いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 話題



    1 影のたけし軍団 ★ :2018/02/21(水) 17:18:16.03

    2月6日に発表された、眞子さま(26)と小室圭さん(26)の結婚延期。水面下では“破談”に向けたシナリオが進行中だが、
    その最大の理由は、小室家の宗教問題にあるという。

    「週刊女性」をはじめとするメディアが報じているとおり、圭さんの母・佳代さん(51)と元婚約者の間には430万円を超す金銭トラブルがあり、
    それがこの度の“延期”の理由のひとつと見られている。

    もともとこの男性は、亡くなった佳代さんの夫の知人で、ジャガーに乗っていたことから、“ジャガーさん”で通っていたという。

    この度取材に応じたジャガーさんは、「お金を返してほしいとか、謝ってほしいとかよりも、お礼の言葉くらいは言ってほしい。
    (圭さんが)留学できたのも僕のお金があったからで、その留学がきっかけで眞子さまとの婚約まで至ったわけですよね――」と胸中を明かすが、
    「カネの問題と同じか、ひょっとしたらそれ以上に、新興宗教や霊媒師の存在を宮内庁は恐れたんでしょう」(宮内庁の関係者)

    金銭問題と併せて取り沙汰されてきたのが、佳代さんが霊媒師に心酔していた事実、そして祖母・角田八十子さん(故人)の“宗教問題”だ。

    若いころからリウマチに悩まされてきた八十子さんが救いを求めたのは、「大山ねず命神示(おおやまねずのみことしんじ)教会」なる団体だった。
    その名が世間に知られるようになったのが、1987年の「悪魔祓いバラバラ殺人」。

    男女がミュージシャンの男性を殺害したこの事件では、単に遺体を切断したのみならず、
    「内臓は塩で揉んで数センチ角にしたりと、3日3晩、不眠不休で切り刻んで行った。“取り憑いた悪魔を祓うため”というのが、この『儀式』に至った理由ですね。
    女は被害者の妻、男は被害者の従兄であるほか、3人は共に教会の信者だったこと。事件の数年前に脱会してはいますが……」(当時取材した記者)

    小室一家が信者であるか否かを当の教会に尋ねると、「信者籍の有無については一切確認ないし回答いたさないこととしております」という答え。

    皇室ジャーナリストの山下晋司氏は、“信仰の自由”があるとしたうえで、皇族と“親類”になる可能性があった小室家についてこう述べる。
    「その宗教との関わり方が、多くの国民が眉をひそめるような類であれば、問題がないとは言えないのだろうというふうに思います」

    2月22日発売の「週刊新潮」ではこのほか、佳代さんと霊媒師の関わりや、
    夫の実家と佳代さんの間の軋轢、そして親族には“破談じゃない”と話す圭さんについて報じる。
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02211700/?all=1

    【皇室】眞子さまと小室さんのご結婚が延期 ★15
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1517953909/


    (出典 www.dailyshincho.jp)



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    (出典 image.2chlog.com)


    【【眞子さま】 週刊新潮:眞子さまの御結婚 延期は「小室家の新興宗教問題」が最大の理由か?】の続きを読む


    「職務質問」まだ受けた事無いけど受けてみたいw

    1 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 :2018/02/20(火) 18:56:26.01


    2018年2月18日昼、大阪市内の繁華街で職務質問を受けた男がナイフを持って暴れ出し、警察官が発砲。弾は男の右足に当たり、2週間のけが。公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕された。朝日新聞(ネット版、18日夜)は、「発砲受けた25歳容疑者『職務質問は任意。急いでいた』」の見出しで配信。テレビ朝日(ネット版、19日)も、「任意だったので職務質問を断った」との容疑者の供述内容を伝えた。

    今回の事件では、容疑者がバタフライナイフを持ち歩き、職務質問後に暴れ出していることから、ツイッターでは、不審な人物に職務質問をかけた警察官の行為に対し「褒めたい」などと擁護・賞賛する声も上がっている。また、今回の事件とは離れ、一般論として「職務質問は任意だけど、実際は断れないの?」といった疑問点が気になる人からの「つぶやき」も見られた。

    職務質問は、警察官職務執行法第2条に定めがあり、その協力への任意性についても同条で「刑事訴訟法に関する法律の規定によらない限り、身柄を拘束され、又はその意に反して(略)連行され、若しくは答弁を強要されることはない」などと記載されている。

    しかし、ネット上の過去の個人ブログやまとめサイトなどには、職務質問を受けた際、「任意だから」と断ろうしても、結局「3時間、話を聞かれた」、「大勢の警察官に取り囲まれて大変なことになった」といった報告もあがっている。公務執行妨害で逮捕されるケースもありうる、との指摘も出ている。一方で、「薬物捜査で『任意の壁』、職質逃れが急増~(略)」(産経ニュース、17年6月29日配信)といった、「任意性」をめぐる職務質問の難しさに焦点をあてた記事もある。

    実際、「任意だから」と職務質問への協力を断ることはできるのだろうか。事務所サイト上で「職務質問」(と任意同行)をテーマにした解説を載せているヴィクトワール法律事務所(東京都中央区)の徳永祐一弁護士に話を聞いた。

    「まず、法律上、職務質問への協力は任意であり、拒否することは可能です」
    というのが大原則だ。一方で、

    「『任意』と表現すると、自身の好き勝手に判断してよい、という風にも聞こえますが、実際上は、『非強制』(警察が強制はできない)という程度に捉えた方がよいと考えます」
    と指摘する。職務質問(と任意同行)は、強大な権力の行使であることから人権の観点から批判されることも多い一方で、優れた警察官が、捕まっていない犯罪者や犯罪予備者に適宜に職務質問を行い、任意同行を求めることで、犯罪者の検挙につなげてきたという現実もある。

