いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 調査



    1 ガーディス ★ :2019/03/07(木) 02:59:52.50

    30、40代「貯金ゼロ」が23% SMBCの金銭感覚調査

     SMBCコンシューマーファイナンスは6日、30~40代の金銭感覚に
    関する調査結果を発表した。「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が
    前年比6%増の23.1%になり、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に
    低下。同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」と
    分析している。

     貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、40代は
    同120万円減の196万円だった。消費について9割近くが
    「無理せず買える範囲で買う」と回答し、堅実な消費意識が浮かんだ。
    「年収がいくらだったら結婚、出産しようと思えるか」との問いでは、
    結婚が500万円以上、出産は600万円以上と答える人が多かった。

     スーパーなどで「現金よりキャッシュレス決済が多い」と答えた
    割合は、30代が52.8%、40代が53.4%で、昨年調査した20代の44.1%を
    いずれも上回った。同社は、子育てなどで出費がかさむ中年世代ほど
    クレジットカードやQRコード決済のポイント還元を重視しているためと
    みている。一方、「メルカリ」のようなフリマアプリに直近1年間に
    出品した人は16.5%。年代別では20代が30.4%と高く、
    年齢を重ねるごとに低かった。


    毎日新聞【深津誠】(2019年3月6日 19時48分、最終更新 3月6日 19時48分)
    https://mainichi.jp/articles/20190306/k00/00m/020/207000c

    ※前スレ(★1の立った日時:2019/03/06(水) 20:00:52.33)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551886424/


    (出典 www.smbc-cf.com)


    【【お財布調査】SMBCの金銭感覚調査:「現在、貯蓄額がゼロ」の解答23%、平均貯蓄額195万円に低下。】の続きを読む



    1 プティフランスパン ★ :2019/03/04(月) 21:23:43.30

    意外? 「日本人は口臭がきつい」と思われていた! 口臭に潜む恐ろしい病気のリスクとは
    2019年3月4日 6時30分 ダ・ヴィンチニュース
    http://news.livedoor.com/topics/detail/16105361/

     ある調査結果によると、日本に在住している欧米出身者100人のうち、約7割が「ビジネスシーンで日本人の口臭を感じたことがある」と回答したそうだ。
    また、同じく約4割は「日本人とキスしたくないと感じたことがある」、約8割が「オーラルケア(口の中のお手入れ)を徹底してほしい」とさえ答えている。

     なかなかショッキングな内容ではないだろうか。私たち日本人は、どちらかというと香りやにおいに敏感で、清潔感を大切にし、歯磨きだって毎日しているはずなのに、なぜこのような印象を持たれているのだろう。
    『口臭列島』(森本哲郎/幻冬舎)は、日本人の口臭の原因やその背景、そして効果的な対策について、現役の歯科医がわかりやすく説いてくれる1冊だ。

    ■口臭の原因=歯周病がもたらすもの

     気になる口臭の大きな原因は、歯ぐきの病気である“歯周病”にあるという。日本人の歯周病罹患率は高く、20代で約7割、30~50代では約8割と推計されているという。
    通常、私たちの口の中には約1000億もの常在菌がいるが、口の中が不衛生になると、悪玉菌である歯周病菌の活動が活発になり、歯ぐきに慢性的な炎症を起こすのだ。

    「私は1日何度も歯磨きをしているから、口の中が不衛生なわけがない」と思う人も多いだろう。しかし、油断は禁物。著者によると、日々の歯磨きだけでは、歯についた歯垢(しこう)を完璧に取り除く事は難しいという。

     そこで定期的に歯科を受診し、歯科衛生士による歯垢や歯石の除去といった“口腔ケア”を受ける事が推奨されるのだが、日本人で定期的に通院して口腔ケアを受けているのは1割にも満たない。
    医療保険制度の違いや予防意識の差はあるものの、アメリカ(受診率約8割)やイギリス(受診率約7割)の場合と比べると、かなり低いと言えるだろう。

     そして歯周病は、ただ悪臭を発するだけではない。一般的には「歯周病が進むと、歯の根っこが生えている歯槽(しそう)が溶けて、最終的に歯を失う」と言われるが、それだけでもない。

     歯周病は、動脈硬化の進行に関わることで心臓病の発症リスクを高めるという。また、認知症の進行や、高齢者の死亡リスクのひとつである誤嚥性肺炎とも関連しているのだそうだ。
    ★1: 2019/03/04(月) 08:43:08.31

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551669628/


    (出典 www.atpress.ne.jp)



    (出典 tamaxmspn.biz)



    (出典 fufufu.rohto.co.jp)


