いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 話題



    1 ばーど ★ :2019/05/11(土) 16:19:15.36

     沖縄県立沖縄工業高校2年の崎元颯馬(そうま)さん(17)が、財布をなくして困っていた時に、お金を貸してくれた見ず知らずの男性を捜していた件で、10日午前、本紙などの記事を見た本人から同校に連絡があった。男性は埼玉県のイムス三芳総合病院で勤める脳卒中神経内視鏡センター長の猪野屋博医師(68)。ネットニュースを読んだ同じ病院の医師から伝えられた。

     猪野屋さんは「捜してくれていることに感激して泣けてきた。信じていて良かった」と涙を流しながら喜んだ。学校から恩人が見つかったことを知らされた崎元さんも「今すぐ連絡したいほど嬉しい。あの時の感謝が思いだされて胸がこみあげる」と話した。

     母親が沖縄出身で、沖縄にもゆかりが深く、たびたび来県する猪野屋さん。20日から沖縄を訪れ、滞在中に崎元さんや学校関係者と面談する予定。「感謝の気持ちを伝えたい」と話す崎元さんは、直接会ってお金を返し、「工業高校生らしく自作の品もプレゼントしたい」と再会を心待ちにしている。

     2人の「出会い」は4月24日の早朝。崎元さんは伯父の葬儀で与那国島に行くため那覇空港に向かっていたが、航空券代が入った財布をなくし途方に暮れていた。沖縄都市モノレールに同乗していた猪野屋さんは、うなだれている崎元さんに「どうしたんだ」と声を掛け、事情を知った。

     なくしたお金は6万円。猪野屋さんは「そんなにかかるのか」と一瞬、疑問もよぎったが、「あまりに悲しい顔なので、貸すことは先に決めていた」。空港駅のホームで6万円を渡し、身元も十分に確認しないまま、出発便へ急がせた。

     猪野屋さんは埼玉に戻る前に念のため警察に行き、困った高校生がいたと、いきさつを説明。警察からは「高校生が誰か分かるわけない」と言われた。帰ってから知人らと話題にしたが、「だまされたんだよ」と笑われた。

     半ば諦めもあったが「俺は信じている」と思っていた猪野屋さん。10日朝に同じ病院の医師からの電話で崎元さんが捜していることを知った。「やはり沖縄の人は優しいよ。涙が止まらなかった」と、取材にも泣きながら話した。

     同日、猪野屋さんから連絡を受けた同校の赤嶺正一郎教頭(53)は「こんなに早く見つかり驚いた。崎元さんと一緒にお礼したい」と話した。

     猪野屋さんは、首里中・高校出身で新潟大学医学部を卒業。東京大学で脳神経外科の教官を経て各地の病院で脳神経外科医として活躍。沖縄でも旧県立那覇病院、豊見城中央病院で脳神経外科部長を務めた。(デジタル部 宮城栄作)

    5/11(土) 7:45
    沖縄タイムス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00418081-okinawat-oki

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    他ソース
    飛行機代の恩人 埼玉にいた! 沖縄の高2、地元紙通じ捜す 
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201905/CK2019051102000242.html

    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    ★1が立った時間 2019/05/11(土) 14:43:19.85
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557553399/


    【【日本人の話】伯父の葬儀に行く高校生、財布をなくして困っている時、飛行機代6万円を貸した、見ず知らずの男性は埼玉の医師だった。「捜されていることを知り感激の涙 」】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/03(金) 10:42:09.22

    ◆ 断捨離って本当に効果あるの? 「貯金が増えた」「先送りにする癖がなおった」という声

    “こんまり”こと近藤麻理恵さんのベストセラー『人生がときめく片づけの魔法』では、断捨離はただ家や部屋が片付くだけでなく、人生にときめきが増すような様々なメリットがあるとされている
    ガールズちゃんねるの「断捨離の効果を感じたエピソード教えて下さい」では数々の断捨離メリットが書き込まれていた。(文:菅谷圭祐)

    ■「物が多い家、散らかってる家ってお金の管理も大雑把な場合が多い」

    はじめに挙げられるのが金銭面のメリットだ。
    「余計なものを買わなくなった」「無駄なものを買わなくなり、貯金が増えました」などのお金が以前よりも溜まるようになったという声があげられている。

    一度部屋を片付けたら、その状態をキープしたいもの。
    不要なものを買って部屋が散らかってしまわないように、買い物する前に「本当にこれは今必要なのか」と考えるようになるのだろう。

