いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: スポーツ



    1 ネコゲルゲ ★ :2018/09/19(水) 23:09:20.01

    女子のスポーツ界を巡って、体罰やパワハラなどの問題が表面化している。
    「女子には自律性が足りない」という根拠なき社会認識が問題を助長している。

    リオデジャネイロ五輪体操女子団体で4位入賞に貢献し、10月開幕の世界選手権(カタール)代表候補でもある宮川紗江選手(19)に暴力を振るったとして、速見佑斗元コーチ(34)が日本体操協会から無期限の登録抹消などの処分を受けた。
    同協会によると、2013年9月から18年5月にかけ、宮川選手の顔を手でたたく、髪を引っ張るなどの暴力や暴言を繰り返したとされる。
    会見した速見元コーチは暴力を認め、「不快な思いと恐怖を与えた」と謝罪した。

    一方で宮川選手が、塚原光男副会長(70)と千恵子・女子強化本部長(71)の夫妻からのパワハラを告発。
    二つの問題が複雑に絡み合う異常事態となっている。

    12年に大阪市の高校生がバスケットボール部顧問の暴力やパワハラ指導を苦に自殺したことなどを機に、スポーツ界は暴力根絶に向けて動き出した。それから6年。
    いまもって日本代表クラスの選手が暴力指導を受けているという事実は衝撃的だ。

    宮川選手が速見元コーチから平手打ちされる暴力動画がテレビ放映されると「あそこまで殴るなんて」と非難の声はさらに拡大した。
    特に、体格的に劣る女子選手を男性コーチが殴るという構図は、理解しがたい。

    ところが、スポーツ指導の現場にいる人の感覚は少し異なる。
    関東地方でミニバスケットボールの指導をする50代の男性コーチは明かす。

    「女子への暴力が発覚して処分されるコーチは小学生チームにもいる。
    大会のベンチを見ればわかるが、女子チームのコーチのほうが暴言もひどい。怒鳴られたら女の子は萎縮する」

    体操の問題が発覚する以前にも、女子レスリングで強化本部長の、水球女子でも日本代表監督のパワハラ騒動があった。
    「女子は受け身なので、男子よりも(暴力や暴言等で)刺激して動かさなければ強くならないと考える人は昔から少なくない」(前出のミニバス男性コーチ)

    そんな“スポ根”漫画さながらの空気が、いまもスポーツ界にはびこっている。
    事実、日本女子体育大学の佐々木万丈氏の論文によると、ある体育大学の女子学生188人に調査したところ、高校時代にバレーボール部だった学生では84.2%が、ソフトテニス部だった学生では72.7%が、体罰を受けていた。

    女子は暴力的指導を受けやすいだけではない。
    今後パワハラ指導を解決する道のりを考えると、「女子のほうが険しいのではないか」との見方もある。
    そう指摘する一人が、スポーツ倫理学が専門で全日本柔道連盟コンプライアンス委員を務める日本福祉大学スポーツ科学部准教授の竹村瑞穂さんだ。

    「なぜなら、日本では女子のほうが男子より自律性が低いと思われがちだからです。
    つまり、自分で意思を決定し、判断し、行動を決める力が弱いと見なされやすい。
    本来は、そこに科学的な根拠は何もないはずなのに、そのように見なされ、指導されることによって、自律性、自立性が欠如した選手が生み出されてしまうといった構造があるのかもしれない。
    男性指導者と女性選手の関係性では、過去を振り返れば男尊女卑の歴史の中で、女性選手が周りの言うことを聞き、受け身になってしまう環境が作られがちであったのは事実でしょう」

    女子が暴力的指導を受けやすく、かつそれを許容しやすいのには、社会的背景があるのだ。
    竹村さんによると実際、「女子は殴らなければわからない」という理由で体罰をした事例の報告もあるという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00000047-sasahi-spo

    ★1:2018/09/19(水) 20:57:22.05
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537358242/


    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 dot.asahi.com)


    【【スポーツ】女子スポーツ界:自分で意思を決定し、判断し、行動を決める力が弱いと見なされやすい。】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/09/07(金) 11:28:26.08

    「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)の大会11日目、女子シングルス準決勝で第20シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第14シードのマディソン・キーズと対戦。6-2、6-4で大坂が勝利し、決勝進出を果たした。日本女子がグランドスラムのシングルスで決勝へ進出するのはこれが史上初となる。

