いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 芸能



    1 muffin ★ :2018/11/22(木) 11:53:08.76 ID:CAP_USER9.net

    https://sirabee.com/2018/11/22/20161892234/
    2018/11/22 10:30

    日本を訪れる「マナーの悪い外国人観光客」が増え、周辺住民は辟易しているという。

    21日深夜放送『ザワつく! 一茂良純時々ちさ子の会』(テレビ朝日系)では、そういったマナーの悪い外国人観光客について議論。海外渡航経験が豊富な高嶋ちさ子(50)らしい持論に称賛の声が集まっている。

    バスケ漫画の金字塔『スラムダンク』(集英社)のモデルとなった聖地、江ノ島電鉄鎌倉高校前駅には世界各国からファンが観光に訪れている。

    大勢のファンが殺到、線路に乗り出す、道路の真ん中で写真撮影をするなど、事故に繋がる行為を繰り返し周辺住民は迷惑していると明かされた。

    石原良純(56)は「もう一生来ないだろう憧れの地だから、気持ちはわかる」と理解を示しながらも、渋滞や線路内に立ち入る迷惑行為には苦い顔を覗かせる。

    この迷惑行為に関して長嶋一茂(52)は「罰金」を提案したが、良純は「払えばいいって人が出てくる」と反論するなど議論は白熱。

    日本人も海外に行けば同様に迷惑行為に近いことをしている可能性もある、それを理解しながら3人はさらに議論を交わしていく。

    話題が日本の交通ルールを把握せず急増している「沖縄の危険運転外国人」に移ると、「その国のルールがわからないなら乗っちゃダメ、俺は許せない」と一茂は怒りを滲ませた。

    続いて中国の通販サイトでニセ免許が販売されているという話題になると、「犯罪。1回も運転したことない可能性もある」と一茂はさらに怒りを爆発させる。

    良純は「チケットみたいな気持ちでいるだけ。運転できない人が『免許だぜ』って運転することはないと思う」と語ったが、これに一茂が「それはわからない。不正免許で乗っていいの?」と噛みつく。

    この一茂の気迫に押されながら、「容認はしていない。レンタカーを借りる時に厳しく免許をチェックするしかない」と良純は結論付けた。

    2人のやり取りを傍観していた高嶋は、観光客が殺到したハワイのビーチの対応策を例に出す。

    利用前に30分程度の講習、少しでもビーチが汚れたり1人でもルールを守らなかった場合、ビーチを閉鎖するなど厳格な態度で対処することで、観光客もルールを守るようになったと熱弁する。

    これを日本に当てはめ、「中国人が悪いことをすれば、もう中国人は全員運転できませんってことにする」と持論を展開した。

    最後に高嶋は「こんなにきちっとしてる国はない。言えないけど時々『鎖国したい』って思う」と語りだす。

    良純も「海外によく行っている人はみんなそう言う」と共感。高嶋は「私は(海外に)行ってるからわかるの」と鎖国案を強く主張した。


    (出典 chisako-takashima.mato.media)



    (出典 img.sirabee.com)


    【【外国人マナー】海外経験が豊富な高嶋ちさ子:(日本は)「こんなにきちっとしてる国はない。『鎖国したい』って思う」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/20(火) 06:31:06.48 ID:CAP_USER9.net

    元女優の高樹沙耶のツイートが話題になっている。

    2016年に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されていた高樹。しかし、今年5月のブログエントリーで自身の逮捕について
    「大麻というものでここまで社会性を奪われ、健康のために使用する道すら開かれないこの国の状況が少しでもよくなるように願わずにいられません」とつづり、「反省してない」と批判を浴びていた。

    そんな高樹だが、18日にツイッターを更新し、「神よ何故あなたは地上に大麻草をお与えになったのでしょうか!」とツイート。
    さらに、「私達をエロス、狂乱、錯覚、怠惰に陥らせるためなのでしょうか?植物を育て、分かち合い、それを手にすることが如何なる罪か教え給え!」とつづっていた。

    高樹はその後、19日までにツイートを削除しているものの、これに対し、ネットからは「ええ…怖すぎる」「身体を張った反面教師?」
    「デメリットがでかいって分かっててなんで推奨しようとするの?」といった声が殺到している。

    実は高樹、13日にもドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の中で話題になった“シャブ山シャブ子”の薬物依存描写の事実性を否定する記事を引用し、
    「ドラマや映画はあくまでフィクションなので誇張を悪として俳優や製作者を責めるのもどうかと思いますが」と前置きしつつ、
    「情報番組や“ダメ絶対だめキャンペーン”での大麻についての報道は、病に苦しみ大麻の真実を知った人からしたら大罪だ」とツイート。さらに、「日本の薬物に関する向き合い方は先進国と言い難い」と批判していた。

    また、先月にはカナダが先進国としては初めて嗜好品として大麻の所持・使用を合法化したニュースを受け、
    「こうした決断が基本になるといいですね!タバコやお酒のように国が全てを管理するのでなく個人の才覚を信じゆだねるカナダ素晴らしい」ともツイート。ネットからは物議を醸していた。

