いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 話題



    1 ばーど ★ :2018/06/25(月) 15:29:29.30

     点の取り合いの末、同点に終わったサッカー・ワールドカップ(W杯)の日本―セネガル戦。24日(日本時間25日未明)の試合後、スタンドでは、両チームのサポーターたちが大きな袋を持ってゴミ拾いをした。

     試合終了の笛が鳴り、続々と帰路につく観客たち。興奮冷めやらぬスタンドで、日本サポーターたちが青いポリ袋を手に、テキパキとゴミを拾い始めた。

     もはや日本サッカーの定番となったこの光景。もともとサポーター集団の「ウルトラスニッポン」が1990年代ごろに始めたとされ、W杯でもたびたび海外で話題を呼んできた。

     この日、同じスタンドではセネガル人サポーターがゴミ拾いをする姿も目立った。試合中は陽気に踊っていたセネガル人たちも、試合が終わればポリ袋を手にせっせとスタンドを見て回った。医師のンドブ・セックさん(50)は「ゴミ集めの係員もいるけど、自分たちのゴミなんだから。みんなでやればあっという間さ」。

     19日にあった第1戦、日本とセネガルのサポーターがそれぞれの会場でゴミ拾いをする動画がネット上で話題となり、海外から称賛を集めていた。この日はその両国が対決。日本ファンの美徳として知られてきたゴミ拾いが今大会、広がりを見せている。(エカテリンブルク=高野遼)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    2018年6月25日11時06分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL6T10ZSL6SUTIL022.html


    【【民度】ロシアW杯、日本VSセネガル、同点試合の終了後、スタンドでは両チームのサポーターたちがゴミ拾い「広がる民度の高さ」」】の続きを読む



    1 鈴なり ★ :2018/06/25(月) 08:14:55.15

    「べちゃっ」という音
     札幌市手稲区の住宅の敷地で、体長6~7センチの小魚約40匹が散らばって落ちているのが見つかり、住民は「空から降ってきた」と驚いている。

     23日午後1時15分ごろ、会社役員黒崎治さん(55)方で、妻の明美さん(56)が庭の草むしりをしていたところ、「べちゃっ」という音に気付いた。その直後、自家用車や屋根の上に小魚が落ちていた。

     この日は曇り空で時折強い風が吹いていたという。かつて本州で空からオタマジャクシが降ってきたと話題になり、2012年には旭川市の住宅で小魚が見つかった。黒崎さんは「鳥が運んだにしては数が多い」と首をかしげる。謎は深まるばかり―。

    6/25(月) 7:23配信
    北海道新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00010001-doshin-hok


    (出典 blog-imgs-110.fc2.com)



    (出典 earthreview.net)


    【【珍現象】北海道:庭の草むしりをしていたら、「べちゃっ」という音、見ると自家用車や屋根の上に小魚が…住民は「空から降ってきた」】の続きを読む



    1 アルカリ性寝屋川市民 ★ :2018/06/20(水) 21:38:43.17 ID:CAP_USER9.net

     東京湾で「クジラがいる」という通報がありました。

     映像は18日の午後3時前、千葉県浦安市の海上で、クジラのものとみられる背中を捉えたものです。撮影した人によりますと、何かが水面をたたくような大きな音がしたので、ビルの上からのぞいてみたらクジラのような大きな生き物が泳いでいたということです。また、海上保安庁には同じ18日の朝に映像の場所と近い東京・江戸川区の葛西臨海公園の沖を航行中の漁船から、「長さ15メートルくらいのクジラがいる」という通報がありました。海保は航行警報を出し、近くを航行する船舶に注意を呼び掛けています。


    yahooニュース(テレ朝NEWS) 6/20(水) 17:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180620-00000028-ann-soci


    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    【【珍現象】東京湾:「えっ、クジラがいる」千葉県浦安市の海上で「クジラ」のものとみられる背中が…ビルの上から撮影】の続きを読む



    1 らむちゃん ★ :2018/06/10(日) 13:06:19.83

    産経WEST2018.6.10 12:00更新
    http://www.sankei.com/west/news/180610/wst1806100004-n1.html

     今年もやってきたビアガーデンの季節。関西のホテルでも営業が始まっているが、「ビール離れ」が進むという珍現象が起きている。

    大手のビール系飲料出荷量は昨年、13年連続で減少し、「女性や若者だけでなく、最近はビールを敬遠する中高年層も多い」という状況の中、他店と差別化し、ビールが苦手な客を取り込むため、スパークリングワインやハイボールを中心に提供する店が増えているからだ。

