いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 国際



    1 みなみ ★ :2019/11/18(月) 20:35:15.77

    統一まで1分
    11/18(月) 16:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191118-00593266-shincho-kr

    米韓同盟がいよいよ壊れ始めた。韓国の大統領が米国の国防長官に面と向かって、日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)の維持を拒否したからだ。この協定こそは韓国が海洋勢力側に属する証しである。韓国観察者の鈴置高史氏が報告する。

    ついに米国に宣戦布告

    鈴置: 11月16日、ソウルで開かれた保守派の集会で、韓国キリスト教総連合会会長のチョン・グァンフン牧師が「ついに文在寅(ムン・ジェイン)が米国に宣戦布告した」と演説、政権打倒を呼び掛けました。

     保守系サイト、趙甲済(チョ・カプチェ)ドットコムの動画「チョン・グァンフン、『米国に宣戦布告した文在寅、我々が処断しよう!』」(11月16日)で視聴できます。演説は韓国語ですが、英語による翻訳が付いています。

     前日の11月15日、文在寅大統領が訪韓したエスパー(Mark Esper)米国防長官に対し「日本と軍事情報を共有するのは難しい」と語ったからです。日韓GSOMIAの破棄を翻意するよう求める米政府高官に、韓国の大統領が直接、拒絶したのは初のことでした。

     大統領自ら米国防長官に拒絶した以上、韓国は後戻りできず、GSOMIAは11月23日午前零時の失効期限をもって消滅する、と保守は頭を抱えたのです。

     保守系紙の朝鮮日報も、このニュースをまったく同じ視点で――「文大統領、米国の面前で『GSOMIA』拒否」11月16日、韓国語版)との見出しで伝えています。

    GSOMIAが踏み絵に

    ――「宣戦布告」とは大げさ過ぎませんか? 

    以下ソースで
    ★1 2019/11/18(月) 19:12:12.01
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574071932/-100


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【韓米同盟 危機】韓国の文大統領が米国のエスパー国防長官にGSOMIAの維持を拒否 =「米国に宣戦布告」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/11/15(金) 11:49:17.64

    スウェーデンの高校生、グレタ・トゥーンベリさんがスピーチで激しく怒りをぶつけた地球温暖化問題。もともとは国連の組織「IPCC」が火をつけた騒動だ。日本は国連の言うことをみじんも疑うことなく無条件に飲み込んでいる。東京理科大学の渡辺正教授(東京大学名誉教授)はこの状況を「カルト宗教めいた状況」と批判する。日本は効果のない膨大な温暖化対策費をいつまで捨て続けるのか? (JBpress)

    【図を見る】過去42万年に及ぶ南極の氷床コア分析から推定されたCO2濃度と気温の関係を示したグラフ。

    (出典 jbpress.ismedia.jp)


    ◎本稿は『「地球温暖化」狂騒曲』(渡辺正著、丸善出版)の本文および『「地球温暖化」の不都合な真実』(マーク・モラノ著、渡辺正訳、日本評論社)の「訳者あとがき」から一部を抜粋・再編集したものです。

    ■ 日本が使う100兆円、その効果は? 

    過去ゆるやかに変わってきて、今後もゆるやかに変わる地球環境を気象や気候の研究者が論じ合うだけなら実害は何もない。私たち部外者のほうも、ときおり聞こえてくる研究の成果を楽しませてもらえばよい。

    まっとうな研究者なら、大気に増えるCO2とじわじわ上がる気温のプラス面をきっと教えてくれるだろう。 だが、1988年、国連のもとにある「IPCC」(気候変動に関する政府間パネル)という集団が温暖化を「人類の緊急課題」にしてしまった。各国の官公庁と主力メディアがたぶん国連の権威に屈した結果、問題視するまでもないことに巨費が投入されつづけることになった。

    その巨費が生む「おいしい話」に政・官・財・学会がどっと群がり、日頃は政府を攻撃したがる一部メディアも声をそろえてカルト宗教めいた状況になったのが、地球温暖化騒ぎの素顔だと思える。

