いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: スポーツ



    1 みつを ★ :2018/06/21(木) 02:20:37.88 ID:CAP_USER9.net

    http://www.bbc.com/japanese/44544399

    【サッカーW杯】日本のサポーターがまたやった 試合後のごみ拾い
    2018年06月20日

    アンドレアス・イルマー記者 BBCニュース

    白熱したサッカー・ワールドカップ(W杯)の試合後、熱狂の中にあるスタンドはいつも残飯やコップ、包み紙などが散乱している。

    19日、W杯ロシア大会での初戦で日本代表はコロンビアを2対1で下し、南アメリカのチームに初めて勝利した。日本のファンには狂喜乱舞する十分な理由があった。
    しかし日本代表がグラウンドでコロンビア代表をきれいに片付けた後、ファンも同じことをした。自分たちが座っていたスタジアムの座席を念入りに掃除し始めたのだ。

    持ち込んだ大きなゴミ袋を手に列の間を歩き回ってごみを拾い、開場時と同じくらいきれいにしていった。

    こうしたことは今回が初めてではない。「サムライ・ブルー」のサポーターたちは、いつでも良いマナーを破ることはない。
    英国人のクリストファー・マケイグさんはツイッターで「今のところW杯で一番好きな場面は、日本がコロンビアに勝った後、日本のファンがごみを拾っていたこと。この試合で私たちが学べること。日本を応援する理由」と話した。

    在トリニダーゴ・トバゴ・カナダ大使館のレスリー・アン・ボワッセイユさんも、「日本のファンが、W杯の試合後に座っていたところを掃除している。すばらしいお手本。なんて素晴らしい!よくやった日本」とつづった。

    日本に住むスポーツジャーナリスト、スコット・マッキンタイヤさんはBBCの取材に対し、「これはサッカー文化だけでなく、日本文化の一部だ」と説明した。マッキンタイヤさんは日本チームの取材のためロシアを訪れているが、サムライ・ブルーのサポーターの一風変わった気質にも驚くことはない。
    「サッカーは文化の鏡だという言う人がいる。日本社会の重要な一面として、何もかもが清潔に保たれていることがある。あらゆるスポーツイベント、もちろんサッカーでもこのことが言える」

    掃除は幼少時代からの習慣

    こうした光景は、日本での試合を見に来た外国人が驚く出来事のひとつだ。
    マッキンタイヤさんは、「スタンドの床にペットボトルや食べ物のパッケージを置いていこうとすると、日本人に肩を叩かれ、ごみは置いていってはいけない、片付けるか家に持って返るべきだと諭されることがある」と話す。

    日本人にとって、掃除の習慣は幼少時代から教え込まれるものだ。
    「サッカーの試合後の掃除は、学校で習った基本的な習慣の延長。子どもたちは教室や廊下を掃除する」と、大阪大学のスコット・ノース人間科学教授は説明する。
    「幼少時代に定期的に覚えこまされることで、多くの日本人の習慣になっている」
    試合後の掃除の光景が、ソーシャルメディアで何度も話題になっていると知ったら、日本のサポーターはどう思うだろうか。もちろん、彼らは誇りに感じている。
    ノース教授は、「彼らは掃除とリサイクルの必要性を高く意識しているだけでなく、W杯のようなイベントでそれを行うことで自分たちの生き方への誇りを示し、我々にシェアしている」と指摘した。

    「責任感をもって地球を守る必要性を表明するのに、W杯以上の場所はない」
    ただ、日本人に情熱がないというわけではないとマッキンタイヤさんは話す。情熱があっても、基本的な振舞い方を忘れたり、ましてや暴力につながることはないのだという。
    「当たり障りがなく退屈に聞こえるかもしれないが、これが尊重と礼儀正しさの上に作られたこの国の現実」とマッキンタイヤさんは笑った。「それがサッカーの場にも及んでいるだけだ」
    「W杯でさまざまな国や人々が一堂に会し、こうしたことを学び合えるのはすばらしいと思う。これがサッカーの良さだ」
    (英語記事 Japan fans tidy up World Cup stadium )


    (出典 ichef.bbci.co.uk)



    (出典 blog-imgs-63.fc2.com)
    参考


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)
    参考


    (出典 blog-imgs-68.fc2.com)
    参考


    【【日本人】W杯ロシア大会:日本代表がグラウンドでコロンビア代表をきれいに片付けた後、サポーターはスタジアムの座席を念入りに掃除】の続きを読む



    【【日本勝利】リベンジマッチ:ワールドカップ初戦、日本、2-1でコロンビアに大勝利!】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/06/17(日) 18:10:18.06 ID:CAP_USER9.net

