/01(水) 15:03:47.61


    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    日銀は先月31日、異次元の金融緩和政策の修正を発表しました。これまで金利を「0%程度」に低く抑えてきましたが、今後はある程度、金利が上昇しても容認するというものです。こうした動きと関連して大手銀行は早速、1日から相次いで住宅ローン金利を引き上げます。

    りそな銀行は1日から、10年固定・最優遇の住宅ローン金利を0.05%引き上げて年0.75%にします。また、みずほ銀行と三井住友銀行、三井住友信託銀行も10年固定の金利は据え置いたものの、15年以上の金利をそれぞれ0.05%引き上げます。引き上げの背景には、住宅ローン金利の指標となる長期金利の上昇があります。

    日銀はこれまで長期金利を「0%程度」に抑えてきましたが、先月31日に政策を修正して金利の上昇を認める姿勢に変えたことで、今後は住宅ローン金利がさらに上昇する可能性もあります。

    2018/08/01 11:47
    テレ朝ニュース
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000133066.html

    関連スレ
    【日銀】大規模緩和を一部修正 長期金利の一定の上昇を容認 物価見通し引き下げ ETF購入TOPIX連動拡大(総額同じ)★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533043284/


    【【金利引き上げ】日銀:金融緩和政策の修正を発表、これまでの金利「0%程度」を今後はある程度、金利が上昇しても容認「大手銀行は8月1日から相次いで住宅ローン金利を引き上げ」】の続きを読む

    このページのトップヘ