    いま日本では年々5兆円超(1日に150億円!)の「温暖化対策費」が飛び交っている。

    日本の「温暖化対策」は2016年秋のパリ協定発効をにらんだ同年5月13日の閣議決定をもとにしている。日本は温室効果ガス(大半がCO2)の排出量を2013年比で、2030年に26%だけ減らすのだという。 

    内訳は、「エネルギー起源CO2」が21.9%、「その他温室効果ガス」が1.5%、「吸収源対策」が2.6%だという。3番目は「森林がCO2を吸収する」という非科学だが、こまかい考察をしても空しいだけなので無視したい。

    要するに日本は、2013年から2030年までの17年間に、CO2排出量を21.9%だけ減らすと宣言した。減らせるはずはないけれど、減らせたとしたらいったい何が起こるのだろう? 

    2015年に世界のCO2
    排出量の内訳は、以下のとおりだった(欧州共同体の発表データ)。 

    29.4% 中国
    14.3% アメリカ
    9.8% 欧州経済圏 
    6.8% インド
    4.9% ロシア
    3.5% 日本
    31.5% その他

    2013~30年の18年間に、地球の気温はどれほど上がるのか?  2014年のIPCC第5次評価報告書(第2章)に登場した世界の年平均気温推移(陸地+海面)と同じ勢いなら、0.27℃になる。

    以下ソース先で

    11/15(金) 8:00
    JBpress
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00058217-jbpressz-sctch&p=1


    【【無駄対策費】地球温暖化問題:東京理科大学の渡辺正教授、日本は効果のない膨大な「温暖化対策費」(1日に150億円)をいつまで捨て続けるのか?】の続きを読む



    1 プティフランスパン ★ :2019/11/14(木) 15:23:21.80

    11/14(木) 14:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00010005-huffpost-int

    (出典 img.huffingtonpost.com)


    緊張が続く香港デモをめぐり、台湾の蔡英文総統が11月14日に公式Twitterを更新し、「弾圧行為に立ち向かい、行動を起こそう」と国際社会に呼びかけた。

    香港では11月11日には警察官がデモ参加者に実弾を発砲し、男子学生が一時重体となった。これを機に反発が強まり、12日には香港中文大学を舞台に警察隊とデモ隊が衝突。大学側が調停を試みるも催涙ガスや火炎瓶が飛び交い、13日未明まで衝突が続いた。

    こうした事態に、台湾の蔡英文総統が香港政府と国際社会に対する声明をTwitterやfacebookで公表。

    「警察は人々を守るため、政府は人々に奉仕するために存在します。私は国際社会に呼びかけます。一連の弾圧行為に立ち向かい、香港と共に立ち上がり、行動しましょう」という投稿と共に、声明全文を英語と中国語、日本語で掲出している。

    声明では、「警察が人々を守らなくなり、政府が人々のためにという考えをやめた時、必ずや人々からの信頼を失うでしょう」と警告し、「北京当局の機嫌を取るために、香港の若者たちを犠牲にするべきではありません」と呼びかけた。


    (出典 img.huffingtonpost.com)

    声明の全文は以下の通り(日本語版)

    かつて台湾を襲った白色テロの時代には、学生が大学構内に踏み込んだ軍や警官に拘束され、 自由を奪われました。これはわれわれにとって悲痛な記憶であり、二度と繰り返してはなりません。


    昨夜の香港では、警官隊が大学構内に突入し、デモの学生たちを鎮圧しました。闇夜に包まれたキャンパスに炎が上がり、催涙弾が飛び交いました。台湾がようやく抜け出した暗闇に、香港は足を踏み入れてしまいました。


    警察は人々を守るため、政府は人々に奉仕するために存在します。警察が人々を守らなくなり、政府が人々のためにという考えをやめた時、必ずや人々からの信頼を失うでしょう。


    私は沈痛な気持ちで、ここで踏みとどまるよう香港政府に呼びかけます。人々の心の声に、暴力で応えるべきではありません。北京当局の機嫌を取るために、香港の若者たちを犠牲にするべきではありません。


