いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 社会



    1 サーバル ★ :2019/05/25(土) 08:14:46.00

    ブレーキ踏んだ形跡なし 池袋暴走、事故車分析で判明
    5/23(木) 6:00配信

    朝日新聞デジタル
     東京・池袋で4月、旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)の乗用車が暴走し、母子が死亡、10人が負傷した事故で、車を分析した結果、アクセルは踏みこんだ形跡がある一方、ブレーキを踏んだ跡は残っていないことが、捜査関係者への取材でわかった。

     飯塚元院長は「アクセルのペダルが戻らなかった。何度かブレーキを踏んだが利かなかった」と供述しているという。警視庁は、飯塚元院長がパニックになり、ブレーキと間違えてアクセルを強く踏み続けたとみて、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで裏付けを進めている。

     捜査関係者によると、車にはアクセルやブレーキの操作の形跡が残る装置がある。警視庁が事故車の装置を精査した結果、アクセルを踏んだ形跡があったが、ブレーキを踏んだ跡はなかったという。

    朝日新聞社
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000006-asahi-soci

    ★1 :2019/05/24(金) 15:01:15.92

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558713707/


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 portal.st-img.jp)



    (出典 onomatome.net)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.asahicom.jp)
    亡くなった松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)


    【【池袋暴走事故】アクセルやブレーキの操作の形跡が残る装置分析で、ブレーキ踏んだ形跡なく、アクセル踏み込んだ形跡、警視庁「過失運転致死傷」の疑いで裏付け捜査 】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2019/05/24(金) 10:04:41.30

     熊本地震の避難所で当時小学6年の女児に「わいせつな動画を見せた」と女児の母親から県警に被害を訴えられ、
    家裁で刑事裁判の無罪に当たる不処分の決定を受けた当時19歳の男性(22)が、「違法な取り調べで苦痛を受けた」として
    熊本県に損害賠償を求める訴訟を熊本地裁に起こしていたことが分かった。7日付。

     熊本県警や男性の代理人弁護士によると、避難所で男性と隣り合う場所にいた女児の母親が2016年5月、「娘がスマートフォンでわいせつ動画を見せられた」と県警に訴えた。

     男性は逮捕され、地検から家裁に送致されたが、男性のスマホからわいせつ動画の閲覧履歴が確認されず、
    家裁は「客観的な証拠がなく、母親の目撃証言も信用性に疑いがある」として、非行事実なしと結論付けたという。男性は逮捕当初から容疑を否認していた。

     訴状によると、男性は県警の取り調べで、非行を前提に「反省の色がない」「調べるうちに不利なものばかり出てくる」などと迫られ精神的苦痛を受けた、としている。
     代理人の松本卓也弁護士は「被災直後で県警も防犯意識が高く、早まったのではないか」と指摘。
    「客観的証拠がないまま逮捕したことは遺憾。男性は今もフラッシュバックなどに苦しんでいる」と話した。

     熊本県警は「事案は把握しているが、訴状が届いておらずコメントできない」としている。男性は、昨年5月に女児の母親に損害賠償を求めて提訴し、争っている。

    https://www.nishinippon.co.jp/sp/item/n/512764/


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【冤罪】母親が、当時19歳の男性(22)に「娘(小6)がスマホで、わいせつ動画を見せられた」と訴え、警察が逮捕、男性は証拠なく無罪、熊本県に損害賠償を求める訴訟を起こす】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/05/24(金) 09:37:41.01

     東京・池袋で車が暴走し母子2人が死亡した事故で、車を運転していた元通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が警視庁の任意の事情聴取に「つえを使って歩いていたが、座れば足がふらつくことはなく、運転に影響はなかった」との趣旨の話をしていたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。

     捜査関係者によると、飯塚元院長は足を悪くして通院していたが運転免許を返納する考えはなく、事故を起こした4月中に新車の購入を検討していたという。

     任意聴取では「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」とも説明。事故を起こしたことは認めたが、運転ミスを否定している。

    5/24(金) 8:09
    共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000005-kyodonews-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【池袋事故】 飯塚幸三容疑者(87) 「座れば足はふらつかない。運転には影響なかった。運転ミスではない」 新車購入検討
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558642698/

    ★1が立った時間 2019/05/24(金) 08:31:29.27
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558654289/


    【【池袋暴走事故】飯塚幸三(87):事故を起こしたことは認めたが、「運転ミスを否定」… 4月中に新車購入を検討 していた。】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2019/05/22(水) 11:41:34.99

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190522-00000107-nnn-soci

    口論になったホテルの支配人の男性を軽乗用車ではねて殺害しようとしたとして、客の34歳の男が逮捕された。

    殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、愛知県一宮市の会社員・中島健太郎容疑者(34)。
    警察によると中島容疑者は21日午後9時半ごろ、一宮市丹陽町にあるホテルの前の路上で、
    支配人の男性を3回にわたって軽乗用車ではね、殺害しようとした疑いがもたれている。

    中島容疑者はこのホテルの利用客で、支配人からホテルの室内を汚したとして注意されたことから口論となり、
    乗り込んだ軽乗用車の前に支配人が立ちふさがったため、前後進を繰り返してはねたとみられている。
    男性はひじやひざに全治2週間のけがをした。

    調べに対し、中島容疑者は「覚えていない」と容疑を否認していて、警察が調べを進めている。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【殺人未遂】客の34歳の男、ホテル支配人から室内を汚したと注意され口論、支配人の男性を3回にわたって軽乗用車ではね、殺害しようとした疑いで逮捕】の続きを読む



    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/05/21(火) 20:58:29.01

    富士山から「動けない」救助要請、捜索中に下山

     山梨県側の富士山を登っていた20歳代男性が20日午後、「疲れて動けない」と
    富士吉田署に通報した。救助隊員6人が捜索を続けているうちに、男性は自力で
    下山。同日夜、東京都内の自宅に戻るまで、下山したことを同署に連絡しなかった。

     発表によると、男性は同日朝、単独で麓から登り始めた。アイゼンをつけて
    いないなど軽装で、登山届も提出していなかったという。吉田口登山道の
    8合目付近で動けなくなり、午後0時40分頃、救助を求めた。

     曇天でヘリによる救助ができず、県警の救助隊員が5合目から現場に向かった。
    途中で男性と連絡が取れなくなり、捜索は午後9時半頃まで続けられた。
    その間に男性は麓まで歩き、電車で帰宅。男性から連絡があったのは
    午後10時頃だった。

     富士山の山開きは7月1日。県警は「この時期の富士山は残雪があり、
    非常に危険。下山中の滑落や、救助隊員が二次被害に遭うおそれもあった」と
    指摘している。


    読売新聞(2019.5.21)
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190521-OYT1T50232/


    (出典 www.pref.yamanashi.jp)



    (出典 www.japanesealps.net)


    【【非常識男】富士山を軽装で単独登山の20代男性、「疲れて動けない」と警察に救助要請、救助隊員6人が捜索中、連絡もせず自力で下山、自宅から電話】の続きを読む

    このページのトップヘ