いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: テレビ



    1 Scott ★ :2018/02/13(火) 22:03:51.20

    ・根拠不明な「スリーパーセル」

     さる2018年2月11日に放送された『ワイドナショー』における国際政治学者・三浦瑠麗氏発言が物議を醸している。番組放送中に、三浦氏が「スリーパーセル」と称される北朝鮮の暗殺部隊(工作員)が、日本の大都市部、特に大阪に潜んでいる、と断定したものである。番組中の詳細な発言は以下の通り。

    (前略)・・・(三浦)実際に戦争が始まったら、テロリストが仮に金正恩さんが殺されても、スリーパーセルといわれて、もう指導者が死んだ、っていうのが分かったら、一切外部との連絡を絶って、都市で動き始める、スリーパーセルというのが活動される、活動すると言われている。
    (同席者)普段眠っている、その暗殺部隊みたいのが・・・
    (三浦)テロリスト分子がいるわけです。それがソウルでも、東京でも、勿論大阪でも。いま結構大阪がヤバいって言われていて。
    (同席者)潜んでいるって事ですか?
    (三浦)潜んでます。というのは、あの、いざというときにその最後のバックアップですよ。そうしたら首都を攻撃するよりかは、正直他の大都市が狙われる可能性もあるので。東京じゃないからという風に安心はできない。というのがあるので、正直我々としては核だろうがなんだろうが戦争して欲しくないですよアメリカと。

    出典:ワイドナショー(2018/2/11、強調筆者)
     北朝鮮の特殊工作員が常に日本の大都市部に潜んでいて、有事の際には事前の想定通り、独自に日本で破壊活動を行う・・・というある種の観念は、小泉訪朝に揺れた、ゼロ年代中盤におけるネット右翼の典型的対北朝鮮工作員観をトレースしたモノで、これを私は「工作員妄想」と名付けている。

     小泉政権下、電撃的な二度の小泉訪朝と拉致被害者の部分帰国は、その報道の過程において北朝鮮工作員が拉致被害者を主に日本海沿岸の各県の海岸等から連れ去ったことが明らかになり、世論は身近な日常の中で北朝鮮工作員が存在し、跳梁跋扈して拉致事件を起こしたことに驚愕した。そして実際、「5人生存8人死亡」等の北当局の一方的な発表に、多くの日本人が憤慨したことは記憶に新しい。

     1970年代から80年代にかけて、続発した謎の失踪事件と北朝鮮工作員との関わりについて、日本の公安当局は早い段階から一部でその相関を予測していたと言うが、実際に北朝鮮工作員による拉致事件の全容が明るみになり、政治課題として俎上にあがったのはずっと後になってからのことである。

     それ故、高度に訓練された北朝鮮の工作員が、現在でも日本の大都市部に潜伏している、というイメージが醸成されていることは間違いが無い。これが「工作員妄想」の遠因である。

    ・進歩する公安の監視能力

     しかし、日本の公安当局も手をこまねいているわけでは無く、拉致問題が大きく取り上げられるようになって以降、北の工作員や朝鮮総連とその関係者への監視の目を大幅に強化している。試しに、公安調査庁が発表した「内外情勢の回顧と展望」(平29年、最新)では、”金正恩党委員長への忠誠強化と組織の活性化に取り組む朝鮮総聯”と題して、

    (略)

    ヤフーニュース:https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20180213-00081557/


    (出典 otoku-seikatu.net)



    (出典 netgeek.biz)



    (出典 cdn-ak-scissors.b.st-hatena.com)


    【【暗殺部隊】「スリーパーセル」三浦瑠麗氏発言が炎上「いま結構大阪がヤバいって言われていて」「潜んでます」】の続きを読む


    NHKも、たまに良い番組作りが…w

    1 ばーど ★ :2018/01/31(水) 16:48:38.44

    2018年1月29日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)で放映された、戦う訓練士」こと犬「の訓練士・中村信哉さん(47)のドキュメンタリーに、視聴者から「泣いた」との反響が相次いでいる。

    中村さんが預かるのは、飼い主の手に負えなくなった凶暴犬ばかり。手厳しい訓練は時に批判を浴びることもある。だが心を鬼にして、犬と向き合う。いったい何がそうさせるのか。J-CASTニュースは、本人に取材した。

    犬の訓練士に密着

    (出典 www.j-cast.com)


    ■ほめるのも大事、叱るのも大事

    北栃木愛犬救命訓練所(栃木県大田原市)で所長を務めている中村さんは元々、警察犬の訓練士だった。警察犬訓練所で5年半の修行を積み、現在の訓練所を設立した後、問題行動を起こす犬の飼い主から訓練の依頼が入るように。中村さんはそんな犬の更生に尽力するため、警察犬の訓練をやめた。

    飼い犬の噛み付き事故は例年、4000件を超えている。中村さんは預託訓練専門で、全国各地の飼い主から凶暴犬の更生を引き受ける。この20年間で700頭超、全体の約8割を更生させ、現在も100頭の凶暴犬を抱えている。