    また、片付けができない人は実際にお金の使い方が上手ではない傾向があるという書き込みも。

    「不動産仲介やってますが、破産やローン返済に困窮する方の家は物が多いか整理整頓が出来てないかにあてはまる方が多いです」
    「物が多い家、散らかってる家ってお金の管理も大雑把な場合が多い」

    もしもお金のやりくりが上手くできていないようなら、逆説的ではあるが思い切って家の片づけをしてみると良い方向に進むようになるかもしれない。

    ■「汚い家だと家族内でのケンカが多い気がする」

    部屋を片付けることで、家庭内の雰囲気が良くなることも期待される。

    「散らかった部屋は空気も気持ちも淀む…」
    「汚い家だと家族内でのケンカが多い気がする」
    「汚い家は家族が破たんしてる気がする」

    といった声が出ていた。

    確かにテレビのドキュメンタリーなどでも、ケンカの多い家庭はいわゆる汚部屋のような状態の家が多い。
    もしも家庭内で不和があるようなら、断捨離によって関係が改善するなんていうこともあるかもしれない。

    短期的に見ても「(断捨離によって)部屋がスッキリして、売ったお金で家族でケーキ食べて幸せでした」という断捨離による家族の幸せエピソードも数多く書き込まれている。
    また、高齢者と一緒に住んでいる家庭であれば断捨離によって思わぬアクシデントも避けられる。

    汚い部屋は「家の中で物につっかかって転んで骨折する人の多い」という声がある。
    東京消防庁によると、高齢者が救急車で運ばれる事故の8割が転倒によるものだという。

    若いうちは問題ないかもしれないが、高齢者になると転倒がきっかけで寝たきり生活に陥ってしまうことも多々ある。
    高齢者のいる家庭はリスク回避のために最低限の片付けはやっておきたい。

    ■「人間関係を断捨離したら心が軽くなった」という人も

    断捨離する前と後では、後の方が幸せな生活ができているという声も多い。
    それまであった悪い習慣や悪い癖まで断捨離によって改善できるという。

    「物事を先送りにする癖がなおった」「前向きな気持ちになれた」「心の平和が保たれる」など、綺麗な家で過ごすと気持ちまでスッキリするようだ。
    中には「ごみ屋敷から綺麗な部屋にしたら、暴飲暴食がなくなりました」という食生活に変化が表れている人もいる。

    そして断捨離はただの家の片づけのみではとどまらない。
    「人付き合いも断捨離。義理の付き合いに距離おいて心が軽くなった」「物の断捨離もだけど、不毛なお付き合いの断捨離は本当にスッキリする」と、人間関係まで断捨離させてしまう人もいる。

    行きたくない飲み会、惰性で続いている趣味の集まりなど、本当はやめたいのだけれどダラダラと続けてしまっている人はいないだろうか。
    断捨離は、人間関係までも見直す機会を与えてくれることもあるようだ。

    キャリコネ 2019.5.2
    https://news.careerconnection.jp/?p=70997

    ■前スレ(1が立った日時:2019/05/03(金) 04:23:27.93)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556825007/


    (出典 menteor-organizzarea.com)



    (出典 zuboradesu.com)


    【【生活】断捨離のメリット:「貯金が増える」「家族が仲良く暮らせる」「汚い家だと家族内でのケンカが多い気がする」】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2019/04/30(火) 10:28:11.45

    2019年4月30日 6時10分
    「夫が全然分かってくれない」「妻が急に怒り出した理由が分からない」そんなすれ違いを経験したことがある方も多いだろう。
     夫と妻の認識の違いからくるギャップに焦点をあてた黒川伊保子氏の『妻のトリセツ』は、その夫婦間のギャップを埋めるための具体的な言葉、行動を提案し大ヒットとなっている。

     しかし、現実には言葉や行動だけでは埋まりきらない、すれ違いや溝がある。
     そのひとつが、夫婦の片方が脳が置かれた状況を認識しないために「当たり前とされること」ができない「共感障害」の場合に、相手がうつ病になってしまう「カサンドラ症候群」と呼ばれるケースだ。
     聞き慣れない方も多いと思うが、黒川氏の新刊『共感障害 「話が通じない」の正体』によると、「カサンドラ症候群」とは以下のような症状だという。(以下引用は同書より)

    「カサンドラ症候群は、発達障害の一種であるアスペルガー症候群の夫を持つ女性によく見られる症状である。共感によって機能している女性脳が、一切の共感を得られないで暮らしていると、自己価値が消失し、生きる意味を見失う。心が折れてしまうのだ」