    そうした職務質問の有効性を踏まえると、一般的には質問へは協力した方が「楽である場合が多い」。あえて協力しない場合は、「何かやましい点があるのではないか」と疑われることになり兼ねないからだ。応援の警察官を呼ばれ、数人に周囲を囲まれるケースも実際にある。


    それでも、本当に緊急の用事で急いでいるなどして協力したくない場合は、

    「断固として強い意志を示して拒否すべきです」
    と助言する。スマートフォンで警察官との会話を録音したり、「拒否しているのに職務質問を強制することが法律上許されるのか、弁護士に確認してみる」と申し出たりすることが有効だそうだ。

    しかし、こうしたやりとりの際に注意が必要なのは、押し問答になって強く抵抗した場合などに、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕される可能性があることだ。手を使って警察官に触れるなどは避けるべきで、あくまで冷静なやりとりをする必要がある。

    徳永弁護士自身も、男性からの電話依頼で、職務質問を拒否して7、8人の警察官に囲まれた状態の現場に赴いたことがある。しばらく警察官らとやりとりをしたが彼らは立ち去ろうとせず、男性と移動を始めると付いてきた。最終的に男性はタクシーに乗って無事立ち去ったが、一時は一緒に乗り込もうとする警察官もおり、「なかなか大変でした」。こうした経験も踏まえ、「法律の建前を示したいといった安易な気持ちで協力を拒否するのは、かえって時間もかかるし、やめておいた方がよさそうです」とアドバイスした。

    全文はソース先で
    J-CASTニュース 2018/2/20 16:49
    https://www.j-cast.com/2018/02/20321670.html

    ■関連スレ
    【大阪】職質した警官に「●すぞ」とナイフ→警官、拳銃構え「止まれ」→「撃つんなら撃て」→発砲 「職質は任意。急いでいた」★5
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519033368/


    (出典 ares-news.com)



    (出典 media-cdn.mag2.com)



    (出典 tanu-soku.com)



    (出典 a0.img.mobypicture.com)


    【【職務質問】ツイッター投稿で「職務質問は任意だけど、実際は断れないの?」の疑問が…弁護士の解答は】の続きを読む


    サプライズ!持ってるなユズ君w

    1 やなぎ ★ :2018/02/17(土) 15:57:30.87

    2/17(土) 15:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00128286-nksports-spo

     国際オリンピック委員会(IOC)は17日、フィギュア男子で羽生結弦(23)が取った金メダルが、冬季五輪の記念すべき1000個目の金メダルだと発表した。

     1個目は、24年シャモニー大会で、ジュートロー(米国)がスピードスケート男子500メートルで獲得した。94年をかけて、羽生のメダルに、歴史が刻まれた。


    (出典 blog-imgs-66.fc2.com)



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【IOC】平昌五輪:羽生結弦選手の金、なんと「冬季五輪で1000個目金メダル」と発表「1個目は1924年、94年間かけての1000個」】の続きを読む


    オリンピックといい、今日は凄い日だ!

    1 豆次郎 ★ :2018/02/17(土) 16:34:43.39

    2/17(土) 16:30配信
    藤井聡太五段が史上最年少で公式戦初制覇 六段昇格

     将棋の第11回朝日杯オープン戦決勝、広瀬章人八段(31)対藤井聡太五段(15)が17日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、藤井五段が勝利した。

     この白星で15歳6カ月の史上最年少での公式戦初制覇を決め、六段昇段を達成させた。準決勝では羽生善治竜王と公式戦初対局。今月1日に売り出されたチケットは、即日完売するほど。人気を物語るかのように、早くも朝9時前から会場には多くの観客が並んでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00128291-nksports-soci


    (出典 www.asahicom.jp)


    【【将棋決勝戦】<史上最年少優勝>「藤井聡太五段が六段昇格」公式戦、初顔合わせの「羽生善治竜王を撃破」「決勝でも広瀬章人八段に勝利」】の続きを読む



    1 記憶たどり。 ★ :2018/02/15(木) 10:07:04.81

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000010-mai-soci

    ◇時代を反映 「AI」や「IoT」の作品が倍以上入選

    「効率化 進めて気づく 俺が無駄」「AIよ 俺の上司の 指示わかる?」--。
    第一生命保険は15日、昨年9月から11月にかけて募集した恒例の「サラリーマン川柳コンクール」の
    全国入選作100句を発表した。

    人手不足や長時間労働是正のため企業が業務効率化に取り組む中、AI(人工知能)や
    IoT(モノのインターネット)などテクノロジーの進化を詠んだ句が昨年の倍以上入選した。
    生産性向上を期待する句が多かったが、AIやロボットに仕事を奪われる不安を感じさせる句も目立った。

    働き方改革で労働スタイルも多様化しているが、「テレワーク 在宅勤務は 妻がNO」
    「1日の 嫁との会話は 9秒台」などと、逆にサラリーマンが悩みを深めている姿も浮かんだ。

    応募作品は4万7559句だった。第一生命は入選作を対象に、3月16日までインターネットなどで
    人気投票を実施し、5月下旬にベスト10を発表する。

    長寿化で「健康寿命」の延伸に関心が高まっていることから、今回は「健康第一部門」を新設し、
    運動や食生活などにまつわる句を募集。「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」など3句を
    同部門のベスト3に選んだ。


    (出典 s.eximg.jp)



    (出典 event.dai-ichi-life.co.jp)


    【【恒例】第一生命<サラリーマン川柳コンクール>全国入選作100句を発表「5月下旬にベスト10 発表」 】の続きを読む

    このページのトップヘ