いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: グルメ



    1 (?∀?(⊃*⊂) ★ :2018/09/01(土) 17:09:35.14

    不漁が続いていたサンマの水揚げが北海道で急増し、全国の消費地で取引価格が値下がりしている。

    首都圏のスーパーなどでは、1匹100円前後での特売をいち早く実施する店も現れた。
    ここ数年は品薄で高値続きだった秋の味覚が、今年は安く食べられそうだ。

     今年のサンマ漁は7月上旬の解禁直後から不振が続いていたが、8月下旬に入り北海道沖で漁獲が回復。
    主産地の根室港では、水揚げ量が秋本番のピーク時に匹敵する1日当たり1300トン超を2回も記録した。
    同港は8月合計の水揚げ量も前年を4割近く上回った。

     豊富な水揚げを受け、東京・築地市場(中央区)では入荷が増えた8月30日以降に卸値が急落。
    主力の130グラム型が1キロ当たり400円前後と、不漁だった前年のほぼ半値で、漁獲が少なかった8月中旬以前の3分の1近くにまで下げている。

    首都圏のスーパーなどでも8月30日以降、店頭価格を8月中旬ごろのほぼ半値となる1匹当たり150円前後に値下げしている。
    一部の店舗では「1匹100円の特売も実施している」と首都圏の中堅スーパー。
    不漁が続いた2015年以降、ほとんどの量販店で特売ができなかったため、この時期の安売りは数年ぶりだという。 

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018090100413&g=soc


    (出典 news.tv-asahi.co.jp)



    (出典 tokushima.ismcdn.jp)



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    (出典 www.sankei.com)


    【【さんま大漁】サンマ漁8月下旬に入り北海道沖で漁獲が回復、首都圏のスーパーなどでは、1匹100円前後での特売】の続きを読む



    1 (?∀?(⊃*⊂) ★ :2018/08/30(木) 10:39:19.88

    トリドールジャパン(神戸市)が展開する讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」公式ツイッターの投稿に、一部の香川県民がかみついた。

    発端となったのは、うどんに大量の青ネギを乗せる食べ方を紹介した丸亀製麺のツイートだ。
    これに、うどんの本場を自任する、香川に住むというユーザーから、「うどん本来の味が殺される」との主張が寄せられ、論争が繰り広げられているのだ。

    丸亀製麺は2018年8月24日のツイートで、器からこぼれるほど大量の青ネギを盛り付けたうどんの写真をアップしながら、
    「ぶっかけうどんにネギをこれでもかと乗せて食べてる方を見かけたのでやってみました!これネギ好きにはたまらないですね!」
    と紹介。投稿のハッシュタグには、「#ネギだく」「#新発見」「#やってみた」などの言葉も添えていた。

    これに反応したのが、香川県高松市にある讃岐うどん専門店「ふる里うどん」の店主だった。
    店のツイッターで24日夜、丸亀製麺の「ネギだく」投稿を引用する形で、

    「讃岐うどんの文化壊すの止めてもらえないですか?」と切り出したのだ。
    続けて、今はネギが高価な時期にもかかわらず、香川のうどん店がセルフサービスを続けている理由について、「人件費減らしてでも安く『讃岐うどん』出したいからなんだよ!」だと力説。

    その上で、「何故こんなこと書く?泣きたい」とも。
    要するに、「讃岐うどん」の名前を使ったチェーン店が、ネギを大量に盛り付ける行為を紹介したことに、本場・香川の同業者として不満を述べたのだ。

    このように、讃岐うどんに対する思いを熱く訴えた店主の投稿は反響を呼び、ツイッターやネット掲示板には、香川県民とみられるユーザーから、

    「ネギの苦味でうどん本来の味が殺されるということに、何故気付かないのかねえ?」
    「丸亀製麺がネギ大量に乗せてもいいよ的な奴を投稿したら香川のうどん屋で真似するバカ県外民が出るんだよ」
    「個人で死ぬほどネギ入れてる人は今までもいたんだろうけど、公式アカウントが発信するのは迷惑なのでやめて」
    といった声が次々と出ることになった。

    一方で、こうした「讃岐うどん原理主義者」の主張に違和感を覚えるユーザーの姿も目立っている。


    続きはソース元をご覧ください
    https://www.j-cast.com/2018/08/28337253.html?p=all

    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535583846/
    2018/08/29(水) 12:06:51.83


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【社会】香川県の讃岐うどん専門店の店主が「丸亀製麺のツイート」にキレる、「うどん本来の味が殺される」と主張】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/07/22(日) 23:50:11.54


    (出典 www.jiji.com)


     【パリ時事】美食の街パリの駅構内で、日本の駅弁を販売する「小江戸へどうぞ」が人気を集めている。

     焼き魚や鶏の空揚げなど庶民的な弁当が並び、常連客は「日本にいるよう」と口をそろえる。経営するのは、高校時代の大阪留学でホストファミリーのお母さんが毎日作ってくれた弁当の味が忘れられないエステル・ミケルさん(43)。2015年に最初の店をオープン、現在は3店舗を構える勢いだ。

