いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 芸能



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/14(日) 22:09:03.20 ID:H8FtV8Ln9.net

    歌手の中森明菜(53)がまた消えた。明菜は体調不良のため、2010年から活動を休止し、2014年の大晦日の「紅白歌合戦」(NHK)から活動を再開したものの、
    2017年末のディナーショー以来、また表舞台から姿を消したまま。
    とはいえ、危ういところも明菜の魅力。それを広く世間に知らしめたのは、ちょうど30年前の自殺未遂事件だった。封印されていた「真相」に迫る。=文中敬称略=

     ***

    1989年7月11日夜、東京・六本木の自宅マンションに帰った近藤真彦(54)は全身の血が凍り付いたのではないか。
    浴室に恋人の明菜が血まみれで倒れていたのだから。


    中森明菜

    明菜は左腕の内側を刃物で切っていた。近藤の自宅で命を絶とうとしたのである。
    近藤は24歳で、明菜は23歳。
    ともに人気アイドルだったので、空前の騒ぎとなった。

    「動機については当時、『所属事務所の研音との不協和音』や『家族問題』などとも言われましたが、これらは近藤へのダメージを和らげるための配慮でしょう。
    やはり理由は近藤との関係しか考えられなかった。当時の近藤はモテたから、いろいろな女性から秋波を送られていた。その中には明菜がライバル視していた松田聖子もいた。
    近藤との関係がぐらぐらと揺れ動いていることに明菜は苛立ち、不安定な状態だった」(ベテラン芸能ジャーナリスト)

    二人はともに人気者だったが、収入はCDの売り上げで勝る明菜のほうが上。このため、明菜は近藤が夢中だったカーレースの経費を援助していたという。
    明菜は相当、近藤に入れあげていたのである。ただし、近藤のほうはというと・・・。芸能界の恋愛に限らず、若い男女にありがちな構図だった。

    その後、事態は明菜が考えていなかっただろう方向に進む。幸い明菜は一命を取り留めたものの、近藤が芸能生活のピンチに立たされたのだ。

    「恋人を自殺未遂に追い込んだ男」という最悪のレッテルを貼られてしまったのである。
    自殺未遂後の明菜は休養に入ったが、近藤もまた仕事どころではなくなった。

    「明菜を復帰させなくてはならないが、近藤も活動できるようにしなくてはならない。
    このため、明菜の事務所の研音、所属レコード会社のワーナー・パイオニア、近藤が所属するジャニーズ事務所で話し合い、
    『明菜に記者会見をさせる』ということになった」(会見を生中継した当時のテレビ朝日関係者)

    会見日時は同じ1989年の大晦日午後10時に設定された。「年を越さないうちに区切りをつけてしまったほうがいい」という判断からだった。
    また、同じ時間帯の「紅白歌合戦」に一泡吹かせたいというテレ朝の思惑もあった。

    とはいえ、実はテレ朝にはほかに乗り越えなくてはならない壁があった。この時間帯はジャーナリスト・田原総一朗(85)が司会を務める討論番組の放送枠だったのだ。
    硬派な田原の番組が、芸能スキャンダル絡みの記者会見によって削られてしまう形になる。
    田原の了解が不可欠だった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16756019/
    2019年7月11日 7時0分 デイリー新潮

    h
    (出典 rr.img.naver.jp)
    &twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg


    (出典 Youtube)

    中森明菜  スローモーション


    (出典 Youtube)

    中森明菜 - セカンド.ラブ


    (出典 Youtube)

    あなたのポートレート 中森明菜

    前スレ 2019/07/14(日) 07:50
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563058248/


    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    (出典 i.imgur.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【芸能】中森明菜:自殺未遂事件”から30年、当時の真相を探る…】の続きを読む



    1 幻の右 ★ :2019/07/15(月) 00:07:41.58 ID:kg8A3Na19.net

    【緊急連載「J帝国 崩壊前夜」3】解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で9日に亡くなったジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さん(享年87)の「家族葬」が12日、都内で営まれた。集結したタレントは約150人! 出棺の際の遺影はジャニーさんから後継指名された“タッキー”こと滝沢秀明氏(37)が持った。一方で気になるのは、2017年9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)による「新しい地図」の動向だ。葬儀の場で“SMAP再結成”もウワサされたが…。 

