いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 教育



    1 ひぃぃ ★ :2018/03/18(日) 23:15:49.61

    1日も休まず通学した子どもに与えられる“皆勤賞”。学校によって数回の遅刻はOKだったり、遅刻・早退を1度でもしたらアウトだったりと差はありますが、基本的には欠席がゼロであることが条件のよう。ネット上ではそんな皆勤賞をめぐり、今までさまざまな議論が起きています。

    ■皆勤賞はなくした方がいい?

    先日も、『休まないのが偉い』という価値観を子どもの時から植え付けるのはいかがなものか? という問題提起に対し、賛否両論が飛び交いました。「必要に応じて休むこと、休むことに罪悪感を感じないこと」を子どものうちから教えるべきだという主張に対し、「同意見! 休まないから偉いというわけじゃないですよね」「無理して不登校になるより休んだ方がいい場合もある」といった賛同の声が相次ぎました。

    一方では「ずっと休まず通学したら単純にすごいじゃん。何でほめちゃダメなの?」「皆勤賞があることと、休み=悪という認識があることは完全に別問題」といった意見も見られ、アメリカやイギリスなど、皆勤賞がある国でも同様の議論がされています。

    学校によっても対応はさまざまで、皆勤賞を設けている学校とそうでない学校があります。例えば「聖徳大学付属小学校」の校長先生は、皆勤賞を「あくまでも結果としての無欠席を認めるご褒美賞」としつつも、努力した子どもをすばらしいと認めているそう。

    逆に皆勤賞を設置していないのは島根県出雲市。市の公式サイトによると、皆勤賞のために怪我や病気を無理して学校へ行き、健康に影響を及ぼすことが考えられるからとのことです。

    ■親に感謝するきっかけになる?

    では、皆勤賞をとったことがある人たちの意見はどのようなものなのでしょうか? ネットでは「健康に育ててくれた親のおかげ」「皆勤という形で授業料を払ってくれてる親にお返しができたから満足」といった声もあり、大人になってから親に感謝するきっかけになった人もいるようです。

    しかし出雲市が懸念しているように「熱が出たけど皆勤賞のために学校へ行った」「お腹が痛くても通学して保健室で寝てたことがある…」「風邪ぐらいで休むな!って親に無理矢理出された」といった例も多数報告されていました。

    このように、皆勤賞は功罪相半ばするので簡単には結論が出ない問題ではありますが、みなさんはどう思われますか?(レタスクラブニュース)

    2018年3月18日 20時0分 レタスクラブニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/14451253/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1:2018/03/18(日) 21:23:25.11
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1521375805/


    【【教育】日本だけではなかった、『皆勤賞』はなくした方がいい?世界中で議論】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2018/03/18(日) 14:39:22.15

    ◆スマホを捨てれば子どもの偏差値は10上がる 「ながら勉強」が子どもに与える深刻な影響

    いまや多くの人の生活に欠かせない存在となったスマホ。
    自分はついつい長時間使っていても、子どもにはスマホの見過ぎを注意する人もいるでしょう。
    スマホが子どもの脳に与える影響に関し、「脳トレ」ゲームを開発した東北大学の川島隆太教授が、中学生2万人以上を対象に調査を行いました。
    その調査からわかったのは、「スマホを使用すると偏差値が10下がる」という衝撃の事実でした。
    本稿では、なぜスマホが学力に悪影響を及ぼすのかについて、近著『スマホが学力を破壊する』の内容を基にお届けします。

    ■始まりは驚きの調査結果

    「なんだ、このデータは!?」
    2013年10月、私の研究室の助教からメールで送られてきた資料を目にして、私は思わず声をあげてしまった。
    科学者は通常、予想外の結果、すなわち新発見につながる知見に出あうと心が沸き立ち、アドレナリンが分泌されるはずなのに、目の前に表示されたグラフは、私をただただ暗い気持ちにさせただけであった。
    そのグラフは、宮城県仙台市の公立中学校に通う2万2390人が受けた数学の試験結果と、平日の家庭での学習時間の長さ、平日の携帯電話やスマートフォンの使用時間の関係を示したものだった。


    (出典 i.imgur.com)


    家庭での勉強時間が同じでも、携帯・スマホを使用する時間の長いほど成績が下がることがわかる。
    図をよく見ると、家庭で毎日2時間以上も勉強をしていても、携帯・スマホを3時間以上使用すると、携帯・スマホは使用しない、かつほぼ勉強もしない生徒よりも成績が低くなっている。
    2時間を超える勉強の努力が消えてしまったことになる。

    さらに深刻なのは、ほぼ家庭で勉強をしない生徒達のデータである。
    この生徒達は学校の授業でのみ勉強をしていることになる。
    それが、携帯・スマホを1時間以上使用すると、使用時間の長さに比例して点数が低くなっている。
    携帯・スマホを使用したことによって、学校で学んで得た記憶さえもが消えている可能性がある。

