いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 国際



    1 みつを ★ :2018/05/27(日) 19:24:52.82

    http://www.bbc.com/japanese/44269445

    2018/05/27
    北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と26日に急きょ行った南北首脳会談で、米朝首脳会談をシンガポールで予定通りに実現することについて、確固たる意思を示した。北朝鮮の国営・朝鮮中央通信(KCNA)が27日朝、伝えた。

    KCNAはさらに、南北の両首脳が「頻繁に」会うことで合意したと伝えた。両首脳は26日午後、軍事境界線上にある板門店の北朝鮮側で会談した。KCNAによると、会談は「電撃的」に行われたものだという。
    KCNAは、両首脳が「対話を速やかなものにし、知恵と努力を蓄積するためにも、今後は頻繁に会談すると意見を共にし、朝鮮半島の非核化のため共同で努力していく意向を示した」と伝えた。

    さらにKCNAによると、金委員長はシンガポール・サミット実現のため文大統領が「大いに努力を重ねてきた」ことに感謝し、米朝首脳会談の実現に向けた「確固たる意思」をあらわにしたという。
    KCNAはこのほか、両首脳が6月1日に南北高官協議を開くことでも合意したと伝えた。
    韓国大統領府は、2時間におよぶ首脳会談で、金委員長と文大統領が「率直」な意見交換をしたと明らかにした。
    ホワイトハウスは26日、先遣隊が予定通り今週末にシンガポールに出発し、実現するかもしれない首脳会談に備えると発表した。

    トランプ米大統領は24日、予定されていた米朝首脳会談を、北朝鮮の「強烈な怒りとあからさまな敵対心」を理由に中止すると、金委員長あての書簡で通告した。
    しかし、北朝鮮がこれに「まったく予想外」だと遺憾の意を示し、「いつでも」対話の用意があると声明を出すと、トランプ氏は25日になって、北朝鮮と協議していると記者団に述べ、ツイートでも、北朝鮮と「生産的な話し合い」が続いているとコメント。予定通り6月12日にシンガポールで首脳会談を実施する可能性に言及した。

    トランプ氏はさらに27日、ツイッターで「ボロボロのニューヨーク・タイムズは、存在しない『ホワイトハウス高官』を引用して、『たとえ会談が実現するとしても6月12日の実施は不可能だ、時間不足で必要な準備ができない』と書いた。また間違ってる! 本物の人間を使え、にせの情報源ではなく」と怒りをこめて書いた。

    ただしこれについては、ホワイトハウスを担当する複数の記者が、「ホワイトハウス高官」とは国家安全保障会議の高官で、記事は高官が数十人のホワイトハウス担当記者に行った記者説明での発言を引用したものだと反論している。「Background briefing」と呼ばれる政府関係者による記者説明の内容を記事にする際は、その政府関係者の名前を明記しないのが慣例となっている。

    米国は北朝鮮による大量破壊兵器の完全放棄を求めている。一方で、北朝鮮が「朝鮮半島の非核化」で何を意味するかははっきりしていない。
    北朝鮮は2006年以降、6回の核実験と度重なる大陸間弾道ミサイル発射実験を重ねてきた。理論上は、米国本土を核攻撃できる状態に達したが、長距離ミサイルに搭載できる核弾頭の小型化に成功したかどうかは、専門家の間でも意見が分かれている。

    国際社会は北朝鮮の輸出を大幅に制限し、北朝鮮への石油精製品の年間輸出量を最大90%削減する経済制裁を相次ぎ発動してきた。今年になって金委員長が融和姿勢を示し、韓国や米国との交渉に意欲を見せてきたのは、一連の経済制裁が圧力が効いているからではないかとの見方もある。

    (英語記事 North Korea's Kim 'set on' Trump summit)


    (出典 cdn-ak-scissors.b.st-hatena.com)



    (出典 news.cube-soft.jp)


    【【小心国】南北首脳会談で金正恩氏は「米朝首脳会談」をシンガポールで予定通りに実現する、確固たる意思を示す】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2018/05/27(日) 09:17:41.90

    ◆「米国ねらうミサイル、120カ所に隠してある」北朝鮮幹部が語る

    6月12日にシンガポールでの開催が予定されていた米朝首脳会談は、トランプ米大統領がいったんは「中止」を通告したものの、その後に北朝鮮側が発表した談話に同氏が「歓迎」の意を表明したこともあり、実現の可能性が残された状態となっている。
    26日に韓国の文在寅大統領と金正恩党委員長との2回目の首脳会談が電撃的に開催されたことも、今後に期待を持たせる要素と言える。

