いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 犯罪



    1 ばーど ★ :2018/08/09(木) 15:11:42.64


    (出典 webun.jp)


    ■人踏んだ跡や無断採取

     高岡市中田地区でミョウガ畑が何者かに踏み荒らされ、収穫間近のミョウガのつぼみが無断で採取されていたことが分かった。今年は猛暑のため不作で、9月の中田かかし祭で人気の「中田まるごとみょうが寿し」の仕込みができない可能性が出てきた。関係者は被害に心を痛め「絶対にやめて」と訴えている。(高岡支社編集部・橋本京佳)

     ミョウガ畑は地元ボランティアグループ「中田もえぎの会」の河合博子会長(70)が所有。山の斜面や麓に数十年前から少しづつ植え付け、整備してきた。かつては市場へ出荷していたが、今は名物となった「みょうが寿し」の材料として活用している。

     同会によると、メンバーが7月中旬、収穫のために畑を訪れると、畑は踏み荒らされ、食べられるつぼみ部分が摘み取られていた。被害は畑全体の約8割に当たる10アールほど。イノシシなど野生動物の痕跡はなく、人為的な被害であることは明らかという。

     5年ほど前から無断で採られることがあったため、被害を防ぐため看板を立て、ロープを張って私有地であることを知らせていたが、効果はなかった。今年は不作でミョウガを探し回ったためか、畑全体が踏み荒らされ、根元から折れていた。

     「中田まるごとみょうが寿し」は1パック5個入りで、毎年1300~1400パックを販売する。細かく刻んだミョウガの酢漬けをご飯にたっぷりと混ぜ、ミョウガの葉で包むのが特徴。例年、ミョウガ7千~8千個を使っているが、今年は梅雨明けが早く、猛暑で畑の水が不足し、収穫量が少ない。さらに畑を荒らされ、「みょうが寿し」を十分提供できない可能性があるという。

     河合会長は「無残に荒らされた畑を見たとき、悔しさと悲しさで涙が出た」と言う。メンバーの高桑万里子さん(67)は「みょうが寿しを食べるのを楽しみにしてくれている人がいるのに、このままでは作れなくなる。もうこれ以上、荒らさないで」と語気を強めた。

    2018年08月09日 05:00
    北日本新聞
    http://webun.jp/item/7487592


    (出典 pds.exblog.jp)
    参考画像 ミョウガ


    【【非人道】ミョウガ畑 無残に踏み荒らされ、収穫間近のミョウガのつぼみが無断で採取された、「無残に荒らされた畑を見たとき、悔しさと悲しさで涙が出た」】の続きを読む



    1 動物園φ ★ :2018/07/24(火) 23:55:09.39 ID:CAP_USER9.net

    慶應義塾大学商学部の菊池智貴がセブンイレブンのアルバイト中に「700円くじの当たりを抜いて自分で使っている」と発言していた問題に絡んで、余罪が続々と見つかり始めている。


    前回の記事:【炎上】慶應・菊池智貴くん「セブンイレブンの当たりくじ、バイトの俺が抜いてるんすよ(笑)」

    菊池智貴の問題投稿を分かりやすくジャンルに分けてまとめてみた。



    (1)窃盗。倫理観が欠落しており、常習犯であることが窺える。そもそも「菊池」という自分の名前を出してこのような投稿をする時点でおかしい。

    (2)客や上司の悪口を堂々と投稿。嫌がらせでわざと違う商品を入れる。

    ※黒いモザイクはnetgeek編集部によるもの。あまりにも度が過ぎた言葉なので隠しておく

    (3)友人に暴言を吐く。

    留年した友人を見下して、LINEで暴言を言って切る。

    言われた方も怒っている。

    同じ慶應の大学生について名前を出して堂々と悪口を言う。

    (4)慶應の内部進学としてずいぶんとプライドが高いようだ。一般入試で慶應に入学する同級生を見下している。


    (5)現在の炎上騒動について一部の友達が擁護するも…。

    また別の友達は高校時代の写真をリークしてしまう。


    (6)パチンコにはまっている。

    (7)常に誰かの悪口を言っている。

    (8)芦田愛菜を狙っている。気持ち悪い。



    親が金持ちだからこそ中学校から慶應に入れたのだろうか。ずいぶんと自分の学歴に誇りを持っているようだが、このままだと退学もあり得る。



    当たりくじを抜いた菊池智貴くん、店長は許してくれても世間は許さないと思う。



    http://netgeek.biz/archives/123154


    (出典 c1.staticflickr.com)