     午前9時すぎ、所属タレントを乗せた黒のアルファードやハイエースが続々と集結。マイクロバスも横付けされ、ジャニーズJr.とおぼしきメンバーが次々と降りてきた。

     葬儀場所に選んだのはジャニーズ事務所が数年前に購入し、実勢価格80億円以上といわれる東京・渋谷区の自社ビルだ。生前、ジャニーさんの「都心でもっと大きいJr.の稽古場が欲しい」という要望で購入したそうで、いわばジャニーさんの夢が詰まった場所だ。

     本紙が確認できただけでも「KinKi Kids」の堂本光一と堂本剛、「KAT-TUN」の中丸雄一、「NEWS」の手越祐也、加藤シゲアキ、「関ジャニ∞」の横山裕、錦戸亮、大倉忠義、「Hey!Say!JUMP」の山田涼介、伊野尾慧、薮宏太、八乙女光、「Sexy Zone」の中島健人ら。

     不思議な光景も見られた。正午すぎ、事務所のスタッフだけがビルの外へ。事前にジャニーズ事務所はこの日の葬儀について「ジャニーの子供でございますタレント達とJr.のみで執り行う家族葬とさせていただきます」と説明していた。つまりジャニーさんとの“最後の時間”は、純粋に「子供たち」だけで過ごした可能性が高い。

     関係者によれば「これだけのジャニーズタレントが一堂に会するのはめったにない。会場では歴代のジャニーズの曲が流され、スクリーンに門外不出のジャニーさんのプライベート動画が映されたようだ。それを見て、皆が思い出話に花を咲かせていた」という。

     出棺は午後2時半ごろ。遺影は「ギネスブック2012年版」に掲載された時の帽子&サングラス姿の写真だった。

     霊きゅう車の助手席に座ったのはジャニーさんから“後継指名”され、子会社「ジャニーズアイランド」の社長に就任した滝沢氏。浴びせられるフラッシュにも動じず、一点を見つめていた。

     そんななか、注目されたのはジャニーズ絶頂期を支えた元SMAP3人が参列したか否か、だ。17年9月に事務所を退所し、チーフマネジャーだった飯島三智氏(現CULEN社長)の下に合流。「新しい地図」として再出発したが、先月18日にジャニーさんが救急搬送された後も対面はかなわなかった。

     3人もまた、ジャニーさんの「子供」なのは疑いようがない。参列資格は十分で、一部スポーツ紙では家族葬の場で中居正広(46)、木村拓哉(46)と合流し「SMAP再結成」とも報じられたが、本紙の取材で3人の姿は確認できなかった。また、中居の姿も確認できなかった。

     関係者によれば「3人は来場していません。下手に参列して現場を混乱させても悪いと配慮したようですね。すべてが終わるのを待ってから、後日、ジャニーさんの元にあいさつに出向くと聞いています」という。とはいえ、どこかむなしさも禁じ得ない。後日、出向くといっても、亡きがらとの対面がかなわないのは無念に違いない。病室のジャニーさんに意識があれば、とっくに面会を許されていただろう。

     3人が退所する際、ジャニーさんは「どこに居ようと応援する気持ちは変わらない」と異例のコメントを発表した。そんなジャニーさんが存命だったからこそ、3人は“守られていた”部分もある。しかし今後は、メリー喜多川副社長の娘である藤島ジュリー景子氏が新社長に就任する見通しだ。

    「現時点で、この母娘が3人と飯島氏を応援するとは思えない。ジャニーさんが亡くなった後、3人に対しての風当たりが強くならなければいいのですが…」(芸能プロ関係者)

     大黒柱を失ったジャニーズ帝国の“暴走”を憂うばかりだ。【次回へ続く】

    東スポ 7/14(日) 14:35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000008-tospoweb-ent
    ※前スレ
    【芸能】ジャニーさん家族葬 草なぎ・稲垣・香取”参列できず“舞台裏
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563102758/




    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    【【芸能】ジャニー喜多川さん(享年87)の「家族葬」、稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾は参列できず】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/06/08(土) 16:52:11.05 ID:pENf76CN9.net