    番組によると、犬が凶暴化する要因はさまざまだという。ただ、「叱る」「ほめる」の両極端でしつけられるなどして、人と感情を交わした経験が希薄なのだそうだ。

    中村さんは一体、どのように犬を更生させているのか。番組では、エサやりの模様を紹介した。

    「待て」「伏せ」などと指示し、犬の檻にエサを入れ、2本の竹で作った手製のムチを使う。問題行動を起こす犬は、本能が抑えられない状態にあるため、食事の時間にムチで大きな音を出し、最低限の痛みを与え、我慢の経験を積ませる。こうすれば、犬は何を叱られているのか、音と刺激で覚えるようになるという。

    中村さんは番組の取材に「(叩くことは)気持ち良くはない。これでも犬好きなので」と前置きした上で、

    “「厳しいのが嫌いだからといって、やらなかったら、襲ってくることも止まらないし、かみ続ける。かむ犬は治らないと処分してしまったケースがある。どんな方法を使っても、飼い主の元で一生を送らせたい」と強調した。

    “「私はほめるしつけが間違っているとは思わない。ほめるのも大事、叱るのも大事、片一方だけでやるのがダメ。まったくほめられなかった子どもはどうなるか。同じことが犬の業界でも起きている」

    ■「涙が止まらなかった」「泣きそうになった」

    番組ではその後、中村さんが8歳の柴犬「まめ蔵」と向き合う様子に密着した。

    訓練所に来てから、既に9か月。多くの犬は半年もすれば変化の兆しが表れるそうだが、まめ蔵は人への関心を示すどころか避けようとしていた。「ちょっとしたことに対して拒絶が半端じゃない」(中村さん談)。

    ある日のこと。中村さんが「伏せ」と指示しても、まめ蔵は言うことを聞かない。中村さんが檻を開け、手を伸ばした時、まめ蔵は大きな悲鳴を上げ、その手にガブッとかみついた。

    「痛ってえっつんだよ」。中村さんはそう声を上げると、まめ蔵を檻から外に出し、握りこぶし、そして手の平で頭部を叩いた。

    >>2以降に続く

    2018/1/31 07:00
    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/01/31319955.html?p=all


    【【犬の訓練士】NHK「プロフェッショナル」<戦う犬の訓練士:中村信哉さん(47)>のドキュメンタリーに、視聴者から「泣いた」「涙が止まらなかった」との反響が相次ぐ】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/01/07(日) 21:00:02.97 ID:CAP_USER9.net

    俳優・鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 NHK総合20:00~20:45 BSプレミアム18:00~18:45 ※初回は60分拡大)が7日からスタート。第1話「薩摩のやっせんぼ」を、鈴木は「第1話を観ていただけたら全47話観たくなると思います」とアピールしていた。

    大河ドラマ57作目となる本作は、林真理子の小説『西郷どん!』を原作に、中園ミホの脚本で西郷隆盛の波乱に満ちた生涯を描く。大河ドラマ初出演となる鈴木亮平が主人公の西郷隆盛(吉之助)を、隆盛の子ども時代(小吉)を子役の渡邉蒼が演じる。

    7日放送の第1話は「薩摩のやっせんぼ」。天保11年(1840年)の薩摩の国、大久保正助(石川樹)など町内の仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた西郷小吉(渡邉蒼)は、藩最大の行事「妙円寺詣り」で一番乗りで寺に到着したことで褒美をもらい、そこで島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いを果たす。ところが、小吉に恨みを持った少年から刀で肩口を来られ、小吉は二度と剣が振れなくなってしまう。

    昨年12月6日、東京・渋谷の同局で第1話の完成披露試写会が行われた。上映後、渡邉と共に登場した鈴木は、「やっと皆さんに観ていただいて感謝の気持ちはあるんですが、まずは隣にいる子ども時代を演じきった蒼くん、ほかのお若い役者さんに拍手を送りたいと思います」と小吉を演じた渡邉の労をねぎらい、「『西郷どん』の姿勢がタイトルバックに詰まってます。歴史上の人物はその人が何をやったのか、どういう仕事をしたのかが描かれますが、『西郷どん』はそうでなく、なぜその仕事をできるようになったのか、プライベートをどう過ごしたのかを濃密に描いています」「第1話を観ていただけたら全47話観たくなると思います」とアピールしていた。

    2018年1月7日 18時42分 マイナビニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14126965/




    (出典 healthoyaji.com)





    (出典 newtrend-judd.com)



    (出典 bushoojapan.com)



    (出典 news.walkerplus.com)





    (出典 cdnx.natalie.mu)





    (出典 www.sankei.com)



    【【ドラマ】「西郷どん」スタート!NHK大河ドラマ「全47話観たくなる」鈴木亮平が語った第1話「薩摩のやっせんぼ」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2017/12/14(木) 20:27:52.30

