いまどきニュースNo1

いまどきニュースでは主に2chの話題のスレをを取り上げたまとめブログです。最新ニュース、おもしろ話題、芸能ニュース、政治、社会等様々な話題を提供していきます。ぜひ、ご覧ください。

    カテゴリ: トラブル


    何故、韓国の市民団体が?

    1 かばほ~るφ ★ :2018/02/22(木) 15:08:34.74

    島根県「竹島の日」で式典、会場近くでもみ合いも

     
    2月22日は島根県が条例で定めた竹島の日です。

    22日午後、松江市で13回目となる記念式典が開かれますが、政府からの出席者は、
    内閣府の山下雄平政務官で、韓国への配慮からか、今回も地元が求める閣僚の出席は実現しませんでした。

    そして先ほど、竹島の日に反対する韓国の市民団体が会場近くに姿を現すと、
    それに反対する日本のグループともみ合いになり、周囲は一時騒然となりました。

    TBS Newsi
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3298857.html

    (出典 news.tbs.co.jp)

    (ソースに動画あり)

    きょう「竹島の日」式典会場周辺は厳戒態勢
    http://www.news24.jp/articles/2018/02/22/07386279.html
    (動画あり)


    (出典 www.news24.jp)



    (出典 img01.ti-da.net)


    【【竹島の日】島根:記念式典 会場近くで、韓国の市民団体と日本のグループともみ合いになり、周囲は一時騒然】の続きを読む



    1 通り雨 ★ :2018/02/18(日) 09:26:37.85

    http://buzz-plus.com/article/2018/02/17/zaif-coincheck-bugs-and-errors/
    コインチェック事件

    ビットコインやモナコインなどの仮想通貨を取り扱う「ザイフ」(Zaif)で重大なエラーが発生し、取り返しがつかない事態に発展している。エラーのため一時的にビットコインを0円で販売してしまい、10億ビットコインが購入されたのである。日本円にして約2200兆円分のビットコインが0円で販売されたことになる。

    ・存在しえないビットコインを販売か
    問題なのは、現在市場に出回っているビットコイン数以上のビットコインが買われてしまった現象だ。これが意味するのは、Zaifが存在しえないビットコインを販売していた可能性があるということ。つまりノミ行為である。


    ・仮想通貨業界のルールを破綻
    ノミ行為は商品先物取引法第212条で禁止されているが、相対取引というルールのもと禁止に該当しないケースもある。今回の騒動でザイフがノミ行為をしていたとしても違法行為とはいえないかもしれないが、存在し得ない数のビットコインを販売する行為は仮想通貨業界のルールを破綻させるものといえる。

    ・ビットコインが大暴落する可能性
    今回のビットコイン0円販売エラーは、クレジットカードでビットコインを購入したときにのみ発生したもので、現在はそのエラーも修正されている。しかしながら、ザイフの信頼度はガタ落ちとなり、コインチェック事件の際と同様に、ビットコインが大暴落する可能性を秘めている。

    また、コインチェック事件はいまだに解決しておらず、奪われてしまった客の仮想通貨は返金されないままとなっている。

    ★1 2018/02/18(日) 05:50:11.83
    ※前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1518908326/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【重大エラー】ビットコインやモナコインなどの貨幣通貨を扱う《ザイフ 》重大エラー<10億ビットコイン・約2200兆円>を0円で販売!】の続きを読む



    1 復讐の鬼 ★ :2018/02/16(金) 17:55:00.58

    中国や北朝鮮からの妨害電波をめぐっては、成田空港を離着陸する航空無線の混信を狙ったとみられるものが複数回確認されている。
    日本政府は中国に対しては直接、排除要請しているほか、国交のない北に対しては国連の国際電気通信連合(ITU)に通報するなどの対応を取っている。

