いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: 選挙



    1 ばーど ★ :2018/09/27(木) 06:10:04.97

    ※たまたまスレです

    今週末30日に投開票を迎える沖縄県知事選。全国から注目を集める中、電話調査サービス「リサーチコム」のルーシッド株式会社が9月22日(土)から24日(月)に実施した電話調査に選挙ドットコムが取材で得た情報を合わせて情勢を探りました。調査は9月22日(土)?24日(月)に沖縄県内の30,000世帯を対象に架電し、電話応答のあった11,828世帯のうち1,191人から回答を得ました。


    (出典 stg2-cdn.go2senkyo.com)


    ■投票意向は序盤から大きな変動無し。玉城氏リード、佐喜真氏追う


    (出典 stg2-cdn.go2senkyo.com)


    沖縄県知事選には立憲民主・国民民主・共産・社民・自由・社大各党などが支援する前衆院議員の玉城デニー氏(58)、自民・公明・維新・希望の4党が推薦する前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)のほか、元那覇市議で琉球料理研究家の渡口初美氏(83)、元会社員の兼島俊氏(40)の無所属新人の4名が立候補しています。

    電話調査の結果に選挙ドットコムが取材で得た情報を加味したところ、佐喜真氏は8月25日、9月15日?17日の調査時点から手堅く支持を広げ続けているものの、玉城氏が幅広く浸透し、先行しています。渡口氏、兼島氏の支持は広がっていません。

    ■自・公・維支持は佐喜真氏、立憲・国民・社民・自由支持は玉城氏が固める

    支持政党別に見ると、ふだん国の政治で「自民党を支持している」「公明党を支持している」「日本維新の会を支持している」と回答した人の大半が佐喜真氏への支持を示しています。

    9月15日?17日の調査時点でもこの傾向は見られていたものの今回の調査では取材で得た情報を加味すると、自民党と日本維新の会を支持するとした人の中では佐喜真氏へ支持がより浸透しています。

    一方、立憲民主党や社民党、共産党を支持すると回答した人では9割以上が玉城氏への支持を示しています。

    また、ふだん国の政治で「支持する政党はない」と回答した人では、佐喜真氏が8月時点と9月中旬時点に続いて支持を伸ばしたものの、玉城氏が幅広く支持を集めています。

    ■調査方法■
    沖縄県内の電話帳掲載者から無作為に電話番号を抽出し、固定電話に自動音声が電話をかける方法で調査した。

    ■実施時期■
    9月22日(土)?24日(月)

    ■調査数■
    沖縄県内の30,000世帯を対象に架電し、電話応答のあった11,828世帯のうち1,191人から回答を得た

    2018/9/26
    選挙ドットコム
    http://go2senkyo.com/articles/2018/09/26/37797.html


    【【沖縄県知事選】リサーチコム電話調査:玉城デニー氏(前衆・自由党)リード、佐喜真淳氏(前宜野湾市長)激しく追う 】の続きを読む



    1 おでん ★ :2018/09/20(木) 17:08:49.81

    安倍氏は、国会議員票329票、党員・党友票224票の計553票を獲得。
    石破氏は、国会議員票73票、党員・党友票181票の計254票となった。

    自民党総裁選は20日、国会議員票と党員・党友による地方票が開票され、
    安倍晋三首相(63)=総裁=が連続3選を決めた。
    安倍氏は一騎打ちとなった石破茂元幹事長(61)を破った。

    総裁任期は2021年9月までの3年間。通算の首相在職日数は
    19年11月に歴代トップの桂太郎に並び、最長政権を視野に入れる。
    任期中の憲法改正に向け、秋の臨時国会への党改憲案提出に意欲を示す。

    https://jp.reuters.com/article/idJP2018092001001329


    (出典 www.sankeibiz.jp)



    (出典 matomedane.jp)


    【【自民党総裁決定】自民党総裁選:安倍晋三首相(63)が連続3選、「総裁任期は2021年9月までの3年間」】の続きを読む



    1 餡子先生 ★ :2018/09/19(水) 21:38:33.10

    9/19(水) 20:29配信 :時事通信社

     安倍晋三首相が19日に東京・秋葉原で行った自民党総裁選を締めくくる街頭演説の際、聴衆の一部から「安倍辞めろ」コールが沸き起こり、会場が騒然とした雰囲気になった。

     陣営は会場のJR秋葉原駅前ロータリー周辺を柵で囲い、内側には参加許可を示すシールを貼った党員だけが入れるようにした。それでも柵の外側に集まった聴衆は首相の演説中、「辞めろ」を連呼し続けた。

     「安倍内閣は退陣を」「独裁やめろ」などと書かれたプラカードも林立し、陣営関係者がのぼり旗でこれを隠そうとするつばぜり合いも見られた。

     首相は昨年7月の東京都議選の応援演説で「辞めろ」コールに反発し、「こんな人たちに負けるわけにいかない」と発言して批判を浴びた。今回は反論せずに演説を続けた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000131-jij-pol