    ただ、仮に米朝首脳会談が実現したとしても、そこでわれわれが見ることが出来るのは、非核化や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の廃棄に関する「大筋合意」にとどまる可能性が高い。
    非核化やミサイル廃棄の科学的・政治的検証の過程は複雑にならざるを得ず、その方法を詰めるための実務者対話は難航を極めることが想定される。
    実際、北朝鮮のある高官は「廃棄された北部核実験場のほかにも、小型化された核兵器の実験に使える施設がほかにもある」「8月までには戦争準備が完了する」などと語っている。

    もっとも非核化に関しては、これこそが米国との対話の柱でもあり、北朝鮮側がかなり踏み込んだ検証に応じる可能性もある。
    北朝鮮には豊富なウラン資源があり、技術情報さえ隠匿することができれば、いつかまた作ることも不可能ではないからだ。

    一方、弾道ミサイルはどうか。
    こちらも技術情報があれば、いったん廃棄してもまた作ること自体は可能だろう。

    しかし、地中に埋まった発射基地や移動式発射台のようなインフラを根こそぎ廃棄させられてしまったら、再び戦力化するには膨大な時間とコストがかかるし、生産設備も大規模になるため、米軍の偵察衛星の監視を逃れるのも難しい。
    そもそも、北朝鮮側が対米交渉のカードとして考えているのは核兵器とICBMだけであると見られ、短・中距離弾道ミサイルについては自衛用として保持したいところだろう。

    そう考えると、北朝鮮側が米国に対し、ミサイルの配備情報をすべて伝えるとは考えにくい。
    実際、北朝鮮の内部情報筋によれば、「米国を攻撃できるICBM『火星15』型は、全国120ヶ所に配備されている」という。

    またある北朝鮮の高官筋は「中距離クラスの『火星10』型固体燃料ミサイルは、すでに2度の打ち上げに成功して配備が完了した」
    「ICBMの『火星13』型も15基製造され、平安北道の雲田と亀城の地下基地に隠されている」などと語っている。

    こうした情報の真偽を確認するのは極めて難しいが、北朝鮮の弾道ミサイルの配備状況については、米国ですらほとんど把握できていないと言われる。
    そもそも、多大な犠牲を払って手にした核戦力を、「北朝鮮がそう簡単に手放すはずはない」と見る向きは大きい。
    また、金正恩氏の用心深さを考えただけで、弾道ミサイルを廃棄させるのがどれほど難しいかは想像できようというものだ。

    筆者もまた、米朝首脳会談の開催に期待を持っている人間の1人だ。
    しかし、そこで何かが解決されるわけではないということは、誰もが厳しく認識すべき現実なのだ。

    Yahoo!ニュース(高英起・デイリーNKジャパン編集長) 2018/5/27(日) 7:09
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20180527-00085694/

    ☆ たまたまスレです


    (出典 akklejj.info)


    【【北・内部情報】北朝鮮の高官「8月までには戦争準備が完了する」「廃棄された核実験場の他に、小型化された核兵器の実験に使える施設がほかにもある」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/05/25(金) 02:10:49.07

    トランプ大統領「北朝鮮と世界にとって大きな後退」
    5月25日 1時06分

    アメリカのトランプ大統領は、来月12日にシンガポールで予定していた米朝首脳会談を中止することについて、ホワイトハウスで記者団に対し、「北朝鮮と世界にとって大きな後退だ」と述べました。そのうえで、マティス国防長官らに対し、必要であれば軍事的な態勢を整えるよう命じたと明らかにしました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180525/k10011451541000.html

    ★1が立った時間 2018/05/25(金) 01:13:49.45
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527178429/




    (出典 www.yomiuri.co.jp)



    (出典 img.news.goo.ne.jp)





    (出典 news.nifty.com)





    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【米朝首脳会談中止】「北朝鮮と世界にとって大きな後退」トランプ大統領は、マティス国防長官に対し、必要であれば「軍事的な態勢を整えるよう命じた」と明らかに】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/05/25(金) 07:38:15.78

    深夜、国家安全保障会議(NSC)を招集 
    「朝鮮半島の非核化、恒久的平和は放棄できない歴史的課題」 
    「問題解決に向けて努力してきた当事者たちの心は変わっていない」 