    5銘柄から2銘柄に

     セントレジスホテル大阪(大阪市中央区)は4月28日、館内のテラスでビアガーデンを始めた。テーマは「NY(ニューヨーク)シャンパンガーデン」。クラフトビールなどを打ち出した昨年と打って変わり、今年は飲み放題のシャンパンを強化したのが特徴だ。

     ビールは昨年の5銘柄から2銘柄に減らす代わりにシャンパンの品ぞろえを増やし、レモンやライムの香りがさわやかなハイボールを新たに加えた。担当者は「ビアガーデンに女性客が増え、年々シャンパンやカクテルの人気が高まっている」と話す。

    (全文は配信先で読んでください)


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.suntory.co.jp)


    【【話題】ビアガーデンでビール飲まない「ビール離れ」の珍現象 】の続きを読む



    1 みつを ★ :2018/06/05(火) 17:35:04.11 ID:CAP_USER9.net

    http://www.bbc.com/japanese/44366491

    2018/06/05
    フランス人スイマーのベン・ルコントさん(51)が5日、史上初めての太平洋遠泳横断に挑戦するため、千葉県銚子の海岸を出発した。

    サメや嵐、クラゲの大群、極度に低い水温などの危険があるなか、ルコントさんは1日8時間の水泳を半年以上続け、約9000キロ先の米西海岸を目指す。

    ツイッターに出発前の写真を投稿したルコントさんは、「6年以上の準備がこの瞬間につながった。太平洋横断の泳ぎを開始する準備がついに整った」とコメントした。

    ルコントさんは挑戦を通じて気候変動への認知を高めたい考え。同行する科学者のチームは、プラスチックごみや激しい運動が心臓に与える影響、2011年の東京電力福島第1原子力発電所事故の海への影響を調査する計画だ。

    現在米国を拠点にするルコントさんは、毎日何時間も海上で泳ぐ訓練を続け、メンタル面でも「ビジュアリゼーション(映像化)とディソシエーション(解離)」と呼ばれる練習を行い準備に取り組んできた。

    ルコントさんはAFP通信に対し、「メンタルな部分は肉体的な要素よりもずっと重要」だと語った。「いつも前向きに考えるようにしなくちゃいけない」。
    「頭を使って考えることがなくなると、悪いスパイラルに陥る。問題はその時に始まる」

    今月1日のツイッターへの投稿では、会員制ディスカウントストアの「コストコ」で物資を購入した際の写真に、「10人分の6カ月の食料のレシートがどんなものになるのか考えたことがあるかもしれませんが、これは違いますよ。これはほんの一部……ですが、良かったのはきょう買い出しが完了したこと!」とのコメントが付けられている。

    準備に6年以上が費やされたが、挑戦はもっと以前から計画されていた。
    ルコントさんは1998年に単独で大西洋を泳いで横断することに成功。6400キロを73日で泳ぎきった。フランスの海岸にたどり着いたルコントさんの最初の言葉は「2度としない」だったが、間もなく次の挑戦対象を探し始めた。
    「考えを変えるのに、そう時間はかからなかった」とルコントさんは公共ラジオ放送NPRに語った。「3、4カ月後には、次の冒険、何か同じようなことをしようと考え初めていた」。
    ルコントさんは太平洋横断に挑戦中、毎日ほぼ同じルーティンをこなす。8時間泳ぎ、支援船に乗り込んで食事と睡眠をとり、そしてまた海に入ることを繰り返す。

    体力を維持するため、一日8000カロリーを摂取する予定だ。
    「砂糖なしの厳格な食事管理をしている。摂取カロリーのほぼすべては高脂肪の食品からで、フリーズドライの完全なメニューや米、パスタ、さまざまなスープなどがある」。米ニュース共有サイト「レディット」に今月投稿されたインタビューでルコントさんはこう語った。
    支援船は、全地球測位システム(GPS)装置が搭載されており、ルコントさんたちの現在位置は、同氏のウェブサイトで確認できるようになっている。
    (英語記事 Swimmer Ben Lecomte begins record Pacific crossing attempt)

    千葉・銚子の海岸から泳ぎ始めたルコントさん(5日)

    (出典 ichef.bbci.co.uk)


    https://ichef.bbci.co.uk/news/410/cpsprodpb/CB28/production/_101880025_mediaitem101880023.jpg


    【【太平洋横断】千葉県銚子:史上初、フランス人スイマーの51歳男性「太平洋遠泳横断に挑戦」約9000キロ先の米西海岸を目指す。】の続きを読む

    このページのトップヘ