    今月7日発売の「FRIDAY」(講談社)は、雨上がり決死隊・宮迫博之など吉本興業所属のタレントたちが、2014年末に大規模振り込め詐欺集団の忘年会に参加し“闇営業”を行っていたと報じた。それを受け、宮迫博之の公式ツイッターには多数の非難の声が寄せられている。

     「FRIDAY」によると2014年12月、宮迫やロンドンブーツ1号2号の田村亮、カラテカの入江慎也、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島喜成といった吉本興業所属のタレントは、2015年に逮捕された詐欺集団の忘年会で歌やネタを披露。ひとり100万円程度のギャラを得たという。

     詐欺集団とタレントを仲介したのはカラテカ入江であり、この報道を受け、入江は吉本興業との契約解除となった。なお、入江は自身のツイッターで「詐欺集団とは知らなかった」と釈明している。

     本誌は忘年会で芸人たちが営業をする様子が写された写真と動画を入手しており、宮迫に真相を直撃しているが、宮迫も入江と同様に「詐欺集団とは知らなかった」と説明したうえで、「入江の知り合いと聞いて信用していた」「ギャラはもらっていない」と弁解している。

    2019.06.07
    https://wezz-y.com/archives/66592

    写真
    (出典 wezz-y.com)


    1 Egg ★ 2019/06/07(金) 23:03:41.07
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559951659/


    (出典 endia.net)



    (出典 tadaichi1.com)



    (出典 news.nifty.com)


    【【芸能】吉本興業所属の宮迫博之ら、大規模振り込め詐欺集団の忘年会で闇営業、「芸能界引退を望む声殺到」】の続きを読む



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/06/03(月) 23:37:26.50 ID:8zIzsno89.net

    東京・六本木にある会員制のサパークラブ『Z』。薄暗い階段を降りた地下で、看板も出さず営業しているこの店は、
    アイドルや女優、プロ野球選手やJリーガーが夜ごと出入りする有名人たちの社交場だ。

    記者という身分を隠して潜入を繰り返した末、ようやく“核心”に辿り着いたのは、通い始めて1年が経った頃だった。
    「最近、芸能人と飲みたい、できれば“その先”もしたいっていう成金連中と仕事してるんだけど…。
    こういうのって、誰に頼めばいいんですかね?」

    タイミングを見計らって店長に持ちかけると、ある人物に連絡をとってくれた。
    後日、『Z』の個室で迎えてくれたのは、40代半ばの紳士だった。

    仕立てのいいジャケットを着こなし、腕には高級時計のオーディマ・ピゲを巻いている。
    短く刈り込まれた髪に精悍な顔つき、ジャケット越しでも分かる屈強な体つきで、黙っていても威圧感がある。

    彼が、いわゆるカタギでないことは、個室の外に立つ「若い衆」の存在からも明らかだった。
    「回りくどい話はやめましょう。このリストにあるタレントなら、私のほうで“都合”つけられますよ」

    そう言って渡されたのが、クリアファイルに挟まれたA4用紙2枚の紙だった。
    ひと目で息を飲んだ。そこには、名だたる女性芸能人の実名と値段が書かれていたからである。

    ●グラビアアイドルS 200万円
    ●人気タレントY 200万円
    ●国民的アイドルグループの下位メンバー 30万円
    ●ママタレX 150万円
    ●現役トップクラスの女優A 1000万円
    ●往年の人気女優I 500万円

    記者が、この“売春名簿”を閲覧できたのは、時間にして1分にも満たなかった。
    他にも錚々たる名前が並んでいたが、途中で閲覧終了を告げられ、ファイルを取り上げられた。

    「本当に彼女たちを抱けるんですか? 時間はどれくらい? 一晩?」
    質問を遮り、仲介者は静かにしゃべり始めた。

    「いくつか条件があります。まず、身分証をこの場で2種類以上見せること。初回は保証金代わりに、別途100万円を預けること。
    女性には紳士的に振る舞うこと。連絡先の交換もNGです。そして、間違っても録音・録画をしようと思わないこと。