     アスペルガー症候群は、「共感障害」が生じるひとつの要因である。「共感障害」は、「暗黙のうちに学ぶ」ということができないために、挨拶を返さなかったり、相手の話にうなずかない、同僚の片付けを手伝わないなど、周囲を困惑させることが多いという。
     さらに黒川氏によれば、カサンドラ症候群は、夫婦間だけでなく、例えば職場の人間関係など、日常的に共感障害の相手と接する機会の多い場合にも生じることがあるという。
     同書にはある30代女性が、共感障害の女性部下のせいで、眠れない、頭痛がする、ふとしたことで涙が止まらないなどの症状を呈するようになったという例が記されている。

    全文
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16393105/

    (出典 image.news.livedoor.com)

    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556582287/


    (出典 www.jiji.com)


    【【障害】「共感障害」挨拶や人の話に共感するといった「当たり前」のことができない障害】の続きを読む



    1 みなみ ★ :2019/03/23(土) 23:48:00.64

    3/23(土) 18:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00010011-tokyofm-life

    TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」では、パーソナリティをつとめる、たかみなが、「今の時代、男と女、どっちが得?」に寄せられたエピソードに答えてくれました。

    電車の女性専用車両や、映画館や飲食店などで女性だけが割引になるレディースデーなど、女性に優しい(!?)気がする今の時代。実際に得をしているのは、男なのか女なのか?
    まずは「男性が得!」という意見からどうぞ。

    「立ち食いソバ屋や牛丼屋でビール。ひとりメシ&ひとり呑みが気楽にできるのは男の特権です」(40代・男性)

    「男は素で生きられる。女は外に出たら女優だから(笑)。化粧に毎日の服選びに、営業スマイル……ハンパなく疲れるし、身だしなみにお金もかかる」(20代・女性)

    この「男性が得」派の意見について、たかみなは「私も女性なので、男性がうらやましいな、気が楽だなって思っちゃうんですよね。
    やっぱり女性は気を使うことが多いじゃないですか。キレイな服を着なきゃとか、お化粧のこともそうだし、朝の時間も男性だと多分すぐ出かけられるでしょ? すぐには出れないもん、女の人って。
    でも男性からしたら、女性はこういうところがいいなっていう意見も、あるんじゃないでしょうか」とコメント。

    以下ソースで読んで
    ★1 2019/03/23(土) 20:43:40.11
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553341420/
    ★2 2019/03/23(土) 22:23:26.
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553347406/


    (出典 news.nifty.com)



    (出典 dot.asahi.com)


    【【話題】いまどきは男が得か、女が得か?】の続きを読む



    1 みなみ ★ :2019/02/20(水) 22:24:06.24

    2019年2月19日 6時20分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16044980/

    他車の隣に駐めるのは駐車がしやすいためという人も

     最近、駐車場で「ほかが空いているのに、なぜわざわざ横に止める」と思ったことはないだろうか?
    昔であれば、ドアを開けにくいし、ぶつけてドアパンチしたくないし、
    されたくもないから、クルマが停まっている隣にわざわざ止めたりはしなかった。
    少なくとも1台空けて停めるのが普通だった。

    個人的にも数年前から非常に気になっていて、事例を収集しつつ、周囲の人間だけでなく、当事者にも聞いたりと研究を重ねてきた。
    その結果を発表しようではないか。

    今までの例をパターン化すると、まず広い駐車場でガラガラなのに、隣に止める。
    以前、広大な駐車場に自分1台だけで、こりゃ気持ちいいと思って数分で戻って来たら、
    横に止められていたことがあった。つまり広大な駐車場に、ぽつんと2台が寄せ合って止まっているわけで、その光景はじつにシュールだった。

    さらに隣にやってくる場所は、ショッピングモールの入口に近いとからとかは関係なし。またこちらがドアを開けて荷物を降ろしたりしていても 、
    強引に隣に入ってくる猛者も珍しくない。営業車で、営業マンが後ろのドアを開けて、荷物を下しつつ、上着を着て準備、という光景はよく目にするが、
    そこにもグイグイと進入して来たのを見たときはそこまでするか、と思ったものだ。

    以下ソース
    ★1 2019/02/20(水) 20:01:16.12
    ★2 2019/02/20(水) 21:18:33.47 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550665113/


    (出典 cdn.snsimg.carview.co.jp)



    (出典 blog-imgs-61.fc2.com)


    【【why】なぜ?ガラガラの駐車場で隣に駐車する「トナラー」】の続きを読む

    このページのトップヘ