    【【セブンイレブン】慶應ボーイがセブンイレブンのバイト中に「700円くじの当たりを抜いて自分で使っている」との発言、新たに見つかった余罪】の続きを読む



    1 プティフランスパン ★ :2018/07/23(月) 22:35:12.60

    2017.7.23 15:26
    http://www.sankei.com/smp/west/news/170723/wst1707230026-s1.html

     小学校高学年の女児2人の胸を触るなどしたとして、大阪府警捜査1課は23日、強制わいせつ容疑で大阪市内の自営業、内山義弘容疑者(57)を逮捕した。「わいせつ欲求が高ぶり、自分を抑制することができなかった」と容疑を認めている。

     府警によると、内山容疑者は、地域住民と警察が意見交換する「天王寺警察署協議会」の会長で、登下校の見守り活動などにも参加していたという。

     逮捕容疑は3月、2日にわたって、自宅1階倉庫で、「どれだけ胸が大きくなっているかな」などと言いながら、小学校高学年の10代の女児2人の胸を触るなどしたとしている。

     同課によると、大阪市教育委員会が6月に府警に被害を相談した。内山容疑者は自宅直近で店を経営しており、以前から女児らが立ち寄って宿題などをする場所になっていたという。


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    【【ロリ犯】大阪府警:「警察署協議会の会長逮捕」強制わいせつ容疑、小学生女児2人の胸触る 】の続きを読む



    1 シャチ ★ :2018/07/18(水) 22:20:36.35

    兵庫県警生田署は18日、公然わいせつの疑いで、神戸市中央区の無職男(69)を現行犯逮捕した。

     逮捕容疑は同日午後3時半すぎ、自宅の庭先で全裸になり、公然と下半身を露出した疑い。

     同署によると、近隣住民から「下半身を露出している人がいる」との110番があった。
    同署の調べに「暑かったから全裸になったが、見せつけるつもりはなかった」と供述しているという。

     気象庁によると、同日の神戸市中央区の最高気温は、午後3時21分に観測した35・9度だった。

    ソース 神戸新聞
    https://news.goo.ne.jp/article/kobe/nation/kobe-20180718021.html


    (出典 igx.4sqi.net)


    【【裸族】神戸:自宅の庭先で全裸になり、公然と下半身を露出、近隣住民が通報、「暑かったから全裸になったになったが、見せつけるつもりはなかった」】の続きを読む



    1 みつを ★ :2018/07/17(火) 02:31:29.36

    体内に空気注入事件 死因は肺圧迫による窒息死 茨城 龍ケ崎

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180716/k10011535681000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_018

    体内に空気注入事件 死因は肺圧迫による窒息死 茨城 龍ケ崎
    2018年7月16日 20時13分

    茨城県龍ケ崎市で34歳の男が、空気を放出するエアコンプレッサーを使って同僚の男性の体内に空気を注入して死亡させたとして逮捕された事件で、男性の死因は体内に入った空気で肺が圧迫されたことによる窒息死だとわかりました。

    茨城県つくば市の吉田佳志容疑者(34)は今月13日の夕方、自分が勤める龍ケ崎市の会社で同僚の石丸秋夫さん(46)の体内にエアコンプレッサーで肛門から空気を注入する暴行を加え死亡させたとして、傷害致死の疑いが持たれています。

    その後の警察の調べで、石丸さんの死因は体内に注入された空気によって内臓が破裂し、体の中にたまった空気が肺を圧迫したことによる窒息死だったことがわかりました。

    これまでの調べで吉田容疑者は「悪ふざけでやってしまった」などと供述しているということで、警察は現場で目撃していた別の同僚などから話をきいて当時の詳しいいきさつを捜査しています。


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【悪戯】茨城:「悪ふざけでやってしまった」同僚(46)の体内にエアコンプレッサーで肛門から空気を注入し死亡させた男、傷害致死の疑い「内臓が破裂し空気が肺を圧迫した窒息死」】の続きを読む

    このページのトップヘ