     中国からの妨害電波は、平成28年5月に成田空港の管制塔と航空機が交信する無線に対して発射されたものなど、航空機や船舶の無線混信を狙ったものが多い。
    無線と同じ周波数の電波が発射されたが、成田空港は、他の周波数に切り替えて航空機と通信し、実害を免れているという。

     北からも昨年10月、成田空港の航空無線に対し同様の妨害電波が確認された。
    また、両国からの妨害電波は、遠洋漁業の船舶無線に対しても混信などの悪影響を及ぼす恐れがある。

     一方、新監視システムで協力するベトナム、フィリピン、インドネシアの3カ国では、
    これまで南シナ海を航行する船舶や航空機が妨害電波を受けても、「中国が発射源」と特定することは困難だった。
    しかし、新システム導入で詳細な発射位置の把握が可能になる。(大坪玲央)

    http://www.sankei.com/world/news/180216/wor1802160004-n1.html


    (出典 www.sankei.com)



    (出典 hideshima-issei.air-nifty.com)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 irorio.jp)



    (出典 hideshima-issei.air-nifty.com)



    (出典 www.sankeibiz.jp)


    【【妨害電波】成田空港を離着陸する航空機と管制塔の通信周波数に妨害電波「中国、北朝鮮からの発射か」】の続きを読む


    女性専用車両をめぐるトラブルが多発している!

    1 ピカちゅマン ★ :2018/02/16(金) 14:38:42.19

    東京メトロ・千代田線の国会議事堂前駅で2月16日午前8時38分ごろ、停車中の女性専用車両に男性数人が乗車してトラブルとなり、電車が12分遅延した。東京メトロ広報は「それ以上の詳細は、現在調査中」としている。

    今回の一件との関連は不明だが、「女性専用車両」に反対する男性が、あえて女性専用車両に乗り込んでトラブルになるケースは以前から一部で起きている。ネット上には、2月16日に男性が女性専用車両に乗れるか確認すると宣言しているグループもあった。

    公式サイトによると、東京メトロは、「痴漢をはじめとする迷惑行為の抑止」などの理由で女性専用車両を導入。駅では「女性専用車は、女性のお客様のほか、小学生以下のお客様、おからだの不自由なお客様とその介護者の方も乗車できます」と掲示している。

    東京メトロ広報によると、「女性専用車両のルールには法的強制力はなく、このルールでお願いしますとご理解を求めているもの」だという。千代田線では、朝7時10分に代々木上原/綾瀬を出発する列車から、午前9時30分まで実施している。


    2018年02月16日 12時34分 JST 写真やコメントなどの確認は記事元で
    http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/15/woc-chiyoda_a_23363098/

    前スレ
    ★1:2018/02/16(金) 13:19:42.38
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1518754782/


    (出典 lenon.tokyo)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【社会】東京メトロ:通勤ラッシュ時「男性数人が女性専用車両に乗車」トラブルになり遅れがでる】の続きを読む


    下町ボブスレーの怨念w

    1 虫くん ★ :2018/02/15(木) 01:57:25.66

     20、21日のボブスレー女子2人乗りに出場するジャマイカ代表のキリアシス・コーチが辞任したと14日、ジャマイカ連盟がツイッターで発表した。
    BBC放送(電子版)は、使用予定のそりを含む用具は同氏の持ち物であり、競技への参加に暗雲が垂れこめていると報じた。

     キリアシス氏はドイツ出身で、2006年トリノ五輪ボブスレー女子2人乗りの金メダリスト。
    BBCによると、チームは昨年12月に日本製そりから同氏が持つそりに換えて好成績を挙げた。

     ジャマイカ連盟は、東京都大田区の町工場が中心となって開発した「下町ボブスレー」で参戦する契約を結んだが、開幕前に本番で使用しないと下町ボブスレーのプロジェクト推進委員会に伝えた。
    http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/02/14/kiji/20180215s00081000025000c.html


    (出典 www.asahicom.jp)



    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【ジャマイカ】平昌五輪:試合直前にボブスレー代表コーチ突然の辞任、何があったのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