いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 話題



    1 ばーど ★ :2018/07/19(木) 10:39:10.76

    西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町で、多くの住民が取り残される中、「どげんかしたらないかん」と、水上バイクで約15時間にわたり、約120人を救助した町出身の若者がいる。「町のヒーローじゃ」。救助された住民たちから命の恩人として感謝されている。

     「おかんが真備の家に取り残されとる。どうにか助けてもらえませんかね?」

     7日昼前、岡山県総社(そうじゃ)市の建設業、内藤翔一さん(29)は、同じ真備町出身の後輩で岡山市に住む上森圭祐さん(25)から電話で頼まれた。

     地元の浸水被害に、内藤さんは「なんかできんか」と思っていた矢先だった。趣味で水上バイクに乗ることがあり、免許も持っている。総社市の自宅から真備町はほど近い。

     「すぐ行っちゃるわ」

     水上バイクを友人から借りて、出発した。

     昼過ぎ、泥水は民家の2階ほどまで上がり、水かさは依然として少しずつ増していた。木やタイヤなど様々なものが流れ、油の臭いが鼻を突いた。ヘリの音が響く中、ベランダや屋根の上に避難している人々から救助を求める声が、数メートルおきに聞こえた。

     「助けて」「こっち回って!」

     「次行くけ、待っとって」と伝え、最初に上森さんの母親を救出した。

     取り残されている人々の多くが高齢者。自力でバイクに乗ることができず、抱きかかえる必要がある。途中から地元の後輩にも手伝ってもらった。助け出した人々は、高台にある森泉寺まで運んだ。

     近くの岩田忠義(ただよし)さん(73)夫婦も内藤さんたちのバイクに助けられた。軒下まで水が迫り、夫婦で屋根の上に避難した。昼過ぎに119番や110番で救助を頼んだが、助けは来なかった。ヘリが近くを飛ぶ度にタオルを巻いたさおを振って助けを求めた。

     数時間すると「ブーン」と鈍い音が響いた。「もしかして、やっと助けが来たのか」。近づいてきたのは水上バイク。内藤さんから「子どもを先に運ばせてな。絶対戻るけん、絶対間に合うけん、頑張って」と励まされ、ほっとした。

     しばらくして、約束通り内藤さんは来た。バイクに乗りながら「じいちゃん、命がけで助けたんじゃけ、長生きしてよ。絶対で」と肩をたたかれた。

     うれしくて、涙が出た。

     「内藤さんは、町のヒーロー。命の恩人じゃ」

    「立て直したい」炊き出しも

     屋根の上に3時間以上立ち続けて足が動かなくなった高齢夫婦にも出会った。水は屋根の上に達していた。疲れ切った顔で「もうだめじゃ。わしらええけ、他行ったげて」と言った。

     「いや、絶対助けてやる」。水上バイクをロープで固定し、屋根まで歩み寄り、水につかりながらも、夫婦が呼吸できるように高めに抱きかかえて乗せた。

     日が暮れると、住民はライトを振ったり笛を鳴らしたりして存在を知らせていた。夜中には水深が浅くなり、水上バイクの底が何かにぶつかって何度も転倒したが、起き上がって救助を続け、午前4時までに計120人ほどを運んだ。途中から、避難先の森泉寺には内藤さんの後輩数人が集まり、バイクから住民を降ろす作業などを手伝った。

     森泉寺によると、7~8日に100人ほどが境内に身を寄せた。寺以外にも、希望する場所まで送られた人が20人ほどいた。

     水上バイクは傷だらけになった。燃料は何度も補充した。必死に救助を続け、最後は全身がつって動けなくなった。後日、避難所で炊き出しのボランティアをしていると、救助した高齢者から次々と感謝の声をかけられた。「それだけで、やってよかったと思った」

     内藤さんに母親を救助してもらった上森さんも町に駆けつけていた。7日昼過ぎから深夜まで釣り用のボートで救出にあたり、約100人を避難させた。

     2人は現在も避難所での炊き出しや知人の家や店舗の片付けを手伝っている。実家の片付けも残っているが、「自分ができることを続けて真備町を立て直していきたい」と内藤さん。被災地を駆け回っている。(河崎優子)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    2018年7月19日05時03分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL7L3JDSL7LUTIL011.html

    ★1が立った時間 2018/07/19(木) 07:00:04.07
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531959551/


    (出典 www.asahicom.jp)



    【【ヒーロー】 「どげんかしたらないかん」水上バイクで約15時間にわたり、約120人の被災住民を救助の若者、「町のヒーロー、命の恩人じゃ」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/06/25(月) 15:29:29.30

     点の取り合いの末、同点に終わったサッカー・ワールドカップ(W杯)の日本―セネガル戦。24日(日本時間25日未明)の試合後、スタンドでは、両チームのサポーターたちが大きな袋を持ってゴミ拾いをした。