     世界的な和食ブームで、パリにも数え切れないほどの日本料理店が存在する。ただ、にぎりずしと焼き鳥が同じ皿に載っていたり、フランス人好みの味にアレンジされたりした「日本風」レストランが大半だ。

     ミケルさんは「日本人が普通に食べている家庭料理を再現したい」とこだわり、レンコンや春菊などフランスでは珍しい野菜を積極的に取り入れる。調理スタッフは全員日本人だ。

     5~6種類の日替わり弁当のほか、そぼろ丼などの丼物も販売。価格は10~15ユーロ(約1300~2000円)と日本に比べればやや高いが、3店舗合計で多い日には250食が完売する。たい焼きや大福など手作りの甘味も人気だ。

     顧客は日本滞在経験者や裕福な大手企業社員ら。週に2回来店する会社員のファブリス・ピシャールさん(43)は「他の日本料理店とは質が全く違う」と評価する。来年には4店目がオープン予定。さらなる駅弁ブームが起こりそうだ。 

    (2018/07/22-14:28)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072200192&g=int


    【【日本食】パリで日本駅弁が人気、常連客「まるで日本にいるよう」「他の日本料理店とは質が全く違う」と評判】の続きを読む



    1 みつを ★ :2018/07/18(水) 00:54:20.76

    https://www.cnn.co.jp/travel/35122515.html

    世界最大のアボカド「アボジラ」、豪州で発売 通常の5倍
    2018.07.17 Tue posted at 18:30 JST

    (CNN) オーストラリアでこのほど、世界最大のアボカド「アボジラ」が発売された。通常のアボカドの5倍ほどの大きさだ。

    南アフリカ原産の品種だが、CNN提携局の9Newsによると、オーストラリアでも現在、クインズランド州の農家が栽培を手掛けている。

    農家のデビッド・グローブスさんは同局の取材に、「普通のアボカドをはるかに上回る大きさだ」と話した。
    価格は1個12オーストラリアドル(約1000円)。需要に供給が追いつかず、まだスーパーには並んでいないが、シドニーやアデレード、パースといった都市の青果専門店では既に大ヒットしている。

    現在はグローブスさん一家がアボカドの木400本を栽培しているほか、同州バンダバーグでも別の農家が2000本を植えた。

    両農家がこれまで出会った中で最大のものは重さ1.8キロ。グローブスさんはアボカド愛好家に、サイズが大きくなっても味やまろやかさは落ちていないと請け合っている。
    アボカドはここ数年、健康食品として世界的に流行してきた。グローブスさんは、サイズの大小にかかわらず今後もアボカド産業を支援してほしいと話す。「アボカドは本当に健康的でおいしい。これからも買って下さい」


    (出典 i.pinimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 i.pinimg.com)



    (出典 www.cnn.co.jp)


    【【健康果実】都市の青果専門店で大ヒット「アボジラ」、世界最大のアボカド、オーストラリアで発売 通常の5倍 「大きくなっても味やまろやかさは落ちていない」】の続きを読む



    1 水星虫 ★ :2018/06/08(金) 17:26:31.44

    宮崎市の居酒屋で24人が食中毒

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20180608/5060000847.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    宮崎市の繁華街ニシタチの居酒屋で食事をした24人が、下痢などの症状を訴え、
    複数の患者から細菌のカンピロバクターが検出されたことから、保健所は、
    店の食事が原因の食中毒と断定し、8日から3日間この店を営業停止の処分としました。

    営業停止の処分を受けたのは、宮崎市中央通の居酒屋「串焼きしょうご屋」です。
    宮崎市保健所によりますと、今月1日男性客30人がこの店で鶏肉の刺身などの食事をしたあと、
    このうちの24人が下痢や発熱を訴えました。
    全員症状は軽く、快方に向かっているということです。

    保健所が検査をしたところ、複数の患者から食中毒を引き起こす細菌のカンピロバクターが検出され、
    保健所はこの店の食事が原因の食中毒と断定し、店を8日から3日間営業停止の処分としました。

    カンピロバクターは熱や乾燥に弱いことから、保健所は、鶏肉などを食べる際には
    十分に加熱するとともに、調理器具の消毒も行うよう注意を呼びかけています。

    06/08 12:58


    (出典 imgfp.hotp.jp)
    参考画像


    (出典 okinawa-tone.jp)
    参考画像


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)
    参考画像


    【【食中毒】宮崎市:居酒屋で食事をした24人が、鶏肉の刺身などの食事をしたあと下痢や発熱を訴え「細菌のカンピロバクターが検出」された】の続きを読む

    このページのトップヘ