    香港の自由と法治が、権威主義によってむしばまれています。権威主義の膨張に抵抗し、その最前線にいる台湾は、国際社会に呼び掛けます。自由と民主主義を信じる皆さん、共に立ち上がり、混乱する香港の情勢に関心を寄せまし ょう。

    蔡英文

    中村かさね /ハフポスト日本版


    【【香港加油】台湾の蔡英文総統:「台湾は、国際社会に呼び掛けます。自由と民主主義を信じる皆さん、共に立ち上がろう」】の続きを読む



    1 みなみ ★ :2019/11/13(水) 20:16:21.64

    統一まで10分1秒
    11/13(水) 16:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000000-ykf-int

     韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、同盟国・米国について、大きな読み間違いをしている。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄しても、米韓同盟に影響しないと楽観視しているようなのだ。協定の失効期限(23日午前0時)が迫るなか、マーク・エスパー米国防長官らが今週末、「最後の説得」のために訪韓するが、まだ「日本が悪い」という筋違いの主張を続けるつもりなのか。識者は「GSOMIA破棄は『反米政権の宣言』に等しく、ドナルド・トランプ米政権が『対韓報復』に着手することもあり得る」と分析している。

     「わが国の安保に与える影響も限定的だ」「韓米同盟とは全く関連がないとみている」

     韓国大統領府(青瓦台)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は10日の記者会見で、GSOMIA終了の影響について、こう語った。聯合ニュース(日本語版)が11日報じた。

     同通信社によると、韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官も11日の定例会見で、「今のところ(政府内で、GSOMIA延長を検討したことは)ないと承知している」と語ったという。

     あきれて、うんざりするしかない。

    以下ソースで
    ★1 2019/11/13(水) 19:03:06.96
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573639386/-100


    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 blog-imgs-133.fc2.com)


    【【理解能力無し】韓国のGSOMIA破棄は『反米政権の宣言』と同じ、米の『対韓報復』もあり得る】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/11/13(水) 17:40:20.07

    ■グレタさん、ヨットでスペインへ COP25参加で

    米国に滞在しているスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(16)は12日(日本時間13日午前)、来月2日からスペインの首都マドリードで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に参加するため、ヨットで大西洋を横断すると発表した。13日にも出航する予定という。

    毎日新聞2019年11月13日 11時44分(最終更新 11月13日 11時44分)
    https://mainichi.jp/articles/20191113/k00/00m/040/082000c

    (出典 cdn.mainichi.jp)

    -------
    ■グレタさん、ヨットで再び大西洋へ 米から欧州目指す

    気候変動対策を大人に迫るための学校ストライキを始めたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)が大西洋を再びヨットで横断することになった。温室効果ガスの排出が多い飛行機に乗らないため、開催地が南米チリから欧州のスペインに急に変更された第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)に参加するための移動手段が見つからず、困っていた。

    協力を申し出たオーストラリア人夫婦のヨットに同乗し、米国東部バージニア州ハンプトンから13日に出発する。グレタさんは「COP25が注目を集め、実際の(温暖化対策の)行動が生まれることを望んでいる」とコメントした。

    COP25はチリで開催予定だったが、公共交通機関の運賃値上げに端を発した抗議デモが激化し、チリ政府が断念。マドリードで開催されることになった。

    グレタさんは今夏、ソーラーパネル付きのヨットで大西洋を横断。米ニューヨークで9月にあった国連気候行動サミットで演説後、COP25に参加するため北米にとどまっていた。開催地変更で、移動手段がなくなったグレタさんはツイッターで「11月中に大西洋を渡る方法を見つける必要がある。誰か移動を助けてくれれば、ありがたいのですが」と呼びかけていた。

    2019年11月13日11時45分 朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASMCF30NGMCFUHBI00T.html

    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    ★1が立った時間 2019/11/13(水) 12:07:09.56
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573618989/


    (出典 www.at-s.com)


    【【意地】環境活動家のグレタ嬢、「COP25」に参加するため、ヨットで大西洋を横断すると発表】の続きを読む

    このページのトップヘ