    この調査は、東北大学が仙台市教育委員会と共同で行っている「学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト」の一環で行われたものだ。
    同プロジェクトは、子ども達の学習意欲をどのようにして向上させることができるかを、脳科学、認知科学、心理学の側面から明らかにしようとするものである。
    2010年より継続して活動を行っており、毎年7万人以上の市立小・中・高校に通う児童・生徒全員のデータの解析をしている。

    将来を担う子ども達の健全育成に直接つながる社会的意義の高さに加えて、膨大な数のデータを扱うので、科学的には強い信ぴょう性のある結果を得ることができる。
    そのため、研究者の私としては魅力的なプロジェクトである。
    プロジェクト開始当初(2010年頃)は、テレビ視聴やゲームプレイが子ども達の学力に負の影響があることを詳細に解析するための議論をしていた。
    しかし、青少年のテレビ離れやゲーム機離れが進んでいることを、産学連携研究を通して知っていたため、代わりに台頭してきたタブレットやスマホ利用の影響を調査することになった、という経緯がある。

    ■学力低下は睡眠時間が短いからではない

    スマホが学力を破壊する――。
    この原因として最初に考えたのは、睡眠時間の減少だった。
    携帯・スマホを長時間操作していれば、当然、夜遅くまで起きていることになる。

    毎年行われている文部科学省の全国学力調査結果から、睡眠時間の短い児童・生徒の学力が低いことがわかっている。
    また、睡眠不足が細胞内でエネルギー産生を行っているミトコンドリアの機能を低下させることも科学技術振興機構「脳科学と教育」の班会議で報告され、学力低下の一因と考えられている。

    そこで、2014年度以降の調査では、平日の睡眠時間との関連も調査することにした。
    結論から言えば、睡眠の影響である可能性はほぼ否定された。
    十分に睡眠をとっていようが、睡眠不足であろうが、スマホ等の使用時間が長ければ長いほど成績が下がることが証明されてしまったのである。


    (出典 i.imgur.com)


    東洋経済オンライン 2018年03月18日
    http://toyokeizai.net/articles/-/212824
    http://toyokeizai.net/articles/-/212824?page=2
    http://toyokeizai.net/articles/-/212824?page=3
    http://toyokeizai.net/articles/-/212824?page=4

    ※続きます .


    (出典 image.news.livedoor.com)



    【【スマホ影響】「なんだ、このデータは!?」スマホを使用する子共、しない子供で偏差値は10の差が!】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/03/15(木) 21:42:57.92

    文科省が授業内容などの提出要求 前川前次官の中学校での授業で

    国が学校に授業の内容を問いただす異例の事態です。愛知県の公立中学校が文部科学省の前川前事務次官を先月、授業の講師に呼んだところ、文部科学省から教育委員会を通じて授業の内容や録音の提出を求められたことがわかりました。いじめなどの問題を除き、国が学校の個別の授業内容を調査することは原則、認められておらず、今後、議論を呼びそうです。

    愛知県内の公立中学校で、先月、文部科学省の前川前事務次官が総合学習の時間の講師に招かれ、不登校や夜間中学校などをテーマに授業を行い、全校生徒のほか地元の住民らも出席しました。

    この授業について今月1日、文部科学省の課長補佐からこの学校を所管する教育委員会宛てに内容を問いただすメールが届いていたことがわかりました。

    メールでは、前川氏が天下り問題で辞任したことや、出会い系バーの店を利用していたと指摘したうえで、「道徳教育が行われる学校にこうした背景のある氏をどのような判断で授業を依頼したのか」と具体的に答えるよう記しています。さらに、録音があれば提供することなど15項目について文書で回答するよう求めています。

    関係者によりますと、中学校には教育委員会からこれらの内容が伝えられ、録音の提出については拒んだということです。教育委員会も授業内容は事前に了承していたということです。

    今の法律では、いじめによる自殺を防ぐなど、緊急の必要がある場合は文部科学大臣が教育委員会に是正の指示を出すことが認められていますが、今回のように個別の学校の授業内容を調査することは原則、認められていません。

    日本教育学会の会長で教育行政に詳しい日本大学の広田照幸教授は「国が法令違反でもない学校の授業にこうした質問をするのは明らかに行き過ぎだ。行政が必要以上に学校をコントロールすると、現場は窮屈になり、そんたくや萎縮が広がってしまう」と指摘しています。

    文部科学省は「前川氏が事務方トップだったことや、天下り問題で辞任したことを踏まえ、講師として公教育の場で発言した内容や経緯を確認する必要があると判断した。正確性を期すために文書での確認を行った。問題があるとは思っていない」と話しています。

    3月15日 19時15分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180315/k10011366661000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    ★1が立った時間 2018/03/15(木) 19:21:19.42
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1521114873/


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【調査権限】前川前事務次官を総合学習時間の講師に招いたら「文科省から授業の内容や録音の提出要求」中学校は拒否】の続きを読む


    台湾の人は人間性が日本人とほぼ同じとテレサ・テンが言ってたな!