    【【調査】日本在住の欧米人…「日本人は口が臭い」キスはNO】の続きを読む



    1 壁に向かってアウアウアー ★ :2019/02/26(火) 16:48:42.78

    韓スレ

    韓国国民10人中約7人が日本に好感を持っていないという世論調査結果が出た。

    韓国文化体育観光部は26日、「三・一運動および大韓民国臨時政府樹立100周年国民認識世論調査」の結果を公開した。

    調査の結果によれば、日本に対する好感度に関して69.4%が「好感が持てない」と答え、「好感が持てる」と答えた人は19.0%に過ぎなかった。日本との未来志向の関係のための方法を聞く質問には「謝罪や補償などを再検討」とする回答が40.6%で最も多く、「歴史共同研究」も25.4%で高い順位を占めた。

    三・一運動と聞いて真っ先に思い浮かぶ単語やイメージには「柳寛順(ユ・グァンスン)」が43.9%で最も多かった。柳寛順烈士は三・一運動を主導した代表的人物の一人だ。続いて大韓独立万歳(14.0%)、独立・解放・光復(9.6%)等の順だった。

    三・一運動精神の継承方法では「親日残滓清算」(29.8%)、「歴史教科書に三・一運動の内容補完」(26.2%)などの順となっている。親日残滓清算に対しては80.1%が「清算されていない」と答えた。清算されていないと考える理由については、48.3%が「政治家・高位公務員・財閥などに親日派子孫が多い」と回答した。

    文化体育観光部関係者は「今回の世論調査は三・一運動および大韓民国臨時政府樹立100周年を迎えて、三・一運動および大韓民国臨時政府の価値と精神を再照明しようと実施した」とし「調査結果は政策の基礎資料として活用されるよう関連部署と共有する計画」と明らかにした。

    今回の世論調査は、世論調査専門機関韓国ギャラップに依頼して2月1~8日に全国満19歳以上の国民1004人を対象に電話面接調査方式で実施された。

    https://japanese.joins.com/article/630/250630.html?servcode=A00

    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551162168/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【韓国世論】韓国国民:「日本に好感持てない」 69.4% 、10人中約7人が日本に好感を持っていないという世論調査結果】の続きを読む



    1 AHRA ★ :2019/02/18(月) 20:51:34.75

     産経新聞社とFNNの合同世論調査で、韓国は「信頼できない」との回答が77.2%に達し、韓国への不信感が膨らんでいる実態が浮かび上がった。レーダー照射問題や文喜相国会議長の発言もさることながら、関係改善より悪化を望んでいるかのような韓国・文在寅政権の態度も大きく影響しているとみられる。

     「日本は盗人ではないことは誰でも承知している。その程度のことをこちらが真っ赤になって反論する必要はない。無視…」

     自民党の二階俊博幹事長は18日の記者会見で、文議長の「盗っ人たけだけしい」発言を一蹴した。

    ※続きは会員記事なので登録してお読みください
    2019.2.18
    https://special.sankei.com/f/politics/article/20190218/0001.html


    (出典 i.ytimg.com)


    【【嫌韓】合同世論調査:韓国は「信頼できない」77.2%、嫌韓増大】の続きを読む



    1 おでん ★ :2019/01/22(火) 17:53:57.25

    8つの機関や団体、公職を挙げてそれぞれの信頼度を尋ねたところ「信頼できる」が最も高かったのは自衛隊で60%に上った。
    5割を超えたのは自衛隊のみで、
    次いで信頼度が高かったのは裁判所(47%)、警察(43%)、検察(39%)、教師(32%)の順で、
    司法・捜査当局への信頼が高かった。これらはいずれも「信頼できる」が「信頼できない」を上回った。

    特に自衛隊についてはいずれの世代も信頼度が6割前後と高く「信頼できない」は7%にとどまった。
    平成は災害が相次いだ。過酷な現場で被災者を救出したり、
    避難所の支援をしたりする姿などが繰り返し伝えられ、高く評価されているとみられる。

    逆に「信頼できない」が多かったのは国会議員で唯一5割を超えて56%だった。
    マスコミ(42%)、
    国家公務員(31%)が続いた。
    いずれも20歳代以上で「信頼できない」が「信頼できる」を上回っていた。

    国家公務員とマスコミは「どちらともいえない」が共に4割強だったが、国会議員は32%だった。

    マスコミは「信頼できない」と答えた人の割合は70歳以上が20%台だったが、

    60歳代が34%、50歳代が41%、40歳代が47%で、30歳代では58%と5割を超えていた。

    18~20歳代は60%と最も多く、若い世代ほど「信頼できない」と答える人が多かった。

    本社郵送世論調査
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40237230Q9A120C1905M00/


    (出典 www.nikkei.com)



    (出典 www.mag2.com)



    (出典 blog-imgs-124.fc2.com)
    参考資料


    【【日経世論調査】8つの機関や団体、公職の信頼度:「信頼できる」は自衛隊がトップ、「信頼できない」トップは国会議員に続き、マスコミ… 】の続きを読む

    このページのトップヘ