    【LIVE速報】大坂 VS キーズ
    https://www.thetennisdaily.jp/schedule/contents/overseas/women/0028596.php?org=WTA&date=11&mid=102614

    大坂は決勝で、自身の憧れの選手である第17シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦する。セレナは現在グランドスラムシングルスのタイトルを23個獲得しており、女子最多記録であるマーガレット・コート(オーストラリア)の24個にあと1つと迫っている。

    大坂とセレナは今年の「マイアミ・オープン」で初対戦。セレナが産休からの復帰途中だったこともあるが、そのときは大坂が6-3、6-2のストレートで勝利している。

    第2セットもキーズのサービスから。第1ゲームで30-40とブレークポイントを握った大坂。ラリーの末にキーズのショットがわずかにロングとなり、大坂が1ブレークアップとした。

    第2ゲームでデュースに持ち込まれた大坂は、キーズに粘られたが、8度のデュースで6本のブレークポイントをしのいでキープする。この大きなゲームをキープした大坂は続く第3ゲームでも0-30とポイントリードする。ここではブレークとならなかったが、大坂の勢いは増すばかり。

    しかし、昨年準優勝のキーズも調子を上げて来る。第5ゲームをラブゲームでキープされ、チャンスを作れなかった大坂は、第6ゲームでもデュースに持ち込まれるが、しのいでリードを守る。

    そして第8ゲームで30-40とキーズにブレークポイントを握られた大坂だが、落ち着いてしのいでキープし、ゲームカウント5-3とした。大坂は第2セットで8本、第1セットを含めると13本のブレークポイントをすべてしのぎきったことになる。

    第9ゲームはラブゲームでキープされたが、続く第10ゲームが大坂のサービング・フォー・ザ・セットとなった。大坂は最後まで落ち着き、そして攻撃的なプレーを見せてこのゲームをキープ、第2セットを6-4で連取して自身初、そして日本人女子シングルス初となるグランドスラム決勝進出を果たした。

    試合開始前のインタビューで「試合を楽しみたい。みなさんにも試合を楽しんでもらいたい」と語っていた大坂。笑顔で勝利を決め、憧れのセレナとの決勝に挑む。

    9/7(金) 11:22
    THE TENNIS DAILY
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000005-tennisd-spo


    (出典 www.shimotsuke.co.jp)



    (出典 i2.ytimg.com)


    【【テニス】全米オープン 日本女子史上初の決勝進出の「大坂なおみ選手」 憧れの「セレナ・ウイリアムズ選手」と決勝戦対決】の続きを読む



    1 スタス ★ :2018/08/27(月) 08:48:02.77

    「JAPAN」のロゴに日の丸が入ったTシャツを着て、ジャカルタ(インドネシア)の歓楽街で交渉して女性とホテルに行き、1人あたり約9000円を払って買春行為に及んだ──。

     そんな不適切行動があったとして、バスケットボール日本代表の4人が20日の会見で謝罪した。
    ジャカルタで開催中のアジア競技大会から“自腹帰国”となったうえ、代表認定も取り消し。日本バスケットボール協会の処分が出るまで謹慎となった。

     メダルラッシュに沸く日本選手団の“汚点”が繰り返し報じられる一方で、記者の間にも動揺が広がっていたという。全国紙のスポーツ担当記者が言う。

    「“公式ウェアで”という点では言語道断ですが、取材している記者にも4人が行った歓楽街を体験取材した者もいる。
    ある社はアジア大会の記者団に、“我々取材団も心するように”と注意メールを騒動後すぐに送っていました」

     今回の不祥事をスクープした朝日新聞は、朝刊より先に電子版で19日深夜に「バスケ代表をJOC処分へ アジア大会中、深夜歓楽街へ」と報じた。
    記事では〈17日午前1時ごろ(中略)歓楽街「ブロックM」にあるカラオケ店の前で店側と交渉しているところを朝日新聞の記者が目撃〉とあった。

     ところが、その“状況解説”によって、午前1時に「女性を連れ出すことができるカラオケ店」のある歓楽街にいた記者は何をしていたのか──という疑惑も持ち上がってしまったのだ。
    朝日新聞関係者はこう話す。