     試合終了の笛が鳴り、続々と帰路につく観客たち。興奮冷めやらぬスタンドで、日本サポーターたちが青いポリ袋を手に、テキパキとゴミを拾い始めた。

     もはや日本サッカーの定番となったこの光景。もともとサポーター集団の「ウルトラスニッポン」が1990年代ごろに始めたとされ、W杯でもたびたび海外で話題を呼んできた。

     この日、同じスタンドではセネガル人サポーターがゴミ拾いをする姿も目立った。試合中は陽気に踊っていたセネガル人たちも、試合が終わればポリ袋を手にせっせとスタンドを見て回った。医師のンドブ・セックさん(50)は「ゴミ集めの係員もいるけど、自分たちのゴミなんだから。みんなでやればあっという間さ」。

     19日にあった第1戦、日本とセネガルのサポーターがそれぞれの会場でゴミ拾いをする動画がネット上で話題となり、海外から称賛を集めていた。この日はその両国が対決。日本ファンの美徳として知られてきたゴミ拾いが今大会、広がりを見せている。(エカテリンブルク=高野遼)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    2018年6月25日11時06分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL6T10ZSL6SUTIL022.html


    【【民度】ロシアW杯、日本VSセネガル、同点試合の終了後、スタンドでは両チームのサポーターたちがゴミ拾い「広がる民度の高さ」」】の続きを読む



    1 鈴なり ★ :2018/06/25(月) 08:14:55.15

    「べちゃっ」という音
     札幌市手稲区の住宅の敷地で、体長6~7センチの小魚約40匹が散らばって落ちているのが見つかり、住民は「空から降ってきた」と驚いている。

     23日午後1時15分ごろ、会社役員黒崎治さん(55)方で、妻の明美さん(56)が庭の草むしりをしていたところ、「べちゃっ」という音に気付いた。その直後、自家用車や屋根の上に小魚が落ちていた。

     この日は曇り空で時折強い風が吹いていたという。かつて本州で空からオタマジャクシが降ってきたと話題になり、2012年には旭川市の住宅で小魚が見つかった。黒崎さんは「鳥が運んだにしては数が多い」と首をかしげる。謎は深まるばかり―。

    6/25(月) 7:23配信
    北海道新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00010001-doshin-hok


    (出典 blog-imgs-110.fc2.com)



    (出典 earthreview.net)


    【【珍現象】北海道:庭の草むしりをしていたら、「べちゃっ」という音、見ると自家用車や屋根の上に小魚が…住民は「空から降ってきた」】の続きを読む



    1 アルカリ性寝屋川市民 ★ :2018/06/20(水) 21:38:43.17 ID:CAP_USER9.net

     東京湾で「クジラがいる」という通報がありました。

     映像は18日の午後3時前、千葉県浦安市の海上で、クジラのものとみられる背中を捉えたものです。撮影した人によりますと、何かが水面をたたくような大きな音がしたので、ビルの上からのぞいてみたらクジラのような大きな生き物が泳いでいたということです。また、海上保安庁には同じ18日の朝に映像の場所と近い東京・江戸川区の葛西臨海公園の沖を航行中の漁船から、「長さ15メートルくらいのクジラがいる」という通報がありました。海保は航行警報を出し、近くを航行する船舶に注意を呼び掛けています。


    yahooニュース(テレ朝NEWS) 6/20(水) 17:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180620-00000028-ann-soci


    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    【【珍現象】東京湾:「えっ、クジラがいる」千葉県浦安市の海上で「クジラ」のものとみられる背中が…ビルの上から撮影】の続きを読む



    1 らむちゃん ★ :2018/06/10(日) 13:06:19.83

    産経WEST2018.6.10 12:00更新
    http://www.sankei.com/west/news/180610/wst1806100004-n1.html

     今年もやってきたビアガーデンの季節。関西のホテルでも営業が始まっているが、「ビール離れ」が進むという珍現象が起きている。

    大手のビール系飲料出荷量は昨年、13年連続で減少し、「女性や若者だけでなく、最近はビールを敬遠する中高年層も多い」という状況の中、他店と差別化し、ビールが苦手な客を取り込むため、スパークリングワインやハイボールを中心に提供する店が増えているからだ。

    5銘柄から2銘柄に

     セントレジスホテル大阪(大阪市中央区)は4月28日、館内のテラスでビアガーデンを始めた。テーマは「NY(ニューヨーク)シャンパンガーデン」。クラフトビールなどを打ち出した昨年と打って変わり、今年は飲み放題のシャンパンを強化したのが特徴だ。

     ビールは昨年の5銘柄から2銘柄に減らす代わりにシャンパンの品ぞろえを増やし、レモンやライムの香りがさわやかなハイボールを新たに加えた。担当者は「ビアガーデンに女性客が増え、年々シャンパンやカクテルの人気が高まっている」と話す。

    (全文は配信先で読んでください)


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.suntory.co.jp)


    【【話題】ビアガーデンでビール飲まない「ビール離れ」の珍現象 】の続きを読む

    このページのトップヘ