    ドナルド・トランプ米大統領が24日(現地時間)、北朝鮮の金正恩国務委員長と予定していた6・12朝米首脳会談を取りやめる方針を明らかにした。ホワイトハウスは同日、トランプ大統領が金委員長宛に書いたこのような内容の公開書簡を公開した/聯合ニュース

    (出典 img.hani.co.kr)


     文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日、ドナルド・トランプ米大統領が朝米首脳会談を取りやめる方針を明らかにしたことについて、「当惑を感じると共に、非常に遺憾」だとしたうえで、「首脳間のより直接的で緊密な対話で解決していくことを期待する」と述べた。

     文大統領は同日午前零時から1時間にわたり、イム・ジョンソク秘書室長やチョン・ウィヨン安保室長、カン・ギョンファ外交部長官、チョ・ミョンギュン統一部長官、ソン・ヨンム国防部長官、ソ・フン国家情報院長、ユン・ヨンチャン国民疎通秘書官など、国家安全保障会議(NSC)常任委員たちを大統領府官邸に呼んで緊急会議を開いた後、「朝米首脳会談が予定されていた6月12日に開かれないようになったことについて、当惑を感じると共に、非常に遺憾だ」と述べた。

     しかし、文大統領は「朝鮮半島の非核化と恒久的平和は放棄することも、先送りすることもできない歴史的課題」だとし、「問題解決に向けて努力してきた当事者たちの心は変っていない」と述べた。彼は「今の疎通方式で敏感で難しい外交問題を解決するのは難しい。より直接的で緊密な首脳間の対話で解決していくことを期待する」として、強硬派の参謀陣を排除した南北、朝米首脳間のホットラインなどを通じた直接コミュニケーションを強調した。

     これに先立ち、トランプ大統領は24日夜、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長宛に書いた公開書簡で「最近、あなたたちの発言に表れた極度の怒りと公開的な敵対感からして、惜しくも現時点で会談することは不適切だと思っている。シンガポール会談は開かれないだろう」と明らかにした。

    2018-05-25 05:42 修正:2018-05-25 06:40
    ハンギョレ
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/30677.html

    ★1が立った時間 2018/05/25(金) 01:37:01.46
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527179821/


    (出典 img01.ti-da.net)


    【【韓国所感】 文在寅(ムン・ジェイン)大統領:米朝首脳会談中止を受け「当惑を感じると共に、非常に遺憾」】の続きを読む



    1 スタス ★ :2018/05/25(金) 00:06:34.09

    一部スレタイは書簡英文から私スタス★が訳しました。

    トランプからキムへの書簡画像 byホワイトハウス

    (出典 i.imgur.com)

    You talk about your nuclear capabilities, but ours are so massive and powerful that I pray God they will never have to be used.
    あなた達はあなた達の核能力について話す。しかし、我々のそれらは、遥かに巨大かつ強力だ。故に、私は神に祈ろう。それらが使われる事が決してない事を。(スタス訳。直訳気味。)


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180524/k10011451421000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    米朝首脳会談 6月12日開催せず トランプ大統領が書簡
    5月24日 22時55分米朝首脳会談

    アメリカのトランプ大統領は、来月12日に東南アジアのシンガポールで開催を予定していた北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との首脳会談について、今は適切ではないとして開催しない考えを明らかにしました。
    これは、ホワイトハウスが24日、トランプ大統領からキム委員長に宛てた書簡を公表して明らかにしたものです。

    この中で、トランプ大統領は「会談を楽しみにしていたが、残念なことに、北朝鮮の最近の声明で示されている怒りや敵意を受けて、私は現時点でこの会談を開くことは適切ではないと感じている」として、今は適切な時期ではないとして、首脳会談を開催しない考えを明らかにしました。

    米朝首脳会談をめぐっては、北朝鮮は、アメリカが一方的に核放棄だけを求めようとするなら会談を取りやめる可能性を示唆したのに対し、トランプ大統領は「キム委員長ができる最適なことは取り引きに応じることだ。そうすれば、とても力強い保護を得られるだろう」として、非核化に応じれば体制を保証するとの考えを示し、対話に応じるよう呼びかけていました。


    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527172390/


    (出典 www.tokyo-sports.co.jp)


    【【米書簡】トランプ大統領からキム委員長に宛てた書簡の内容が恐ろしい、最終宣告なのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