    「記事では『記者』とありますが、実際に目撃したのはアジア大会の取材に派遣したカメラマン。
    なぜその場にいたのかということは社内でも聞き取りされており、本人は“(報道関係者と)メシを食いに行っていただけ”と話しています。
    そこで日本代表選手を見つけたため写真も撮って交渉のやり取りも聞いていたということです。カメラマンの“身の潔白”が証明できたからこそ、記事になっているのだと思いますが……」

     朝日新聞に「目撃記者」が何をしていたのか問い合わせると「取材に関することは、お答えしかねる」(広報部)という。

     深夜の歓楽街での熱心な取材がスクープに結びついたのは間違いないようだ。

    バスケ日本代表の買春現場を報じた朝日記者はそこで何を?
    http://news.livedoor.com/article/detail/15213151/


    前スレ
    【マスメディア】バスケ買春現場を報じた朝日新聞記者、実は「カメラマン」更に疑惑も「報道関係者と食事しに行っただけ」
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535296570/


    (出典 public0.potaufeu.asahi.com)



    (出典 blog-imgs-122.fc2.com)
    ジャカルタ歓楽街


    【【トラップ】バスケ日本代表の買春行為問題、「報じた朝日記者はそこで何を?」】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2018/08/23(木) 12:52:45.86

    https://this.kiji.is/405186790690292833?c=39550187727945729

    全国高校野球選手権大会で準優勝した秋田県代表の金足農(秋田市)の渡辺勉校長は、
    同校に約1億9千万円の寄付金が集まったことを明らかにした。


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1534991484/
    1が建った時刻:2018/08/23(木) 11:31:24.87


    (出典 static.sanyonews.jp)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【社会】準優勝の金足農高への寄付金、なんと1億9千万円…渡辺勉校長発表!】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/08/21(火) 12:39:04.44


    (出典 cdn.mainichi.jp)


     ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表の選手4人が20日、女性を買春したとして日本オリンピック委員会(JOC)から19日付で代表認定の取り消し処分を受け、帰国した。東京都内で20日夜に記者会見した4選手は「良くないことをしている認識はあったが、浮ついた気持ちだった。日の丸を背負うという自覚がなかった」と謝罪した。

     事実上の選手団からの追放処分を受けたのは、いずれもBリーグ所属の橋本拓哉(23)=大阪▽今村佳太(22)=新潟▽佐藤卓磨(23)=滋賀▽永吉佑也(27)=京都--の4選手。日本バスケットボール協会によると、4人は試合直後の16日夜、日の丸の入った公式ウエアのTシャツを着用し、ジャカルタの歓楽街へ食事に出掛けた。食事後、2軒目の店を探す途中、偶然出会った在留邦人の仲介で女性とホテルに同行。1人当たり120万ルピア(約9000円)で買春し、17日未明に選手村に戻った。日本協会は今後、弁護士3人による裁定委員会を設置し、選手への聞き取り調査などを踏まえ、理事会で処分する方針。

     JOCは日本選手団の行動規範で「アジア大会への派遣は国費で賄われる。競技での活躍だけでなく、競技を離れた場でも社会の模範となる行動を心がける」と定める。山下泰裕団長は公式ウエア姿での深夜の外出、買春の全てが行動規範に反するとした。ジャカルタ特別州の法律で買春は禁錮刑あるいは罰金刑に相当する。

     チームは1次リーグで1勝1敗。JOCは「連帯責任として出場を差し止めるには合理的な根拠が十分ではない」として22日の香港戦は残りの8人で臨むことを決めた。会見に出席した日本協会の三屋裕子会長は「悩んだが、残りの選手に海外経験を積ませたい。違法性が確認された場合はチームを引き揚げる」と説明した。【田原和宏、中村有花、ジャカルタ松本晃、倉沢仁志】

    毎日新聞2018年8月20日 21時28分(最終更新 8月21日 01時19分)
    https://mainichi.jp/articles/20180821/k00/00m/050/148000c

    ★1が立った時間 2018/08/21(火) 07:53:24.33
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534819523/


    【【行動規範違反】ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表の選手4人が買春、「浮ついた気持ちだった。日の丸を背負うという自覚がなかった」と謝罪】の続きを読む

    このページのトップヘ