     長崎県大村市で開催された全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で17日、延岡学園(宮崎)―福岡大大濠の試合中、延岡学園の留学生選手が、審判のファウル判定に不服を示し、審判の顔面を殴打した。九州高校体育連盟から報告を受けた日本バスケットボール協会が同日、明らかにした。審判の男性は病院に搬送され、治療中という。

     協会によると、殴ったのはコンゴからの留学生。今後、傷害事件として警察の捜査対象となる見込み。試合は没収試合となった。延岡学園は男子バスケットボールで、全国大会で優勝経験がある強豪。

    2018年6月17日16時27分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL6K5CY6L6KUTQP03T.html

    【動画】
    (出典 Youtube)


    ★1が立った時間 2018/06/17(日) 17:03:55.63
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529222635/


    (出典 matomake.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【審判暴行試合】高校バスケ 男子準決勝 試合中、選手が「審判の顔面を殴打、傷害事件として警察の捜査対象に」宮崎延岡学園】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2018/05/22(火) 10:28:38.30

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000010-asahi-spo

    アメリカンフットボールの日本大―関西学院大の定期戦(6日、東京・アミノバイタルフィールド)で
    日大の選手が悪質なタックルなど反則を繰り返して退場となった問題で22日、この選手自身が
    記者会見を開くことになった。辞任した内田正人前監督による反則行為の指示があったのかどうかについて、
    選手本人が何を語るのか注目される。

    あの日、私は試合会場にいた。関学オフェンスの最初のプレー。テレビなどで繰り返し流れているシーンだ。
    私は関学QBが投げたボールをカメラで追っていたため、日大の守備選手の反則は見ていなかった。
    二つ目の反則もボールと関係のない場所だったので見ていない。ただ、立て続けに最も重い15ヤード罰退の
    反則をした選手をベンチに下げないのは変だなと感じていた。そして三つ目。これもボールから離れたところで
    関学の選手に小競り合いを仕掛け、ヘルメットを殴った。5プレーで三つもの反則。私には、彼が何かに
    とりつかれているかのように見えた。

    彼はここで資格没収(退場)の処分を受けた。去年の甲子園ボウルでの彼の活躍をはっきり覚えていたので、
    いったい何が起こったのかと感じた。フィールドから出てきた彼はスタッフに促され、ベンチ奥にあった負傷者用の
    テントに入った。私はそこに近づいた。

    彼は泣いていた。声を上げて泣いていた。同じポジションの選手が肩に手を置いて、言葉をかけていた。
    関学側に回って、テントの入り口からのぞく彼の背中を撮った。


    日大の選手は退場したあと、負傷者用のテントの中で、声を上げて泣いていた

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1526948275/
    1が建った時刻:2018/05/22(火) 09:17:55.24


    【【アメフト危険行為】反則の日大選手は、退場したあと負傷者用のテントの中で、声を上げて泣いていた】の続きを読む



    1 いちごパンツ ★ :2018/05/21(月) 13:29:19.59

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180521/k10011446791000.html

    日本大学のアメリカンフットボール部の選手が、試合中、関西学院大学の選手に悪質なタックルをしてけがをさせた問題でけがをした選手が大阪府警に被害届を出したことが捜査関係者への取材でわかりました。試合は東京都内で行われたため、今後、警視庁が捜査を進めるものと見られます。
    今月6日、東京・調布市で行われた日本大学と関西学院大学との定期戦で無防備な状態だった関西学院大の選手が日大の選手に後ろからタックルされ全治3週間のけがをしました。

    けがをした選手側が大阪府内の警察署に被害届を出したことが捜査関係者への取材でわかりました。
    試合は東京・調布市で行われたため、今後は警視庁が捜査を進めるものと見られます。

    この問題で日大アメリカンフットボール部の内田正人監督は、19日、けがをした選手などに謝罪し監督を辞任する意向を示しましたが、反則行為の指示については「文書で答える」などとしています。

    一方、けがをした選手の父親は「日大選手がどうしてあのようなプレーをしたかの事実の説明がなかったし、指示があったのかどうかも、内田監督が話されなかったので釈然としない」というコメントを出しています。




    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    (出典 hight.xsrv.jp)


    【【被害届】日大VS関学のアメフト試合の反則行為で、怪我を負った関学の選手が、警察に被害届を提出】の続きを読む

    このページのトップヘ