    した場合は…お分かりですよね。彼も(Zの店長)迷惑を被るし、あなたにも相当シビアなことをしなきゃいけなくなる。
    あなたが紹介してくれたお客さんが狼藉を働けば、あなたも同等の責任を負う。これが基本的なルールだと頭に入れてください。
    時間はだいたい2時間を目安に。こちらで予約したホテルで遊んでいただく感じです」

    何度も同じ説明をしているのだろう。仲介者の説明は淀みなく流暢でありながら、彼ら特有の迫力を伴うものだった。
    「このリストにない芸能人で気になる女性がいたら、言ってください。都合がつく場合もあるから。今日はこの辺にしておきましょう」
    そう言ってグラスを空けると、仲介者は席を立って個室から出ていった。

     あまりの衝撃に呆然としていると、個室にZの店長が顔を出した。

    「どうだった?」 「どうもこうも…。あれ、ホントに本当なんですか? 芸能人って言っても、どうせ売れないグラドルレベルだと思ってたんだけど…」
    「僕が保証しますよ。実際、彼からの紹介で遊んでるお客さんも大勢いますから」

    「彼、何者なんですか? どう見てもカタギじゃないよね」
    一瞬、店長の顔が曇った。

    「そう、本職(現役のヤクザ)だよ。大手(指定団体)の二次団体の幹部クラス」

    だとしても、なぜ、こんなことができるのか。こちらが質問する前に、店長が種明かしを始めた。
    「あの人は、芸能界に女の子を送り込む“入り口”から関係してるんだよ」
    https://wjn.jp/article/detail/1509599/


    (出典 img.dmenumedia.jp)



    (出典 img.recordchina.co.jp)


    【【芸能話ネタ】「芸能人売春リスト」は本当に存在するのか?】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/23(木) 22:08:46.14 ID:PxVtKgLz9.net

    ◆ 芸能界に“坂上忍アレルギー” 『バイキング』も共演NG続出

    昼の情報バラエティー番組『バイキング』(フジテレビ系)で司会を務める坂上忍(51)の傲岸不遜な態度に、タレントらから“坂上アレルギー”が起こっている。
    番組の新レギュラー補充が難航しているうえ、視聴率もかつての勢いはない。

    いよいよ番組見直しが迫られている。
    「3月に5人のレギュラー出演者が降板したんですが、タレント事務所からは“ギャラ10万円で坂上にタレント価値を潰されたくない”と出演拒否が起こっているんです。つい先日も、ゲストの田中美奈子を“田中美佐子”と言い間違えたのに、謝りもせず開き直った。視聴者からは“人として最低”という批判の声も上がっている。日を追うごとに坂上への風当たりが強くなっていますからね。番組存続まで危ぶまれていますよ」(番組制作スタッフ)

    長寿番組『笑っていいとも!』の後番組として、2014年4月にスタートした『バイキング』は、当初、低視聴率で苦戦を強いられたが、翌年3月末から坂上をメイン司会に起用したことで徐々に視聴率が回復。
    昨年3月21日には番組史上最高の8.1%を記録した。

    「日本テレビ系の『ヒルナンデス』を引き離し、同時間帯の視聴率で2位に浮上したんですが、今年3月に入ってから視聴率が急落。『ヒルナンデス』にも完敗し、ネット上では坂上批判が吹き荒れている。レギュラー出演者の小木博明まで“バイキング、ものすごい叩かれてる”と指摘しているほどです」(番組関係者)

    坂上の“オレ様”対応を苦々しく思っていた共演陣も多いという。
    「昨年9月に降板した小籔千豊は、ある番組で“反対意見を少しでも言うと、MCにすごい嫌な顔されたり、強制的にCMにいかされたりすることで、心が折れてます”と、暗に坂上批判をした。表立って声を上げませんが、3月に降板したYOU、サンドウィッチマン、IKKOも犠牲者で、残った出演者は坂上のイエスマンばかり。レギュラー補充も難航しています」(同)

    いっそのこと、“笑ってバイキング”にリニューアルしてみては。

    週刊実話 2019年05月23日 21時03分
    https://npn.co.jp/article/detail/65236630/

    (出典 images.npn.co.jp)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【酷評】坂上忍アレルギー:TV番組『バイキング』のMC坂上忍(51)との共演NGタレントが続出】の続きを読む

    このページのトップヘ