    1 (?∀?(⊃*⊂) ★ :2018/01/27(土) 18:06:55.72

    修学旅行で日本から台湾に行く高校生が10年前と比べ11倍超に急増し、海外の修学旅行先で米国を抜いてトップに立った。
    親日的で治安が良いうえ、地方都市の航空路線が急激に増えて利便性が高まったことが背景にあるようだ。
    対照的に中国や韓国への修学旅行は急減しており、外交問題が影響している可能性がある。【台北・福岡静哉】

    毎年調査している「全国修学旅行研究協会」(東京都)が26日、2016年度分のデータをまとめた。
    旅行先で台湾は262校4万1878人、米国(ハワイ、グアム、サイパンを含む)は254校3万6661人だった。

    台湾は06年度の3552人と比べ約11.8倍となった。
    校数、人数とも台湾が1位になるのは初めて。
    同協会の木田一彦・国際担当部長は「親日的で治安も良いのが人気の理由。旅費が安価な点も大きい」と指摘する。

    台湾の人気上昇の背景には、航空便の急増もある。日本と台湾は11年、路線や便数の制限を原則撤廃する協定を締結。
    国土交通省によると、直行便の就航都市は10市から19市へ、旅客便数も週225便から同592便へと急増した。
    15年に直行便が就航した熊本県教委の担当者は「台湾は海外修学旅行の主流だ」と話す。

    一方、韓国への修学旅行は06年度2万3197人から16年度3246人と約7分の1に激減した。
    多くの修学旅行生が犠牲になったセウォル号事故があった14年度に半減した。

    中国も06年度1万4031人から16年度3398人と約4分の1に減った。
    日本政府の尖閣諸島国有化に伴う反日デモが相次いだ12年度、中国への修学旅行中止が相次いだ。

    私立銀河学院高(広島県福山市)は「修学旅行先は、12年に保護者から懸念の声が数多く寄せられて
    中国から台湾に変更して以降、毎年台湾。親日的で心配なく旅行できる」と話している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000049-mai-cn





    h
    (出典 img-proxy.blog-video.jp)


    https://img-proxy.blog-video.jp/images?url=http%3A%2F%2Fblog-imgs-73.fc2.com%2Fh%2Fa%2Fc%2Fhachiman01%2F20141226183332ea3.jpg






    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 kotoage.net)



    (出典 scontent.cdninstagram.com)



    (出典 www.nippon.com)



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    【【教育】修学旅行で日本から台湾に「韓国や中国は激減」「台湾は海外修学旅行の主流だ」「親日的で治安も良いのが人気の理由。旅費が安価な点も大きい」 】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2017/12/26(火) 08:36:51.87

     「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました」。こんなキャッチコピーの新聞広告をもとに道徳の授業が生まれた。多様な価値観がぶつかり合う時代に、異なる視点を持つことの大切さを考える。桃太郎伝説の故郷、岡山県で始まった授業が全国に広がるか――。

     12月上旬、岡山県津山市の市立西中学校。2年生の道徳の授業で、担任教諭の谷本薫彦(くにひこ)さん(39)が生徒へ問いかけた。

     「もし桃太郎が鬼にも家族がいることを知ったら、どうしたいと思うだろう」

     授業ではまず、昔話の「桃太郎」を学ぶ。おじいさんとおばあさんから「鬼が村を荒らして困る」と聞いた桃太郎が鬼ケ島に渡り、鬼たちを退治して物語は終わる。そこへ谷本さんが鬼の子ども「鬼太郎」というキャラクターを示す。

     生徒からは「やっぱり退治するしかなかった」という意見の一方、「家族がいると分かれば、村に帰ろうと思うはず」という声も出た。次に、どんな選択肢があれば桃太郎が鬼を殺さずに済むのか議論すると、「鬼に農業を教えたら村を荒らしに来ない。鬼ケ島に農機具を持っていこう」といった発想も生まれた。

     「なぜ桃太郎には最初、鬼退治… 残り:843文字/全文:1319文字

    「桃太郎PROJECT」の授業構成

    (出典 www.asahicom.jp)

    新聞広告「めでたし、めでたし?」(日本新聞協会提供)

    (出典 www.asahicom.jp)

    「桃太郎PROJECT」で使う教材の一例(博報堂提供)

    (出典 www.asahicom.jp)

    博報堂の協力を得て作ったワークシートを手に話しあう生徒と担任の谷本薫彦さん(中央)=岡山県津山市

    (出典 www.asahicom.jp)


    配信2017年12月25日11時33分
    朝日新聞デジタル 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    https://www.asahi.com/articles/ASKDD5H2MKDDPPZB01H.html

    ★1が立った時間 2017/12/25(月) 18:58:15.39
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1514237370/


    (出典 goodcopy.iwankofu.com)



    (出典 mag.sendenkaigi.com)



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    (出典 www.asahicom.jp)


    【【授業】新聞広告をもとに「道徳の授業」が生まれた「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました」 衝撃コピー、授業題材に★7 】の続きを読む

    このページのトップヘ