    ◆関連ソース◆

    安倍晋三の秋葉原演説ですが、この黒い人&車の集団すごいなと。あと「安倍さん半端ないって!」だって笑。ダメな意味で半端ないのは確かですか。
    #0919AKIHABARA

    (出典 pbs.twimg.com)

    9月19日(水) 17:59:21

    自民党の黒服が潰しにかかった #0919AKIHABARA

    (出典 pbs.twimg.com)

    9月19日(水) 17:59:20

    横断幕が引き裂かれる

    (出典 i.imgur.com)


    前スレ
    【自民総裁選】「安倍辞めろ」コールで騒然 横断幕が引き裂かれる場面も…秋葉原の演説会場 安倍さん半端ないって!
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537357691/


    (出典 asyura.x0.to)


    【【自民総裁選】安倍晋三首相の秋葉原で総裁選を締めくくる街頭演説で「安倍辞めろ」コールが沸き起こり、会場が騒然】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2018/09/18(火) 05:41:06.54

    たまたま
    9/17(月) 22:40配信
     安倍晋三首相と石破茂・元幹事長は17日のTBS番組に出演し、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が同性カップルを念頭に「生産性がない」と主張した問題について意見を交わした。

     首相は「私の夫婦も残念ながら子宝に恵まれていない。生産性がないと言うと、大変つらい思いに私も妻もなる。同じ自民党。『もう辞めろ』ではなく、まだ若いから、注意をしながら、仕事をしてもらいたい」と語った。

     石破氏は「生産性の理解が全然足りない。どれほど傷ついた人がいるか」と指摘。杉田氏が昨年の衆院選比例中国ブロックで、比例単独候補の中では最上位だったことに言及し、「私も総理も中国ブロック(が選挙区)。彼女が1位になったのは衆院解散の日に知った。それは本当にいいことだろうか」と述べ、杉田氏擁立の経緯を党が明かすべきだとの考えを示した。

    朝日新聞社
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000048-asahi-pol&pos=1


    (出典 www.asahicom.jp)


    【【生産性問題】杉田水脈(みお)議員の「生産性がない」に安倍首相「私の夫婦も子宝に恵まれていない。生産性がないと言うと、大変つらい思いに私も妻もなる」】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2018/09/12(水) 22:36:10.42

    自民党総裁選(20日投開票)で、石破茂元幹事長が崖っぷちに立たされている。
    メディアの情勢調査で、国会議員票と地方票を合わせた得票予想が「200票未満」と算出されたのだ。

    全体(810票)の3割にも満たず、現実となれば「ポスト安倍」失格と言わざるを得ない。
    首相候補といわれながら失脚した過去の自民党大物議員と重ねる識者もいる。

    「国会を誠実に運営し、政府を謙虚に機能させる、その自民党の原点に戻る」
    総裁選の本格論戦がスタートした10日、石破氏は、党本部で開かれた所見発表演説会でこう訴えた。
    「正直、公正」のキャッチフレーズを意識した主張といえる。

    これに対し、安倍晋三首相は「モリカケ」問題を念頭に、「私にとって最後の総裁選だ。さまざまな批判を受け止めながら、改めるべき点は改めて、謙虚に、丁寧に政権運営に当たりたい」と話した。
    政治評論家の伊藤達美氏は「安倍首相の貫禄勝ちだ。石破氏は力んでいたのか、自己顕示欲や不要な発言が目立ち、空回りした印象だ」と指摘する

    その石破氏に衝撃的数字が突きつけられた。
    共同通信が党員・党友を対象に7、8両日に実施した電話調査で、国会議員票は約50票、地方票は約130票。

    時事通信も、国会議員票を50票と予測し、47都道府県連への調査を通じて算出した地方票は、139票だった。
    いずれも合計で200票に届かない。

    前出の伊藤氏は「実績を挙げてきた安倍首相との差が出た。石破氏が地方票で巻き返すのは厳しいだろう。
    3年前の石破派結成時から、所属議員が増えていない理由をよく考えるべきだ。このままでは『第2の加藤紘一氏』になる」と語った。

    自民党幹事長や官房長官を歴任した加藤氏は「将来の首相候補」といわれ、1999年の総裁選で再選を期した小渕恵三首相に挑んだが、「俺を追い落とそうとした」と小渕氏を激怒させ、冷遇された。
    翌年の「加藤の乱」では倒閣に失敗。12年12月の衆院選で落選し、16年9月に死去した。

    現職首相との一騎打ちは今回が初めて。
    石破氏は今後、イバラの道を歩むことになるのか。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180912/soc1809120008-n1.html


    (出典 cdn-ak-scissors.b.st-hatena.com)


    【【自民総裁選】石破茂氏:メディアの情勢調査で、国会議員票と地方票を合わせた得票予想が「200票未満」…「ポスト安倍」失格】の続きを読む

    このページのトップヘ