     沖縄の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビ(MX)の番組「ニュース女子」に批判が出ている問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。放送前に事実の裏付けや表現などを自己検証する「考査」が機能していなかったことなどを深刻視し、「民主主義社会で放送の占める位置を脅かすことにつながる」と痛烈に批判した。

     対象となったのは、今年1月2日放送の番組で、沖縄県の米軍ヘリパッド建設をめぐり先鋭化する反対運動を特集。VTRで運動を「日当をもらってる!?」などのテロップ表現を使い紹介したほか、反対派による救急車の運行妨害などを事実として伝えた。当事者らへの取材がなされていないことに市民団体などから批判や抗議の声が上がった。

     番組は局外の制作会社が手がけたものだが、MXの放送責任が問われていた。

     意見書によると、検証委による沖縄での実地調査では、救急車の運行妨害や日当支払いなどの事実が確認できなかった。さらにMX側からの聞き取りで、考査担当者が編集途中の内容しか視聴していないなどずさんさが浮き彫りになった。

     また番組で「反対派の連中」「過激派デモの武闘派集団『シルバー部隊』」などの表現について、MXは考査のうえ「侮蔑的表現を指摘し、(制作会社に)修正を求めるべきだった」とした。

     川端和治委員長は記者会見で「当然、裏付けがなされていなければならない、番組の中核をなす内容について、十分な事実が見当たらない」と指摘した。

     同番組をめぐっては、市民団体共同代表の辛淑玉(シン・スゴ)氏が番組内容で名誉を傷つけられたとして、BPOに申し立て、放送人権委員会で審理入りしている。

    配信2017.12.14 15:03更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/entertainments/news/171214/ent1712140009-n1.html

    ★1が立った時間 2017/12/14(木) 15:27:45.76
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1513243768/


    (出典 iwj.co.jp)



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 www.kinyobi.co.jp)



    (出典 ryukyushimpo.jp)


    【【放送】<BPO>「重大な放送倫理違反」東京MXテレビ ニュース女子を強く批判  】の続きを読む


    不愉快なCM!

    1 ハンバーグタイカレー ★ :2017/12/01(金) 19:29:37.87

       無料保険相談サービス「保険のビュッフェ」のテレビCMが、インターネット上で「不愉快だ」との批判を浴びている。

       物議を醸しているのは、女優の門脇麦さん(25)演じる女性が、複数の男性を手玉に取るというストーリーのCMだ。捨てられた男性が「俺は君の何だったんだ?」と涙ながらに訴えると、門脇さんは冷たく「保険」と吐き捨てる。

       こうした展開に、主に男性とみられるネットユーザーから「酷い男性差別で目にするだけで不快になる」「性別逆だったら即炎上してる」との指摘が寄せられているのだ。

       「保険のビュッフェ」は、保険の見直しを希望する顧客にファイナンシャルプランナー(FP)を紹介する無料相談サービス。運営はFPパートナー(東京都千代田区)だ。

       いま一部ネットユーザーの間で問題視されているのは、同社が2017年3月から関東地区限定で展開しているテレビCM。「プロポーズ編」「結婚式編」の2種類があり、そのうち、第2弾となる「結婚式編」は10月9日に放映がスタートしていた。

       一体、どんな内容のCMなのか。最新バージョンの「結婚式編」は、門脇さん演じる女性・ルリ子に捨てられた男性が、ルリ子と「本命」の男性の結婚式の会場に向かうストーリー。思いつめた表情を浮かべた男性は、

    「来るつもりが無かったが、来てしまった。君に聞きたいことがあったから」

    などと呟きながら式場に乱入。そして、「俺は...、俺は君の何だったんだ?」と悲痛な質問をすると、門脇さん演じるルリ子は、

    「大事な保険」

    と無表情のまま冷たく吐き捨てる。その後、画面には「幸せには、きっと保険が必要だ」とのコピーが表示される。

       第1弾の「プロポーズ編」もストーリーの大枠は同じで、本命の男性からプロポーズを受けるルリ子(門脇さん)の前に捨てられた男性が現れ、「俺は君の何だったんだ?」と尋ねる。これにルリ子が、冷たく「保険」とだけ返すのだ。

       なお、どちらのCMでも、ルリ子が「(大事な)保険」と告げるシーンでは、画面の下に小さく「CM上の演出です」との注意書きが出ていた。

    全文はURL先で
    https://www.j-cast.com/2017/12/01315473.html

    (出典 www.j-cast.com)


    (出典 www.j-cast.com)


    動画(広告です)
    保険のビュッフェ 企業CM「結婚式篇」

    (出典 Youtube)



    (出典 minhyo.jp)



    (出典 Youtube)


    【【話題】「男性差別」指摘 <二股かけられた男性を「保険」呼ばわり>「保険のビュッフェ」CM 】の続きを読む

    このページのトップヘ