    今回もネットユーザーからは呆れ声が多く集まっている模様。高樹の行動の数々は逆に人々の大麻への不信感を生んでいるようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1576605/
    2018.11.19 12:40 リアルライブ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    前スレ                    2018/11/19(月) 18:57
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542621474/


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【芸能】高樹沙耶のツイートが怖すぎるとネットで話題 「これが大麻のデメリットか」の声も…】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/11/21(水) 07:33:06.70

    2018年11月29日号掲載

     雑誌『Popteen』の元モデルなどが所属する東京・渋谷区の芸能プロダクションが主催した忘年会で、そのパワハラは起こった。“加害者”は当時25歳の芸能プロ社長で、“被害者”は当時23歳の従業員。2015年12月20日の出来事である。

     本誌(「週刊新潮」)が入手した動画に映っていたのは、頭を押さえられた従業員が、しゃぶしゃぶ鍋に顔をつけられるという、衝撃の様子だ。もちろん、コンロの火はついたまま。女性の悲鳴がひびき、苦悶の表情を浮かべた従業員はのけぞる……。

     後遺症の残る可能性がある熱傷を負った従業員は、“社長からの日常的なパワハラで精神的に追い詰められていた”と当時を振り返る。

    「“クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ”と囃されて……」

     一方の社長は取材に対し、“悪ふざけだった”旨を文書で回答。従業員は刑事告訴も検討しているという。11月21日発売の週刊新潮で詳しく報じると共に、現在デイリー新潮にてパワハラ動画を公開中である。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11201700/?all=1
    動画↓
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11201700/?all=1&page=2

    ★1がたった時間:2018/11/20(火) 17:33:31.41
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542733580/


    (出典 i.ytimg.com)


    【【芸能パワハラ】忘年会で、煮えたぎる鍋に部下の顔を…芸能プロ社長のパワハラ「クライアントさんもいるんだから面白いことやれ」】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2018/11/14(水) 13:20:09.75

    https://this.kiji.is/435292385622180961?c=39550187727945729

    発表された紅白歌合戦の出場歌手に、原爆Tシャツが問題になった
    韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」は含まれなかった。


    紅白歌合戦 出場歌手が発表
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181114/k10011710101000.html


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【落選】NHK紅白歌合戦:出場歌手発表、紅白合わせて42組と、特別企画の1組「BTS(防弾少年団)は含まれず」】の続きを読む



    1 胸のときめき ★ :2018/10/31(水) 19:23:36.62 ID:CAP_USER9.net

    10月も終わりを迎え、秋ドラマの人気傾向も徐々に明らかになってきたこの季節。今期は、戸田恵梨香主演の『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)が、若手・中堅女優の主演作では独り勝ちの様相を呈している。

    同ドラマで戸田が演じるのは、若年性アルツハイマーに侵された女医。相手役はムロツヨシが演じ、病を越えた2人のラブストーリーが描かれていく。

    放送開始前、重い設定や古典的な恋愛ドラマが「現代にはウケないのでは」と不安視されていたが、初回視聴率は10.4%と二桁の好発進。さらにその後も10.6%、10.9%と、3話まで一度も数字を下げない“右肩上がり”で推移している。

    一方、他の女優主演ドラマはというと、有村架純主演の『中学聖日記』(TBS系)はここまで全話6%台で“消費税割れ”の大爆死。新垣結衣と松田龍平のダブル主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)も初回こそ11.5%だったものの、2話以降は8%台まで数字を落としている。


    再評価されつつある戸田の実力

    『大恋愛』の第2話はバレーボール中継の延長で、開始時間を55分も繰り下げての放送だった。それにもかかわらず数字を上げたことで、業界では戸田の評価も高まっているようだ。

    「正直、業界ではいい意味で衝撃が広がっていますね。今はお涙系の恋愛ドラマがはやる時代じゃありませんから、放送前の『大恋愛』は“打ち切り作品”の最有力候補と目されていました。今年で30歳を迎えた戸田は本格派女優に脱皮しつつありますし、今後も業界内の需要は高まっていくでしょう」(テレビ雑誌編集者)

    一方、立場が危うくなりそうなライバルもいるようで…。

    「逆に言うと新垣は、今後が少し心配になります。戸田と新垣は年齢が同じ30歳で、芸歴や路線も同じような道をたどってきています。しかしここへ来て女優としての評価に差が開いたことで、新垣が戸田に“お株を奪われる”なんてことも十分考えられますよ」(同・編集者)

    戸田は新垣より一足先に“アイドル女優”から“女優”になったと言えるのかもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/66014


    (出典 www.newscafe.ne.jp)


    【【芸能】30歳女優の戸田恵梨香と新垣結衣:戸田恵梨香が、若手・中堅女優の主演作では独り勝ち、新垣は、今後が少し心配…】の続きを読む

    このページのトップヘ